伊達巻単語

ダテマキ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

伊達巻とは、卵焼きの一種。別名、伊達巻

概要

白身魚海老のすり身にを加え、調味料で味付けをして焼きあげたものを、巻きすやすだれなどで渦巻状に巻いたもの。
庭で作る際は、入手しやすく同じ原料を用いているといった点から、はんぺんを代用することもある。

伊達巻の「伊達」は、色や形が手であるため、晴れがましい料理に用いられるようになったことから、やかな卵焼きといった意味で名づけられたという説や、伊達政宗が好んで食べていたという説などさまざま。

形が巻物に似ていることから、文化の発展や、学問や習い事の成就を願う食べ物として、正月おせち料理には欠かせない一品となっている。

関連動画

関連商品

伊達巻に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

伊達巻に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BC%8A%E9%81%94%E5%B7%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊達巻

1 ななしのよっしん
2020/01/08(水) 21:17:28 ID: etKZnni0NY
あれ、甘すぎる上に食感がカステラだから、おかずとしては理。

急上昇ワード改