伊達組単語

ダテクミ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

伊達組とは、ブラウザゲーム刀剣乱舞」に登場する刀剣男士のうち、伊達に所有されていたことに言及のある太鼓鐘貞宗(刀剣乱舞)燭台切光忠(刀剣乱舞)大倶利伽羅(刀剣乱舞)鶴丸国永(刀剣乱舞)グループタグ非公式の名称である。

公式では特定の呼称はなく、『伊達』等と呼ばれている。

概要

2016年6月23日に太鼓鐘貞宗が実装されるまでは、関係がえるボイス爛図録での設定等があるもののゲーム内では直接交流が発生している訳ではなかったが、彼の実装と同時に伊達組に関する回想と内番が追加された。

細川所縁の伊達所縁のによる回想『九曜とのえにし』シリーズにおいては、小夜左文字から伊達組は仲が良いと言われている(単に燭台切光忠がうまくまとめているからでは?とも言っていたが)。同回想では四振りともそれぞれ活躍の機会がある。

太鼓鐘貞宗と史実で長く一緒だった大伽羅を関ヶ原に出させると回想『関ケ原へは……』が発生する。

当番では太鼓鐘貞宗・燭台切光忠大倶利伽羅鶴丸永から二人組み合わせて任命すると特殊会話が発生し、それぞれ気の知れた間柄な様子が見られる。

2017年7月4日アップデートで太鼓鐘貞宗の極が実装され、手合わせで燭台切光忠大倶利伽羅鶴丸永を相手にすると特殊会話が発生するようになった。
なお、太鼓鐘貞宗(が極めていなくてもこの特殊会話は発生する。

ちなみに史実では燭台切光忠鶴丸永に伊達での面識はない(台切が水戸に渡った後に鶴丸伊達にやってくるため)。台切の方に確たる資料がないが、あるとすれば織田信長の元で共に過ごしていた可性はある。

構成メンバー

No.69 太鼓鐘貞宗

相州貞宗の作で、長く伊達に在った短
伊達者という言葉が今に残るだけあって、手好きでお落を尊ぶ性質をこの太鼓鐘貞宗も受け継いでいる。
燭台切光忠とは「みっちゃん」「さだちゃん」と呼び合う仲。

伊達忠宗が所持していた。快活な性格の少年ふとももしい
落に気を使う伊達男、うまいもの好きで、料理も出来る。
有機農法に拘る燭台切光忠に対して自然農法を提唱しており、農作にも造詣がある様子。

燭台切光忠とは昔は一緒に組んでいたらしく、台詞も対になっているものが多い。
彼と同様に「ここにはいろいろがいるけど、みっちゃんはいるかい?燭台切光忠、通称みっちゃんだ!」と審神者に尋ねるものもある。
伽羅とは史実では長く一緒であったためか、れ合いを嫌う彼がしく気を許した対応をしている。
鶴丸永とは悪ふざけし合える仲で、当番や手合わせでは仲良さげな様子が見られる。

伊達に関する来歴】
元和3年(1617年)、紀州徳初代・徳川頼宣から徳川秀忠に献上され、同年に秀忠の養女・振伊達政宗の嫡子・伊達忠宗に輿入れする際に、秀忠から忠宗に下賜される。
延宝5年(1677年)、仙台四代伊達綱村が老中・稲葉正則の、仙結婚した際、祝儀として稲葉に贈られる。しかし貞享5年(1688年)、正則の嫡子・稲葉正往が親戚の不祥事に連座して免職・転封となり、財政難となった為か、伊達に買い戻された。
明治16年(1883年)、仙台から東京伊達邸に移転。昭和4年(1929年)3月の「日本名宝展覧会」では、伊達伯爵から大倶利伽羅と共に出展された。
戦後伊達を離れ、現在は重要文化財定を受けて個人蔵。

No.73 燭台切光忠

備前長船派事実上の祖といわれている刀工忠の作。
名は、伊達政宗がこの太刀臣をった際にその勢いで台までれたという話が由来。
伊達者で格好の良さにこだわる。
同じく伊達にあった太鼓鐘貞宗とは「みっちゃん」「貞ちゃん」と呼び合う仲。

伊達政宗が命名した太刀。格好良さにこだわる伊達男
料理好きで、仲間の和を大事にする。近侍ボイスでは審神者に「さだちゃんはこっちに来てる?太鼓鐘貞宗。通称さだちゃんだよ」と尋ねており、仲の良さがえる。
最近は有機野菜作りに凝っているらしく、肥料の悪臭も良い野菜が出来て料理でみんなが喜んでくれれば苦ではないようだ。出来た青年である。
有機野菜への拘りは強いようで、伊達組との当番特殊会話では毎回言及する。肥料の臭さにたじろぐ鶴丸永にも「大丈夫。怖くはないよ」とにこやかに迫っていた。

伊達に関する来歴】
伊達伝来の資料には、慶長元年(1596年)に伊達政宗豊臣秀吉に御座船を献上した折に、秀吉から忠を拝領したとあるため、この忠が燭台切光忠ではないかという説がある。
伊達政宗の手に渡り号が付く。その由来は、政宗が小姓の罪を咎めて手討ちにした際に側にあった台も一緒にれたことから。その後は伊達に伝来したが、水戸徳川頼房徳川光圀との説もある)が強く所望した為、水戸に渡った。
現在は徳ミュージアム所蔵。

No.116 大倶利伽羅

相州伝の広作といわれている打刀
伊達伝来のため、燭台切光忠、太鼓鐘貞宗、鶴丸永とは旧知の仲。
だが、必要以上のなれ合いを嫌う孤高の存在。
不動明王の化身である伽羅竜王の彫り物を持つ。

必要以上のれ合いを嫌っており、近侍ボイスでも審神者に「慣れ合いは忠や貞宗とやってくれ。は連中とは違う」と言うものがある。
言われたぶんの仕事はきっちりやってくれる儀な面もある。当番では鶴丸永に自分からをかけて仕事を促したり、燭台切光忠には「……言われたぶんは手伝ってやる」と譲歩したり、気分が乗らない太鼓鐘貞宗に対しては上手く操縦していつもの倍働かせる。
ちなみに、審神者の前では太鼓鐘貞宗を「貞宗」と呼んでいたが、本人の前では「貞」と称で呼んでいるようだ。

伊達に関する来歴】
元和6(1620)年に伊達政宗徳川秀忠から拝領。なお、当時の政宗は仙台にいた為、受け取りを行ったのは忠宗である。
明治に入り仙台から東京伊達邸に移転。昭和4(1929)年3月に開催された「日本名宝展覧会」には伊達伯爵所持として、太鼓鐘貞宗と共に出展された。
昭和初期まで伊達に伝来。現在は重要美術品定を受けて法人蔵。

No.130 鶴丸国永

平安時代刀工五条永の在銘太刀
を思わせるい衣を身にい、は戦ううちにつくだろうからなどと軽く言ってのける。
そのさが、軽妙で酔狂であっても戦うことを忘れたことはない。

平安時代に打たれた太刀を転々としてきた。「驚き」を好む、気さくで男前な性格。
太鼓鐘貞宗とは悪ふざけし合える仲で、一緒にに驚きをもたらしたり、手合わせでを使って驚かせたりしていた。燭台切光忠との当番では有機肥料の臭さには勝てなかったようで、しく慌てる場面が見れる。大伽羅との当番では働くよう促されるが、鶴丸永がに何かした?らしく「……誰だ、こいつに当番まわしたのは」と言われる始末。

伊達に関する来歴】
伊達物由緒書」によると、元年間に4代伊達綱村の頃に購入された。
明治34(1901)年11月に第30代当伊達宗基が明治天皇に献上するまで、伊達代々の当に継承されていた。

呼称表

呼ぶ側 呼ばれる側
太鼓鐘貞宗 燭台切光忠 伽羅 鶴丸
太鼓鐘貞宗 みっちゃん さん
燭台切光忠 貞ちゃん
(さだちゃん)
伽羅ちゃん さん
伽羅 貞宗
鶴丸 伽羅

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BC%8A%E9%81%94%E7%B5%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊達組

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 伊達組についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2020/03/30(月)17時更新

おすすめトレンド