伊達輝宗単語

ダテテルムネ

伊達輝宗(だて てるむね 1544~1585)とは、先見の明を持った仁君であり、鬼姫恐妻家であり、偉大なる独眼竜である。伊達第16代当。通称は総次郎。

戦乱の奥羽平定へ

1544年戦乱の最中、伊達晴宗の次男として生まれる。幼名は太郎

1555年元将軍足利義輝偏諱を受けて総次郎宗と名乗る。

以降はに従い、天文の乱により従属下から独立を許した名・相馬最上の侵攻に防戦する年を過ごす。

1563年丸金山・小斎相馬盛胤から奪還。

1564年最上義守最上義光)・義姫を娶り、同年末頃に宗より督を相続。
しかしながら中では、宗譜代の臣が課税や軍役に強大な特権を持っていたため、実権は未だの手にあるも同然の状態であった。これに対抗し自らの側近として鬼庭良直評定衆に取り立てている。

同年から翌年にかけ檜原周辺を巡って蘆名盛氏と数度交戦するがいずれも敗戦(檜原の合戦)

1565年祖・稙宗死去に乗じて相馬盛胤に金山・小斎を略取される。

1566年蘆名盛氏と和

1567年嫡男・伊達政宗誕生。

1568年相馬盛胤が伊達に侵入、これを撃退する。

1570年義・義守と義・義の争いに介入。義守につくが義方が勝利
同年謀反を起こした中野宗時牧野久仲親子を攻め落として追放した他、これに非協的だった小梁盛宗らを処罰して先代の勢を排除。
謀反をいちく報告した中野宗時臣・遠藤基信の忠勤を評し宿老に取り立てて実権の握に成功している。
相馬盛胤に丸を攻め取られる。義によって最上領とのにあるが陥落。

1573年相馬軍に伊達・信夫へ侵攻されるが撃退。織田信長と誼を通じる。

1574年蘆名盛氏とともに相馬に組する畠山の切り崩しにかかり、叔父伊達実元が八丁攻略
同年最上義光と交戦ののち和

1575年左京大夫任命。北条氏政柴田勝家と連絡、上杉の情勢を睨む。

1576年相馬盛胤・義胤と争い大敗を喫する。

1577年徳川家康と親交。織田信長を献上。越後介入の機をう。

梵天丸元。凋落した将軍偏諱を受けず伊達氏中の祖・大大夫にちなんで政宗と命名。

1578年上杉謙信の死に伴い越後に後継者争いが勃発。織田信長の要請により上杉領侵攻開始。

1579年相馬対策のため、田村清顕の愛姫を政宗の正室に迎え入れる。

1581年蘆名盛氏の後を継いだ蘆名盛隆と協して越後紛争へ再び介入。

1582年相馬方・小斎を寝返らせることに成功、余勢を駆って金山をも奪回。ここから対相馬への一転攻勢に出る。

田村名・二階堂の争いを調停。甥・岩城相馬への攻撃依頼。

1583年丸攻略し、祖・稙宗逝去以来最大の懸念だった相馬と領土争いがついに終結。
同年大内定綱が畠山義継の後楯を得て田村清顕を破り支配下を脱出。

1584年蘆名盛隆傷沙汰により死去。生後1ヶの遺児・王丸が跡を継ぐ。
これにより南羽に危難がなくなったため英断により嫡男・伊達政宗督を継承。山城へ隠居。

壮烈な死

隠居後は越後への再侵攻を画策していたとも言われるが、政宗の大内定綱征伐に伴う名侵攻によりそれまでの
同盟関係に裂が入る。そしてこのことが宗の命運を決定付ける結果となってしまう。

政宗の軍略は苛を極め、また宗によって形成された外交秩序をっ向から覆すものだった。
驚愕した相馬佐竹名、岩城二階堂石川などの諸侯は連合して抗い、再び羽に戦乱が巻き起こっていく。

1585年小手の合戦により大内定綱が敗走したため畠山義継は降伏の意を示すが、政宗はこれを容赦せず領地の召し上げを通告する。
困窮した義継は実元を通じて宗へ処分の軽減を依頼した。政宗へとりなしたが返答は依然厳しいものであった。

絶望に追い詰められた義継は政宗と刺し違えるつもりだったが対面を許されず、不穏を察知した宗により宮へと呼び寄せられてそこで御礼の言上を申し述べた。そして門まで見送りに来た宗に突如翻ってを突きつけ、手勢を伴って自領へと逃走を始める。
伊達中は騒然となり取り急ぎ軍勢を差し向けたが甲斐なく、阿武隈川着状態となる。
捕らわれの身となった宗は息子の覇に瑕がつくことを潔しとせず、伊達名を汚すことなかれと叫んで自らにかかり落命した。
この壮なる死を戦端として義継勢への一斉攻撃が敢行され義継もまた惨殺された。

宗の急逝は羽に震を呼び起こし、政宗はしばらくの間何度も苦戦を強いられることになる。

遺骸は寿徳寺で荼毘に付され、米沢へは遺で帰ることとなった。享年42。

名:覚範寺殿性山受心大居士

四面楚歌の中で身を立て、柄や身分を問わず功によって臣を取り立てた。そのため臣の忠は並々ならぬものがあり、心であった遠藤基信が墓前で自した他、中では殉死が相次ぎ法度となる程の人望厚き仁君であった。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける伊達輝宗の力一覧。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 55 政治 71 79 野望 68 教養 70
覇王 采配 76 戦闘 65 智謀 40 政治 72 野望 68
天翔記 戦才 122(B) 智才 100(C) 政才 144(B) 82 野望 73
将星 戦闘 61 智謀 65 政治 78
烈風 采配 69 戦闘 48 智謀 53 政治 72
世記 采配 55 智謀 47 政治 64 野望 69
蒼天 統率 54 知略 45 政治 70
下創世 統率 54 知略 45 政治 70 教養 63
革新 統率 71 武勇 60 知略 51 政治 78
統率 71 武勇 60 知略 51 政治 78

戦国大戦における伊達輝宗の概要

が意志を継ぎ、駆けるとなる」

Ver2.0伊達に参戦。2コストにして武5、統率もそこまで高くない(8)、防柵・魅持ちだとしてもあまりに低いである。
計略は「が誇りを継げ」。自分を含めた範囲外の伊達の味方は全て撤退し、範囲内の伊達の味方の武が上がる大名采配。撤退したコストが4コストになる毎に更に射撃回数が1回分増える。基本的には宗が2コストなので更に2コスト撤退させて4コスト落として戦うのが基本形となる。

三国志大戦孫堅パパよろしく自爆なあたり、意識してるんだろうなセガも。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BC%8A%E9%81%94%E8%BC%9D%E5%AE%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊達輝宗

11 ななしのよっしん
2012/10/07(日) 23:42:04 ID: lPeZOO4B9R
それはどうだろう
名の当急死で寝返る人間が続出するような状態に陥ってたわけだから
そこを政宗は戦で取り込んだが宗なら外交で取り込めたんじゃないか
信長州征伐するなら州の諸将をめ迎え撃つ所存と佐竹義重してるし
少なくとも諸将からの人望は厚かったようだし
12 ななしのよっしん
2012/12/20(木) 03:25:15 ID: LQLwP6R3UI
>>9
一応、戦国乱世のうちになんとか州をめきってその後長く続く伊達の礎を作ったんだし喜んでるんじゃね
どこのおだって結局は自分のを残すことが第一だろうし
13 ななしのよっしん
2013/02/11(月) 13:13:05 ID: p0DmxlHAY/
そもそも問題児々は現代人視点の勝手な評価だしね
宗謀殺は自分もいと思う
当時の政宗は容赦のい面はあるけど
謀略の類に長けているって印いんだよね
智謀面での成熟にはまだ暫くの時を要するんじゃないかな

>>11
佐竹は北条に圧迫されて州に手を伸ばしてるから、対立して着→ラスボスがこんにちわって事になりそう
14 ななしのよっしん
2013/03/16(土) 12:46:29 ID: harBar3T+r
も謀略説はないかな。
政宗へ督を譲ったこと自体が伊達の外交方針の転換のためと考えてる。
督相続後も宗が存命の間は政宗と宗の合意で政権運営をやってたんじゃないかねぇ。
15 削除しました
削除しました ID: mPAM94B+tk
削除しました
16 ななしのよっしん
2013/11/14(木) 07:14:09 ID: fJiD6/arme
親父が起こした揉め事の解決に費やした当って感じだな、政宗が暴れる下地を作ったともいえる
政宗の謳い文句で20年速く生まれれば…があるけど、その場合は宗がした事をやらんといけない訳だよな
的に解決出来たろうけど、どうやるかは興味ある
17 ななしのよっしん
2013/11/28(木) 10:52:51 ID: /wCknsMAXX
謀殺説を唱える人は当時の州の情勢に興味ないか、陰謀説が好きな人と見た
18 ななしのよっしん
2014/06/11(水) 09:32:47 ID: UZMx0K+uNe
謀殺説は政宗の苛さをしたがってるだけで根拠が薄すぎます。
事実が亡くなった後は遠藤基信を始め伊達の重臣達が殉死してしまったために伊達が傾きかけましたし。
まだ若かったから先の事を見据えるが足らず、畠山らを見くびっていた結果と言われればそれまでですが、この時の苦労が身にしみたのか、晩年に政宗は臣一同に
が死んでも殉死はしてはいけない」と言い含めていたそうです。
(それでも直臣の多くが追切ったので後始末が大変だったとか)
19 ななしのよっしん
2015/01/03(土) 15:42:27 ID: ER5l5yzyGk
子相の因果を自制して断ち切った人物だと思う。
二本畠山義継の件でも垣間見えるけど、やっぱり運営方針の不一致が見える。
自分が築き上げてきたものを破壊されるような感覚もあっただろうけど、と祖を見てきたからか敢えて意地を通さずに政宗のやり方に強硬に異を唱えることはしなかった。

個人的に稙宗と宗、宗と政宗が似てる気がするw
20 ななしのよっしん
2018/09/16(日) 12:10:09 ID: ZaBuLZ8/UF
先代からの功臣を容赦なく粛清したり、既存の婚姻同盟関係を破壊したり
州の暴れん坊は息子よりこの人だったのかもしれない
政宗は臣団も外交方針も宗のそれを引き継いでるし

この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。

急上昇ワード