会津単語

アイヅ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

「会津」とは、福島県西部から新潟県東部にかけて広がる地域名として知られる名詞である。
読みは「あいづ」。またこの記事では、合わせて地域名以外の会津についても扱う。

概要

名前の由来

地名の由来については、『崇神天皇(BC:148~AD:29)の時代、諸定の任務を終えた大命とその子、建沼河別命がこの地で合流した(参考:会津大事典)』ことにあるとされて、実際に「相」の名で古事記などの文献に登場している。

いは、古くから阿賀野、その二つの大河の合流地点の周辺を中心に栄えてきた事から、「の合わさる場所にある(港)」の意味でその名が発祥したとも言われる。いずれにしても、古代から河川や幾多ある山を通じて、交通の要衝としての栄を享受してきたものと見られている。

地理

その東側に羽山脈、西側には越後山脈、南に東北地方の最高峰となる燧ケ岳、北には信仰の山である飯豊山が聳えており、これら山々によって巨大な地を形作られている。単に内陸にあるのみならず非常に山深い土地としても知られ、特にの降る季節は、会津域内に限っての移動すらもしばしば困難となる。

北部には、そうした山間の地とは思えないほど広々とした会津地があり、会津若松市喜多などが存在。周辺の中心地となっている。一方、南部については北部以上に山が深く、筋や小さな地などの一つ一つに小規模なや集落が点在している。

地域の大部分を占める福島県太平洋に面しているものの、会津の気そのものはむしろ日本海側から大きく影を受けており、それに寒暖の差がしいなど地らしい特徴が加わさて独特の気が形作られている。そのため、になると場ののような猛暑に見舞われることも多い。

歴史

古くは古事記にも登場しているのは前述の通りである。8世紀には、制の進展に伴って置かれた陸奥に会津が設置され、ここに地域名としての会津はスタートした。そののち平安時代には、その広大な地域から耶麻大沼、河沼が相次いで分置されたことから、会津四とも別称された。

源氏の攻撃によって奥州藤原氏が滅ぼされると、四は頼の信用厚い武将、佐原義連の領となった。義連は鎌倉幕府における名門三浦氏の出身であり、また下っては名氏となって長くこの地を治めたが、戦国期以後は伊達生、上杉氏、江戸時代には保科氏などへと統治者はめまぐるしく変化した。

江戸時代の間は保科氏の下での安定が続き、飢饉への対策として和蝋燭などの手工芸も発達した。しかし幕末になると、西軍による最重点攻撃標となってしまう。当時の状況については様々な評価が有るものの、会津一帯が軍事攻撃により残に破壊されたことだけは歴史に残っている。

明治になると、一転して会津は警察官の出身地として知られるようになった。西南戦争においても多数の会津出身者が治安維持に従事したが、一方では「」こと三島通庸の統治、地域が福島県新潟県分割されるなどの苦杯もめた。現在の非常に"保守的"な土は、こうした流れの影とされる。

社会的特徴

歴史的に見た場合、「会津」の範囲は現在新潟県の一部も含む極めて広大なものとなる。しかし21世紀現在においては、その場合、福島県内における地域区分の一つとしてイメージされる場合がほとんどである(他の地域→「浜通り」「中通り」)。

産業としては、第一次産業の占める割合が較的高い。特に作については日本有数のコシヒカリの産地として知られ、また寒冷になりやすい山間部では蕎麦栽培が盛んに行われている。他にも手工芸に古い伝統を持ち、特に会津塗りに代表される漆器は高い評価を得ている。

現在はこれらに加えて温泉や史跡を中心とした観光産業も見られ、特に滞在スキーリゾート開発にはが入れられている。加えてコンピューター関連企業などの工場誘致にも積極的であり、それに伴って会津大学が設置されるなど、道路整備と合わせた第二次産業の成長も期待されている。

交通に関しては、日本の大半がそうであるように社会と言える。しかし閉鎖県道の未通個所も多く、必ずしも便利な状態と言うことは出来ない。他のと同様、に強いとされる鉄道への信頼は較的強いものの、地域の大半が深刻な過疎に悩む事情もあって存続が不安視される路線も見られる。

団体、施設など

自治体

総計

交通

鉄道

道路

自然

会津を舞台とした作品

※出身者については福島県の記事を参照されてください。
※関連企業については下段(↓)の関連項目を確認されてください。

地域名以外の会津

名字としての会津

  • 会津兼定/あいづかねさだ - 江戸時代刀工。名は11代に渡って引き継がれた。
  • 会津太郎/あいづたろう - 詩人
  • 会津八一/あいづやいち - 歌人、書、美術史
  • (参考)会津小/あいづのこてつ - 幕末から明治初期にかけて活躍した侠客。本名は上坂仙吉。

地名としての会津

列車名としての会津

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BC%9A%E6%B4%A5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

会津

134 ななしのよっしん
2021/01/09(土) 05:38:38 ID: aSRAxpA9gd
政府軍に協すれば年貢を軽減してくれると約束されて協したら新政府側が全然約束を守らないで年貢が全然軽くならないから、仕方なく自分たちで一起こしてやっと新政府に年貢を軽くさせたって事じゃないの?
135 ななしのよっしん
2021/01/21(木) 23:19:24 ID: lvm1MfN/KB
石筵村の住民が官軍に協したのは、地元の村を焼き払った会津への反感が原因だぞ
会津寄りの『会津-戊辰戦争最大の悲劇-中新書』ですら、会津行動に原因があるふうに書かれてる

そもそも新政府は、会津戦争より前の段階で年貢半減を撤回しており、それ以降は年貢半減など宣言していない
ただし、戦災に対する保障と言う形で、一時的な年貢免除などは行われていた
ヤーヤー一が発生したのも、会津時代の支配体制が継続される事に領民が反対したのが原因
会津若松史』に書かれている一の要は、郷頭などの変更(の役人の排除)、会津が作成した検地帳・年貢、労役や規制の撤など、従来の支配体制を断ち切る事がメイン
136 ななしのよっしん
2021/01/27(水) 03:46:25 ID: 1z1Fsm+JwC
>>132
ニコ百なんてこんな場末のスレにも会津史観を聞きって会津=善、新政府=悪みたいな単純な二項対立に持っていきたいだけのやつが定期的に現れるね
aSRAxpA9gdが出まかせや思い込みを述べて新政府を悪者にしようとする度に、>>133>>135みたいな他住民に論破されてて草生える
137 ななしのよっしん
2021/02/02(火) 14:53:52 ID: aSRAxpA9gd
>>135
>石筵村の住民が官軍に協したのは、地元の村を焼き払った会津への反感が原因だぞ
村に火をつけたのは村人に危を加えたり略奪するためじゃなくて、村の建物が官軍に利用されないようにするためだろ。
会津領の入り口の村で官軍を潰したいけど、その村から農民を避難させても民家などの建物が残ってたら、その民家に官軍の狙撃兵が潜り込んでそこから会津兵を狙い撃ちにしてくるから、敵の隠れ場所を消去するためにしょうがなく建物を燃やしたんだろ。

幕臣たちが考えてた江戸焦土作戦案と同じ。
幕臣たちも江戸の民衆たちを江戸から避難させた後に江戸に火をつけて官軍を迎え撃とうとしてた。
なぜ建物に火をつけるかというと敵の官軍の兵たちの隠れ場所・潜入場所を消去するためだよ。
会津兵が会津の農民たち残虐行為をしたみたいに印操作するな。

ちなみに会津軍側も村落のある地でこの戦い方しても効果が薄いことに気付いて、会津戦争中盤以降は山間に官軍をおびき寄せて集中攻撃するゲリラ戦に移行してい
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
138 ななしのよっしん
2021/02/04(木) 18:47:08 ID: aSRAxpA9gd
>>135
>そもそも新政府は、会津戦争より前の段階で年貢半減を撤回しており、それ以降は年貢半減など宣言していない
報隊は新政府が年貢半減を撤回した後も勝手にを触れ回ってた。他の官軍の兵たちが同じように勝手にをついて会津領民たちを騙してもおかしくない。

会津の世直し一についてもっと詳しく調べてきたけど、一の時の会津領民たちの要は「年貢を税にすること」だった。
この一会津領民たちが新政府に「年貢を税にする」ように要してきたのは、の時に官軍から「自分たちに協したら年貢を税にしてやる」と約束されたからじゃないのか?
そして官軍に協したのに会津が落した後も全然年貢が税にされないから、会津の農民たちが「約束が違う」と一を起こしたんじゃないのか。

山方面では、一の時に新政府側が「の戦火で被災した農民たちは税または半税にしてやる」としだして、それでその土地の農民側も妥協したけど、それから一が沈静化して新政府の役人たちが会津全に支配し
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
139 ななしのよっしん
2021/02/05(金) 20:22:32 ID: lvm1MfN/KB
民家に官軍の狙撃兵が潜り込んでそこから会津兵を狙い撃ちにしてくるから、敵の隠れ場所を消去するためにしょうがなく建物を燃やしたんだろ。

それこそ会津の都合だろ?
そりゃあ焼き払った側からすれば「しょうがなく」かもしれないが、焼かれた側からすれば「ふざけるな!」になるに決まってる
理由が何であれ、それで会津が石筵村の々を焼いて住民たちの反感を買ったのが事実なのに「印操作するな」とかワケわからんよ
感情論を抜きにしても会津の悪手でしかない
ちなみに、これが官軍に案内した石筵村の書状だ(中新書奥羽越列藩同盟」)

私居村の儀は会津通路に付、去中、仙台、二本相馬会津御征伐御繰込のより人継立差配仕、其後ご反征の際より会仙の賊軍繰込、往来共不引切、人被召遣、私始め村中一同必死難渋罷在中、不計も八月一日、会兵に放火被致、五十三軒の村残らず焼亡
私儀も八月二十日、二本表御発御教導、引続若松表御闘戦中、丸飛行の中を潜り露を犯、飢渇をぎ、実に身命不顧、日数五十余日、御用
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
140 ななしのよっしん
2021/02/05(金) 20:39:04 ID: lvm1MfN/KB
報隊は新政府が年貢半減を撤回した後も勝手にを触れ回ってた。他の官軍の兵たちが同じように勝手にをついて会津領民たちを騙してもおかしくない。
>官軍に協したのに会津が落した後も全然年貢が税にされないから、会津の農民たちが「約束が違う」と一を起こしたんじゃないのか。
山方面では、一の時に新政府側が「の戦火で被災した農民たちは税または半税にしてやる」としだして、それでその土地の農民側も妥協したけど、それから一が沈静化して新政府の役人たちが会津全に支配し始めると、すぐに会津の全領民に年貢の全納入をく済ますように命じ始めたんだよ。

だから戦災に対する補償で一時的な年貢免除って書いただろ
しかも官軍が山に対して免税を言い出したのは一が沈静化してからの話で、戦争とは関係だ
それぐらい調べたんだろ?
報隊はを触れ回ったから命違反で処罰されたのに、他の諸も同じ事やってたら問題行為で資料に残る
領民が協したのは官軍による年貢免除に釣られたからで、一の理由も官軍が
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
141 ななしのよっしん
2021/03/09(火) 01:13:01 ID: aSRAxpA9gd
>>139
>理由が何であれ、それで会津が石筵村の々を焼いて住民たちの反感を買ったのが事実なのに「印操作するな」とかワケわからんよ

農民に危を加える的で火をつけるのと建物が邪魔だから火をつけるのは全然意味が違うよ
会津兵たちが虐殺的で農家に火をつけた」みたいにるのは明らかに印操作だね


>>140
>だから戦災に対する補償で一時的な年貢免除って書いただろ
側は「3年間半税」とかを要したけど、新政府の役人たちは会津の一が沈静化し始めてすぐに1868年12月会津全体に年貢の皆済を命じ始めたんだよ

142 ななしのよっしん
2021/03/14(日) 14:21:15 ID: lvm1MfN/KB
>>141
>農民に危を加える的で火をつけるのと建物が邪魔だから火をつけるのは全然意味が違うよ
>「会津兵たちが虐殺的で農家に火をつけた」みたいにるのは明らかに印操作だね

が「会津兵が虐殺的で火をつけた」なんて書いたんだ?
こっちは「焼き払った」としか書いてないんだが? 焼き払ったのは事実だろ?
ちなみに『危』という言葉は、他人の財産を損なわせる危険という意味もあるので、住人のを焼いた会津は間違いなく農民たちに危を加えている

>一側は「3年間半税」とかを要したけど、新政府の役人たちは会津の一が沈静化し始めてすぐに1868年12月会津全体に年貢の皆済を命じ始めたんだよ

1868年12月(明治元年10月)の時点で、会津の世直し一はまったく沈静化してないんだが?
資料にもよるが沈静化したのは最低でも1869年1月(明治元年12月)だぞ?
そもそも3年間も半税なんて通るわけがないし、その要が書かれている資料に「1868年12
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
143 ななしのよっしん
2021/03/18(木) 10:37:14 ID: 1z1Fsm+JwC
>>138
> の時に官軍から「自分たちに協したら年貢を税にしてやる」と約束されたからじゃないのか?

じゃあそういった約束が出たってソース出せよ調べたんだろ?
出さなかったらウソ認定する
aSRAxpA9gd朝鮮人並みの歴史修正主義者