佐々木小次郎単語

ササキコジロウ

佐々木小次郎とは、の多い剣豪である。そもそもこの佐々木小次郎という名前さえ本当かどうか分かっていない。

謎だらけの概要

謎だらけの経歴

最初に書いたとおり佐々木小次郎ばかりであり、どこで生まれたかも明確でない。
現在な説は以下の2つである。

① 現在福岡県田川にいた族・佐々木氏の系説
② 現在福井県福井市で生まれたという説

ただ、誕生日は未だに分かっていない。命日は、『二記』という18世紀に書かれた宮本武蔵の伝記によればの戦いで宮本武蔵に敗れた1612年5月13日と言われているが、このの戦いが行われた日についても諸説あり、実際不明なのである。

小次郎は、なにかしらの剣術(後に詳細の項あり)を学んだ後、安芸の毛利氏につかえた後、日本の諸に行って様々な剣術を学んだり、剣豪と戦うなどして【返し】と呼ばれる技をあみだした。そして『岩流』と呼ばれる剣術の流を作り出したと言われている。

…というのが有名な説だが、ここにもたくさんのがあり【返し】ではなく【虎切り】という技だという説
実際岩流なんが作りだしていないという説などめちゃくちゃである。

そして最後は、先述したとおり宮本武蔵に敗れて死亡したというのだが、ここについても様々な説がある。

① 返しを見切られて、頭を櫂でかれて死んだという説
② 勝負に負けたあと、武蔵子に袋叩きにされて死んだという説。
③ 実際は死んでいないという説

もう嫌になる。

他にも、での戦いのとき、小次郎70才を越える老人であったという説もある
→(中条流の富田は1523年生まれだから)

「なんだこいつめちゃくちゃじゃないか…」とおもったあなた。仕方ない、彼に関する資料は少なく、さらにどれも説が一貫していないからこうなっているのである。

謎だらけの剣術

じゃあ剣術は何流なの?と聞かれると、これもまた曖昧なのである。

① 中条流:富田師匠
② 鐘捲流:鐘捲自斎が師匠

そもそも鐘捲流というのは、中条流から生して出来たものである。

本当に存在したの?

である

ただ人はいたらしい。あくまで「らしい」程度であるが

物干竿

彼の使っていたは「物干竿」と呼ばれている。
なんでこんな名前が付けられていたかというと、小次郎が使っていたは大太刀であり、だいたい3尺(約1m)と言われていた。しかし、当時は「そんなに長いなんか使ってもスキばかりでどうしようもないだろjk」と揶揄され、この名がついたのである。

実際当時のはだいたい1尺8寸「約70cm」と物干竿べるとかなり小さ…くはないが、重さでいうとかなり違う。

メディアでの佐々木小次郎

無双シリーズ

声優うえだゆうじ (前田慶次と同じ人)  身長194cm
2でNPCの武将として登場。2猛将伝より独自のモーションをもったPC化を果たす。

宮本武蔵ライバルとして登場した。塗りの化粧と、でかい身長が特徴的で「可哀想だ」「ってあげる」という言葉をよく使う人りである。
2と2Empiersでは、護衛武将や他の武将の継ぎ接ぎモーションであり、味気ない感じであったが、猛将伝からは長い異次元から出現するさらに巨大なを使って攻撃するモーションとなる。とは思えない長いリーチと全方位攻撃が多いのが特徴的である。

2では、すべての人間を哀れみから救出するためにり殺すというかなり狂気的な性格が顕著である。特に宮本武蔵に関してはかなり執着しており、「最高の死を贈る」ために彼と戦おうとする。武蔵と戦うために徳に所属しており、関ヶ原や大阪の陣などの戦にも登場する。
3では武蔵共々リストラされた。
4では、無双演舞では使えないが、流浪演舞で登場する。2にべると人間味がかなり増しており、九州で滅びた族出身という設定が追加された。

OROCHI魔王再臨では、特殊コスチューム化粧がとれた超絶イケメン姿となる。
OROCHI2では、なぜか張郃さんと気が合う感じのネタキャラとなる。

TVドラマや映画

設定は「武蔵ライバル」で「イケメン」として描かれている
演じた人も「松岡昌宏」「沢村一樹」「渡辺謙」「高倉健」…
うーん…イケメン

TVメディア作品はかなり多いのでこれくらいにしておきます

関連動画

 

関連商品

 

関連コミュニティ

佐々木小次郎に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E5%B0%8F%E6%AC%A1%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

佐々木小次郎

5 ななしのよっしん
2015/11/04(水) 21:39:41 ID: yGRq+Q3wY4
>>4
家康の長さを制限したし、強くて禁止になったパターンじゃね?
西洋の決闘では互いのが同じ長さであることを確認して戦ったくらいだし。
6 ななしのよっしん
2016/01/28(木) 03:25:45 ID: 5+yiJMP9uN
リーチの問題で矢>>>>>>>>>>>>>>>>だったからなあ
7 ななしのよっしん
2016/10/15(土) 01:53:49 ID: YytIKFpl78
長さ=強さだからな
8 ななしのよっしん
2016/12/17(土) 04:07:51 ID: EaOfhkgnxz
無双の項にある九州で滅びた族……


いったいどこのなんだろう……?
9 ななしのよっしん
2017/01/07(土) 01:59:50 ID: uGv7XywNZ9
>>3 ええー?ほんとにござるかぁ?
10 ななしのよっしん
2017/07/16(日) 17:58:01 ID: 9RBrXzcv08
技名がりじゃなくしなのがまた格好良い
11 ななしのよっしん
2017/11/17(金) 05:10:29 ID: eXk7C5A2Ta
『虎切り』も格好良いと思う
パワーの虎切りと、スピード返しってイメージ
12 ななしのよっしん
2017/11/25(土) 15:47:43 ID: 9iXF+jUKGV
鐘巻か、富田から、小太刀術を学んでから、その応用で大太刀を使えるようになったって説もあるし
そう言う意味では、武蔵とは、別の意味で『二刀流』の使い手と言えるな
13 ななしのよっしん
2017/12/10(日) 10:35:57 ID: EwiridJWM0
ガボンドの小次郎賛否両論だけど
「何で小次郎って武蔵みたいに、吉岡柳生と言った時の剣豪に挑まなかったんだろう?」
って疑問が聾だったからとしてみたら、割と納得する
3132巻の一斎は格好良かったけど、何で今まで、石舟斎に挑まなかったのかは、少し疑問だったし

吉岡一門や、宝蔵院と同格のオリジナル剣豪とか考えるのって難しそうだし
龍が如く見参では、佐々木小次郎柳生宗矩だったけど
14 本当は必要だろ
2019/02/09(土) 21:39:19 ID: xUtjimyaes
終末ワルキューレの実があきらかに