佐野慈紀単語

サノシゲキ

みんなかがやけ~!

佐野慈紀1968年4月30日~)とは、近鉄バファローズ中日ドラゴンズオリックス・ブルウェーブに所属していたお笑い芸人、元プロ野球選手である。本名及び91年から2000年までの登録名は佐野重樹。

90年代プロ野球において、中継ぎ投手として初めての1億円プレイヤー仲間入りを果たし、それまで存在感が薄かった中継ぎ投手というポジションと自身の頭頂部を当てた選手である。

概要

松山商業から近畿大学工学部を経て90年にドラフト3位で近鉄バファローズに入団。

ルーキーイヤーではなぜかほとんど投げないにも関わらず「シュートが得意」という触れ込みが広がっており、佐野はそのイメージを利用してガンガンストレートで攻め、本来の武器であるスライダーとの相乗効果もあっていきなり6勝を挙げる。

94年は47試合に全試合中継ぎとして登板93と1/3回を投げて8勝4敗2セーブと、チーム中継ぎの柱となる活躍で7月にはMVPを獲得し、翌95年にはチームが不調な中44試合で10勝4敗6セーブと活躍ぶりと額り、先発登板が1度もかったにも関わらず2桁勝利を挙げている。

96年はリーグ最多となる57試合に登板し、2勝5敗5セーブという成績だったが、プロ入りから6年連続30試合以上登板チームを支え続けてきたことが評価されたのか、この年のオフ中継ぎ投手として初めての1億円プレーヤーとなり、それまであまり立たなかった中継ぎ投手としては一躍頭と共にく存在となった。

97年も52試合に登板したが、98年は右肘を痛めてしまいプロ入り以来初めて1軍登板なしに終わる。

手術を経て復帰した99年はプロ入り初完封勝利を挙げるなどしたが、シーズンを通じて3勝8敗という成績で、2000年には中日ドラゴンズに移籍したがここでも1イニング4被本塁打の記録を作ってしまうなど不調から脱出できず11試合の登板に終わり、オフ戦力外通告を受ける。

野球を続けたい思いが強かった佐野アメリカマイナーリーグ独立リーグを転々とし、2003年にはオリックステストを受けて合格し入団したが、シーズンでは1軍登板は2試合に終わる。
2004年から2005年は再びアメリカ独立リーグに挑戦したが、2006年からはサンケイスポーツにて評論家として活動を開始。

現在評論家の他、解説者お笑い芸人としても活動、さらに前田幸長古木克明らと共に「OBTV」という動画サイト運営も行っている。


また、BCリーグ石川ミリオンスターズ取締役も務めており、ブログツイッターでその情報を話すこともある。

プレースタイル

キレのあるストレートスライダーを武器とし、特にスライダーは4つの握りで投げ分けた他、常に球速リリースに変化をつけて多くの球種をもっているかのように打者を翻弄。ちなみにスライダー大学時代にたまたま書店で呼んだ本に投げ方が書いてあったため、それを真似したらあっさり習得してしまったとか。

また制球も良く、審判ごとのストライクゾーンまで研究するなど観察眼に優れていた。

ピッカリ投法

佐野中継ぎ投手のため、基本的にはセットポジションで投げることが大半だが、ある時オリックス戦でワインドアップで投げた際に手が帽子のツバに当たり、帽子が飛んでしまって自慢の頭が露わになってしまい、打者の中嶋聡が笑いながらタイムコールするという事態に発展。

論このプレーはすぐさま「プロ野球珍プレー好プレー」にて取り上げられ、番組内で佐野はこれを「テカテカ投法」と命名し、これをきっかけに佐野の知名度は大きく上がることになる。なお本人によればこれ以降成績は大きく下がったとかなんとか
最終的に「テカテカ投法」は「ピッカリ投法」という名称で広まることとなったが、佐野は観客を楽しませるために東西対抗戦やマスターリーグなどでこのピッカリ投法を度々披露している。

またマスターリーグではランナーをけん制する際に帽子を取り、頭頂部のでランナーを「うおっまぶしっ」とさせる「ピッカリ牽制」なるものを編み出している。論相手が大笑いするだけで牽制として役立っているかは不明。

人物・エピソード

概要などを読んだいただいた方にはもうおわかりだと思うだろうが、佐野は現役時代から頭髪が薄く、さらに上述のピッカリ投法の件もあってか自らこれを自虐ネタとして度々テレビなどで披露しており、現在ではすっかりハゲキャラとして認識されている。
そのためかプロ野球選手時代からオフには吉本新喜劇に出演するなどサービスにあふれた人物であり、ブログツイッターでは最後に「みんなかがやけ~」で締めくくるのがお約束決してお前らみんなハゲてしまえとか言ってるわけではない。
そんなこんなで薄毛キャラとして有名な佐野だが、2015年1月11日に「有吉反会」という番組に「現在もいまだに薄毛をネタにして仕事を増やしていること」を反するために出演。有吉弘行から「薄毛キャラ卒業カツラで宣材写真を撮影」という禊を課される。その言葉通り佐野カツラをかぶって宣材写真を撮影し、自身のブログプロフィール写真を変更。またそれまで「ピッカリブログ」だったブログ名を「フッサリブログ」に変えている。(現在は再びピッカリブログに戻った)

その他のエピソードは関連動画を参照に。

一応プロ野球選手としてのエピソードを載せておくと、プロ入り初完封の試合は当初監督であった佐々木恭介が手術明けの佐野に気を遣い、リリーフエースだった赤堀元之大塚晶則に「今日は4イニング投げろ。大塚は3イニングだ。」とをかけているのを聞きつけ、佐野が「投しますよ!」と啖呵を切ったためであり、佐野はその試合で7回にコーチから降を打診されても頑として受けず、最終的に完封勝利を挙げている。

通算成績

通算:10年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 353 1 1 41 31 27 -- .569 648.1 210 414 301 274 3.80 1.40

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BD%90%E9%87%8E%E6%85%88%E7%B4%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

佐野慈紀

1 ななしのよっしん
2015/06/14(日) 01:40:54 ID: /9ICQGIcNi
佐野さんニコ生出てるなw 記念カキコ
2 ななしのよっしん
2018/07/30(月) 20:53:29 ID: QGyPIruPqc
サントリードリームマッチのために1年間横の髪の毛伸ばしてパーマとか生える
3 ななしのよっしん
2018/09/22(土) 22:01:17 ID: Av20GweFkL
本日通算2000本安打達成した福さんが数年後ピッカリ劇場の一員としてバッターボックスに立っている図を想像してしまいました。
ピッカリ劇場マジ半端ないって。
4 ななしのよっしん
2018/09/28(金) 21:11:54 ID: rDJGojs/2d
違うピッカリ劇場開演
残念だ
5 ななしのよっしん
2019/04/06(土) 18:12:51 ID: 7KdKPWXLDK
問題が発覚してから表舞台から消えたね。
まぁ当然なんだけど