保守左派単語

ホシュサハ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ
主張を扱う記事

この記事は政治を取り扱った記事です。
秤はですがニコニコ大百科および未来検索ブラジル政治的見解・ではないことに一応はご留意ください。

保守左派とは、政治思想におけるグループ分け、ポリティカル・コンパスにおける思想の一つである。ここでは日本の保守左派について説明。
権威義、経済
理想のは、伝統秩序重視社会主義福祉国家である。言葉だけ聴くと「は?」って感じだと思うので解説していく。

概要

保守右翼であり、革新左翼であるという考え方が一般的かもしれないが、保守左派はそれぞれの持つ特徴を別々の分野で併せ持つ考え方のことである。つまり保守左派という文字を見て、「矛盾だ!」と糾弾するのは誤り。

つまり、論理道徳・秩序・伝統については保守的な価値観を重視する一方、経済政策については「富の再配分」「格差社会の是正」「福政策」などといった社会主義的な価値観を重視する。

自由貿易への警感と、憲法改正、独自外交などの観点からアメリカ合衆国と一定の距離を置こうとする傾向がある。
だが、アメリカ合衆国距離を置くことは、必ずしも保守左派の統一された思想ではない。

現存する右との区別は較的曖昧な点も多いが、現存する左との区別は明確に行おうとする傾向がある。それは特に日本において、左売国というイメージが持たれているためで、これを否定したいからである。
保守左派を自認、支持する者たちは愛国」「愛国左翼という表現を用いることもある。

現在日本には保守左派を掲げる政党は存在しない。

また、左翼革新などからすれば「反動」ですらあり、彼らに「保守反動」または「右翼反動」と呼ばれることもある。

保守左派について論ずるときは、政治思想が右と左とん中しかいないという固定概念を捨て去る必要がある。

また、ネット右翼と混同されることもある。理由は後述する。

日本での具体的な考え方

本人と保守左派

日本には保守左派と明確に定義された政党は存在しない。が、

日本人には較的受け入れやすい思想である。

理由としては、

  • 保守的な政党が政権を握っている期間が非常に長い。
  • 日本の伝統や文化は守られるべきである、あるいは変えたくない、変化を嫌う
  • 皇室は存続すべき、またはあえて撤する理由はない。
  • 大規模な政治的・経済混乱があるぐらいなら今のままがよい
  • 日本の従来の左翼は信用ならない。

という、日本人の古い性質的な考えが、保守的な考え方を良しとする思想として現れている。戦後の過な活動などで従来の左が信用を失っているということもある。一方で以下のような左的(日本の左ではない)考えがある。

といったものである。これらは特に、アメリカによる戦後教育から全に分断されている若者世代に多くなってきている。だが同時に、若者の政治への関心の低さからこれらの考え方があまり広がっていないのも事実である。
また、日本に存在する従来の左政党とは違い、憲法改正を視野に入れるなど、本来の意味での左的考えを標榜するのも特徴である。

保守左派の外交関係

特定アジアと保守左派

以下は単純に見れば保守でも左でもない考え方だが、特に若年層に多い考えであり、保守左派的な考え方として見なされる場合もある。にこれらはネット右翼と混同される理由でもある。

だが勘違いしないでほしいのは、保守左派が中国朝鮮に強硬な態度に出るからネット右翼と混同されるようになったというより、ネット右翼だと思っていた人が中国朝鮮に強硬な態度をとり、ポリティカル・コンパスなどによって保守左派的な思想であると判断されたため、これらの考えが混同されるようになった、ということであろう。
当然、ネット右翼と混同されることを嫌う者もいる。

アメリカと保守左派

戦争の究極の的は勝つことであり、決断を先延ばしにすることではない。
戦いにおいては、代わりに勝利を収めてくれる代理人はいない。

アメリカ陸軍元帥,連合軍最高官 - ダグラス・マッカーサー

保守左派は、産業保護の観点から自由貿易に対して反対の立場であり、アメリカとの相互協には消極的な姿勢を取る。

以下の点から保守左派はアメリカとの関係に否定的である。

また、日本と関係が悪化している中国韓国に対して、アメリカが断固たる態度を取ろうとしないこと、それに伴ってアメリカに対する信頼に懐疑的になっていること、中国韓国が周辺の中では数少ない憲法改正に反対している国家であること(=日本社会での影を増す)、アメリカ憲法改正の延長上にある軍事に反対してること、などの理由がある。

といってもこれらは副次的でもあり、一番は「国家防衛のためには自衛隊を増す必要があり、そのためには憲法改正も必要である」という政治的理由と、前述した自由貿易への反対という立場から、アメリカとは距離を置こうとしているだけ、と受け止めることもできる。

保守左派の問題点

平和によってのみ守られる。

国家社会主義ドイツ労働者党導者 - アドルフ・ヒトラー

保守左派の考え方の問題は、それらをどう両立させるか? ということから始まり、この思想は危険ではないか?に結び付きかねず、バランスよくかじ取りをする必要があるということである。

思想そのものは理想的であったとしても、これらを両立させることは並大抵のことではない。日本政党は残念ながら親米保守反米のどっちかに属するものが立つ(かつて民主中道を掲げる政党が政権を担ったことがあるが、その結果は…→民主党)。一応、反米保守という考えも存在はする。

日本で最大の政党である自由民主党は、長期間にわたり第一党を貫き、政権の座にあった保守政党であるから、官僚政治の権化のような存在である。日本の安全保障のために戦後アメリカとの関係において譲歩を重ね、いわゆる「弱外交」と呼ばれる日本を作ってきた本人でもあるが、現在日本経済世界における日本そのものの地位を担うにあたって、重要な役割を果たしているのは事実である。

的な代表格と言える各政党は、ど政権を担ったことがない。官僚政治などには反対し、平和国家の存続を謳うが、自の安全保障のビジョンが不透明(あるいは理想義的)、益や民感情をする国家に共鳴・同情する、自分たちの戦後活動を棚に上げる(あるいは不透明)、革新なのに憲法保護を掲げるなど、マイナス側面あるいはダブルスタンダードな面が立つ。
日本マスコミはどちらかといえば左寄りであるが、昨今のマスコミの論調も若年層からは反発を招いている。

保守左派に較的近い政治団体政党であっても、経年と共に保守革新かのどちらかに偏っていく可性があり、これらの考え方を維持し継続することは難しい。

また、自由貿易を警するあまり反グローバリズムが強くなり、民族義などの一面が台頭するといわゆるファシズム国家社会主義排外などに近づく可性がある。逆に革新に偏り過ぎれば、スターリンなどの過な左思想に近づいてしまう。極左と極右一重

これら諸問題により、保守左派という考え方は成立そのものが困難であり、保守や左の考え方をどれだけ取り入れるかによって定義も曖昧になりがちである。

加えて、保守左派はその政治思想から較的穏健で行動に関しても消極的であるため、他の政治団体や組織と違って大規模な組織化に至っていない傾向があり、「日本には保守左派の政党い」という事実から「では作ろう!」とならずに「あったら投票するのに」程度に留まっているのも特徴の一つであり、問題点の一つでもあろう。日本人らしいと言えばそれまでなのだが。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BF%9D%E5%AE%88%E5%B7%A6%E6%B4%BE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

保守左派

158 ななしのよっしん
2019/09/26(木) 16:52:30 ID: 9cfRQaBzGX
グローバリズム反動として世界がリージョナリズムの時代に逆行すれば受け入れられやすくなるかな?
中貿易戦争が始まってるけど、アメリカの下で日本インド東南アジアが独自経済圏を築くってなったら大企業も文句なしだし。そしたら軍備拡して徐々に日本リーダーシップ取ってくようあ感じで保守左派政治に合う気がする。
問題は多分くしないと中国が先んじるか日本アジアで落ちぶれて逆に赤字貿易になることだけど。
159 ななしのよっしん
2019/09/27(金) 16:25:09 ID: cIz2OC2Z3O
オルタナ右翼との関連が面いね。共和党員の9割位がトランプ支持者だそうだけど、アメリカにも保守左派は多いそうで。
ところで、安倍移民導入や女性活躍社会TPP推進だった点を考慮すれば、明らかネオリベ的な側面がある。自民党内の保守左派小泉にぶっ壊されちゃった人達だわ。

保守左派の人は、「世界経済政治的トリレンマ」なら、グローバル化を捨てて、民主主義国家権を選択する。トランプはこの路線で、日本ネオリベ方向の安倍を除けば自民はほぼそう。
男女平等、格差対策、少子化対策のトリレンマ」で言えば、保守左派女性の上昇婚志向ないしは下方婚忌避はhard-wiredされていると判断するだろうから男女平等を捨てて、格差対策と少子化対策を選択する。

この保守左派世界は、社会はもっと自警団的になる。愛国心や同胞意識が高まり、それによって社会としてのセキュリティも担保されるものの、経済効率を犠牲にすることになる。また悪しき伝統重視によるイノベーションの阻。細かい集団がそれぞれ自給自足し、効率の悪いブロックを構成してし
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
160 ななしのよっしん
2019/10/09(水) 01:40:37 ID: cKdwpW56bQ
保守左派こそ左翼
161 ななしのよっしん
2019/10/09(水) 07:30:33 ID: p5a+kP5V0T
>>159
むしろ保守左派フェミニズムってどんどん接近してると思うよ
かつてのフェミニズム自由義(リベラリズム、なんならネオリベやリバタリアンに近い、底した自由義と個人義と実義、努成果義)で、社会で活躍できる高女性が正当に出世の権利と機会を認めてもらいたいことからくるだったけど、今のフェミニズムって弱者女性じゃん

自由化によって女性同士も格差が大きく開いて、高スペックの強者女性勝ち組としてバリバリ働いて活躍して自己実現できるけど、低スペック低脳な弱者女性、人より努できないメンタル弱者女性は競争に負け、追いやられ、負け組として生きることになる
だから現在フェミニズム流は、むしろ反リベラル社会主義全体主義に接近してる
格差を拡大させた自由義への反抗からくる反リベラル保守左派社会主義)とは、実はことさら相性がいい
だから一部のフェミニストはむしろ保守左派石原慎太郎のような、他の女性の活躍や自由を阻するような社会主義全体主義
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
162 ななしのよっしん
2019/10/09(水) 07:40:40 ID: p5a+kP5V0T
ただ、こういう保守左派傾向、格差を拡大させたリベラルへの反発からくる反リベラル反動社会主義運動って、自滅だと思うよ
それで社会国家社会主義国家主義民族義の全体主義で一つにまとまっても、そういう高同調圧力社会陶しがる自由義者・個人義者の人は、次々ともっと自由な気自由社会へと脱出・亡命するでしょ

言っちゃ悪いが社会主義的な全体主義民の均一化、没個性化が居心地いい人って、単一の個人としてはが低い凡人、競争が低い人だらけだ
そういう人だらけの社会主義国と、格差は広がるが突出したと才を持った有な個人が集中する自由社会
どっちが高い競争を得る社会かといったら、冷戦時代に決着はついて結論は出てる

世界はまさに新冷戦への前段階で、格差拡大で反動的な社会主義ナショナリズム社会へと移行していこうとする保守左派極右極左のポピュリズムに流されて社会主義化を選んでいく々と、格差が拡大してそれでもなおリベラル自由義を維持したままの自由化をでいようとする側と、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
163 ななしのよっしん
2019/10/15(火) 13:15:00 ID: cIz2OC2Z3O
フェミニズム流がどうなっているかは個人的にはよくわからないが、反があった感じの東大入学式の上野千鶴子を流とするなら、上野ネオリベにとても近い。それは過去のいくつかの発言からわかる(1)。だから、上野系を流とするならフェミニズム保守左派と接近しているとは思えない。

ただ、いわゆるフェミニストフェミニズムが女医、官僚、弁護士といったエリート女性のためのものになっていて反発を感じる女性集団がいることは、過去にもあったし(2)、実際に大多数はそうだと思う(3)。そういった人はフェミニズムフェミニストと名乗ったりしないと思うし、フェミ系とは関わりたくないといった感じだと思うのですが……。


(1)例えば、
・「『男女共同参画社会は、新自由主義的なベクトルフェミニズムとの妥協の産物だ』というのは、100パーセント正しいと思います」(『バックラッシュ! なぜジェンダーフリーかれたのか?』)
・「エリート女の泣きどころは、エリート男しかせないってこと(笑)男性評論家はよく、エリート女は事労働してくれ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
164 ななしのよっしん
2019/10/15(火) 13:16:16 ID: cIz2OC2Z3O
イノベーションが巨額の富をもたらす現代では、自由義者や個人義者の人は重視するべきだし、それは確かに保守左派となったからは抜けていくとは思う。しかし、その人達は日本には数少なく、あまり心配をする必要はないと思う。

まともなサイエンスとしてのパーソナリティを記述するビッグファイブによると、パーソナリティ5大因子の一つである開放性が個人義や自由義と大きく関わり、イノベーションのともされている。

開放性の進化的起は感染症や寄生虫などから生じたとされ、実際に寄生虫量が小さい地域(寒冷地や燥地)では開放性は高まり個人義的で自由義的な文化が発達する、逆は開放性が低まり集団義的で保守的な文化が発達する(4)。

日本は当然、集団義的な社会でありその開放性は低い。リベラル価値観の担い手とされるエリートを見ても、東大から出てくる起業は官僚の数を大きく下回るし、日本医学生でUSMLEの取得をす人は数人程度、弁護士に限ってはその職業性質上、全に日本特化だ。
彼らは確かに持ちになるだろうが、せいぜい
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
165 ななしのよっしん
2019/10/15(火) 13:17:55 ID: cIz2OC2Z3O
とっ散らかってしまったがまとめると、日本人は開放性が低いからイノベーション系の現代の成功者(ミリオネア)が出てくるのは稀だし、東大医学部弁護士といったエリート層も海外に脱出することはほとんどないし、またミリオネア程度の再配分要員が日本の成功者のほとんどである。
だから、日本メリット(低学費・健康保険)もあり移住したい持ちや成功者はほとんどいないから、その点はそこまで憂うことはない。際競争はたしかに落ちるし今も落ちているだろうが、本来的にイノベーション系のではないので、別路線でカバーするしかない。
例えば資してマンガン団塊バイオマス海洋由来)といったことにを注ぐとかね。外の技術や人材、日本の個人義や自由義な人も全に排除するのはなくて、筑波大学学園都市といったところがこれからも受け手になってくれれば、自滅には至らないと思う。

今でも一億総中流社会という意識があり、上級国民逮捕されないことで抗議が殺到する日本では、その辺りが妥協点とは思うのだけど……。

(4)Schaller, M
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
166 ななしのよっしん
2019/10/18(金) 12:36:29 ID: p5a+kP5V0T
>>163
フェミニズム流がどうなっているかは個人的にはよくわからないが、反があった感じの東大入学式の上野千鶴子を流とするなら、上野ネオリベにとても近い。
>それは過去のいくつかの発言からわかる(1)。だから、上野系を流とするならフェミニズム保守左派と接近しているとは思えない。

上野千鶴子は例の『東大ピーチ』もやってるし、
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.htmlexit
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64173exit

人気取りの弱者の味方アピールかもしれないが、そもそも『マルクスフェミニスト』だとも言ってるし、社会主義支持を表明してるし、『みんなで等に貧しくなろう』とも言っている
https://pbs.twimg.com/media/C4Vw5F-UcAADPOm.jpgexit

東大ピーチの『弱者が弱者のままで尊重される』社会というのも、それは結構なことだけど、もはや本来のフェミニズム自由義思想)とは関係な思想で、ズレてるだろう
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
167 ななしのよっしん
2019/10/18(金) 13:01:07 ID: p5a+kP5V0T
なので上野千鶴子も広がる格差で民衆に蔓延する『富裕層憎し』『成功者憎し』のポピュリズムの波にうまく乗って利用してるし、競争敗者のルサンチマンに乗った思想を述べて大衆人気を得ようという思想は、実はヒトラーや、ムッソリーニや、プーチンや、トランプや、文在寅とも同じだし、要するに共産革命思想と結局は似通ってる
上に挙げたような保守左派思想のナショナリスト民族義者)も、結局は左社会主義者)なのだから
なので、ムカつく事実かもしれないけど上級国民やらリベラルやらが憎い人は上野千鶴子と気が合うと思うよ
極左と極右は同じなのよ、結局は社会主義者・全体主義者(保守左派だろうが左は左国家社会主義も所詮は社会主義)だから
山本太郎バーニー・サンダースジェレミー・コービンが本当に困窮する民衆の救いになれるかどうかは、どこまで自由義(リベラル)を否定せず、個人の自由を容認できるかに掛ってる
それができないと結局は過去全体主義者と同じになり、弱者のルサンチマンに合わせて優秀な人の足を引っり、活躍機会を嫉妬で潰す
そんな窮屈な社会じゃリベラルフェミニズム自由による活躍機会の尊重も個人の才)も死ぬ、ただの封建社会の独裁へ逆戻り
しかし自由には個人差(努格差、才格差、結果の格差)が生じる覚悟が必要になる

その覚悟がないんじゃ過去共産主義革命と同じで足の引っり合いの高同調圧力社会(巨大な貧農村社会)を作って有能な人は次々と亡命し、後に残るのは嫉妬心だけが強い無能などうしようもないクズの怠け者ばかり
潰れる寸前の会社に新人や優秀な人間を妬んで潰すお局無能管理職だけが残って、他所でやっていける優秀な人材はヘッドハンティングされて見捨てて逃亡するから会社が潰れるのと同じ現
上野千鶴子がいうみんなで等に貧しくなる社会とは、自分の嫉妬心のために社会貧困に巻き込んでみんな貧乏になって滅びよう、って世界
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)