編集  

健康食品単語

ケンコウショクヒン

健康食品とは、健康に良いことを謳った「食品」である。

概要

健康食品の定義であるが、実は法律上「健康食品」の定義はない。各社が勝手に名乗っているだけである。

「サプリメント」「栄養補助食品」「健康補助食品」「保険食品」など、各社好き勝手に名乗りすぎてややこしくなったため、厚生労働省2001年に表示などの決まりを規定した(後述)。

錠剤のように成されていたり、カプセルになっていたりもするが、科学的に効が明された「医薬品」ではないため効を謳うことはできない。というか書いたら事法などに引っかかる。どんなにCMなどで使用者がその効果のほどを述べていても、「効果には個人差があります」「個人の感想です」といった文言が何処かに書いてあるのだ。また、よく調べると数ヶ前に発売された商品を「何年も用」していたり、論文の発表された学会健康食品会社の作ったものだったり・・・おや、か来t

どこまで行っても「食品」でしかないため、効の認められた「医薬品」のような劇的な効果を期待して摂取するのは止めたほうがいい。脂肪の吸収を抑えるお茶を飲んでいても、安心して脂っこいものばかり食っていれば当然太る。医薬品にも脂肪吸収阻があるにはある(日本ではまだ認可されていない)のだが、摂った油がそのまま排されるので下痢すること多々。痩せたきゃ運動した方がいい(個人の感想です)

現在法律上、大きく定義されているのは「保健機食品」「特別用途食品」の2つである。

保健機能食品

細かい分類も多いが、基本的に特定保健用食品(いわゆる「トクホ」)と栄養機食品の2種類に大きく分けられる。

特定保健用食品」は製品ごとにデータを提出し、科学的根拠に基づく審を通過した物が、消費者庁長官の認知・許可を経て名乗ることが出来る。近年は規制が撤され、カプセル錠剤のものも認められるようになった。

もし手元に保健機食品がある方は表示をよく見て貰いたいのだが、「血圧が高めの方に適する食品」「虫歯原因になりにくい食品」「体脂肪付きにくい食品」など、許可されている表示内容に理的な作用は一つも書いていない。「健康強調表示」が許されているだけなのである。

科学的根拠を裏付けるという面もあるが、商品についての表示の許可を得るためのものという性格も強い。

←ちなみに、こういうことをすると怒られる。

「栄養機食品」は含まれる栄養量に関する定義で、含有量の基準を満たせばの審許可なしで名乗ることができる。表示をよく見れば分かるが「特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による審を受けたものではありません」といった表示が義務付けられている。

これらの他、許可を得れば「疾病リスク低減表示」として「◯◯のリスクを低減するかもしれません」といった表示が骨粗鬆症など一部の疾患について認められていたり、トクホの評価基準を満たしていないが一定の有効性がある場合は「根拠は必ずしも確立されていませんが、◯◯に適している可性がある食品です」という表示が「条件付き特定保健用食品」として許可されることがある(この場合、トクホのバンザイマークん中に「条件付き」と書かれる)。

特別用途食品

こちらは高齢者や児、妊婦などへ「特別な用途」のために用いる食品である。具体的に言えば病院で出される分補給ゼリーのような嚥下困難者用食品、児や妊婦のための粉ミルクなどがこれにあたる。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E9%A3%9F%E5%93%81
ページ番号: 5112967 リビジョン番号: 1849797
読み:ケンコウショクヒン
初版作成日: 13/07/10 03:39 ◆ 最終更新日: 13/07/10 03:39
編集内容についての説明/コメント: 初版作成。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

健康食品について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/04/10(月) 11:40:32 ID: tV2SH7TL8v
こういうのに騙されるのは、情弱というより元々のオツムが弱すぎるからだろうな。

効きゼロ「難消化性デキストリン」が呼び起こした「嗟」と「矛盾
http://www.dailyshincho.jp/article/2017/04100600/?all=1
2 : ななしのよっしん :2017/04/30(日) 12:24:04 ID: KfJxsPd13N
 いわゆる健康食品の中でも、直接的に危険なアレコレ
ならば、それぞれの機会毎に紹介し、解説しているので、
ここではあえて「潜在的な」危険が有り得る物として、
酵素系健康食品、嫌気性発酵による植物などの発行物の
凄く杞憂っぽい危険性についてろう…現実的危険だと
落やギャグになりそうもないからだw ←ぉぃぉぃ

 植物などが酸素を生み出し、人類を含めた他の生物
酸素のある「好気性」環境を前提に生きるようになった。
それでも酸素がない「嫌気性」環境を前提とした生命は
地球上に溢れ、どこの土にも破傷菌などが住んでいる。
彼らを滅ぼすことは不可能だが、その逆は可である。
3 : ななしのよっしん :2017/04/30(日) 12:33:02 ID: KfJxsPd13N
 『嫌気性環境は、嫌気性の生物頭堡と成り得る』。
酸素のない嫌気性の環境に適合した地球古来の生物達に
とって、酸素がある好気性の、異常で有環境こそは
共存の不可能な別の世界であって、その全てが敵である。
酵素は化学的・電磁気的に活性が高い蛋白質であるから、
液のされ小腸で膵液のアルカリにされて
根こそぎ破壊されるが、もし嫌気性生物が潜んでいれば、
それらを潜り抜けた先の穏やかな環境で潜在が可だ。
 大腸菌がプラスミドを受け渡し一斉に病原性大腸菌に
変質するように、ウィルスなどの運び手(ベクター)が
密かに人から人へ・好気性環境生物から他の同じ好気性
環境世界生物へ移り住み広く潜在した嫌気性生物を―
4 : ななしのよっしん :2017/04/30(日) 12:40:16 ID: KfJxsPd13N
ゾンビですね、分かります

あーオチを読まれたー・・・

人類を操り世界砂漠化させ近を汚染させれば、
酸素を発生させる生物酸素で生きる生物も滅ぶ。
異常に可性が低いだけで、人類が嫌気性生物
根絶する逆の可性と違い、「不可能ではない」。
女の美容食品は大丈夫ですかwww ←発生
 嫌気性環境を態々維持してから人類に投与する
狂気の沙汰が続く限り、世界滅亡の危機は続く
wwwww 以下、が大量に発生 wwwww
5 : ななしのよっしん :2018/05/17(木) 09:52:53 ID: hUVycrAlMz
ほとんど詐欺みたいなもんだけど
スポンサーでもあるので
マスコミがバッシングすることはまずないという。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス