僕等がいた単語

ボクラガイタ

僕等がいたとは、小学館少女漫画雑誌「ベツコミ」で連載されていた恋愛漫画。また、それを基にしたアニメ映画のことをす。2002年より10年間にわたり連載されていたが、「ベツコミ2012年3月号にて最終話を迎えた。

概要

北海道釧路市高校入学した「高橋七美」は、中学校の時、クラスの3分の2の女子が好きになったと言われる「矢野」と付き合い始める。

しかし、矢野には高橋にも言えない過去があった。その過去を理由に2人の仲に何度も裂が入るが、高橋矢野過去を受け入れ、また矢野高橋のことを受け入れる。

高校2年生の矢野の両親が離婚することになり、矢野高橋と共に釧路に残るか、それとも母親と共に東京へ行くか選択を迫られることになり……。

登場人物

高橋 七美(たかはし ななみ
おっちょこちょいで、少し天然身長は小柄で、周りからは普通と言われる普通女の子高校入学した時、矢野のことを気にかけていない3分の1の立場であった。髪型にお団子ヘアーで、矢野からはいつも「マリモヘアー」とバカにされたりしているが、をおろしてストレートにしたり他にも髪型を変えたりしている。矢野東京へ行き消息不明となったあとは、第一志望のJ大学には行けなかったものの、東京のS女子大学へ進学。その後、第一希望であった出版社に事就職し、同じ東京のW大学に進学していた、矢野の親友「竹内史」と付き合い始める。
矢野(やの もとはる)
運動神経・成績もよく、中学校の時にはクラスの3分の2の女子に好かれていた男の子女子にモテモテだが、実は一途。過去彼女交通事故で亡くしており、それがキッカケで高橋と何度も別れの危機になる。高校2年生のに両親が離婚東京へ上高橋とは遠距離恋愛になり、その後消息不明になる。
竹内 史(たけうち まさふみ)
高橋とは高校同級生で、矢野とは昔からの大親友運動神経抜群・成績優秀といったところ以外は矢野と正反対の性格をしており、にでも優しく接する。高卒後は東京のW大学に進学し、外資系コンサルタント会社に就職。その後、高橋と付き合い同棲を始める。
山本 奈々やまもと なな)
矢野の元彼女で、山本有里の高橋と区別をつけるために、一部からは「バカナナ」と呼ばれている。矢野よりも前の元彼氏とに乗っていたところ、交通事故に遭い死亡
山本 有里(やまもと ゆり
山本奈々矢野とは中学からの同級生で、山本奈々交通事故死亡した後、矢野と関係を持つ。高橋の前では意味深な言葉を出し、何度も高橋を悩ませることになった。高校卒業後は、親の反対を振り切って東京大学に進学するも、とある理由で大学中退にも気づかれずに北海道に戻った。

映画化

2012年3月ストーリーを前編と後編の二部作に分け映画化され、前編は映画観客動員数が初登場2位。後編は3位を記録する。漫画原作映画としては、過去最高の大ヒット作となった。

キャストは、高橋七美役に吉高由里子矢野役に生田斗真題歌にMr.Childrenを迎え、また映画内の音楽はビフォーアフターのBGMでお染みの作曲松谷卓」が担当している。

関連動画

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%83%95%E7%AD%89%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

僕等がいた

1 ななしのよっしん
2015/02/14(土) 13:04:12 ID: 1jYjpXgz05
小畑友紀の絵が矢沢あいに似てるなと感じたくらいだな。
2 ななしのよっしん
2017/04/13(木) 00:47:40 ID: evYQ1hvhef
ぼくなどがいた