先崎学単語

センザキマナブ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

先崎学とは、将棋棋士および随筆である。米長邦雄永世棋聖門下。

概要

いわゆる「羽生世代」の一人であり、タイトル獲得実績はいものの、順位戦A級在籍やNHK杯将棋トーナメント優勝などの経験がある。

十代のころから弁も筆も立つ才気煥発な人柄で知られ、将棋においても天才肌であったが、熟ゆえに様々な遊びを覚えてしまい、結果的に羽生内らに後れを取る結果となってしまった。

雑誌で「『元』天才」と紹介されてしまい、その悔しさから発奮。2000年順位戦A級に上り詰め(この規定により八段に昇段)、「元」の汚名を返上することに成功した。

2017年度途中よりすべての対局を1年間休場する旨が日本将棋連盟によりアナウンスされた。当時は休場理由を「一身上の都合」としか説明されなかったため、様々な憶測が飛び交った。
後に休場理由が「鬱病を患ったため」と本人の口から明かされた。

公式戦復帰後、第4期叡王戦の段位別予選に登場。この対局はニコニコ生放送ネット中継され、高橋道雄九段との対局に勝利。復帰後初勝利を生中継で大勢の将棋ファンに祝福された。

2019年現在順位戦はC級1組、竜王戦は4組である。解説者としても定評がある

随筆家として

週刊文春で「先ちゃんの浮いたり沈んだり」を12年間連載するなど数々の作品を残している。最近では3月のライオンの監修を行っている。

前述の鬱病による休場に際し、公式戦復帰後に「うつ病九段 プロ棋士将棋を失くした一年間」を出版。闘病生活を記している。

第76期名人戦(2018年開催)にて「昇る落日」というエッセイを寄稿。その一部が名人戦公式プロモーションビデオにて紹介され、衰え知らずの文才を披露した。

将棋棋士として

1970年生まれ。九段。棋士番号185
A級2期
竜王戦1組6期

1991年40NHK杯テレビ将棋トーナメント優勝
1995年 第8期竜王戦挑戦者決定戦に出場。佐藤康光に1-2で敗れる。
1999年 順位戦A級に昇級。(2年間在籍)
2005年 第46期王位戦挑戦者決定戦に出場。佐藤康光に敗れる。

1995年竜王戦2組で優勝して1組に昇級するが、この時点で順位戦はC級2組と言うしい記録を保持している(に失言が原因)。

その他表彰歴やエピソードなど

第一回麻雀トラアスロン決定戦 準優勝

将棋ボクシング 対井 6RKO負け

一部のネット将棋で採用されているトライルール(相手玉の初期位置へ入玉したら勝ちというルール)の提唱者の一人

羽生善治とは若手時代からの大親友で、タイトル戦の番勝負の後に同じ部屋に泊めて貰ったこともある。

佐藤康光が「モテミツ」と呼ばれるようになったのは、先崎がコラムでそう紹介したためである。

関連動画

関連生放送

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%85%88%E5%B4%8E%E5%AD%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

先崎学

25 ななしのよっしん
2018/04/13(金) 10:32:44 ID: 8HYIeOXiNg
http://originalnews.nico/92948exit

羽生は常にトップにいるうちに、どこが全盛期かついに分らなくなった」でが生え、
羽生が沈まぬ太陽でいるために、どれだけもがき苦しみ、毎局毎局を食いしばっているか」で不可避。
先崎、健在なり。
26 ななしのよっしん
2018/05/22(火) 03:42:56 ID: x8vVzDrQvA
良い文章書くよなあ
27 ななしのよっしん
2018/07/14(土) 20:52:55 ID: nDEI52MkEv
羽生はもちろん実も幸運も合わせ持った日本最高の棋士だけど
その幸運の一つに先崎学という親友を得た事、があるんじゃないだろうか

もが認める天才棋士羽生善治の普段は人には見せない苦労・苦悩
その常に近くに居て、そしてり継げる一と言っていい存在
彼が居る事によって、俺らみたいな凡人天才の苦悩を少しは理解できたような感じになって、親近感を感じられたのではないか
28 ななしのよっしん
2018/07/23(月) 21:27:58 ID: 1O/EQ4Z8/Z
復帰後初勝利おめ!
29 ななしのよっしん
2018/07/24(火) 01:32:10 ID: B1KYbQPWeV
まだ本調子には見えないけど、勝利が何よりのとも言うし、少しずつ棋と気を取り戻して欲しいな
30 ななしのよっしん
2018/07/26(木) 02:50:45 ID: x8vVzDrQvA
うつ病の闘病記が出版されて、初めて休養理由がうつ病だったんだなと知った
買って読んだけど休養中は「藤井聡太ブーム含め、将棋界の出来事は中村太一が王座を獲った事しか知らなかった」「十一手詰めの詰将棋が解けない」という告白で泣きそうになった
でもそこから復活してくれて本当に嬉しい
また良い将棋と良い文章待ってます
31 ななしのよっしん
2018/07/28(土) 00:06:28 ID: Ok2K4fTVaO
中村太地王座とったこと、つまり羽生からタイトルを奪う棋士がまた現れたってこと…同年代、小学校名人を争った二人、先崎にとって羽生は同世代でありながら畏敬の念であるとともに、自分がそういう棋士になれなかったことに対する自責の念の徴でもあるような気がする。

あの沈まぬ太陽エッセーは達観の地という気がしてならないと思うと、かなり切なくなった。
32 ななしのよっしん
2018/09/01(土) 19:57:00 ID: x8vVzDrQvA
将棋めし優勝おめでとうございます(?)
33 ななしのよっしん
2019/06/25(火) 08:41:51 ID: xPH28yMyqO
西原漫画で20年来の雀荘仲間毎年高須新年会プロ棋士集めてやってるけど、人狼ばっかりやっててドン引きしたって書かれてた。
になりかけているのを西原は「病気みたいになってる」とコメントしてる。
なお漫画的には西原にいじり倒されてるが先崎先生の人当たりの良さが全面に出ている。
34 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 21:21:39 ID: RXHDjjD+Rm
うつに懸かっていたことを最近になって知り、『うつ病九段』を読んだのだけど、復帰されて本当に良かった。
うつ病あけで書き上げたのだと知ると、『昇る落日』も一段と深く読める

急上昇ワード改

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス