光化学スモッグ単語

コウカガクスモッグ

光化学スモッグとは、大気汚染現の一つである。

概要

窒素化物等から化学反応によってオゾンなどの化学オキダントが生成され、これが硫などの微粒子などと共に混合された状態で大気中に高濃度で浮遊する現である。

化学反応によって化学オキダントが生成されることが原因であることからも判る通り、強い太陽が降り注ぐ場の日中、さらにが弱い時に発生しやすい。

後述する通り、今日においては自動車の排気ガスに含まれる窒素化物(NOx)が発生の原因であると考えられている。

健康被害と予防

光化学スモッグはオゾンなどを含むことから人体などに対して有である。光化学スモッグの曝露を受けると、や喉などに痛みを感じたり、重症例では呼吸困難や意識障などの重篤な症状を発症することがある。これを光化学スモッグ障と呼ぶ。

対策としては、光化学スモッグが発生した、あるいは発生の恐れがある場合は屋内に退避し、などを閉め切って汚染物質の曝露を防ぐことが挙げられる。光化学スモッグが発生する可性がある際には都道府県などから注意報・警報が発されるため、これらが発された場合は屋外活動を中止し、速やかに屋内に退避するべきである。

光化学スモッグ障が発生した場合、清潔ななどで汚染物質を洗い流し安静にする。症状が消えない場合や呼吸困難などの重症症状がある場合は医師による治療を受ける。

その他、濃度や曝露時間によっては農作物に枯死などの影が出ることもある。

黒いスモッグと白いスモッグ

スモッグ(smog)という名称は、英語の煙(smoke)と(fog)に由来する。化学オキダントの他にも石炭燃焼に伴う煤煙や二硫黄などがと混じったものなどによる大気汚染もスモッグと呼ばれる。歴史的には後者の方が古く、19世紀から20世紀半ば頃まで全世界で猛威を振るった。特に1952年にはロンドンで大規模なスモッグが発生し、これによる健康被害で数千人の死者が出る大惨事になっている。これは煤煙を成分とすることからいスモッグと呼ばれる。

これに対し、化学オキダントを成分とする「いスモッグ」は20世紀後半のモータリゼーションによって見られるようになったと言われている。即ち自動車の排気ガスに含まれる二硫黄窒素化物などが原因となるもので、これはの日に発生するいスモッグと違い晴れい日に発生することが特徴である。二硫黄についてはその後ガソリンの脱硫が進んだことで大きく減少しているが、窒素化物については21世紀となった現代においても排出が続いており、今日の光化学スモッグの原因となっている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%85%89%E5%8C%96%E5%AD%A6%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%83%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

光化学スモッグ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 光化学スモッグについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/17(土)22時更新