入江茂弘単語

イリエシゲヒロ

入江茂弘とは、DDTプロレスリング所属の日本プロレスラーである。

お絵カキコより

概要

1988年3月28年生まれ、大阪府出身。身長175cm・体重110kg。

中学2年生で大阪プロレスプロレス学校入学同期には現NOAHの小大阪プロレス三原がいた。また、高校時代には行して総合格闘技にも進み、アマチュアパンクラス大会にも出場した。

2007年にはDDTプロレスリング高木三四郎社長監督を務め、元大阪プロレスで「ペロ」として活躍した高井コーチ役を勤める地域密着を掲げたでら名古屋プロレス入門。翌2008年4月にはインディープロレス団体の若手向けサミット大会「若武者」でデビューを果たし、同年6月でら名古屋プロレスの旗揚げ戦ではいきなりメインイベントに抜され、高木三四郎タッグを組んで戦った。
若手ながらでら名古屋プロレスエースとして活躍が期待されたが、団体の代表取締役を務めていた人物が大麻取締法違反で逮捕されるという不祥事が発生したため、団体は活動休止に追い込まれてしまう。その後、入江を含む所属選手は所属を「チームでら」にめ、同じ名古屋に本拠地を置くスポルティーバエンターテイメントリングなどに上がるようになった。

2010年3月にはその実が認められ、DDTに「留学」という形で参戦を開始。同年12月には高木三四郎プロデュースユニットTKG48」の一員に選ばれたことをきっかけにDDTレギュラー参戦するようになる。
DDT参戦開始後の活躍は覚しく、翌年5月には(タッグマッチではあるが)師匠であった高井勝利師匠越えを果たし、更に同にはKO-D差別級王者挑戦者決定戦トーナメントと言う重要なシングルマッチでなんと飯伏幸太勝利。翌6月にはバトラーツの澤宗紀をパートナーとしてKO-Dタッグ王者にく。このベルトはケニー・オメガ中澤マイケル組にすぐに奪われるものの、10月には石井慧介とのコンビで再びタッグ王者にく。
翌年4月にはケニー・オメガの持つ全日本プロレス世界ジュニアヘビー級の王者に、体重をリミット105kgに落とした上で挑戦。敗れはしたものの、初のメジャータイトル挑戦は高い評価を受けた。そして翌にはユニオンプロレス舞台石川修司とのコンビ「BIG"G"BANG」で大日本プロレスのBJW認定タッグ王者にく。そしてDDT15周年記念行「武道館ピーターパン」の直後に石井慧介の呼びかけに応じる形で高尾蒼馬とのユニットチームドリームフューチャーズ』(略称チームドリフ)を結成。DDTの序列を変える戦いに身を投じている。

2013年1月にはチームでらを退団し、DDTプロレスリングに正式入団することが発表された。 
そしてこの年の2月11日栃木県小山市立文化センターで行われた大会での対ヤス・ウラノの戦いぶりが鶴見亜門GMから高く評価され、この大会のMAGP(最も亜門がグッと来たプレイヤー)に選ばれる。そして同24日に新木場1stRingで行われたMAGPに選ばれた選手で行われたKO-D差別級王者
次々期挑戦者決定戦トーナメントに出場し、1回戦でヤス・ウラノ、決勝で大石真翔を破り挑戦権を獲得。そして3月20日後楽園ホールで行われた大会でケニー・オメガを破り、初のKO-D差別級王者にいた。 
トップいてからは一気に勢いに乗り、次から次へとやってくる強敵をばったばったと倒していき、計8回というKO-D差別級王者における王座防衛回数記録を打ち立てて、なんと団体最大のビッグマッチである両国ピーターパンメインイベント王座として立った。結果はDDTエースHARASHIMA相手に大戦の末に惜しくも破れ王座から陥落してしまったが、その戦いぶりにはファンからの惜しみない拍手が送られた。

2014年4月には以前から参戦していた全日本プロレスアジアタッグ王者に挑戦。対戦相手は秋山準&金丸義信という強敵であったが、ホームであるDDTリングパートナー石井慧介金丸から首固めで3カウントを奪って代94アジアタッグ王者にいた。 

得意技

エピソード

関連動画




関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%85%A5%E6%B1%9F%E8%8C%82%E5%BC%98

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

入江茂弘

1 surume
2013/05/04(土) 22:24:59 ID: 4sEGdg9Gmw
だけは気をつけてもらいたいです
狂い咲く人間の証明
タイトル:狂い咲く人間の証明
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

2 ななしのよっしん
2013/05/19(日) 17:11:47 ID: 7SeZspuXOo
>>1
素晴らしい大百科の方に入れさせていただきました!

急上昇ワード