八大競走単語

ハチダイキョウソウ
5.6千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

八大競走とは、日本中央競馬において特に格が高いとされる(された)重賞競走の総称である。

1984年グレード制が導入されるまでは特によく使用されていた。現在ではマスコミファン共に使用頻度が減ってきたが、全く使われなくなったわけではない(後述)

概要

レース皐月賞日本ダービー(東京優駿)菊花賞桜花賞オークス(優駿牝馬)天皇賞()有馬記念の8レースで、有馬記念以外は戦前ルーツとなる競走のある伝統的なレースである。

グレード制が導入される以前の中央競馬重賞日本ダービー天皇賞朝日杯3歳ステークスカブトヤマ記念も中山大障害セイユウ記念も、全てが「重賞」という区分であり、賞以外の差はなかった。しかし、そんな横一列の重賞においても、この八大競走は抜けて格のあるレースとされ、JRA競馬関係者の中で特別扱いされてきた。
当然ながら、グレード制導入後は全レースGⅠに格付けされている。

なお、このうち赤字旧4歳(現3歳)限定競走であるため、による八大競走全制覇は事実不可能。さらに天皇賞1981年までは勝ち抜け制だったため、勝利できるのは旧4クラシック三冠天皇賞のどちらか有馬記念の最大5レースだった。

また、桜花賞皐月賞日本ダービーオークスは開催日程の関係上同時に出ようとすると連闘になることが多く、による全制覇も行われていない。

八大競走対象外の大レース

八大競走はグレード制導入以前はごく少数だった馬券の全発売対レースだったが、全発売競走の対ながら八大競走にカウントされなかったレースが存在する。

宝塚記念
現在でもおなじみの、ファン投票制で行われるオールスター戦。有馬記念と対とされ、グランプリと称されることもあるが、開催時期が6月7月と高温多湿のコンディションを嫌って有が回避することが多く、八大競走の対外とされた。初めてフルゲート出走になったのが2007年だし仕方ないよね
三冠馬シンザンが本競走を含めて現在で言うGⅠレースを6勝していながら五冠と呼ばれたのは、宝塚記念が八大競走と認められていなかったためである。

エリザベス女王杯
現在では三歳と古突する女王決定戦として知られるレースだが、1996年秋華賞が創設されるまでは旧四歳牝馬三冠の最終戦だった。しかし創設は前身のビクトリアカップを含めても1970年と遅く、旧4歳クラシックレースにも含まれていなかったため、八大競走としても認められなかった。
また、レースの性格を受け継いだ秋華賞現在でも牝馬三冠の最終戦であってクラシックレースとは呼ばれない。なおエリザベス女王杯フランスヴェルメイユ賞(フランス牝馬三冠競走最終戦にして凱旋門賞戦の一つ)をモデルとして創設されたレースでもある。

ジャパンカップ
1981年創設の際招待競走。レースの格としては創設当初から十分だったが、創設がグレード制導入直前の時期であったため八大競走に新たにカウントされることはなかった。八大競走にこそ組み込まれなかったが関係者からは年末のリーディングや表を受ける上で「勝たなければならないレースの一つ」としてほぼ同格の扱いを受けている。実際に賞レースレーティング有馬記念と同等である(賞は元々ジャパンカップの方が高額だったが有馬記念も同額まで増額した)。
ただし宝塚記念エリザベス女王杯と本競走を合わせて十大競走という呼称が一だけ使われたことはある。

高松宮杯高松宮記念
1971年から中京競馬場にて実施されている競走。現在はスプリンGⅠとして知られているが、かつては7月上旬に行われる2000mの別定戦であると同時に全発売競走だった。天皇賞と並んで皇族の名前を冠しており、レース的にもいわゆる「オープン重賞」としては賞額が高く、また宝塚記念との間隔が概ね中3週と程よくくことから有も多く出走。競馬の大一番であると同時に宝塚記念などに次ぐ格の競走として扱われた。
グレード制導入後は競馬一のGⅡ格付けを受け開催されていたが、1996年に「季のスプリント王決定戦」として1200m戦・5月開催に変更されGⅠに格上げ、1998年にはレース名を現行の高松宮記念称し、2000年には開催時期を5月から3月に変更されている。これは、季開催のスプリンGⅡだったCBC賞べ、レースの格が高かったためといわれている。旧高松宮杯の施行条件は金鯱賞に、季に開催されるスーパーGⅡとしての位置付けは札幌記念にそれぞれ引き継がれた。

中山大障害
1934年から年の瀬に実施されている障害競走の大一番。有馬記念創設までは地も含めた中山競馬場最大のレースの一つだった。また1998年までは現在中山グランドジャンプも「中山大障害()」として、年2回開催されていた。
障害競走自体が裏街道であることから八大競走の組みには入らないが、その長い歴史障害競走最高の賞額から、障害競走最大のレースとしてしまれた。現在でもJ・GⅠの格付けを受けているのは中山大障害中山グランドジャンプのみである。

なお、1984年グレード制施行時にGⅠとされたのは、八大競走・宝塚記念エリザベス女王杯ジャパンカップの他、12月に開催される東西の3歳(現2歳)重賞朝日杯3歳ステークス」「阪神3歳ステークス」(当時は両レースとも混合戦)、マイルGⅠとして位置づけられた最古のマイル重賞安田記念」と関東開催の安田記念に対応する関西開催のマイルGⅠとして創設された「マイルチャンピオンシップ」である。朝日杯3歳S阪神3歳Sグレード制以前から東西それぞれの3歳チャンピオン決定戦として定着していた。一方の安田記念歴史こそあったが、ハンデキャップ重賞かつマイル路線が王道ではなかったことなどから、レースレベルはあまり高くなかったと言われており、天皇賞(秋)ジャパンカップ有馬記念と並んで世界トップ100GIレースの上位常連の一員となっている現在べてレースの格の認識はかなり違ったものと言える。

八大競走の完全制覇をした、または完全制覇に近づいた人馬

ここでは一般的な慣例に従い、八大競走以外のGIレースグレード制導入前の勝ち数を冠数に含めず、グレード制導入後の勝ち数を冠数に含めるものとする。海外GIについても同様とする。(もっとも、グレード制導入前の日本レベルを考えると、当時海外の最高峰となるレースで勝つことは到底考えられなかった時代ではあったが。)

競走馬

シンザン
クラシック三冠天皇賞(秋)有馬記念が出走可な八大競走全制覇(天皇賞は勝ち抜け制)を果たし、五冠と呼ばれた。前述の通り、宝塚記念も勝っているが、六冠とは呼ばれない。

シンボリルドルフ
クラシック三冠天皇賞(春)有馬記念が出走可な八大競走準全制覇(天皇賞(秋)は出走したが2着)だが、有馬記念を2勝したことと同格とされるジャパンカップ勝利によって七冠と呼ばれた。

ディープインパクト
クラシック三冠天皇賞(春)有馬記念が出走可な八大競走準全制覇(天皇賞(秋)は出走せず)だが、ジャパンカップ宝塚記念勝利により七冠と言われる。グレード制導入前の基準に合わせると六冠に相当する。

クリフジ
日本ダービーオークス菊花賞を制覇し、として初めて八大競走3勝。ただし現役当時は有馬記念は設立前であるため出走は不可能

ブエナビスタ
桜花賞オークス天皇賞(秋)を制覇。変則三冠クリフジ牝馬三冠ジェンティルドンナと違い当だけ三冠馬ではないが、ジャパンカップ勝利しているためシンボリルドルフディープインパクトの先例に従うと四冠ということになる。現代の基準では阪神ジュベナイルフィリーズヴィクトリアマイルを加えた六冠と言われる。

ジェンティルドンナ
桜花賞オークス有馬記念を制覇。また、同時に牝馬三冠でもありジャパンカップを連覇しており、海外GIドバイシーマクラシックを制しているためそれを含め七冠グレード制導入前の基準だと秋華賞ドバイシーマクラシックを外して五冠となる。

アーモンドアイ
桜花賞オークス天皇賞(秋)を制覇し、天皇賞(秋)は連覇。による八大競走単独最多勝となる4勝牝馬三冠かつジャパンカップも2勝しており、現代の基準ではヴィクトリアマイル海外GIドバイターフを含めた九冠と言われている。先例に倣うと海外GIと新設GIを除いた七冠秋華賞を外せば六冠となる。

競走馬別の制覇図

下図太字は八大競走。便宜上八大競走ではないが、それに準ずる格である秋華賞宝塚記念ジャパンカップも併記。

競走馬 2歳GI 三冠 牝馬三冠 五競走 その他GI・備考
皐月賞 日本ダービー 菊花賞 桜花賞 優駿牝馬 秋華賞 天皇賞春 宝塚記念 天皇賞秋 ジャパンカップ 有馬記念
シンザン 三冠
ミスターシービー × × 三冠
シンボリルドルフ × 三冠
ナリタブライアン × × × 三冠
テイエムオペラオー × × 王道全制覇
ディープインパクト 三冠
ウオッカ × × × × ヴィクトリアマイル
安田記念×2
ブエナビスタ × × × ヴィクトリアマイル
オルフェーヴル × × 三冠
キタサンブラック × × × 大阪杯
アーモンドアイ × 牝馬三冠
ドバイターフ
ヴィクトリアマイル
コントレイル × 三冠

種牡馬

*ヒンドスタン
三冠馬シンザンとして知られる。ヤマニンモアー(天皇賞(春))、スギヒメ(桜花賞)、シンツバメ(皐月賞)、ハクシヨウ(日本ダービー)、リユウフオーレル(天皇賞(秋)有馬記念)、オーハヤブサ(オークス)、シンザン(菊花賞)でそれぞれ初制覇し全制覇達成

*パーソロン
七冠シンボリルドルフとして知られる。メジロアサマ(天皇賞(秋))、ナスカオリ(桜花賞)、カネヒムロ(オークス)、サクラショウリ(日本ダービー)、シンボリルドルフ(皐月賞菊花賞天皇賞(春)有馬記念)でそれぞれ初制覇し全制覇達成

*サンデーサイレンス
日本競馬の血統を塗り替えたとも言われる大種牡馬三冠馬ディープインパクトとしても知られる。ジェニュイン(皐月賞)、ダンスパートナー(オークス)、タヤスツヨシ(日本ダービー)、バブルガムフェロー(天皇賞(秋))、ダンスインザダーク(菊花賞)、スペシャルウィーク(天皇賞(春))、チアズグレイス(桜花賞)、マンハッタンカフェ(有馬記念)でそれぞれ初制覇し、全制覇達成

ディープインパクト
上記の通り自身もが出走可な競走で準全制覇を果たしているが、種牡馬としてもマルセリーナ(桜花賞)、ジェンティルドンナ(オークス有馬記念)、ディープブリランテ(日本ダービー)、スピルバーグ(天皇賞(秋))、ディーマジェスティ(皐月賞)、サトノダイヤモンド(菊花賞)、フィエールマン(天皇賞(春))でそれぞれ初制覇し、全制覇達成。内種牡馬としては初の記録である。

これ以外には、戦前種牡馬である*トウルソルが設立前の有馬記念を除く7競走を制覇している。

騎手・調教師

騎手では保田芳、武豊クリストフ・ルメール全制覇を達成。他に現役騎手では横山典弘(桜花賞)、ミルコ・デムーロ(天皇賞(春))、福永祐一(有馬記念)が該当レース勝利すれば全制覇達成となる。

調教師尾形吉、武田文吾全制覇を達成。現役調教師では全制覇達成者どころか全制覇に王手がかかっている調教師も存在しない。

馬主・生産者

馬主ではサンデーレーシング全制覇を達成はいはい社台社台

また、吉田善哉金子真人個人名義の所有馬法人名義の所有馬を合わせれば全制覇を達成している。

生産者では当然いつもの社台ファームとノーザンファームと2つ実質一つだけのみが全制覇の達成者となっている。

現在の八大競走

安田記念ジャパンカップ宝塚記念といったレースの地位向上、天皇賞(春)菊花賞といった長距離重賞の地位低下により以前よりは八大競走の重要性は薄れてきているものの、未だに特別視する関係者は多い。
また、2004年に初めて行われた調教師制度の選考基準は「通算勝利数が1000勝以上かつ、旧八大競走10勝以上かつその中に日本ダービーが含まれていること」だった(ただし2014年調教師ではGⅠ10勝以上に条件が緩和された)。

関連動画



関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%85%AB%E5%A4%A7%E7%AB%B6%E8%B5%B0
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

八大競走

4 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 13:35:42 ID: JW61qmRMyd
>>3
その辺の更新が必要な記事だけど、競馬に関する知識がないと編集するのが大変だから、詳しい人が気付いて編集してくれるのを待つか、編集案の土台だけユーザー記事にでも作成して、一般会員記事作成記事編集依頼スレにて編集依頼を出すしかないね。
5 ななしのよっしん
2020/10/22(木) 13:17:59 ID: gxZsugXwpq
八大競走全制覇種牡馬ノーザンテーストが居ないのが
意外だったわ
ノーザンテースト1982年1988年(8年連続リーディンサイアー)1990年1992年(3年連続リーディンサイアー)リーディンサイアー合計11年の大種牡馬なのになぁ
6 ななしのよっしん
2020/10/22(木) 15:24:11 ID: gxZsugXwpq
ノーザンテースト産駒(八大競走限定)
ダイナガリバーダービー有馬記念
アンバーシャダイ天皇賞春有馬記念
ギャロップダイナ天皇賞秋
シャダイナバーオークス
アドラーブルオークス
シャダイソフィア桜花賞
ダメだ。皐月賞菊花賞が居ない
7 ななしのよっしん
2020/10/24(土) 09:28:14 ID: kX534I8bA3
他の大種牡馬と呼ばれる種牡馬たちと違って、ノーザンテーストGIを勝つ大物の数よりも条件戦オープンで勝ち負けできる層の厚さでリーディング取ったタイプだからなあ
8 ななしのよっしん
2021/04/19(月) 22:36:49 ID: e5svX7S4bJ
宝塚記念がなんちゃってG1とか言われてたの見たことあるが、こういうことだったのか(八大競走カウントされてない)
9 ななしのよっしん
2021/04/20(火) 20:54:38 ID: p6ROesmuHH
オークスってそんな昔からある格の高いレースだったのか
初めて名前を聞いた時、新設かな?ぐらいに思ってたわ…
10 ななしのよっしん
2021/06/29(火) 11:07:46 ID: qFHJy0Xzmg
>>9
本場英国じゃオークスが先にできて、それを手本に開いたのがダービーだし
11 ななしのよっしん
2021/06/29(火) 12:42:25 ID: TB2N3wF4yb
ありえない話だがクリフジがもしデビューく出来ていれば一のクラシック三冠ないし当時のクラシック全制覇も出来ていたのだろうかと考えてしまう
12 ななしのよっしん
2022/06/11(土) 10:49:28 ID: GI6t3SuP4o
クラシック全制覇は流石に当時のローテでもクソローテや
13 ななしのよっしん
2022/06/11(土) 12:17:07 ID: 2fHZoix9AT
>>9 >>10
そのオークス(1779)もセントレジャー(1776)の成功を真似て開催されたレースの一つ
クラシック競走の歴史セントレジャーに始まる