八大競走単語

ハチダイキョウソウ

八大競走とは、日本中央競馬において特に格が高いとされる(された)重賞競走の総称である。

1984年グレード制が導入されるまでは特によく使用されていた。現在ではマスコミファン共に使用頻度が減ってきたが、全く使われなくなったわけではない(後述)

概要

レース皐月賞日本ダービー(東京優駿)菊花賞桜花賞オークス(優駿牝馬)天皇賞()有馬記念の8レースで、有馬記念以外は戦前ルーツとなる競走のある伝統的なレースである。

グレード制が導入される以前の中央競馬の重賞は日本ダービー天皇賞カブトヤマ記念もセイユウ記念も全てが「重賞」という区分であり、賞以外の差はなかった。しかし、そんな横一列の重賞においても、この八大競走は抜けて格のあるレースとされ、JRA競馬関係者の中で特別扱いされてきた。
当然ながら、グレード制導入後は全レースがGⅠに格付けされている。

なお、このうち赤字旧四歳(現三歳)限定競走であるため、による八大競走全制覇は事実不可能。さらに天皇賞1981年までは勝ち抜け制だったため、勝利できるのは四歳クラシック三冠天皇賞のどちらか有馬記念の最大5レースだった。

また、桜花賞皐月賞日本ダービーオークスは開催日程の関係上同時に出ようとすると連闘になることが多く、による全制覇も行われていない。

八大競走対象外の大レース

八大競走はグレード制導入以前はごく少数だった券の全発売対レースだったが、全発売競走の対ながら八大競走にカウントされなかったレースが存在する。

宝塚記念
現在でもおなじみの、ファン投票制で行われるオールスター戦。有馬記念と対とされ、グランプリと称されることもあるが、開催時期が6月7月と高温多湿のコンディションを嫌って有が回避することが多く、八大競走の対外とされた。初めてフルゲート出走になったのが2007年だし仕方ないよね
三冠馬シンザンが本競走を含めて現在で言うGⅠレースを6勝していながら五冠と呼ばれたのは、宝塚記念が八大競走と認められていなかったためである。

エリザベス女王杯
現在では三歳と古突する女王決定戦として知られるレースだが、1996年秋華賞が創設されるまでは旧四歳牝馬三冠の最終戦だった。しかし創設は前身のビクトリアカップを含めても1970年と遅く、旧四歳クラシックレースにも含まれていなかったたため、八大競走としても認められなかった。
また、レースの性格を受け継いだ秋華賞現在でも牝馬三冠の最終戦であってクラシックレースとは呼ばれない。

ジャパンカップ
1981年創設の際招待競走。レースの格としては創設当初から十分だったが、創設がグレード制導入直前の時期であったため八大競走に新たにカウントされることはなかった。
ただし宝塚記念エリザベス女王杯と本競走を合わせて十大競走という呼称が一だけ使われたことはある。

八大競走の完全制覇をした、または完全制覇に近づいた人馬

競走馬

シンザン
クラシック三冠天皇賞(秋)有馬記念が出走可な八大競走全制覇(天皇賞は勝ち抜け制)を果たし、五冠と呼ばれた。前述の通り、宝塚記念も勝っているが、六冠とは呼ばれない。

シンボリルドルフ
クラシック三冠天皇賞(春)有馬記念が出走可な八大競走準全制覇(天皇賞(秋)は出走したが2着)だが、有馬記念を2勝したことと同格とされるジャパンカップ勝利によって七冠と呼ばれた。

ディープインパクト
クラシック三冠天皇賞(春)有馬記念が出走可な八大競走準全制覇(天皇賞(秋)は出走せず)だが、ジャパンカップ勝利により六冠。ただし、通常は○冠にカウントしない宝塚記念を合わせて七冠と呼ばれることある。

クリフジ
日本ダービーオークス菊花賞を制覇。による八大競走最多勝タイの3勝。ただし現役当時は有馬記念は設立前であるため出走は不可能

ブエナビスタ
桜花賞オークス天皇賞(秋)を制覇。による八大競走最多勝タイの3勝。変則三冠クリフジ牝馬三冠ジェンティルドンナと違い当だけ三冠馬ではないが、ジャパンカップ勝利しているためシンボリルドルフディープインパクトの先例に従うと四冠ということになる。

ジェンティルドンナ
桜花賞オークス有馬記念を制覇。による八大競走最多勝タイの3勝。また、同時に牝馬三冠でもありジャパンカップを連覇しているためそれを含め六冠、あるいは秋華賞を外して五冠となる。

種牡馬

ヒンドスタン
三冠馬シンザンとして知られる。ヤマニンモアー(天皇賞(春))、スギヒメ(桜花賞)、シンツバメ(皐月賞)、ハクシヨウ(日本ダービー)、リユウフオーレル(天皇賞(秋)有馬記念)、オーハヤブサ(オークス)、シンザン(菊花賞)でそれぞれ初制覇し全制覇達成

パーソロン
七冠シンボリルドルフとして知られる。メジロアサマ(天皇賞(秋))、ナスカオリ(桜花賞)、カネムヒロ(オークス)、サクラショウリ(日本ダービー)、シンボリルドルフ(皐月賞菊花賞天皇賞(春)有馬記念)でそれぞれ初制覇し全制覇達成

サンデーサイレンス
数々の名を送り出した現在の大種三冠馬ディープインパクトとしても知られる。ジェニュイン(皐月賞)、ダンスパートナー(オークス)、タヤスツヨシ(日本ダービー)、バブルガムフェロー(天皇賞(秋))、ダンスインザダーク(菊花賞)、スペシャルウィーク(天皇賞(春))、チアズグレイス(桜花賞)、マンハッタンカフェ(有馬記念)でそれぞれ初制覇し、全制覇達成。

これ以外には、戦前の種であるトウヌソルが設立前の有馬記念を除く七大競走を制覇している。

騎手・調教師

騎手では保田芳、武豊全制覇を達成。他に現役騎手では蛯名正義(日本ダービー)、横山典弘(桜花賞)が該当レース勝利すれば全制覇達成となる。

調教師は尾形吉、武田全制覇を達成。現役調教師では全制覇達成者どころか全制覇に王手がかかっている調教師が存在しない。

馬主・生産者

ではサンデーレーシング全制覇を達成はいはい社台社台

また、吉田善哉金子真人個人名義の所有馬法人名義の所有馬を合わせれば全制覇を達成している。

生産者では当然いつもの社台ファームとノーザンファームと2つ実質一つだけのみが全制覇の達成者となっている。

現在の八大競走

安田記念ジャパンカップ宝塚記念といったレースの地位向上、天皇賞(春)菊花賞といった長距離重賞の地位低下により以前よりは八大競走の重要性は薄れてきているものの、未だに特別視する関係者は多い。
また、2004年に初めて行われた調教師顕制度の選考基準は「通算勝利数が1000勝以上かつ、旧八大競走10勝以上かつその中に日本ダービーが含まれていること」だった(ただし2014年調教師顕ではGⅠ10勝以上に条件が緩和された)

関連動画



関連商品

八大競走に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

八大競走に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%85%AB%E5%A4%A7%E7%AB%B6%E8%B5%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

八大競走

1 ななしのよっしん
2017/07/30(日) 19:18:14 ID: 9nufc9MohS
1で誤字摘もアレかもしれないけど、八大競走制覇種の欄の最後「トウルソル」が「トウヌソル」になってるので修正出来る人は修正をお願いしたい...
2 ななしのよっしん
2017/07/30(日) 19:20:40 ID: 9nufc9MohS
>>1追記パーソロン産駒のオークスの「カネヒムロ」も「カネムヒロ」って誤字あります...
3 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 13:22:41 ID: coodjvm7U/
騎手ではデムルメ、種ではディープが八大競走全制覇したね
4 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 13:35:42 ID: JW61qmRMyd
>>3
その辺の更新が必要な記事だけど、競馬に関する知識がないと編集するのが大変だから、詳しい人が気付いて編集してくれるのを待つか、編集案の土台だけユーザー記事にでも作成して、一般会員記事作成記事編集依頼スレにて編集依頼を出すしかないね。

急上昇ワード

2019/09/18(水)06時更新