公職選挙法単語

コウショクセンキョホウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

公職選挙法とは、日本国会議員都道府県知事・市区町村長・都道府県市区町村会議員の選挙を規定する法律である。

概要

1950年昭和25年)制定。
選挙を規定する法律は、歴史的には1889年(明治22年)の「衆議院議員選挙法」、1925年(大正12年)にそれが正されたものの通称である「普通選挙法」があった。大日本帝国から日本国になった後に、普通選挙法の条文に加え、1947年昭和22年)に制定された参議院議員選挙法の条文と、地方自治法の選挙に関する条文が統合・正する形でこの法律が作られた。

以下に重要そうな、あるいは日常生活にも関係しそうな条文をざっくりとピックアップして、豆知識も交えながら紹介する(2019年4月末時点)。なるべく元の条文から意味が外れないように記述するが、わかりやすく言い換えた部分もあり、もとの条文からすれば正確に見れば若干意味が外れている箇所も多い。詳しく知りたい人、もっと正確に知りたい人はもとの条文exitを読むこと。

第4条(議員定数)

学校テストで数字を覚えさせられたという人もいるかもしれないが、実は時期によって数字が変わっている。例えば2018年には一票の格差を縮小させるという理由で参議院議員の定数が6増加した。

また、地方議会では過疎により議員定数に満たない状態になってしまったケースもある。1ケタ台の偶数の議員定数になってしまった上に議員が与党5人・野党5人となってしまい、そこから選ばれる議長の投票がなかなか決まらず99回も行われたケース2018年与那国町)もある。

第9条(選挙権を有する資格)

18歳以上の日本国民である。2016年より前は20歳以上だった。
ちなみに現在日本の成人年齢は20歳とされているが、2022年からは18歳となる予定。

ただし、引っ越しなどで居住地に住み始めて3ヶ未満の状態では、その地方公共団体の長・議員の選挙には参加できない…などの制約がある。

また、「日本国民」と書かれているように、外国人には選挙権がない状態となっている。外国人参政権をめぐってこの部分が議論されることがある。

ちなみに第10条には被選挙権の規定があり、概ね25歳か30歳以上の日本国民となっている。

第11条(選挙権・被選挙権を有しない者)

条文を見るといきなり「一 削除」という項があるが、ここには成年被後見人(上の障により事理を弁識するを欠く常況にある者で、庭裁判所より後見開始の審判を受けたもの(民法7条・8条より))が規定されていた。2013年東京地裁から違判決が出たため、削除された。

禁錮以上の刑に処せられており、その刑が執行中である期間中は選挙権がない状態となる。また、公務員の賄賂を処罰する法律である刑法197条の違反者や、あっせん利得処罰法の違反者といった、汚職事件にかかわって処罰を受けた職の人も一定の期間選挙権がない状態となる。

第35条(選挙の方法)・第36条(一人一票)

選挙は一人一票の投票によって行われる。

当たり前のように感じるかもしれないが、「一票の格差」という言葉もあり、一票が常に等な状態となっておらず、実際は「一人一票」になっていないという批判もある。

ちなみに連記投票制(複数の補を書く場合の投票)であった場合も、複数の補名が書かれた一枚の票が「一票」とみなせるため、この原則が要される。

第40条(投票時間)

投票所は午前7時に開き、午後8時に閉まる。

一番最初に投票所に行くと、投票の中身を見せてもらえる(公職選挙法施行)。これは投票の中にあらかじめ何も入っていないことを確認するための仕組み(零票確認)。そのため、当然一番乗りで見に行っても何も入っていないの中身を見せられることになる。しかし、中にはこの行為に情熱を燃やし、早起きして投票所に行く人もいるようだ。

第44条(投票所における投票)

選挙人は、選挙の当日に自ら投票所に行き投票をしなければならない。

行けない事情がある場合についても言及がある。以下の条項を見ること。

第48条(代理投票)・第48条の2(期日前投票)

まず、障などで文字が書けない人の場合は、第48条の規定により投票所で立ち会った上で代理人に投票させることができる。

また、当日に仕事が入っていたり、病気病院から出られなかったり、交通が不便な離に住んでいたり、災害投票所に行けなかったり、当日の悪が予想されたり…などの場合は、投票日より前に投票に行く(期日前投票に行く)ことができる。

第49条(不在者投票)

重度障ベッドの上からさえも動けない人や、外に住んでいる人で特定の条件を満たす人などは「不在者投票」として、封筒を利用した投票をすることになる。

また、船員など投票日にの上にいる人や、南極の基地を拠点にして調をしていたりする人はFAX投票することになる。

第58条(投票所に入れる人)

選挙人(投票資格を持つ人)と、選挙事務にかかわる人と、監視役以外は投票所に入ることができない。

ただし例外があり、選挙人に同伴する18歳未満子供は入ることができる。しかし、これでは学校社会見学と称して担任に同伴する児童生徒が1学年まるまる投票所に入る…なんてこともできてしまうため、混雑・喧噪を考慮して断ることも可となっている。

第68条(無効票)・第68条の2(同名の票の場合)

  • 所定の用を用いないもの(付箋とかその辺の切れとか)
  • 職の補者ではないものを記名したもの(となりの田中さんさんとか)
  • 投票中に二人以上の氏名を書いたもの
  • 氏名以外のことを書いたもの(「二古堂さん、応援しています!」など)
  • 自署していないもの(先述した例外を除く)
  • のことかわからないもの(「アイツ」など)

以上のような票は効票となるので注意。ほかにも規定があるが省略した。

ちなみに、例えば鈴木さんが2人立補しているとき、「鈴木」としか書かれていない票については有効として、その票を分することになる。直近の例では赤坂大輔港区会議員とマック赤坂港区会議員が票を分しており、それぞれ1638.588票、1114.411票を獲得して当選している。

第69条(開票の参観)

開票作業は参観することが可。入場無料であり自由に出入りが可

ただし、「開票所等参観規程exit」に示されているように

  • 器など危険なものを持っている人
  • に異状がある人
  • 酔っ払い
  • 旗、のぼり、プラカードを持っている人

は入ることができない。また、

  • 参観席をみだりに立たないこと
  • 異様な装をしないこと(おそらく美なコスプレ等はNG?)
  • 飲食をしないこと
  • みだりに私や談笑をしないこと
  • その他場内の品位を傷つけることをしないこと

などが参観人にめられる。開票する人が作業に集中するための規定なので守ろう。

第92条(供託金)

供託金」の単語記事も参照のこと。

国会議員都道府県知事、市町村長、会議員になる場合は供託金が必要である。落選した場合、供託金は没収される。

町村議会議員の場合、供託金を設定してしまうと議員の数が確保できなくなる恐れがあるため、供託金は設定されていない。

議員の質を保つために供託金が必要であるとされているが、高額であるため、民がなかなか議員に立補できない状況になっているという批判もある。

(以降作成中)

関連動画


関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%85%AC%E8%81%B7%E9%81%B8%E6%8C%99%E6%B3%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

公職選挙法

1 ななしのよっしん
2019/11/21(木) 23:50:23 ID: i9sRgvb7t1
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000081-jij-polexit
菅義偉官房長官21日の参院内閣委員会で、安倍晋三首相が自身催の「桜を見る会」に地元後援者を多数招待していたことに関し、公職選挙法が禁じる買収・供応に該当しないとの認識を強調した
野党共同会小西洋之氏への答弁。
小西氏は「安倍首相の名前で招待状が届き、趣向を凝らした食事や土産の数々(が提供される)。供応接待の構成要件を満たすのではないか」と追及。氏は内閣官房内閣府が招待者を選定しているとして「買収罪に該当しない」と述べた。
内閣府大塚幸寛官房長は今年4月桜を見る会で飲食物提供業務にかかった費用について、参加者1人当たり1204円に相当すると説明した。
首相夫人の昭恵氏が推薦した招待者に関し、氏は首相推薦の約1000人に含まれていたと説明。「安倍事務所で幅広く参加者を募る過程で夫人からの意見もあった」と述べた。 
2 ななしのよっしん
2019/11/28(木) 23:25:57 ID: i9sRgvb7t1
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00010000-sakuranbo-l06exit
自民党山形県会長加藤衆議院議員が代表を務める支部が、おととしの衆議院議員選挙示の4日前に共工事を請け負う業者から計400万円の寄付を受けていたことが分かった。
政治収支報告書によると、加藤衆議院議員が代表を務める「自民党山形県第三選挙区支部」はおととし10月衆院選示4日前、共工事を請け負う鶴岡の建設会社2社からあわせて400万円の寄付を受けていた。
公職選挙法共事業を請け負う業者が選挙に関して寄付することを禁止しているが、支部では「ご摘の会社が共工事を受注していることについては全く知りませんでした」としている。加藤議員は現在自民党県連の会長を務めていて、支部では去年も別の企業から受けた60万円の献政治規正法に触れるおそれがあるとして返していた。
今回の400万円の寄付については「選挙期間中でなく、あくまで政党への寄付という認識で返の必要はない
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
3 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 14:43:05 ID: i9sRgvb7t1
」追及、疑問残し越年へ 文書棄が、招待者など未解明 国会
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000015-jij-polexit

*「他にやることがあるだろう」って言ってるやついるけど
総理大臣公職選挙法に触れてるかもしれない
を上げて隠蔽してまでついて隠さなきゃいけないことがある
これってなによりも明らかにしなきゃいけないことだろ
そして他の重要なことが止まってるわけじゃない

50年前の桜を見る会リストは現存されている。に対しての功労功績がある方を称える会なので名誉あることである。表に問題がある方が疑問。
後援会や反社、ジャパンライフ山口氏。何故招かれていたのか? 安倍総理山口氏の接点も出てきたのでジャパンライフ被害に遭われた方のためにもきっちり明らかにしなければならない。
桜を見る会は入口でしかない。これは、民主主義を揺るがす大きな問題。
そして、残念ながら日本はもはや法治国家
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4 ななしのよっしん
2019/12/15(日) 17:19:07 ID: EMuEs2CfRy
そんな長ったらしく書かなくても、私人(民間人)と閣議決定で定義された昭恵夫人に
の行事における人選の決定権という「利益」を預けた時点で公職選挙法違反ですわ
5 ななしのよっしん
2019/12/30(月) 10:11:33 ID: i9sRgvb7t1
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6346777exit
自民党河井行前法相(衆院広島3区)の妻案里氏(参院広島)に浮上した7月参院選広島選挙区(選数2)を巡る選法違反(買収)疑惑で、案里氏の事務所運動員に上限をす報酬を払った具体的な手法が29日、関係者への取材で分かった。支出の名などが異なる2種類の領収書を作り、運動員としての報酬は上限内の1日1万5千円に収める工作を施したと言している
案里氏の疑惑を受けて10月末に法相を辞任した行氏のこれまでの選挙でも、運動員の報酬を「1日3万円」とする手法が常態化していた可性も、複数の関係者の言で判明した。行氏の辞任の翌日以降、夫妻はともにの場に姿を現しておらず、説明責任を果たすようめるが強まるのは必至だ

法律を破ったかどうかは、河井夫婦の問題だが、この情況を放置しているのは、自民党安倍責任

* 最近、二階派不祥事が続いている。二階派はどうにかならないのだろうか
6 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 07:29:01 ID: i9sRgvb7t1
 参院議員の河井案里容疑者(46)=自民党を離党=が初当選した昨年7月参院選をめぐる公職選挙法違反(買収)容疑事件で、逮捕された前法相で衆院議員の河井行容疑者(57)=同=が94人に渡したとされる計約2570万円のうち、7割にあたる約1810万円が自民党系の地元政治家42人への提供だったことが東京地検特捜部の調べでわかった
残りは後援会関係者46人に約390万円、選挙スタッフ6人に約370万円が渡っていたという。逮捕容疑の全容が判明した

*票は買うものなんだな、とあらためて社会現実を知りました。日本政治はは病んでますね。これでは内外の問題に対処できるわけもなく。美しいニッポン、実にしいきですなあ

*新聞報道によると、当初は受け取りを否定していた議員や首長が河井夫妻逮捕後に受け取りを認める例があるという。
これは隠しきれなくなったから状したという事か。
貰ってはいけないという認識がマヒするほど日常茶飯事のやり取りがあったのは想像に難くない
7 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 08:30:13 ID: i9sRgvb7t1
院議員の河井案里容疑者(46)が初当選した昨年7月参院選広島選挙区を巡る買収事件で、選法違反容疑で逮捕された夫で元法相の行容疑者(57)=衆院広島3区=が地方議員らにを渡す際、一部に「安倍さんから」として安倍晋三首相自民党総裁、衆院山口4区)の名前を出していたことが24日、分かった。案里容疑者の後援会長を務めた広島県府中町の繁政秀子町議(78)が言した。
繁政町議は中国新聞の取材に、参院選示前の昨年5月行容疑者からい封筒に入った現30万円を渡されたと認めた。現を受け取った理由について、自民党支部の女性部長に就いており「安倍さんの名前を聞き、断れなかった。すごく嫌だったが、聞いたから受けた」と振り返った。

行容疑者は安倍首相菅義偉官房長官と近く、案里容疑者の擁立や支援には政権中枢や党幹部が深く関わったとされる。党本部は昨年4月15日〜同6月27日、夫妻が支部長を務めた二つの党支部に計1億5千万円を投入した。落選した党現職の溝手顕正氏(77)側に対する資提供1500万円で、10倍の開きがあったと判明している。
8 ななしのよっしん
2020/07/09(木) 02:24:52 ID: i9sRgvb7t1
 昨年7月参院選広島選挙区をめぐる買収事件は、選法違反罪で前法相で衆院議員、河井行被告(57)と、妻で参院議員、案里被告(46)が起訴されたことで区切りを迎えた。検察当局は総額約2900万円を受け取った被買収者100全員の処分を保留したが、関係者によると、大半は不起訴(起訴猶予)処分になる見通しという。
過去の類似事件では、被買収者側も罪を問われたケースはあるが、検察当局は行被告が理やり現を渡そうとしたことなどを考慮し、事件をまとめたもようだ

広島県会議長の原信也県議(77)が200万円、同県三原満祥典前市長73)は150万円を受け取ったほか、地元議員の多くも数十万円を受領した。また、「給与」の振り込みがあったスタッフ100万円近くを買収額として認定された。
「これだけの額を受け取って何の罪にも問われないとしたら、おかしいのではないか。過去の事件と整合性がとれず、今後の選挙違反事件に大きなを及ぼす」と検察OBは摘する。一方で、選法に詳しい弁護士は「額だけで処分を変えるのは不だ。検察は全員を不起訴
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
9 ななしのよっしん
2020/07/10(金) 06:19:17 ID: i9sRgvb7t1
昨年7月参院選広島選挙区を巡る買収事件で、前法相の衆院議員河井行被告(57)が昨年5月安倍晋三首相との面会資料として、妻の参院議員案里被告(46)の営内の予算や、案里議員を支援するために広島入りした首相秘書団の活動を報告する文書を作成していたことが9日、関係者への取材で分かった。

安倍さんがどれだけ親密に河井アンリさんの選挙に深く関わっていたのか分かる客観的な資料が出てきました。
その予算を含め選挙の準備の段階から安部さんの事務所秘書たちはじめ、安部事務所の組織的な支援のもとで参議院選挙に臨んだことが分かったことは、河井夫妻の選挙違反と安部さんの関わり、また例の一億五千万円がどのようにして河井夫妻に支出され、どのように使われたのか、それらが明らかにされるための資料として期待できるのではないでしょうか。是非そこまで追及して欲しい。
10 ななしのよっしん
2020/08/03(月) 20:36:06 ID: i9sRgvb7t1
自民党幹雄幹事長代理は3日、公職選挙法違反事件で起訴された前法相で衆院議員の河井行被告と、妻で参院議員の案里被告がそれぞれ支部長を務める政党支部に、党本部から提供された1億5000万円について党独自の再調が困難であるとの認識を示した。
同席した二階俊博幹事長の記者会見った。「(支部側の)関係書類が(検察に)押収されていて、(政治を所管する)総務省に報告もできない状況だ」と述べた。

 そのうえで氏は「買収に使われるということは全くない。きっちりとは言わないが、大概は広報に使われている」と説明。二階氏も「買収資なんてことはあってはならない。あれば事件になっているはずだ」と言葉を足し、めて事件との関連性を否定した。

急上昇ワード

2020/08/11(火)22時更新

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

アルトリア・キャスター 火炎猫 異性 主は絶対イグニ生