内之浦宇宙空間観測所単語

ウチノウラウチュウクウカンカンソクジョ

内之浦宇宙空間観測所(USC)とは、宇宙航空研究開発機構JAXA)が運用するロケット打上・通信施設である。

今後の打ち上げ予定
平成28年

2017年1月11日) 7時20分~

SS-520ロケット 4号
衛星TRICOM-1」』

平成29年

イプシロンロケット 3号
地球観測SAR衛星ASNARO-2」』

イプシロンロケット 4号
地球観測SAR衛星LOTUSat-1」』

概要

鹿児島県肝属肝付町の南東部(北緯31度12分 東経131度06分)に存在する。内之はこの地の合併前の町名より。かつては鹿児島宇宙空間観測所とも。

1962年に開設され、以来科学観測系の調を行う宇宙科学研究所(ISAS)の最前線として使用されてきた。1970年日本初の人工衛星「おおすみ」を打ち上げたのもこの地からである。

大隅半島南東部海岸線の切り立った崖に拓かれた704,345の敷地内に観測用・衛星打上用の打上施設や通信・管制施設、広報施設などが存在する。初めて訪れる者はその際救助隊やウルトラ警備隊テイスト秘密基地っぽさ手狭さとボロ物もちのよさにきっと驚くことだろう。
の打上施設はもちろん同じ内の種子島宇宙センターべても、非常に見劣りする印を与えずにはいられない当施設ではあるが、その歴史とこれまで成し得てきたかしき実績は他の打上施設にも勝るものであり、当施設を訪れたNASA職員がったとされる、

ボロをまとったマリリン・モンロー

という言葉が、内之浦宇宙空間観測所の姿を明確に表している。

施設

大きく分けて「観測用ロケット打上施設(ΚSセンター)」「衛星打上用施設(Μ台地)」「コントロールセンター」「通信関連施設(パラボラアンテナ・テレメータセンター等)」「その他(宇宙科学資料館・ゲート等)」が存在する。

基本、施設にある建造物は1970年80年代に造られた物であり、それらを騙し騙し修しながら運用している。
Μ-Ⅴロケットからイプシロンロケット衛星打上ロケットが転換されたたことにより、当施設内もやっと色々なものが新規のものに入れ替わったり用され撤去されたりでいままで何とかごまかし持ちこたえさせていたものが壊れたり崩れたり飛ばされたりでどうしようもなくかたしたりしてここ数年で色々様変わりしている。近年まれにみる大装である(約四半世紀ぶり?)。
また当施設はゲートにて申し込むことにより自由に施設内を散策することができる(除く、打上前)。かつてはそれこそ打上ランチャーに触れる所まででそのまま乗り入れられる頓着さ自由度を誇っていたのだが、JAXAへの統合後に大学バリバリ自由奔放さあふれるISASにもお役所土の規制・形式のが吹き込みそれまで立ち入り自由だった場所への立ち入り制限が掛けられ、今日ではΜ台地のほぼすべてなど重要区画に立ち入る事が出来ない。

観測用ロケット打上施設(KSセンター)

当敷地内の中、標高276mの場所に拓かれた区画。
面積約7,000地に組立施設と、危険物操作室、S-520とM-3Sの実物大模型、高さ17mの筋コンクリートに覆われたランチャードームが存在し、ランチャードームの中には観測用ロケット打上用の車両ランチャーが格納されている。
製造工場から運ばれてきた観測用ロケットは恒温室と10tクレーン2基がある組立施設で組立・整備後ランチャーに据え付けられ、ランチャードームへ移動したのちドーム天井のシャッターと(排煙の為に)前後側面のを解放、ドーム内で点火・発射される。

ここではSS-520、S-520、S-310といった高度100km弱~300kmの電離層~熱圏での観測・実験的とした観測ロケットを今現在も定期的に打ち上げている。
それ以外にも過去にはS-160、S-210MT-135が、さらにはランチャードームが出来る前の時代にはカッパラムダシリーズの打上も当地で行い、日本初の人工衛星「おおすみ」もこの場所から打ち上げられた。
(この時使われていたランチャー東京 上野国立科学博物館に収蔵展示されている)

衛星打上施設(Μ台地)

当敷地の低い場所、標高210mのに面した場所に拓かれた区画。
面積25,000Μロケット組立室、クリーンルーム、L-3HとΜ-Ⅴの実物大模型と使用済火焔偏向記念庭園、そしてΜロケット発射装置などが存在する。
また以前はラムダロケットランチャー(~2001年)や半地下の発射管制(~2013年)も運用されていた。

Μロケット組立室・クリーンルーム

JAXA相模原キャンパスで検を受けたロケット各部品は組立室に運ばれ再チェックを受けたのち50トンクレーンにられて発射装置の整備棟で垂直に組まれていく。
搭載衛星クリーンルームにて最終チェックを受けたのちクリーンブースで最終段ロケットモーターと結合、フェアリングに格納され、頭胴部運搬台車に乗せられ整備棟に運ばれ組み上げられる。

危険物取扱法の関係でΜ-Ⅴの頃は法律の隙間を突いて第1段モーターを2分割し組立室で組み立てていた。イプシロンロケットでは第1段モーターが一体成形製造な事から分割搬入が出来ないため法律捻じ曲げ正して推進剤が充てんされた1本モノを搬入することとなった。

Μロケット発射装置

ロケットを打ち上げるために1982年につくられた、整備棟とランチャーが一体化された施設。
ロケット組立施設やクリーンブースで整備されたロケット各段は発射装置の整備棟内で組み上げられランチャーに装着。その後、発射直前に整備棟南側のを開放しランチャー180度旋回してに面した発射位置に移動、ロケットが発射される。

傾斜発射

Mロケット発射装置の最大の特徴(だった)。

ISASが運用してきたロケット政治的理由などによりロケットの誘導に不確かな部分が存在した事もあって、「重力ターン方式」という"積極的な姿勢制御は行わない飛行経路"をとらせるために世界的にもしいな斜め方向への発射を行ってきた。誘導装置が確かなモノになり重力ターン方式の飛行経路をとる必要もくなった後も射点付近の安全確保の観点から一刻も上にロケットが出るよう傾斜発射が採用されてきた。
ただ、この方法は、

という欠点も持っていた。
イプシロンロケットからは①一段の信頼性が十分な為、上に早急に打ち出す必要がくなった ②第1段の推進特性パワー重視から燃焼時間重視にして発生衝撃を緩和させた といった理由から、火焔偏向し煙が新設され垂直に打ち上げる方法が採られることとなった。

森記念庭園

東大宇宙航空研がペンシルロケットロケット推進の研究を始めた頃から研究全般に携わりISAS組された際には初代所長に就任、その在任中に逝去した大吉郎教授び、発射装置の南に整備された芝生の庭園。
その一には教授遺影を刻んだモニュメントが作られ、その線は氏が情熱を注いだロケットの発展と事を見守るかのようにランチャーを見据えている。
そしてロケット発射の度に、燃焼時に発生する熱塩素芝生を焼き(モニュメントの影となっている所を残して変色してしまう)、マンホールが浮き飛ぶような突(飛ばないようにボルトで補強処理がされている)に耐えている…。(´;ω;`)

コントロールセンター

KSセンターから打ち上げる観測ロケットの発射・管制を取り仕切る施設。
また軌計算を行う計算機や各テレメーターからの情報や気情報上監視レーダーからの情報なども当施設に送られるようになっており、Μロケット時代はロケット射出後の管制中枢として揮所となり、イプシロンロケットに切り替わってからは売りの一つである高度な管制ネットワークを支える電算機の設置施設として運用されている(これにより衛星打ち上げ時には当施設は人化されることになった)。
建物自体が出来たのが1970年代であるため非常にボロい。床はめくれ、が降ると漏りがするほどである…。おまけに置かれたコカコーラ自販機も非常に古かった(2003年当時)

天気予報

敷地内のからの気データ気象衛星「ひまわり」からの画像データ、気球データ収集装置、気ファクス、検知予報装置からの情報等々、ロケット打上の実施(ひいては打上見学の成否)に関わる重要な影を与える天気予報に必要な情報を集めて処理している当施設であるが、そんな施設らしい霊験あらたかなアイテムが気班の机そばに鎮座している。それが

下駄

である。

かつての内之は地上の最果て、辺の極地。あらゆる情報が手に入り辛い場所であった…って今も通信端末事情は変わらないような…(大汗)
情報も同じく、いくら自前の観測装置があったとしてもあくまでそれは"点の情報"。総合的に予報を出すにはより多くの観測点の情報を元に"面の情報"をもってあたらないと正確な予報は出せないものだが、如何せんISASは予算も設備も絶対的に足りない。かくして予報は的を外れる…。関係者のイライラは積もっていく…。
そんな状況を打開せんが為いつしか持ち込まれたのがこの下駄である!
その身の表裏側面にびっしりと気に関する記号や予報、気構え等々が描かれ、ひと蹴り出せばアラアラたちまち関係者のイライラは解消するという凄い科学技術の最先端の場所で非科学的なユーモア満載な下駄なのである!!あれ?予報は?

人化された今もこの下駄は好と打ち上げの成功を祈るように気班の机のそばに鎮座しているはずである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ・関連チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%86%85%E4%B9%8B%E6%B5%A6%E5%AE%87%E5%AE%99%E7%A9%BA%E9%96%93%E8%A6%B3%E6%B8%AC%E6%89%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

内之浦宇宙空間観測所

1 ななしのよっしん
2013/06/22(土) 01:33:38 ID: 5Q7kqYzptM
下駄に関してはこれを参照にしたらどうか?

http://blog.goo.ne.jp/mitsuto1976/e/30000fe862cc5c420fa1ce9813efee6dexit
2 ななしのよっしん
2013/11/29(金) 16:04:02 ID: 14tU17cc63
イプシロンロケットで使われるようになったんだから
カメラ更新してください...