内藤哲也単語

ナイトウテツヤ
7.0千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

内藤哲也とは、新日本プロレス所属のプロレスラーである。
キャッチフレーズは『制御不能カリスマ』。称では身長180、体重102㎏。

今日も…概要をご覧の、木谷オーナー!

生い立ち~デビュー、高まる期待

1982年6月22日生まれ。東京都足立区島根出身。巨人と新日好きな父親で小さいころからプロレスにハマり、『王貞治さん、長嶋茂雄さん、アントニオ猪木さん。この3人のことは絶対に“さん付け”で呼びなさい』と教えられてきた。運動神経は幼いころから稀有なものを持っており、野球部とサッカー部のキャプテンを掛け持ちしていたという。

中3の頃にプロレスラーになると決意し、高校最後の大会の後すぐにアニマル浜口ジム入門。怪のためなかなか入門テストチャンスを逃してきたが、2005年にようやく参加し、自他ともに認めるぶっちぎりの成績で合格する。

2006年5月デビュー。もともとファンだったことも幸いしてか動きの良さ、センスなどは高い評価を受け、同年ヤングライオン(YL)ベストバウト賞、翌年にはBOSJに(負傷者の埋めとはいえ)エントリーし2勝を挙げるなど覚ましい成績で、ジュニア戦線で存在感を増していく。08年には高橋裕二郎とのタッグ『NO LIMIT』でIWGPジュニアタッグ王座を初戴冠し、以降このタッグでTNA,CMLLなどに参戦していった。

ヘビー級転向、G1初優勝と伸び悩みの苦悩

09年末の凱旋帰時に相方と共にヘビー級への転向を果たすが、この辺りからリングの内外どちらでも伸び悩むようになってしまい、ブーイングも数多く聞くようになる。10年4月にはCHAOS入りするが、やがて裕二郎との間に不協和音が生じ、およそ1年後に追放されてNO LIMITも消滅。以降20代でのIWGPヘビー級王座戴冠を標に掲げるも届かず、挙句12年8月に右膝を負傷してしまう。

13年6月に復帰。同年8月G1 CLIMAXではBブロック1位通過し、決勝では棚橋弘至を下して悲願のG1初制覇を果たす。しかしこの大怪からの劇的復帰というストーリーは大歓では迎えられず、ベビーフェイスながら歓を得られないというレスラーにとってどん底とも言える事態に陥っていく。挙句、ファンの支持を得られなかった内藤東京ドームでのメインイベント挑戦権を得たにも関わらず、ファン投票の結果『棚橋弘至VS中邑真輔』という新日本カードに決まっていたIWGPインターコンチネンタル(IC)王座選手権にその座を奪われてしまった。この屈辱以降内藤はますます失速していく事になり、同時にそれは数年後のリベンジへの大きな糧となっていく。

"制御不能"への覚醒

以来、精を欠き大きなを残せずにいた2015年5月メキシコCMLLに遠征。交のあったルーシュ、ラ・ソンブラが立ち上げたユニットロス・インゴベルナブレス(Los Ingobernables、以下LI)』に加入したことでレスラー人生の大きな転機を迎える。このユニットは『ベビーでもヒールでもなく、やりたいようにやる』というポリシーを掲げており、方向性に迷っていた内藤に合っていたという。帰後もそのファイトスタイルを貫き、のらりくらりとした態度はブーイングを受けるが、に衣着せぬ言動と何をするか分からない戦いで、同年のG1優勝争いとは別の意味で大きな注を集めた。

このG1優勝した棚橋からを奪い(棚橋く『レスラー人生で5本のに入るほど悔しい負け』)、同年10月の両大会でドーム大会の権利書防衛戦に逆名されるが、内藤はこれに噛みつき『この会社は棚橋の言ったことが全て』と言及。両に『パレハ(Pareja)』を連れて行くと宣言し、絶対的ベビーエース棚橋を敵に回して注も歓も集める。この戦いには敗れるも、彼がパレハとして連れてきた"King of Darkness"EVILをお披露耳たぶの治療の後、年末の『World Tag League』では負傷欠場から復帰したBUSHIを加え、メキシコ本家から分離した『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(Los Ingobernables de Japon、以下LIJ)』を正式結成。準優勝に終わるも、EVILと共にインパクトを残すことに成功。

飛躍と充実の2016年~現在

2016年は、ここ2年のトップ戦線を占めていた"4強"のAJスタイルズ中邑真輔らが年頭に相次いで離脱(WWEへの移籍による)したことで、固定化されていた戦線が大きく変化を迎える事となる。新日の行く末が不安視される中、前年からのLIJ旋で勢いに乗っていた内藤3月のNew Japan Cupを制し、王者オカダの持つIWGPヘビー級王座への挑戦を表明。4月10日の『Invasion Attack』では予告なしに投入した新パレハ・SANADAの介入もあったが、レインメーカーを交わしてのデスティーノで3カウントを奪い初戴冠を果たす。介入ありきの戴冠というヒール的なやり方だったがファンはこの事態を大歓で迎え、実況に『両の磁場をひっくり返した』と言わしめた。2か後の大阪でオカダにリベンジされるが、この間に新日・木谷オーナーにまで『方の眼とでこの盛り上がりを体感すべきではないか』と噛みつき大阪大会では本人を引っり出す事に成功。この頃には既に日本で『手のひら返し』がなされ、内藤は一躍ファンの歓を集めるレスラーとなった。G1こそ内藤と共に同年大ブレイクを果たしたBCの新リーダーケニー・オメガに敗れて決勝進出を逃すも、下半期もIC王座戴冠、WTLでの『パートナーX』発言や高橋ヒロム加入など1年を通して新日本プロレス話題提供し、圧倒的支持で同年のプロレス大賞を受賞する。

17年1月4日には棚橋弘至とのIC王座を賭けた一騎打ち勝利し、名実ともに棚橋越え。その後もNJCの制度革案等を掲げるなど絶えず話題提供する。6月棚橋の再挑戦に敗れ王座からは転落するも、同年のG1リベンジ。決勝でもケニーに1年越しのリベンジを果たして2度優勝を果たし、ファンは4年前から"を返して"大歓でこれを称えた。

20年には史上初となるIWGPヘビー/IC王座の『二冠』を達成、東スポ制定の「プロレス大賞」にも2年連続でMVPに選ばれるなど、更なる活躍が期待されている。

内藤哲也にネセサリオな得意技ですよ。

デスティーノ(destino)

LI加入以降の内藤のフィニッシュムーブ。スペイン語で"運命"の意。相手の腕で逆上がりするように回転しながら、後頭部をリバースDDTの要素で叩きつける。相手の技へのカウンタースイング式で繰り出してから正調で止めを刺すことが多い。

スターダスト・プレス

かつてのフィニッシュムーブ。もともとは獣神サンダー・ライガーの開発した技だったが、極めて難易度の高い飛び技で本人ですら使用を控えていたほど。内藤の高い身体を以てなされる技で、スターダスト・ジーニアスと呼ばれる所以でもあった。LI加入以降は封印されていたが、17年G1決勝で解禁(未遂に終わったが)、以降は大舞台での切り札的な位置づけとして使用することがある。

グロリア(gloria)

リストクラッチサイドバスター。相手の左腕をハンマーロックで極めながら右手で掴み取り、左腕で相手の首を抱え込みながら持ち上げ、垂直落下気味に後頭部をマット叩きつける。スペイン語で"栄"の意だが、LI加入前からこの技を使っており、ここからフィニッシュムーブに繋げている。

雪崩式フランケンシュタイナー
フライング・エルボーアタック

ロープのリバウンドを使ってリング中央まで飛んでいく、高い跳躍を持つ。

スイングDDT

俺の言動?いちいち説明するのはノー・グラシアスだね。

『新日本の主役は、俺だ』

CHAOS追放以降、本体に所属している時期に言い出した言葉。13年にG1を制した時にもこの言葉を発したが、前述のファン投票によるメイン剥奪などが示す通り受け入れられたとは言い難かった。LIJ加入以降は封印していたが、4年後に再びG1を制した際、『あの時は背伸びしていたが、今なら自信を持って言える』という言葉と共に解禁。大歓で迎えられている。

『トランキーロ!…あっせんなよ』

LI加入以降の決め台詞にして、今や内藤の代名詞。凱旋当初こそブーイングだったが、今では大合唱になる。トラキーロ(Tranquilo)はスペイン語で『落ち着け』の意。メキシコ遠征時、く試合がしたいとしゃかりきになっていた内藤に対しLIの仲間たちが頻繁にかけた台詞であり、内藤自身今でもめとしている。会場での大合唱の際は、トラキーロ!と叫んだあとにためが入る。くれぐれも"あっせんなよ"。

『ノソトロース・ロス・インゴベルナブレス・デ!! ハ!! ポン!!』

スペルは"nosotros los ingobernables de japon"。スペイン語で「たちはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンだ!!」の意。"インゴベルナブレス"のルとレは巻き舌マイクの締めとして、LIJのメンバー名前を一人ずつ言った後にこれで締める。IWGPヘビー初戴冠時はこれを言う前にテープが舞ってしまい、これは木谷オーナーの陰謀だと勘ぐったことも。
因みに現メンバーEVIL,BUSHI,SANADA,高橋ヒロムなので、"EVIL,BUSHI,SANADA,HIROMU,y(読みは"イ"。スペイン語で"そして"をす接続詞) NAITO"と叫んでからこれに移る。

『この会社は棚橋の言った事が全て』

LI加入以降、対棚橋関連で必ずのように言う言葉。16年11月(IC王者時)、『7年連続ドームメインに立つ』と宣言した棚橋に対してはこの言葉を放った上で、『棚橋ファン投票やろうと言ったらこの会社は動きますよ』『ドームメインに立ちたいなら自分から提案してみろ』と挑発し舌戦で圧勝を収める。一方その半年後に棚橋の再挑戦を拒否した際には、『の言ったことは全部通るんだから、さっさと受けちまえよ』と逆利用されたことも。

『中邑真輔退団と同時に、“King of Sports”なんて名乗るの止めた方がいいんじゃないの?』

16年1月の中退団を受けて組まれた壮行試合の際のコメント。ここ10年の新日の功労者である中に、棚橋・オカダをはじめ各レスラー(中と不仲で知られる柴田勝頼除く)が励の言葉を贈る中で、"そんなに中が他の団体に行くのが新日は誇らしいのか"と、一人やはり"制御不能"。因みに柴田く、『が思ってることはだいたい先に内藤が言ってる』とのこと。後に内藤もこれを振り返って、中に対してただ見送っただけの人は活躍してない、これをチャンスと捉えた柴田が飛躍した、と述べている。

『俺に敗れたオカダをあなたのお力でオカダをスターにしてしてあげてください。俺にはそんなプロジェクト必要無いので。』

16年4月にオカダを破って初戴冠した時、『PCの向こうにいる』木谷オーナーに放ったコメント。2かほど前、ちょうどWWEの引き抜きで揺れる中、東スポ木谷オーナーコメントとして『オカダに2億円規模かけてスターにするプロジェクトがある』とすっぱ抜いた事に対して、『他の選手がどれだけ頑ってもオカダをえられないのか』と底的に噛みついていた内藤の一言に会場が湧いた。

『俺の価値はもうベルトを超えてしまった』

これも16年4月の初戴冠時、内藤焦がれたはずのそのベルトを放り投げるという暴挙に出たが、その際に述べたコメント。後にIC王座を獲った際には、自身の要(NJC革案、対戦要など)が悉く通らない事を受けて『このベルトはの足枷になってる』と言い、リングポストに投げつけるなどして破壊している。棚橋が奪取した後に自らの手で修復作業を施したが、結局新しいベルトに新調されることとなった。

俺さ、カンサードなんだよ。エピソード振り返る余裕ないんだよね。

どの面下げてキャリア聞いてんだよ、カブローン!

ブエナスノーチェース、ニ~コ~動~!

貴方の眼で、貴方の耳でこの人気を実感したらいかがですか?(関連商品)

俺のパレハが作ってくれた関連コミュニティですよ。

内藤哲也に関するニコニコミュニティ紹介してください。

これ以上知りたいなら関連項目を見てよ。アスタ マニャーナ!アディオス!

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%86%85%E8%97%A4%E5%93%B2%E4%B9%9F
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

内藤哲也

8 ななしのよっしん
2017/12/30(土) 23:53:10 ID: ExMcjkbMzI
膝とが心配だよ…かなり本気で
9 ななしのよっしん
2018/01/25(木) 00:39:56 ID: yW2RW/mXCk
スターダストレスがフィニッシュホールドだった頃の内藤が大好きだったから、2017年G1の決勝で解禁した時はめちゃくちゃ奮したなあ…
10 ななしのよっしん
2018/02/10(土) 10:14:38 ID: q4f7WQRoHJ
ファン民度が低いことだけが一の欠点
11 ななしのよっしん
2018/04/18(水) 04:18:38 ID: xl9ziLX4dT
昔は何故かよくメキシコに行く人という程度の位置だったのに
12 ななしのよっしん
2018/06/12(火) 11:01:07 ID: aGrqcIvu6R
http://www.nicovideo.jp/watch/152816665exit_nicovideo
13 ななしのよっしん
2018/06/12(火) 11:57:18 ID: aGrqcIvu6R
http://www.nicovideo.jp/watch/1528166658exit_nicovideo
14 ななしのよっしん
2018/09/10(月) 23:10:26 ID: IRwRhDQZbA
ファミレスコントほんとすき
15 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 20:55:09 ID: rK4A6siUDS
東スポとの食い逃げ芸はもっとやれ
16 ななしん
2020/04/28(火) 14:12:34 ID: Lv4AL7xvXd
今の内藤vs中邑真輔が1番見たい
17 ななしのよっしん
2020/07/15(水) 23:37:47 ID: m9d87WxQPB
のパレハを紹介しますよ

なお裏切られた模様

急上昇ワード改