写研単語

シャケン
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

写研 ロゴ

株式会社写研とは、日本フォントベンダーである。かつては写真植字機及びその周辺機器、組版システムなどの製造販売を行っており、同業界において最大手であった。

概要

イギリスいて発明された手動写真植字機の日本での実用化を成した1926年、共同開発者の石井茂吉澤信夫両名によって設立された。当初は「写真植字機研究所」という名称で、1970年代に現名称となる。

後に澤はビジネス上の相違で離別、写真植字機製作株式会社現在モリサワを設立したが、二社ともに写真植字機およびその組版システムの開発によって日本の印刷業界の過渡期に寄与し、その書体も広く普及した。

石井自ら手掛けた「石井書体」、現代的な「明朝」などの基本書体や、1969年発表の「タイポ」、1972年発表の「ナール」、1975年発表の「ゴナ」に代表される様々な「新書体」はその後の日本書体デザインタイポグラフィに多大な影を与えた。

90年代以前にデザイナーなどの仕事をしていた人の中には「のあるユニークで豊かな書体」という言葉に聞き覚えがあるという人も多いのではないだろうか。

2000年代までの様々な印刷物、テレビテロップ、ほとんどの漫画などで写研の書体が使用されていた。ゴナはモダンゴシック体としてその潮流は他のタイプファンドリーにも大きく波及した。ナールは道路の案内標識などで現在も広く見られる。

また1965年にはコンピュータシステムを用いて組版を行えるという電算写植機「SAPTON」を発表し、後年はその発売に注した。

このように非常に多くの優れた書体書体デザイナー機械を排出したが、DTP化に追随しない方針や人事の失敗・人材の流出、所得隠しの不祥事などで凋落。モリサワフォントワークスなどの他タイプファウンドリーをあけられることとなった。

デジタルフォント自体は電算写植機・テロップ向けの「Cフォント」で実現していたものの、PCで利用できるOpenTypeフォントの発売は一切行われなかった。2011年に突如OpenTypeフォント開に向けた出展を「第15回際電子出版EXPO2011」において行ったが、その後9年以上進展はなく、復活は絶望的に思われていた。

しかし2021年になり、モリサワ・写研の社長両名の名義で「OpenTypeフォントの開発」についてのプレスリリースが発表され、写真植字機の特許が出願された1924年から丁度100年の節にあたる2024年処に順次発売することが発表。

同年3月にはとうとう公式コーポレートサイトexitが開設し、書体見本や企業情報などが掲載された。ISDN回線が利用できなくなる2024年から電算写植機が利用できなくなると考えられていたが、これについてはFAQにおいて「今後もサポート継続する」と明記されていた。

またサイト開とともに開を告知していたアーカイブサイトとして2021年5月26日書体や写研・写植の歴史などを網羅的に掲載したアーカイブサイト写研アーカイブexit」をリリース、とうとうインターネット上において公式書体見本や歴史アクセスすることが可となった。ずっと閉鎖的だった写研は、順調に「オープン化」に向けて漕ぎだしている。

代表的な書体

石井明朝
創業者・石井茂吉による明朝体で、多くの書籍や広告に用いられた。
それまでの活字における明朝体とは異なった素で柔らかい雰囲気は高い評価を得て、内外の多くの明朝書体に影を与えた。今でも、ベテランの組版屋・デザイナーなどから根強く支持されている。
石井ゴシック
同じく石井茂吉によるゴシック体である。立て処理や緩急による独特の優しい表情は評価が高い。
金属活字までは「仕方なく」使われていたゴシック体の仮名の品質を、本文に使っても恥ずかしくない準にまで押し上げた画期的な書体
この書体の成功がければ、ゴシック体は今でも「明朝体の太字」という立場で扱われていたかもしれない。
石井ゴシック / 石井ファンテール / 石井
戦時中の「変体活字運動」などで姿を消した特殊書体を、石井の解釈で再したもの。
ゴシック体宋朝体ファンテール体というジャンルの運命を変えた書体であるばかりでなく、戦前ジャンルをほぼ網羅することで日本語タイポグラフィを再建する土台を作り上げた名脇役である。
石井教科書
定教科書で使用されていた「文部省活字」を石井が現代化し、ファミリー化したもの。
現在でも、学習導要領で字体の標準として例示されている字形の大部分は石井教科書のものだ。オリジナルに忠実にOpenType化されれば、漢字教育の現場の混乱を収拾する鍵となるかもしれない。
ナール
写研催の書体コンテスト石井賞の第一回で一位となった、看職人中村氏による書体。極細で字面一杯の丸ゴシックというこれまでに全くかったデザインで、新書ブームの一を担った。
一時期の日本の看や雑誌はナールで埋め尽くされ、あるデザイン事務所ではナール禁止が出るほどだったという。今でも、道路案内などで頻繁に見ることができる。
ゴナ
ナールの中村氏に写研が依頼したことで制作された書体の一つ。
フトコロが広く幾何学的で極太という「モダンゴシック体」の概念を初めて作り上げ、ファミリー化すると多くの企業コーポレートフォントに採用された。
明朝
石井明朝べて規則的で、名前の「本」の通り本文に用いられる現代的な表情の書体としてデザインされた。
これは文庫本などの本文書体として人気を集めた。
ミンカール
香港書体デザイナー炳権氏による漢字書体鈴木勉氏が仮名を付けたもの。独特な緩急やクルンとした造形がファンシーさを醸し出し、少女漫画雑誌や、セーラームーンプリキュアなど女児向けアニメテロップなどに長く使われた。
ファニー
手書き書体の先駆けとして手動写植向けに一時期提供されたが、電算機で復活するまで見本帳から姿を消したため用例は多くなかった。クレヨンしんちゃんサブタイトルテロップとして2021年現在も使われている。

代表的な輩出デザイナー

関連動画

関連リンク

関連項目

BA-90

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%86%99%E7%A0%94

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

写研

1 ななしのよっしん
2021/01/21(木) 00:42:39 ID: lDTYv+rrNf
記事作製有り難うございます。
・しかしopentype3年後にリリースとして,いやまぁスゴいんだけど,それまでに写研書体に堪えられる文体の質を損なわず作文組版して扱える人間はどれだけ存在するだろう??!。なのでひとまず,ライセンス形態が気になります。
2 ななしのよっしん
2021/01/22(金) 06:25:28 ID: K9kbxgyZQv
Opentype化、喜びの気持ちよりも「やっとか…」みたいな微妙な感情のほうが先に来る
3 コレフヂ
2021/04/27(火) 20:31:45 ID: TCK0IWnK7g
活きるかもと思ってメモ。

石井ゴシック体】【石井ゴシック体
金属活字では「仕方なく」使われていたゴシック体の「かな」の品質を、本文に使っても恥ずかしくない準に押し上げた、画期的な書体
この書体の成功がければ、ゴシック体は今でも「明朝体の太字」として扱われていたかもしれない。

石井太丸ゴシック体】【石井宋朝体】【石井ファンテール】
戦時中の「変体活字運動」で姿を消した特殊書体を、石井の解釈で再したもの。
ゴシック体宋朝体ファンテール体というジャンルの運命を変えた書体であるばかりでなく、戦前ジャンルをほぼ網羅することで、日本語タイポグラフィを再建する土台を作り上げた名脇役である。

石井太教科書体石井中教科書体
定教科書で使用されていた「文部省活字」を石井が現代化し(太教科書体)、ファミリー化したもの(中教科書体)。
現在でも、学習導要領で字体の基準として例示されている字形の大部分は、石井中教科書体のものだ。オリジナルに忠
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4 コレフヂ
2021/04/27(火) 22:12:15 ID: TCK0IWnK7g
>>3 訂正。
石井ファンテール」は戦前だった(項をまとめる段階でやらかした)。
5 コレフヂ
2021/04/27(火) 22:17:17 ID: TCK0IWnK7g
>>3 追加訂正。
石井太教科書体」と「石井細教科書体」までが石井本人によるもので、「石井中教科書体」は写研名義だった(これも項を統合する段階でやらかした)。
6 コレフヂ
2021/04/27(火) 22:28:57 ID: TCK0IWnK7g
>>5
いや、誤訂正かも(参照した資料に抜けがあるっぽい)
手許で事実確認に使える資料が限られてるんでまた確認してきますわ