冠詞単語

カンシ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

冠詞とは名詞に付随して性質をつける句である。

本項では英語の冠詞について扱う。

概要

英語には定冠詞theと不定冠詞a(an)が存在し、複数形も含め名詞にどれを用いるかは英語学習者にとって非常に難解な問題である。

不定冠詞だけとってみても「私は鶏肉を食べた」という非常に簡単な文章を英訳するとき、

①I ate chicken.

②I ate a chicken.

③I ate chickens.

のどれが正解かは案外わからない。

思考法としてはこうである。不定冠詞a(an)は「共通単位を持つものの中から1つ」の意味合いを名詞に持たせる。また「共通単位性を持つものの中から複数」になる場合は複数形を用いる。それを踏まえると②の例文はニワトリを一匹(これが共通単位になる)バリバリと食べる。③に至ってはニワトリを複数匹貪り食うという地獄絵図を意味することになってしまう。

」のようにそれ自体に共通単位のないものはa(an)を用いることができない=不可算名詞となる。しかし「」も「コップ一杯分の」になれば共通単位が生まれるのでa cup of waterという表現が可になる。また、一見単位がありそうに見えても「抽的、総合的、概念的な事」として用いる場合は不可算となる。例えば、

④I walked in a field of corn.#トウモロコシを歩いた。

corn(トウモロコシ)は穂、粒、食べ物などを包含した総合的な意味合いを持つため不可算となる。だがcornの中でも限定的に「トウモロコシの粒」だけを意味するのならば、単位性を獲得するため可算名詞になる。③の例文を見ても明らか夕飯などで鶏肉を焼いて食べたという状況であり、「各種部位」、「という食べ物」を総合的に意味する不可算の冠詞chickenを用いるのが正解となる。

次に不定冠詞のtheはその名詞の中の「特定のもの」の意味を付随する名詞に与える働きを持つ。

⑤I like dogs.

⑥I like the dogs.

⑤の場合は不特定全般を好きでいるのに対して、⑥の場合は「どんなか?」を文脈の中で示さなければいけない。それがトムの飼っているだったり、動物園で見かけただったり、昨日の会話の中で出てきただったり、とにかく固有のでなければtheを用いることはできない。

関連動画

関連項目


参考文献

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%86%A0%E8%A9%9E
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

冠詞

1 ななしのよっしん
2021/06/23(水) 18:21:02 ID: JZKEfVXaC8
Yesterday, I met a novelist and poet.
とかいう初見殺し例文