冨安健洋単語

トミヤスタケヒロ
8.4千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

冨安健洋(とみやす たけひろ)とは福岡県福岡市出身のプロサッカー選手である。
イングランドプレミアリーグアーセナルFC所属。サッカー日本代表

ポジションDFMFセンターバック、右サイドバックとしてプレー

概要

2021年からイングランドの名門アーセナルに移籍し、として活躍する日本人歴代最高の呼びも高いDFである。日本人離れした高いフィジカルを活かした対人守備や幅広いエリアカバーできるだけのスピード、足下の技術の高さによるビルドアップ、戦術理解の高さと現代のDFに要されるを高準で持ち合わせる近代的なプレイヤーと言われている。

メインポジションセンターバックだが、所属クラブではサイドバック戦場となっており、ボランチでもプレーできるユーティリティプレイヤーでもある。

幼い頃からすでに頭を現しており、2018年1月に19歳で海外へ移籍。イタリアセリエAボローニャでチームに欠かせないキープレイヤーとなり、アーセナルでもミケル・アルテ監督から絶大な信頼を寄せられる重要な選手となる。

日本代表には2018年10月デビューし、あっという間に若くして日本の守備の要に定着。吉田麻也と構成する最終ラインは代表でも歴代最強と評されている。2022 FIFAワールドカップにも出場。

略歴

プロ入り前(~2014年)

福岡県福岡市2人がいる3番子どもとして生まれる。父親野球剣道をやっており、母親は元陸上選手であり、運動の高さは両DNAによるものでもある。末っ子ということもあり、両はゆったりとした気持ちで息子に接しようとし、具体的な教育方針は持たずに基本的に自性に任せていた。

サッカーと出会ったのは幼稚園年中の頃だった。当初は、二人がやっていた水泳を習う予定だったが、祖母のランニングマシーンで遊んでいた際にを負傷。水泳ができなくなった代わりに全規模で幼児教育を手掛けるコスモサッカークラブサッカー教室に入ることになり、そこでボールを蹴るのが楽しくなって、本格的にサッカーを始めることになる。

小学1年生のとき、学校少年団である三キッカーズに入団する。このとき、三築キッカーズの総監督を見スピードで走る安の姿を撃し、知り合いを介して両チームに入るように依頼したという逸話がある。抜群の走と高い運動によって実をつけ、小学4年生のときには小学6年生の公式戦にコンスタントに出場していた。11歳のときに2009年に開校したバルセロナスクール博多コーチの薦めもあって週2回通うようになる。ここでも高い潜在が評価され、小学生スペインに連れていくことは難しいということで話は立ち消えになったがFCバルセロナ推薦されるほどだった。当時のポジションボランチがメインだったが、小5になるとCBでもプレーするようになり、小6のときにナショナルトレセンに選出され、将来有望なサッカー選手として関係者からの知名度をあげる。また、この時期にバルサスクールの一員としてスペイン遠征に参加し、この頃から海外志向が強くなったという。

中学入学と同時にアビスパ福岡ジュニアユースに入団。すでに同年代の子とべて体格に恵まれていたことから中学1年から2年まではセンターバックメインポジションとなり、中3からはDFとボランチの両方を担うようになり、守備の万さに磨きをかける。中学時代というのは学業や私生活も含めて揺れ動く頃だが、安には反抗期や精面の不安定さも一切なく、監督から言われたことを心に刻み付けてサッカーに取り組んでいた。そのため各学年のチームキャプテンを任され、中学3年生になると飛び級トップチーム練習に参加。この時期にU-15日本代表にも選出されており、関係者からは将来の日本サッカーをしょって立つ逸材と見られていた。

高校に進学した2014年には順調にU-18チームに昇格。高校2年生となった2015年5月19日アビスパ福岡に2種登録される。同年10月天皇杯3回戦FC町田ゼルビア戦で、高校2年生の時に公式デビューを果たし、アビスパ福岡クラブ史上初の高校生Jリーガとなった。

アビスパ福岡(2015~2017年)

高校3年時(2016年)には高校卒業を待たずにアビスパ福岡トップチームに昇格。九州高校に通っていたが、プロ契約が決まったことで通信制の高校転校する。7月13日J1リーグ2ndステージ第3節のFC東京戦でスタメンに抜され、17歳にしてプロデビューを果たす。このときのポジションボランチだった。その後も結果を残しCBボランチの二刀流レギュラーに定着、リーグ戦に10試合に出場した。チームは1年でJ2降格となるが、プロとしての第一歩を踏み出したシーズンとなった。

J2リーグで戦うこととなった2017年にはチーム内での存在感がさらに増し、開幕からレギュラーとしてプレー3月19日J2第2節ロアッソ熊本戦ではプロ入り初ゴールを決める。リーグ戦35試合出場で1得点チームリーグ最小失点タイ(36失点)に貢献するなど、ディフェンスラインの中心選手として活躍した。この年チームシーズンを4位で終え、12月3日J1昇格プレーオフ決勝まで進んでいく。3位名古屋グランパスとの対戦では左足首が疲労骨折しているなかでフル出場し、失点に抑えるが、0-0の引き分けで終えたため1年での昇格は果たせなかった。

シーズン終了後、この年におこなわれたU-20ワールドカップでの活躍が認められ、複数のJ1の強クラブから獲得オファーがあったものの、本人の強い海外志向によりベルギー1部リーグシント=トロイデンVVへ全移籍で移籍。移籍は億単位だといわれている。

シント=トロイデンVV(2018~2019年)

2018年1月8日シント=トロイデンVV加入を正式発表。背番号は「3」。同年5月13日プレーオフ9節のロイヤルアンワープFC戦で移籍後初出場を果たすが、1年での公式戦出場時間はわずか1分のみとなった。

2018-19年シーズンは、7月18日に行われた開幕戦のサークルブルッヘ戦でフル出場でリーグ戦初出場を果たすとその後センターバックレギュラーとして定着。第16節のRSCアンデルレヒト戦では移籍後初得点を決める。にはドイツヘルタ・ブレーメンから移籍8億円で獲得オファーを受けるが、クラブ側はこれを拒否している。マークブライス監督から「トミヤスベルギーレベル越している」「トミはベルギーで最高のタレントだ」と評されるほど覚ましいレベルで成長を遂げていき、リーグ戦に27試合に出場し1得点記録クラブサポーター団体から最優秀選手に選出されるなど、海外での2年にして大きく飛躍したシーズンとなり、シーズン安の市場価値は加入時の12倍にまで膨れ上がったとされている。

ボローニャFC(2019~)

2019年7月9日イタリアセリエAボローニャFCへの全移籍が発表された。背番号は「14」。
近年は欧州4大リーグの中ではやや格下に位置付けられているセリエAの常連の中では下位に属するクラブであるが、ことディフェンスには一家言あるイタリアに20歳の日本人DFが乗り込むというのは少なからず特別な意味合いがあった。

8月10日善試合のビジャレアルCF戦でヘディング弾でアピールすると、8月18日、コパ・イタリア3回戦ACピサ1909戦でイタリアでの公式デビュー8月25日セリエA開幕戦のエラス・ヴェローナFC戦で右サイドバックとしてリーグデビューを果たした。その後も、怪で一時戦列を離れたものの、試合をこなすごとに最終ラインに欠かせない存在となり、辛口で知られるイタリアメディアからも高く評価される。12月15日セリエA第16節アタランタBC戦にて移籍後初アシスト記録2020年7月18日セリエA第34節のACミラン戦では、左足でのミドルシュートを決め、セリエAゴール記録シーズン終盤に負傷して離脱したものの、リーグ戦中断明けの過密スケジュールの中でずっと出場し続けるなど、シーズンを通してとして活躍。辛口で知られるイタリアメディアからも1年間の活躍を高く評価され、ビッグクラブへの移籍話も取り沙汰されるようになった。

2年となった2020-2021シーズンは、開幕から本職であるセンターバックで起用される。移籍期間にACミランから正式な獲得オファーを受けるが、ボローニャ側が提示した移籍の折り合いがつかず、引き続きボローニャでプレーすることになる。チームは前のシーズンから42試合連続で失点していたが、2020年11月29日のクロトーネ戦でクリーンシート達成に貢献し、不名誉な記録を終わらせる。12月23日セリエA第14節アタランタBC戦では久々に右SBで起用されると、技ありのチップキックシュートを決める。2021年1月24日の第19節ユヴェントス戦ではチームは敗れたものの、CBと右SBの2つのポジションプレーしながらクリスティアーノ・ロナウドを抑え込んでみせる。シーズン前半戦時点でクリア数とボール奪取数でリーグ1位のスタッツを記録。第23節の時点でセリエA一全試合フルタイム出場を続けるフィールドプレイヤーとなっていたが、右ふくらはぎの負傷のため第24節のラツィオ戦を欠場し記録が途絶える。ボローニャのセリエA残留に貢献したことで評価はさらに高まることとなった。

アーセナル(2021年~)

2021年にはアタランタ、トッテナム内外の強2クラブが獲得に乗り出したが交渉が成立せず、このままボローニャに残留するとも見られていたが、移籍期限最終日の8月31日イングランドプレミアリーグアーセナルFCへ移籍することが発表される。背番号は「18」。移籍はおよそ26億円。

2021年9月11日プレミアリーグ第4節ノリッジ戦において、日本代表に呼ばれていたこともありチーム練習に1日しか参加できなかったにも関わらずスタメンに抜され、プレミアリーグデビューを果たす。右サイドバックとして定位置を掴むと、プレミアリーグ第6節トッテナムとのノースロンドンダービートッテナムとの関係は前述の通りであるため、「安獲得ダービー」とも化していた)でマッチアップするアジア最高峰にしてプレミア最高峰のアタッカーソン・フンミンを抑えるなど勝利に大きく貢献。ファンが選ぶMOMと英による第6節のベストイレブンに選出される。安がレギュラーに定着してからのアーセナルは開幕3連敗とどん底だった状況から息を吹き返し、英国メディアからの評価が日増しに高くなる。11月27日プレミアリーグ第13節ニューカッスル戦では絶妙なループパスでプレミアリーグでの初アシスト記録アルテ監督からの信頼を得たことで不動の右SBとして評価を高めていくが、2022年1月20日のEFLカップ準決勝のリヴァプール戦でふくらはぎを負傷して交代となり、戦線離脱となる。一度は復帰したものの今度は反対のふくらはぎを負傷してしまい、当初の予想よりも長期欠場となってしまう。4月23日、第34節マンチェスター・ユナイテッド戦の試合終了間際に出場し、3かぶりの復帰を果たす。復帰後は左SBとしてもプレーするが、第37節のニューカッスル戦で再び負傷し最終節を待たずにシーズンが終了。

2022-23シーズンも怪のために出遅れ、2022年8月13日プレミアリーグ第2節レスター・シティ戦で復帰。しかし、右SBで起用されたベンホワイトが好調なこともあり、リーグ戦では7試合連続で終盤に途中出場という扱いだった。10月9日リヴァプールFC戦でシーズン初スタメンを左SBとして飾ると、マッチアップするモハメド・サラー完封勝利に貢献する。

日本代表

中学生の頃からすでに各年代のアンダー代表に選出されており、2014年AFC U-16選手権2014にU-16代表として出場。全4試合中2試合に起用され、準々決勝の韓国戦に出場。しかし、0-2で敗れ、5大会ぶりのアジア予選敗退となってしまう。

2016年10月には、バーレーンで開催されたAFC U-19選手権2016のメンバーに選出。中山雄太と共に鉄壁の最終ラインを構築し、イランカタールといった強と同居したグループリーグ3試合を失点で終える。決勝トーナメントに入っても相手にゴールを許すことなく全試合失点で大会を終え、日本の初優勝と5大会ぶりのU-20ワールドカップ出場権獲得に貢献。またこの年の7月おこなわれたリオデジャネイロオリンピックトレーニングパートナーに選出されている。

2017年5月韓国で開催されたFIFA U-20ワールドカップ2017のU-20日本代表にも選出。グループリーグ初戦の南アフリカ戦でオウンゴールにより先制ゴールを献上してしまうが、DFリーダーとしてベスト16までの全4試合にフル出場。この大会での活躍が欧州スカウトのにとまりベルギー移籍のきっかけになったと言われている。

2018年5月には、東京オリンピックU-21日本代表に選ばれ、トゥーロン国際大会に出場。また、同年8月30日には森保一監督率いる日本代表(A代表)に初招集された。このとき熱狂的なアビスパ福岡サポーターとして知られる声優田村ゆかりツイッターで大変喜んでいた。10月12日パナマ戦にはスタメンで日本代表初出場を果たし、宮市亮以来(2012年)の10代での日本代表デビューであり、センターバックの選手としては史上初の事であった。

以降A代表の常連となり、AFCアジアカップ 2019のメンバーにも選出される。2019年1月21日サウジアラビア戦ではコーナーキックを頭で合わせ、アジアカップ日本人最年少ゴール更新した(20歳77日)チームは決勝でカタールに敗れ、準優勝に終わったものの、準決勝のイラン戦では相手エースのサダム・アズムンを完璧に抑えてみせ、その評価をさらに高める。以降、代表に欠かせない存在となり、吉田麻也と共にCBレギュラーに定着。同年スタートしたカタールワールドカップアジア2次予選、コパ・アメリカ2019にも出場。コパ・アメリカでは3試合全てにフル出場したが、1勝もできず、本気の南勢の前に「手応えは正直ないです」と悔しさを吐露している。

2020年10月オランダ遠征では、吉田麻也とのコンビ鉄壁の守備を披露し、カメルーンコートジボワールといったアフリカの強を2試合連続で完封する活躍を見せる。2021年3月25日に開催された韓国との善試合では、プレーと関係のないところでイ・ドンジュンから肘打ちを顔面に受け、が半分折れる負傷を負わされる。その後、安はピッチに戻り、鉄壁の守備で韓国をシャットアウトするが、このイ・ドンジュンの行為に対して日本のみならず、韓国側からも批判が集まる騒動になる。この騒動について安本人は「わざとじゃないと感じた。もう謝罪は受けた。大きな騒動にならないことを願っています」と大人の対応を見せている。

2021年7月に開催された東京オリンピックU-24日本代表メンバーとして出場。しかし、開幕直前に左足首を負傷し、最初の2試合を欠場する。グループリーグ第3戦のフランス戦で復帰するも、フランス戦、準々決勝のニュージーランド戦と2試合続けて警告を受け、準決勝のスペイン戦は出場停止となる。3試合にスタメンで出場したが、怪明けのコンディションのため普段よりもミスが多かった。なお、ニュージーランド戦のPK戦の際に乙女のように祈る姿が映し出され、話題になる。

2022 FIFAワールドカップ アジア最終予選でも日本の最終ラインを支えるが、2022年に入ってからの終盤4試合を怪のために欠場し、ワールドカップ出場決定の間に立ち会えなかった。その後も負傷が続いたことでなかなか合流ができず、9月23日アメリカ戦でおよそ10かぶりに復帰。安定した守備でアメリカ完封し、試合終盤には代表では初めて右SBとしてプレーする。

2022年11月カタールで開催された2022 FIFAワールドカップ日本代表メンバーに当然選出されるが、直前のELの試合でハムストリングを負傷。そのでコンディションが万全ではなく、グループリーグベンチからのスタートとなった。それでも第1戦のドイツ戦、第3戦のスペイン戦と途中出場で3バック変更のキーマンとなり、スペイン戦では右WBとして抜群の対人守備を見せ、ジョルディ・アルバアンス・ファティ完封ドーハの歓喜の立役者の一人となった。大会初スタメンとなったラウンド16のクロアチア戦ではらしくないミスもあったが、120分間をフル出場。しかしチームPK戦の末に敗れている。

プレースタイル

身長188cmの大DFでありながら、高い身体のみならず、ビルドアップボールを運ぶに長けており、しかも両足で精度の高いプレーが可。戦術理解も高く、判断を間違えることもほぼいことからニュータイプのDFとも形容される。

センターバックとしては足も速く、そのスピードを生かして上下にハードワークを厭わない。プレミアリーグでは、スピードスターとして知られるマンチェスター・シティのラヒム・スターリング完璧に抑え込んだことがある。

STVV時代まではセンターバック専門の選手であったが、前述の通りボローニャではサイドバックとしての起用が中心となった。
ボローニャでの役割はいわゆる「偽サイドバック」といったもので、守備時は4バックの一番右でプレーするが、攻撃時は3バックの右の位置でビルドアップに関与し、状況によってはセンターハーフの位置に移動してカウンター対応をめられる。

総合的に、CBSBの中間的な性質でその両方をこなすことができるユーティリティ性の高い選手としての評価を確立している。

勉強熱心で技術の吸収も高く、日本代表では少しでも技術を習得しようと吉田麻也を質問攻めする一幕も。

弱点は怪が多く、毎年どこかで戦線離脱すること。

人物・エピソード・評価

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2015 アビスパ福岡 J2 0 0
2016 アビスパ福岡 J1 10 0
2017 アビスパ福岡 J2 35 1
2017-18 シント=トロイデン ジュピラーリーグ 0 0
2018-19 シント=トロイデン ジュピラーリーグ 27 1
2019-20 ボローニャ セリエA 29 1
2020-21 ボローニャ セリエA 31 2
2021-22 アーセナル プレミアリーグ 21 0
2022-23 アーセナル プレミアリーグ

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

冨安健洋

6 ななしのよっしん
2021/06/07(月) 23:26:32 ID: yxclpauaxz
>>5
遠藤航がもうちょっと若かったらいい勝負なんだけどなあ
若さを考えても安のほうが可性は高いよな
タランタが本気で獲得に乗り出してるみたいだが、さあどうなるか?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
7 削除しました
削除しました ID: uWGTdxn0wv
削除しました
8 削除しました
削除しました ID: uWGTdxn0wv
削除しました
9 削除しました
削除しました ID: uWGTdxn0wv
削除しました
10 削除しました
削除しました ID: j7TuvmcK7E
削除しました
11 中田の時代から同じことの繰り返し
2022/01/08(土) 00:28:44 ID: uWGTdxn0wv
相当な過大評価だと思っています…。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
12 ななしのよっしん
2022/01/08(土) 01:00:01 ID: 5QJi8kQNuG
少なくとも、移籍直後から1月現在までの安のパフォーマンスについては正当な評価はされるべきだと思う。この先どうなるかなんて分からないが

ウォーカーとかアレクサンダー=アーノルドみたいな世界最高レベルべたら落ちるかもしれないけど、サイドバックの役割がより重要になって、多様化されている中で安はアルテタのめるタスクを忠実にこなせているし、アルテタの使い方を見れば相当信頼されてることは分かる

安がマッチアップした相手でが立たなかった相手ってインテル時代のルカクくらいじゃないか?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
13 中田の時代から同じことの繰り返し
2022/01/09(日) 15:54:10 ID: uWGTdxn0wv
10分程度のプレー動画を見たけど20回くらいミスをしていた。自分が監督なら安は放出補。Jリーグに帰ってきてもいいけどね。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
14 ななしのよっしん
2022/01/09(日) 16:49:11 ID: uWGTdxn0wv
あまりにもミスが多い。多すぎる。とてもとてもサッカーサイボーグだらけのプレミアでやってけるような選手じゃないと個人的には思う。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
15 ななしのよっしん
2022/01/09(日) 17:02:04 ID: uWGTdxn0wv
ただ、安もまだギアを隠し持ってると思うから隠れたギアオンになれば活躍できるよ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0