凱旋門賞単語

ガイセンモンショウ
6.8千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

凱旋門賞(仏語:Prix de l'Arc de Triomphe)とは、フランスパリロンシャン競馬場で行われる世界最高峰のレースの一つ。施行距離は芝2400mで、出走資格は3歳以上負担重量は定量(3歳56.5kg、4歳以上59.5kg、1.5kg減)。毎年10月の第1日曜日に行われる。格付けはGI

概要

3月の「ドバイワールドカップ」、7月の「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」(通称:キングジョージ)、11月の「ブリーダーズカップ・クラシック」と並ぶ世界最高峰のレースの一つとされるレースである。
その中でも凱旋門賞は芝の世界一決定戦としての格式が高く、世界ホースマンが憧れるとも言われている名物レースとされている。
も高額であったのだが、カタール競馬会がスポンサーになってからさらに増額され、2022年時点で総額500ユーロ、うち1着は285.7万ユーロ(約4億円)と、芝の競走に限れば(ジ・エベレストペガサスワールドカップターフの新設、ドバイシーマクラシックドバイターフの賞の増額により)第5位、ダートを含めた場合(ドバイワールドカップペガサスワールドカップBCクラシックおよび前述のレースに次ぐ)第8位となっている(2着は114.3万ユーロ、3着57.15万ユーロ、4着28.55万ユーロ、5着14.3万ユーロ)。

ヨーロッパの強がギシギシひしめき合うが、ヨーロッパ以外の名も参戦したりするため、実質的に世界最強No1決定戦と言っても過言ではない。日本の参戦も多くなっているが第100回時点で勝利し(2着4回)。日本の軽い野芝コースとは違い洋芝特有のパワーを必要とされるため、苦戦を強いられる日本も多い。1着にはブリーダーズカップ・ターフへの優先出走権が与えられる。

なお、凱旋門賞が行われる週は「凱旋門賞ウィークエンド」という通称があり、土曜日にG2が4競走と純血アラブG1が1競走、日曜日G1が7競走と純血アラブG1が1競走と、土曜日日曜日の2日間で13もの重賞競走が開催される。なお、凱旋門賞以外の競走の賞は1/10程度とそれほど高いわけではない(それでも2番アラビアワールドカップは純血アラブ重賞では最高額だが)。

歴代優勝馬

日本語読みの前の「*」は競走・繁殖を問わず日本に輸入されたことのある(=JRAないしJAIRSの公式日本語表記が存在する)太字大百科に個別記事のある。回数にリンクが付いている回はニコニコに個別動画あり。

回数
(開催年)
優勝
(日本語読み)

日本調教 着順
(参戦したときのみ)
性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師(調教)
第1回
(1920年)
Comrade
(カムラッド)
3 2:39.00 F.ブロック P.ギルビン()
第2回
(1921年)
Ksar
(クサール)
3 2:34.80 G.スター W.ウォールトン()
第3回
(1922年)
Ksar
(クサール)
4 2:38.80 F.ブロック W.ウォールトン()
第4回
(1923年)
Parth
(パース)
3 2:38.26 F.オニール J.クロフォード()
第5回
(1924年)
Massine
(マシーヌ)
4 2:40.98 A.シャープ E.カニトン()
第6回
(1925年)
Priori
(プリオリ)
3 2:33.96 M.アルマン P.カーター()
第7回
(1926年)
Biribi
(ビリビ)
3 2:32.80 D.トルテローロ J.トルテローロ()
第8回
(1927年)
Mon Talisman
(モンタリスマン)
3 2:32.90 C.サンブラ F.カーター()
第9回
(1928年)
Kantar
(カンタル)
3 2:38.98 A.エスリン R.カーヴァー()
第10回
(1929年)
Ortello
(オルテッロ)
3 2:42.94 P.カプリオーリ W.カーター()
第11回
(1930年)
Motrico
(モトリコ)
5 2:44.98 M.フリュインショイツ M.ドクイセン()
第12回
(1931年)
Pearl Cap
(パールキャップ)
3 2:38.96 C.サンブラ F.カーター()
第13回
(1932年)
Motrico
(モトリコ)
7 2:44.66 C.サンブラ M.ドクイセン()
第14回
(1933年)
Crapom
(クラポム)
3 2:41.76 P.カプリオーリ F.レゴーリ()
第15回
(1934年)
Brantome
(ブラントーム)
3 2:41.82 C.ブイヨン L.ロベール()
第16回
(1935年)
Samos
(サモス)
3 2:42.64 W.シブリット F.カーター()
第17回
(1936年)
Corrida
(コリーダ)
4 2:38.72 C.エリオット J.ワッツ()
第18回
(1937年)
Corrida
(コリーダ)
5 2:33.88 C.エリオット J.ワッツ()
第19回
(1938年)
Eclair au Chocolat
(エクレールオーショコラ)
3 2:39.82 C.ブイヨン L.ロベール()
第20回
(1941年)
Le Pacha
(ルパシャ) 
3 2:38.26 P.フランコロン J.カニトン()
第21回
(1942年)
Djebel
(ジェベル)
5 2:37.96 J.ドワイベール C.サンブラ()
第22回
(1943年)
Verso
(ヴェルソ)
3 2:23.2 G.デュフォレ C.クルー()
第23回
(1944年)
Ardan
(アルダン)
3 2:35.0 J.ドワイベール C.サンブラ()
第24回
(1945年)
Nikellora
(ニケローラ)
3 2:34.82 W.ジョントン R.ペラ()
第25回
(1946年)
Caracalla
(カラカラ)
4 2:33.32 C.エリオット C.サンブラ()
第26回
(1947年)
Le Paillon
(ルパイヨン)
5 2:33.42 F.ロケッティ W.ヘッド()
第27回
(1948年)
Migoli
(ミゴリ)
4 2:31.60 C.スマーク F.バターズ(
第28回
(1949年)
Coronation
(コロナティオン)
3 2:33.22 R.ポワンスレ C.サンブラ()
第29回
(1950年)
Tantieme
(タンティエーム)
3 2:34.22 J.ドワイベール F.マテ()
第30回
(1951年)
Tantieme
(タンティエーム)
4 2:32.84 J.ドワイベール F.マテ()
第31回
(1952年)
Nuccio
(ヌッチョ)
4 2:39.84 R.ポワンスレ A.ヘッド()
第32回
(1953年)
La Sorellina
(ラソレリーナ)
3  2:31.82 M.ラローン E.ポレ()
第33回
(1954年)
Sica Boy
(シカボーイ)
3 2:36.34 W.ジョントン P.ペラ()
第34回
(1955年)
Ribot
(リボー)
3 2:35.68 E.カミーチ U.ペンコ()
第35回exit_nicovideo
(1956年)
Ribot
(リボー)
4 2:34.76 E.カミーチ U.ペンコ()
第36回
(1957年)
Oroso
(オロソ)
4 2:33.42 S.ブーランジェ D.レスカル()
第37回
(1958年)
Ballymoss
(バリーモス)
4 2:37.91 A.ブリーズリー M.V.オブライエン()
第38回
(1959年)
Saint Crespin
(*セントクレスピン)
3 2:33.30 G.ムーア A.ヘッド()
第39回
(1960年)
Puissant Chef
(ピュイッサンシェフ)
3 2:43.96 M.ガルシア C.バーソロミュー()
第40回
(1961年)
Molvedo
(モルヴェド)
3 2:38.44 E.カミーチ A.マッジ()
第41回
(1962年)
Soltikoff
(ソルティコフ)
3 2:30.94 M.デパルマ R.ペラ()
第42回
(1963年)
Exbury
(エクスビュリ)
4 2:34.98 J.ドフォルジュ G.ワトソン()
第43回
(1964年)
Prince Royal
(*プリンスロイヤル)
3 2:35.50 R.ポワンスレ G.ブリッジラン()
第44回exit_nicovideo
(1965年)
Sea-Bird
(シーバード)
3 2:35.50 P.グレノン E.ポレ()
第45回
(1966年)
Bon Mot
(*ボンモー)
3 2:39.8 F.ヘッド W.ヘッド()
第46回
(1967年)
Topyo
(*トピオ)
3 2:38.2 W.B.パイアーズ C.バーソロミューJr.()
第47回
(1968年)
Vaguely Noble
(ヴェイグリーノーブル)
3 2:35.2 W.ウィリアムソン E.ポレ()
第48回
(1969年)
Levmoss
(レヴモス)

スピードシンボリ
着外(11着以下)
4 2:29.0 W.ウィリアムソン S.マクグラス()
第49回exit_nicovideo
(1970年)
Sassafras
(ササフラ)
3 2:29.7 Y.サンマルタン F.マテ()
第50回
(1971年)
Mill Reef
(ミルリーフ)
3 2:28.3 G.ルイス I.ボールディング()
第51回
(1972年)
San San
(*サンサン)

メジロムサシ 18着
3 2:28.3 F.ヘッド A.ペナ()
第52回
(1973年)
Rheingold
(*ラインゴールド)
4 2:35.8 L.ピゴット B.ヒルズ()
第53回
(1974年)
Allez France
(アレフランス)
4 2:36.9 Y.サンマルタン F.マテ()
第54回
(1975年)
Star Appeal
(スターアピール)
5 2:33.6 G.スターキー T.グリーパー()
第55回
(1976年)
Ivanjica
(イヴァンジカ)
4 2:39.4 F.ヘッド A.ヘッド()
第56回
(1977年)
Alleged
(アレッジド)
3 2:30.6 L.ピゴット M.V.オブライエン()
第57回
(1978年)
Alleged
(アレッジド)
4 2:36.5 L.ピゴット M.V.オブライエン()
第58回
(1979年)
Three Troikas
(スリートロイカス)
3 2:28.9 F.ヘッド C.ヘッド()
第59回
(1980年)
Detriot
(デトロワ)
3 2:28.0 P.J.エデリー O.ドゥイエブ()
第60回
(1981年)
Gold River
(ゴールドヴァー)
4 2:35.2 G.ムーア A.ヘッド()
第61回
(1982年)
Akiyda
(アキイダ)
3 2:37.0 Y.サンマルタン F.マテ()
第62回
(1983年)
All Along
(*オールアロング)
4 2:28.1 W.スウィンバーン P.ビアンコーヌ()
第63回
(1984年)
Sagace
(サガス)
4 2:39.1 Y.サンマルタン P.ビアンコーヌ()
第64回
(1985年)
Rainbow Quest[1]
(レインボークエスト)
4 2:29.5 P.エデリー J.ツリー()
第65回exit_nicovideo
(1986年)
Dancing Brave
(*ダンシングブレーヴ)

シリウスシンボリ 14着
3 2:27.7 P.エデリー G.ハーウッド()
第66回
(1987年)
Trempolino
(トランポリーノ)
3 2:26.3 P.エデリー A.ファーブル()
第67回exit_nicovideo
(1988年)
Tony Bin
(*トニービン)
5 2:37.3 J.リード L.カミーチ()
第68回exit_nicovideo
(1989年)
Carroll House
(*キャロルハウス)
4 2:30.8 M.キネーン M.ジャーヴィス()
第69回
(1990年)
Saumarez
(ソーマレズ)
3 2:29.8 G.モッセ N.クレマン()
第70回exit_nicovideo
(1991年)
Suave Dancer
(スアーヴダンサー)
3 2:31.4 C.アスムッセン J.ハモンド()
第71回
(1992年)
Subotica
(スボティカ)
4 2:39.0 T.ジャルネ A.ファーブル()
第72回exit_nicovideo
(1993年)
Urban Sea
(*アーバンシー)
4 2:37.9 E.サンマルタン J.レボルド()
第73回exit_nicovideo
(1994年)
Carnegie
(*カーネギー)
3 2:31.1 T.ジャルネ A.ファーブル()
第74回exit_nicovideo
(1995年)
Lammtarra
(*ラムタラ)
3 2:31.8 L.デットーリ S.ビン・スルール(UAE)
第75回exit_nicovideo
(1996年)
Helissio
(*エリシオ)
3 2:29.9 O.ペリエ E.ルルーシュ()
第76回exit_nicovideo
(1997年)
Peintre Celebre
(*パントレセレブル)
3 2:24.6 O.ペリエ A.ファーブル()
第77回exit_nicovideo
(1998年)
Sagamix
(サガミックス)
3 2:34.5 O.ペリエ A.ファーブル()
第78回exit_nicovideo
(1999年)
Montjeu
(*モンジュー)

エルコンドルパサー 2着
3 2:38.6 M.キネーン J.ハモンド()
第79回exit_nicovideo
(2000年)
Sinndar
(シンダー)
3 2:25.8 J.ムルタ J.オックス()
第80回exit_nicovideo
(2001年)
Sakhee
(サキー)
4 2:36.1 L.デットーリ S.ビン・スルール(UAE)
第81回exit_nicovideo
(2002年)
Marienbard
(*マリエンバード)

マンハッタンカフェ 13着
5 2:26.7 L.デットーリ S.ビン・スルール(UAE)
第82回exit_nicovideo
(2003年)
Dalakhani
(ダラカニ)
3 2:32.3 C.スミヨン A.ド・ロワイエ=デュプレ()
第83回exit_nicovideo
(2004年)
Bago
(*バゴ)

タップダンスシチー 17着
3 2:25.0 T.ジレ J.ピース()
第84回exit_nicovideo
(2005年)
Hurricane Run
(ハリケーンラン)
3 2:27.4 K.ファロン A.ファーブル()
第85回exit_nicovideo
(2006年)
Rail Link
(レイルリンク)

ディープインパクト
3位入線失格
3 2:26.3 S.パスキエ A.ファーブル()
第86回exit_nicovideo
(2007年)
Dylan Thomas
(*ディラントーマス)
4 2:28.5 K.ファロン A.P.オブライエン()
第87回exit_nicovideo
(2008年)
Zarkava
(ザルカヴァ)

メイショウサムソン 10着
3 2:28.8 C.スミヨン A.ド・ロワイエ=デュプレ()
第88回exit_nicovideo
(2009年)
Sea the Stars
(シーザスターズ)
3 2:26.3 M.キネーン J.オックス()
第89回exit_nicovideo
(2010年)
Workforce
(*ワークフォース)

ナカヤマフェスタ 2着
ヴィクトワールピサ 7着
3 2:35.3 R.ムーア M.スタウト()
第90回
(2011年)
Danedream
(*デインドリーム)

ヒルダムール 10着
ナカヤマフェスタ 11着
3 2:24.49
(R)
A.シュタル P.シールゲン()
第91回exit_nicovideo
(2012年)
Solemia
(*ソレミア)

オルフェーヴル 2着
アヴェンティーノ 17着
4 2:37.68 O.ペリエ C.ラフォン=パリアス()
第92回exit_nicovideo
(2013年)
Treve
(トレヴ)

オルフェーヴル 2着
キズナ 4着
3 2:32.04 T.ジャルネ C.ヘッド()
第93回exit_nicovideo
(2014年)
Treve
(トレヴ)

ハープスター 6着
ジャスタウェイ 8着
ゴールドシップ 14着
4 2:26.05 T.ジャルネ C.ヘッド()
第94回exit_nicovideo
(2015年)
Golden Horn
(ゴールデンホーン)
3 2:27.23 L.デットーリ J.ゴスデン()
第95回exit_nicovideo
(2016年)
Found
(ファウンド)

マカヒキ 14着
4 2:23.61
[2]
R.ムーア A.P.オブライエン()
第96回exit_nicovideo
(2017年)
Enable
(エネイブル)

サトノダイヤモンド 15着
サトノノブレス 16着
3 2:28.69 L.デットーリ J.ゴスデン()
第97回exit_nicovideo
(2018年)
Enable
(エネイブル)

クリンチャー 17着
4 2:29.24 L.デットーリ J.ゴスデン()
第98回exit_nicovideo
(2019年)
Waldgeist
(ヴァルトガイスト)

キセキ 7着
ブラストワンピース 11着
フィエールマン 12着
5 2:31:97 P-C.ブドー A.ファーブル()
第99回exit_nicovideo
(2020年)
Sottsass
(ソットサス)

ディアドラ 8着
4 2:39.34 C.デムーロ J-C.ルジェ()
第100回exit_nicovideo
(2021年)
Torquator Tasso
(トルカータータッソ)

クロノジェネシス 7着
ディープボンド 14着
4 2:37.66 R.ピーヒュレク M.ヴァイス()
101
(2022年)
Alpinista
(アルピニスタ)

タイトルホルダー 11着
ステイフーリッシュ 14着
ディープボンド 18着
ドウデュース 19着
5 2:35.71 L.モリス M.プレスコット()

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *1着入線Sagace(サガス)が進路妨のため降着、繰り上がり優勝
  2. *シャンティ競馬場で施行されたため記録外。

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

凱旋門賞

923 ななしのよっしん
2022/11/26(土) 16:23:17 ID: DHIoz/vPcu
>>921 ばかみたいな話をするけど これ一つあれば安心!ではなくサドラーズウェルズアレグレッタ この2つが大事 更に片からもニジンスキーヌレイエフリファールを補う配合がタフな血糖を作る
だからガリレオトルカータータッソなんかも強い シムカミルみたいにサドラーズウェルズ抜きだとヌレイエフクロスパワーを底上げするとかが必要
然るに片方ドイツ系を入れてもサンデーミスプロ日本血統はまだ苦しむのよ マンカフェが惨敗したのを忘れ申したか まぁあれは凱旋門病に浮かされた太と社台が悪い面もあるけど
924 ななしのよっしん
2022/11/27(日) 17:10:56 ID: DHIoz/vPcu
競馬ファンは実より適性という盲信をしてる狂人が多く、「ジェラルディーナ重い馬場走った!凱旋門賞!」「ヴェラアズールダート走った!!凱旋門賞!!」みたいなイカれた人多いが
白井最強や池江さんなんかは「実がある継続的に送って馬場コンディションが合う年を待つべき」と言ってて も両者ともコンコルド効果に陥ってることにを瞑れば後者のが正解だなとは思う 
925 ななしのよっしん
2022/11/27(日) 18:53:56 ID: GSQaRlIXjQ
>>924
コンコルド効果々とか言ってドヤるより二人の立場を考えて、どうぞ

他所から参戦してるの日本くらいだし、行かなくても良くね?(意訳)
とか言ったら一般人と違ってムラハチ不可避だから
挑戦するならこういうが良いと言うしかないですし
926 ななしのよっしん
2022/11/27(日) 21:39:04 ID: DB0cW/+ZKH
来年はダート経験のあるヴェラアズールの挑戦だな
それにしても最近逆張りで凱旋門下げたがる痛い人が各所で荒らしてるのは困ったものだ
927 ななしのよっしん
2022/11/28(月) 12:18:31 ID: iuzQSGZ2zM
凱旋門賞下げるかはともかくジャパンカップも相変わらずの結果だし
「違う競技だろ」
ってのは口に出さないだけで内心思ってる競馬関係者は多そうだなあと

少なくとも府中馬場レコード勝ちしてるようなを連れてくのは絶対に違うと思うし
なんなら欧州長期遠征して走法からを造り替えるのが一番の近だと思うけど
日本凱旋門賞に固執する一部の関係者からすれば

「その時点で日本GIで活躍してる日本の現役最強クラス

がいきなり凱旋門賞に乗り込んでして勝つみたいな妄想)をえないと
日本調教凱旋門賞勝利って言えないんだろうなと
928 ななしのよっしん
2022/11/28(月) 14:12:17 ID: 6xdmzDMhu/
>>926
ヴェラアズールが芝GⅠ戦線の役に躍り出るだけのがあるとして、ダート3勝クラスすら満足に勝ててないんですがそれって経験にカウントできるんですかね…
929 ななしのよっしん
2022/11/29(火) 09:54:44 ID: B2sDITiFU/
日本競馬にとって、一時の盛り上がり以外で商売的にも今更そこまで勝つ意味は薄いんだけど、
関係者は、得にお偉方はこだわりにこだわってるから下手なこといえんわな。
930 ななしのよっしん
2022/11/29(火) 16:20:41 ID: 2JclIr0ub6
>>927
あくまで白井調教師の一意見やが、長期遠征は環境に慣れさせる面で効果はあれど適性を変える効果はない、適性は血統で決まる(だから長期遠征させてもスペシャル凱旋門賞は勝てないし、アルピニスタジャパンカップは勝てない)とのことや
過去の好走を見ればあながち間違いとも言えないし、故に最強を直行で送り込むのが結果的にベストってことなんやろう
931 ななしのよっしん
2022/11/29(火) 22:40:52 ID: iuzQSGZ2zM
>>930
血統が重要なのは同意するけど
血統で100%決まるみたいな言い方は絶対に違うとしか言えない
それじゃあ欧州で活躍してるディープインパクト産駒とかなんやねんってなるじゃん
系が欧州だから~って言い出す人がいそうだけど、JRAで活躍したディープインパクト産駒にも系がコテコテ欧州系のもいるし
系はずっとドイツが並びアカナンゴなワールドプレミアとかね)
932 ななしのよっしん
2022/12/01(木) 09:00:23 ID: 2JclIr0ub6
>>931
ディープ産駒の欧州適性には言及してないけど、そもそも欧州でもスピードがなければお話にならない、ある程度は欧州血統が必要として凱旋門賞でもアメリカスピードが必要ってのが師の考えや
だから師はスピードのある血統のトレヴなら日本でもやれると考えてるし、タイホも良馬場ならやれるという結論を出してる

急上昇ワード改

おすすめトレンド