刀は武士の魂単語

カタナハブシノタマシイ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

刀は武士の魂とは、フレーズの一種であり、日本刀ブシドー関係の話題などでたまに出てくる。(慣用句としては大小は武士の魂があり、意味合いはほぼ同じ。またかつては武士の魂という表現もあった。)

実際には「武士の魂は(が)」、「武士の魂」など表現・表記に揺れがあるが本記事では、「刀は武士の魂」に統一する。

概要

、すなわち日本刀武士にとって魂をるほどに大切なものであるといった意味合いで用いられる。古来から存在する言葉であるかのように見えるが、このフレーズが生まれたのはかなり後世で、江戸時代後期(18世紀後半から19世紀半ば辺り)辺りである。

現代では「」というと太刀打刀といった類を想像する事が多いが、平安時代室町時代までは「」という言葉は基本的に短を表すことが多かった。少なくとも当時は類を示す言葉にはだいたい「太刀」、「剣」、「利」、「」…等の文字を当てていた。

(「」が類を表す事が多くなったのは、戦国時代からとされる。)

刀は武士の魂の前身とも言える「武士徴」という意識が生まれたのはくとも、豊臣秀吉が行った狩り以降である。

それより前の時代…みんな大好き戦国時代では矢が武士徴という認識が強く、優れた武士のことを取りと呼ぶほどだった。これは歴史上に武士が現れてから豊臣秀吉による狩り以前までの全期間にわたり、このような思想が変わることはなかった。

では「刀は武士の魂」というフレーズが現れたのはいつかというと、言葉自体は江戸時代後期から存在するが、ほぼ同義である「両武士の魂」という言葉が、江戸時代中期の人形劇のひとつ『姓爺合戦』の一節にある。(普及したのは明治時代に行われたから昭和期にかけてとされる。)

類は寺社にげたり祭器としてる等視されてきたいっぽうで、戦場での役は矢をはじめとする飛び道具であって、類は脇役剣術は役立たずであり、精的な要素が強いものだったといわれることもある。

しかし、武士同士の戦争や抗争が多発した鎌倉時代室町時代戦国時代というのは、ことあるごとにカッとなっては、友人兄弟を殴ったり物で切りつけたりして他人を殺傷する人が多かった時期でもある。時にその矛先が上にたいして及ぶ場合もあった。

平安時代末期には既に、太刀男子必携の具であるという認識があり、就寝時には太刀元に置くのが習慣化していたとされる。)

そのため戦争のない常時であっても護身用として重宝され、武士だけでなく僧侶や農民といった多くの人々が携帯した。少なくない武将が兵法と呼ばれる人々を雇い剣術を修練したのは、このような時代背景があったからでもある。

確かに戦場では脇役であったが、長巻大太刀といった戦場に特化したタイプのものが使われていたし、ほとんどの兵士は長柄武器飛び道具と同時携帯していた。また類で武功を上げれば「一番太刀」「太刀打高名」と呼ばれ、が正規の武士に広まるまでは第一の武功だったとも言われる。(の場合は「の高名」「一番」という。こちらの方が有名であり、やがてこれらにとって変わられる)。

同義語

同様の言い回しに「大小は武士の魂」がある。この大小というのは、打刀と呼ばれる大きめのと、脇差と呼ばれる小さめの組合わせのことである。 このセット室町時代には原が存在し、これらを携帯することを大小2本差しと呼んだ。

豊臣秀吉徳川家康によって武士はこの大小2本差しが義務化し、武士徴化した。(18世紀初頭の講談世界では「両武士の魂」と表現されていたとかなんとか。)

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%88%80%E3%81%AF%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E3%81%AE%E9%AD%82

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

刀は武士の魂

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 刀は武士の魂についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

2020/10/24(土)18時00分 現在