刑法単語

ケイホウ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ
曖昧さ回避 これは曖昧さ回避です
  1. 刑事法についての学問上・一般的義→当項で解説
  2. 日本国において1908年に施行された法典→刑法(日本)

刑法とは、犯罪と刑罰に関する法律である(実質的意味の刑法)。

ここでは、「刑法」という名前法律(形式的意味の刑法、通常の会話で用いられる刑法の意)について紹介する。

通常の会話で用いられる一般的義や学問ではなく、日本国の現行刑法典の詳細な内容については日本の刑法を参照の事。

概要

法令番号は明治四十年四月二十四日法律第四十五号。明治40年4月24日布、明治4110月1日に施行された。布後度重なる正を経て今に至る。

六法の一つ(その他は日本国憲法民法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法)で、扱う内容は犯罪と刑罰に関する。

懲役刑・罰刑・執行猶予など容疑者の処理も刑法で定められており、罪状(殺人罪や窃盗罪など)、情状(故意か否か、反省はあるかなど)と照らし合わせ、最終的な懲罰を確定するというシステムになっている。

法律自体は13章からなる「第一編 総則」と40章からなる「第二編 罪」からなり、前者は刑の定義や適用範囲、処罰の方法、後者は各種犯罪の処罰の規定に関して記されている。

 なお、刑に関する法律は刑法以外にも多数存在する(道路交通法、軽犯罪法、麻薬取締法など)が、それらはまとめて「特別刑法」と総称される。

学問としての刑法

「第一編 総則」について学ぶ「刑法総論」と、「第二編 罪」について学ぶ「刑法各論」に分かれる。

学説の対立

刑法は、ほかの法律べても学説の対立がしい傾向にあり、特に「違法性」の実質を何ととらえるかにより

  • 行為価値論(違法性の実質を社会倫理規範違反、たく言えば「悪いことをした」ことにめる)
  • 結果価値論(違法性の実質を法益侵たく言えば「悪い結果を発生させた」ことにめる)

とに分かれている。ただし現在では純な行為価値論はほとんど採られておらず、結果価値論と行為価値論の双方に違法性の実質をめる説(二元論)を行為価値論と呼び、結果価値論(結果価値のみに違法性の実質をめる説)と対立するものとして位置づけることが多い。
この両者の対立は、特に総論において顕著であるが、総論・各論問わず刑法論点の各所において現れる。学説が対立したときに、片方の説を結果価値論者ばかりが、もう片方を行為価値論者ばかりが支持している、というのは刑法にはよくあることである。

判例・実務は、行為価値論であるといわれている。もっとも、近時は、学説では結果価値論が多数説といえる状態になっている。

主な刑法学者

より詳しくは関連リンク参照。

行為価値論者 結果価値論者

刑法改正への動き

現行刑法は、明治40年に制定されたものを少しずつ正(現代化、量刑引き上げetc)しながら運用されている。なので、戦後日本では、未だに根本的に刑法が正されたことはない。

こうした背景から、1974年昭和49年)には、正刑法の案が日本法制審議会総会で決定され、刑法正に向け前進したかに思われた。しかし、上述のように、結果価値・行為価値の対立がかなりしかったこともあり、正は見送られることとなった。

関連動画

 

関連商品

 

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%88%91%E6%B3%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

刑法

52 ななしのよっしん
2018/07/01(日) 09:02:42 ID: YrPpNMCEBI
>>50
その通りだ。冤罪警察逮捕されるようなは、
実の善良なる民だから処罰しないとイケナイのだろう
53 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 08:41:26 ID: XR2NIoRtrr
警察が殴って吐かせるのは違法って加者擁護の法律止すべき
54 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 09:39:33 ID: YrPpNMCEBI
>>53
拷問による自強要が禁止されている最大の理由は、
者の保護の為ではなく冤罪の防止の為だぜ
死ぬより酷いに遭いたくないならで良いから犯人だと言えという手法が許されれば、
いくらでも犯人捏造でき、真犯人高笑い
55 ななしのよっしん
2019/06/25(火) 16:51:14 ID: kwkIFFKqSB
微罪でも濡れ衣着せられて同じ事言えるなら賛同してやる >>53
56 ななしのよっしん
2019/08/25(日) 23:48:34 ID: bk8IOyu8ZX
被害者が死亡した、あるいは死にかけた事件・事故が起こるとそれだけで「殺人罪と一括りにし、死刑を適用すべき」っていうのには辟易するな。そう言ってるもしもで人を轢いてしまっただけで死刑に処される覚悟はあるんだろうな。
どうしても納得できないのなら法律家に質問するか、直接その加者を自分で「裁く」べき。ただし、後者の方法を選んだ場合は自分も犯罪者になるから関係の人間を巻き込まず、これも自分が死刑に処される覚悟で実行すべき。論、はそれが望ましいとは思わないけどね。
57 ななしのよっしん
2019/08/25(日) 23:57:04 ID: bk8IOyu8ZX
>>56の付け足し
あるいは自分が国会議員になって殺人罪に統合するか否かを話し合うこと。他の議員からは批判されるだろうけどね。
58 ななしのよっしん
2019/09/30(月) 01:20:02 ID: h4aG+oZhpz
人間自由な意志なんてないのにそんな状態で責任なんて概念成立しうるの?
59 ななしのよっしん
2019/10/18(金) 20:13:51 ID: AAT29qa7bN
日本の刑罰って本当に軽いの?
60 ななしのよっしん
2020/01/12(日) 11:01:05 ID: gPL+sjDvFv
軽くない。諸外べて刑罰そのものは均的だけど元受刑者への更生の不十分さや民の処罰感情などを鑑みるとはっきりいって自由民主主義を謳う割には重い部類に入るんじゃないかとすら個人的には思ってる。
ネットとかでよく騒いでいる犯罪者に甘いとかいってる人はマスコミによって作り上げられた体感治安に踊らされてるだけで全く実態に即していない。
現にはここ三十年ずっと犯罪件数が人口減少を含めてみても下がり続けている。
1990年代に入ってからのの全体的な刑事政策は世論の厳罰志向に押し流されている感があり、被害者偏重のきらいがあるので法の正さとか本来の的に立ち返って加者側の人権についても考えるべき時期にきていると思う。
寛刑化すべきとは言わないにしても刑務所の処遇善や元受刑者の受け入れ体制強化などそういう方向にもっとをいれるべきなんじゃないかと思う。
被害者の気持ちを考えろって人もいそうなので言っておくとこれは被害者のためでもあるんですよ。
民事裁判で損賠償額が決まっても踏み倒されて泣き寝入りするケースが多い
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
61 ななしのよっしん
2020/05/06(水) 21:29:19 ID: +QpfnMEVpe
いうて日本では窃盗や詐欺なんかの財産犯が多いからなー。昭和30年代はまだまだ暴力事件が多かったようだけど

急上昇ワード改