刑法単語

ケイホウ
1.5千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ
曖昧さ回避 これは曖昧さ回避です
  1. 刑事法についての学問上・一般的義→当項解説
  2. 日本国において1908年に施行された法典→刑法(日本)

刑法とは、犯罪と刑罰に関する法律である(実質的意味の刑法)。

ここでは、「刑法」という名前の法律(形式的意味の刑法、通常の会話で用いられる刑法の意)について紹介する。

通常の会話で用いられる一般的義や学問ではなく、日本国の現行刑法典の詳細な内容については日本の刑法を参照の事。

概要

法令番号は明治四十年四月二十四日法律第四十五号。明治40年4月24日布、明治41年10月1日に施行された。布後度重なる正を経て今に至る。

六法の一つ(その他は日本国憲法民法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法)で、扱う内容は犯罪と刑罰に関する。

懲役刑・罰刑・執行猶予など容疑者の処理も刑法で定められており、罪状(殺人罪や窃盗罪など)、情状(故意か否か、反省はあるかなど)と照らし合わせ、最終的な懲罰を確定するというシステムになっている。

法律自体は13章からなる「第一編 総則」と40章からなる「第二編 罪」からなり、前者は刑の定義や適用範囲、処罰の方法、後者は各種犯罪の処罰の規定に関して記されている。

 なお、刑に関する法律は刑法以外にも多数存在する(道路交通法、軽犯罪法、麻薬取締法など)が、それらはまとめて「特別刑法」と総称される。

学問としての刑法

「第一編 総則」について学ぶ「刑法総論」と、「第二編 罪」について学ぶ「刑法各論」に分かれる。

学説の対立

刑法は、ほかの法律べても学説の対立がしい傾向にあり、特に「違法性」の実質を何ととらえるかにより

  • 行為価値論(違法性の実質を社会倫理規範違反、たく言えば「悪いことをした」ことにめる)
  • 結果価値論(違法性の実質を法益侵たく言えば「悪い結果を発生させた」ことにめる)

とに分かれている。ただし現在では純な行為価値論はほとんど採られておらず、結果価値論と行為価値論の双方に違法性の実質をめる説(二元論)を行為価値論と呼び、結果価値論(結果価値のみに違法性の実質をめる説)と対立するものとして位置づけることが多い。
この両者の対立は、特に総論において顕著であるが、総論・各論問わず刑法論点の各所において現れる。学説が対立したときに、片方の説を結果価値論者ばかりが、もう片方を行為価値論者ばかりが支持している、というのは刑法にはよくあることである。

判例・実務は、行為価値論であるといわれている。もっとも、近時は、学説では結果価値論が多数説といえる状態になっている。

主な刑法学者

より詳しくは関連リンク参照。

行為価値論者 結果価値論者

刑法改正への動き

現行刑法は、明治40年に制定されたものを少しずつ正(現代化、量刑引き上げetc)しながら運用されている。なので、戦後日本では、未だに根本的に刑法が正されたことはない。

こうした背景から、1974年昭和49年)には、正刑法の案が日本法制審議会総会で決定され、刑法正に向け前進したかに思われた。しかし、上述のように、結果価値・行為価値の対立がかなりしかったこともあり、正は見送られることとなった。

関連動画

 

関連商品

 

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%88%91%E6%B3%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

刑法

62 ななしのよっしん
2021/02/23(火) 21:00:45 ID: XR2NIoRtrr
いちいち状なんてもんがきゃの前にいる悪人を捕まえられないなんていう制度もいらないわ
63 ななしのよっしん
2021/02/23(火) 21:03:48 ID: CvMwNg8Rln
現行犯なら要らないやろ。
邪魔っけに感じるのはわかるが何ならが気に食わないを守る法そのものが要らねえとのたまうのが居るからな…。
64 ななしのよっしん
2021/02/25(木) 02:08:45 ID: eHyshNWD4A
まぁ、昨今の規制強化を支持する世論感情からすれば刑法41条の定と子どもの権利条約からの脱退が急務なんだろうな。
少年法の記事スレで厳罰化マンセーしてるお利口さんなんか見てると、重罰を課せば課す程に犯罪は良化する輩で溢れてる、実際の民感情もそうだ。

結論からすると、民情緒法に相応しいのは日本って訳だ。面いねぇ。
65 ななしのよっしん
2021/02/28(日) 00:44:23 ID: gPL+sjDvFv
そういうバカを食い止めるためのブレーキとして憲法の基本的人権の保障があるんだけどいつまでもつかな
66 ななしのよっしん
2021/03/01(月) 01:50:11 ID: 3NF8C7qtEV
>>62裁判所が却下するようなめちゃくちゃな捜逮捕されても文句を言わずに受け入れてほしい
67 ななしのよっしん
2021/04/01(木) 21:59:59 ID: 35YFQ57Rh0
刑罰に感情義を持ち込むからこんなことになる
68 ななしのよっしん
2021/08/01(日) 22:11:14 ID: NfDHBjXT1s
刑法の分野は、ジェンダー等の取り組みが進む中でも、議論が遅れています。フランスのようなジェンダー先進国ですら、刑法は一番最後でした。
なぜか。刑事裁判では、国家と加者という対立が先鋭化するからです。
18世紀に人権概念がうまれ、疑わしきは被告人の利益に、という近代刑法大原則が打ち出されました。
刑事弁護士刑法学者の間には、いまだにこうした人権概念が錦の御旗のように存在しているのです。
私は刑事法制について検討する日本弁護士連合会の委員たちを前に、こう話したことがあります。

「あなたたちの『人権』は18世紀のもの」「みなさんの『人権』には、性犯罪被害者の人権が置き去りにされていることを自覚してほしい」。

批判を覚悟していましたが、反論はありませんでした。

(耕論)性交同意年齢波紋 まなさん、嘉門優さん、阿部守一さん
2021年7月31日 5時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S14994472.htmlexit
69 な梨のよっさん
2021/08/20(金) 02:32:35 ID: 8LRQ2uPoi1
刑法38条の3項に「法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。」とあるけど。
どうにも釈然としないというか、スッキリしないというか。

個人的に、罪を犯す意思がなかったよりも、故意ではなかったの方がしっくりくる。ここで言う罪を犯す意思とは、過失ではなく故意であるという意味なんだろうけど。

法律を知らないという事は、自身の行為が罪に当たる事を認識していない訳だから、罪を犯そうという意思が発生する訳がない。罪に当たると認識して初めて罪を犯そうという意思の発生の可性が生まれる。と頭で考えてしまう。スッキリしない要因の一つ。

罪を犯す意思 = 罪に該当する行為を、罪に該当する行為だと知らないながらも、行おうという意識があった。つまり、無知だが故意。
という感じの解釈で正解なんだろうけども。

罪を犯す意思 = 罪に該当する行為を、罪に該当する行為だと承知しており、かつ行おうという意識があった。つまり承知の故意。
という解釈も出来るのでは、というモヤモヤさがある。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
70 ななしのよっしん
2021/10/14(木) 23:47:17 ID: XR2NIoRtrr
執行猶予付きって実質無罪みたいなもんだよな
ちょっと肩がぶつかっただけで殴り掛かる様なイカれたでもない限り数年普通に生活するだけでいいんだし
71 ななしのよっしん
2021/10/20(水) 23:46:07 ID: mtXTRTUvAZ
>>68
そりゃ弁護士連中も馬鹿じゃないんだから人がっている表だっては言わないだろうさ
裏じゃ「被害者なんてゴミ同然だっつうのw」って言いまくってるだろうけど

弁護士なんて加者の方が被害者より価値があると思っている集まりだし

急上昇ワード改

おすすめトレンド