刑法単語

ケイホウ
1.5千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ
曖昧さ回避 これは曖昧さ回避です
  1. 刑事法についての学問上・一般的義→当項解説
  2. 日本国において1908年に施行された法典→刑法(日本)

刑法とは、犯罪と刑罰に関する法律である(実質的意味の刑法)。

ここでは、「刑法」という名前法律(形式的意味の刑法、通常の会話で用いられる刑法の意)について紹介する。

通常の会話で用いられる一般的義や学問ではなく、日本国の現行刑法典の詳細な内容については日本の刑法を参照の事。

概要

法令番号明治四十年四月二十四日法律第四十五号。明治40年4月24日布、明治41年10月1日に施行された。布後度重なる正を経て今に至る。

六法の一つ(その他は日本国憲法民法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法)で、扱う内容は犯罪と刑罰に関する。

懲役刑・罰刑・執行猶予など容疑者の処理も刑法で定められており、罪状(殺人罪や窃盗罪など)、情状(故意か否か、反省はあるかなど)と照らし合わせ、最終的な懲罰を確定するというシステムになっている。

法律自体は13章からなる「第一編 総則」と40章からなる「第二編 罪」からなり、前者は刑の定義や適用範囲、処罰の方法、後者は各種犯罪の処罰の規定に関して記されている。

 なお、刑に関する法律は刑法以外にも多数存在する(道路交通法、軽犯罪法、麻薬取締法など)が、それらはまとめて「特別刑法」と総称される。

学問としての刑法

「第一編 総則」について学ぶ「刑法総論」と、「第二編 罪」について学ぶ「刑法各論」に分かれる。

学説の対立

刑法は、ほかの法律べても学説の対立がしい傾向にあり、特に「違法性」の実質を何ととらえるかにより

  • 行為価値論(違法性の実質を社会倫理規範違反、たく言えば「悪いことをした」ことにめる)
  • 結果価値論(違法性の実質を法益侵たく言えば「悪い結果を発生させた」ことにめる)

とに分かれている。ただし現在では純な行為価値論はほとんど採られておらず、結果価値論と行為価値論の双方に違法性の実質をめる説(二元論)を行為価値論と呼び、結果価値論(結果価値のみに違法性の実質をめる説)と対立するものとして位置づけることが多い。
この両者の対立は、特に総論において顕著であるが、総論・各論問わず刑法論点の各所において現れる。学説が対立したときに、片方の説を結果価値論者ばかりが、もう片方を行為価値論者ばかりが支持している、というのは刑法にはよくあることである。

判例・実務は、行為価値論であるといわれている。もっとも、近時は、学説では結果価値論が多数説といえる状態になっている。

主な刑法学者

より詳しくは関連リンク参照。

行為価値論者 結果価値論者

刑法改正への動き

現行刑法は、明治40年に制定されたものを少しずつ正(現代化、量刑引き上げetc)しながら運用されている。なので、戦後日本では、未だに根本的に刑法が正されたことはない。

こうした背景から、1974年昭和49年)には、正刑法の案が日本法制審議会総会で決定され、刑法正に向け前進したかに思われた。しかし、上述のように、結果価値・行為価値の対立がかなりしかったこともあり、正は見送られることとなった。

関連動画

 

関連商品

 

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

刑法

78 ななしのよっしん
2021/11/19(金) 10:30:24 ID: Osu1tOPHab
告訴するのに時間はともかく手間やらやら色々とかかるのは、被害者側にも安易に告訴出来るようにさせないためだろうか。
79 ななしのよっしん
2021/11/24(水) 00:34:04 ID: Osu1tOPHab
無視ガン見辺りも刑罰に入れてほしい。
80 ななしのよっしん
2021/11/29(月) 23:10:14 ID: gPL+sjDvFv
小学生かな?
ガン見はともかく無視とか悪用必至だろ……
81 ななしのよっしん
2021/11/30(火) 09:10:42 ID: mtXTRTUvAZ
国家の都合は個人の利益に優先するってですな

実際煽り運転にる死亡事故なんて昔から沢山あったけど、いちいち扱うと警察仕事が増えるから故意に妨行為で人を死なせた事例と分かってても警察スルーして単なる事故として処理してたんだし
82 ななしのよっしん
2021/12/01(水) 20:38:17 ID: Osu1tOPHab
>>80
拠を持ち出したときに客観的に見ても明らか無視してるシチュエーションのときに裁けるようにしてほしい。弁護士、検察官、が見ても客観的に見て確信犯だった場合だけでいい。
83 ななしのよっしん
2021/12/03(金) 12:10:32 ID: gPL+sjDvFv
ああ無視ガン見を裁ける対に入れろってことね……
んー、残念ながら人には内心の自由という絶対的に保障される権利があるので、理だと思います
無視といっても雑談を全くやらないくらいだと、その人に関わらないのもその人の自由ってことで裁ける領域にはない。
84 ななしのよっしん
2022/04/22(金) 09:19:21 ID: Osu1tOPHab
同僚を告訴したいんだが、やった後に自分の立場が悪くなったりしないか心配。
85 ななしのよっしん
2022/06/12(日) 20:05:22 ID: 1AoFKW1f9p
近代国家における刑罰の的は
罰を与えるため(応報刑思想)という説と更生を促すため(的刑思想)という説がありかつてしい論争になったそうだ
たとえば応報刑思想のみなら明らかに危険な面が残っていても懲役期間が終わったら野に放していいということになるし的刑思想のみなら逮捕されたその間に更生した人をその場で釈放するという意見になりうるが
結局その両方をアウフヘーベンするということで落ち着いた

はそれでいいじゃないかと思うんだが懲役刑と禁錮刑を止し「拘禁刑」として一本化する刑法正案が可決されたのでこれからは的刑思想になるようだ
86 ななしのよっしん
2022/07/16(土) 22:52:01 ID: XR2NIoRtrr
これから何かやりそうな犯罪者は大体つきや挙動で分かるから犯罪犯す前に警察官が予防的に拘束できる権限を与えた方が治安は良くなるのに
87 ななしのよっしん
2022/09/04(日) 05:44:33 ID: gPL+sjDvFv
昭和中期くらいまでそれやって冤罪連発したから今があるんですけど……