初音の鼓単語

ハツネノツヅミ

初音の鼓はつねのつづみ)とは、歌舞伎パロディ化した、江戸落語の演である。

もしかして轟轟戦隊ボウケンジャー24話のサブタイトル戦隊タブーを実際にやってしまった神回

初音の鼓とは何ぞや

初音の鼓とは、源義経が静御前に送ったと伝えられる伝説上の鼓で、定番の歌舞伎義経千本櫻」・「忠信」に登場するアイテム。その物語世界では、初音の鼓は親の皮が貼られており、それを慕った子が奪い返そうと、来の忠信に化けるが、静御前が鼓をくや正体を表してしまうというもの。そこから、持ちけばが憑依するという、本演の核心部分が生まれた。なお、初音とは一般に、の初鳴きをすが、ここでは五穀豊であるが鳴くす(その出典は浄瑠璃に因んでいる)。

このように、下地となる予備知識を踏まえておくと、更に楽しめる噺であり、江戸時代の民衆の素養の高さが伺える。

あらすじ

古物商の吉兵衛は、いつも董好きの殿様に、ありふれた品を品と偽り、物を売りつけている。今日伝説上の「初音の鼓」を手に入れたと来の三太夫に話しかける。しかし、どう見てもこれは偽物にしか見えない。吉兵衛はそれを分かっていて、殿様に100両で売りたいので、三太夫に、一芝居打って欲しいと頼み込む。ポンと鼓を鳴らしたときに、の霊が乗り移ったように振る舞って「コン」と鳴けば1両分け前にくれるというので、三太夫もいい加減、殿様の物好きに呆れていたのもあって、悪い趣味を諌めるいい機会だろうと快諾することにした。

かくして、三太夫が殿様に謁見すると初音の鼓のことを教える。殿様は案の定興味を示し、それなら「余が鼓を鳴らせば、そなたが鳴くのじゃな?」と確認をとった上で、徐に鼓を鳴らした。三太夫は恥ずかしさを圧して必死に「コン」と鳴く。数回鳴いて、恥じらいで顔をにして吉兵衛の元に戻れば、吉兵衛は、しめしめと殿様に面会するが、殿様から「今度はそちらが鼓を打ってみよ」と言われたのですっかり困ってしまう。もうどうにでもなれと吉兵衛が精一杯鼓を鳴らすと、なんと殿様が「コン!」と鳴くのだ。まさか本物だったと驚く吉兵衛だが、約束通り100両で買ってくれるというので、殿様から包みを賜った。

しかし、いざ吉兵衛が包みを開いてみるとたったの1両しかない。彼が殿様に尋ねると

「それでいい。余と三太夫の鳴き賃を差し引いてある」

関連商品

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%88%9D%E9%9F%B3%E3%81%AE%E9%BC%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

初音の鼓

1 ななしのよっしん
2018/03/17(土) 18:36:20 ID: pQ5d2JAmBY
偽物だとわかっていても一両くれるあたり仲良いよな
2 ななしのよっしん
2018/08/02(木) 12:30:51 ID: gCawPgBR3p
???「菜月バカヤロー!!!!」

急上昇ワード