編集  

初音ミク Studie GLAD BMW Z4単語

ハツネミクスタディグラッドビーエムダブリューゼットフォー

miku

初音ミク Studie GLAD BMW Z4SUPER GT300クラスに、2008年シーズン第6戦~2009年シーズンにかけて参戦していたGTマシン
エントラントはStudie GLAD Racingカーナンバー808
通称はミクZ4、ミクカーミク号、ミク痛車

概要

チーム

 チームについてはStudie GLAD Racingを参照。

マシン

ベースカーは、BMW Z4 M Coupe Motorsport Version(E86)。
ベースカー自体はスーパー耐久などで高い実績を修めているが、エンジンオリジナルの直列6気筒・3.2L(326S4)から、Z8・M5に搭載されていたV型8気筒・4.9L(S62B50)に換装されていた。
しかし、レースに不向きであったのか、トラブルパワー不足に悩まされ、2009年シーズン第3戦を最後にエンジンBMW M3搭載V型8気筒4Lエンジンに換装した。同時にミッションなど、マシンの大幅な修にも着手した。
その甲斐もあって、予選ではグリッド中段に上がることもしくなく、第8戦オートポリスでは10位入賞を果たした。

カーナンバーの「80」の由来は、「初音ミクねぎ→八屋」からきたのではなく、鈴木康昭監督称・「BOB」から取ったものである。

カーマーキングは当初、ニコニコ動画内で「作ってみた」の動画を多数投稿している「御社」が務めていた。

デビューに至る、痛車化した経緯

エントラントであるStudie GLAD Racing(当時:Studie and GLAD with Asada Racing)は、08年当初からZ4 Mクーペで参戦することを表明し、同年第6戦・鈴鹿1000レースデビュー処としていた。

デビューにあたって、広報を担当する会社からマシン痛車にするという企画チームに上げられ、これをチームが了承し、キャラクター初音ミクを起用することが決まった。6月からピアプロにて「痛車デザイン」、「レーシングスーツ」、「エンブレム」、「テーマソング」の募集がかけられた。
しかし、この時は「SUPER GT戦車両のデザイン」とは告知されず、「ラジコンカーデザイン」として告知され、実際の的は一般には伏せられていた。
募集が終了し、採用作品が発表された後の8月3日ニコニコ生放送ワンホビTV4に、クリプトン関係者とともにチーム代表の名功一氏、総監督鈴木康昭氏が出演し、企画の本当の内容が明かされ、初音ミクデザインが施されたマシンSUPER GTに、第6戦の鈴鹿1000kmレースから参戦する事が正式に発表された(動画)。

当初の発表通り、第6戦へのエントリーは果たしたものの、レギレーション不適合と不具合の発覚により出走はならず、その後もトラブルに見舞われ、実質的なデビューは最終戦富士300kmレースとなる。

カラーリングは当初、ベースミク髪の色でもある浅葱色をアクセントとしたものであったが、上記改造に伴い、ベースにしたものへと変化した。このカラーリングが、後に2011年以降のGSR初音ミクBMWベースカラーとなった。

撤退、その後

2009年シーズン後、ADVANCE STEP(GLADを運営していた名代表の会社)がチーム運営から撤退。Studieチーム運営に関わる負担のカバーは困難としてチームは解散。初音ミク Z4での参戦も2009年で終わる事となった。
通算成績は、出走8回/完走回数5回/入賞1回/最高位10位。

メインスポンサーであるグッドスマイルレーシングポルシェカレラカップなどを運営するCOX社と結びつき、ポルシェにて「初音ミク痛車」で2010年よりSUPER GT参戦を果たした。
この新チームには、Studie GLAD Racing監督であり、Studie社長鈴木康昭氏がスポーティングディレクターとして参加している。

2011年には同チームの下でBMW Z4 GT3(E89ベース)を採用し、Studieが正式に加わり、鈴木社長チーム代表に就任した。
新体制で臨んだ1年にはシーズン3勝を挙げてチャンピオンを獲得し、その後も毎年勝利を挙げ、BMWセミワークスとしてGT300クラストップチームの一を成すに至っている。
 →GOODSMILE RACING

2014年には、StudieBMW JAPANの協の下で独自チームを結成、BMWセミワークスとして参戦を開始した。
 →BMW Sports Trophy Team Studie

一方でアドバンスステップは、2011年からスーパー耐久に活動の場を移し、こちらで痛車による参戦を行っている。

個人スポンサー

チーム2008年末より第1期個人スポンサーの募集を行い、開幕後にはレースクイーンモデルねんどろいどなどを用いて第2期の募集を行った。これにより合計8322人の個人スポンサーを集め、マシンの屋根に「8322 Persnal Sponsors」の文字と、リヤウィングに「Persnal Sponsor」のロゴマークがあしらわれるようになった。

この頃の個人スポンサーリストには「CLAMP」、「CLAMPもこな」、「尻P」、「ノ仁」などといった名前が見られたが、本人であるかの確は得られていない。
また、超電磁P無気力Pといった、ニコニコではお染みの名前も見られている。無気力Pに関しては、本人である事が確認された。
 ⇒個人スポンサーリスト(チーム公式応援サイト)

この個人スポンサー制度はグッドスマイルレーシングが引き継いでも継続され、毎シーズン終盤になると1万人をえる個人スポンサーを抱えるにまでになっている。

戦績

2008年  ドライバー菊地 靖 / 田ヶ原 章蔵
Rd. 日付 サーキット/大会名称 予選 決勝 備考
6 8/23~24 鈴鹿サーキット
Pokka 1000km
レギレーション不適合(燃料系)により出走できず。
7 9/13~14 ツインリンクもてぎ
MOTEGI GT 300km
金曜日練習走行中のエンジントラブルにより出走できず。
8 10/18~19 オートポリス
KYUSHU 300km
エントリーせず。
9 11/8~9 富士スピードウェイ
FUJI GT 300km
18 予選不通過。決勝日フリー走行の結果出走が認められた。
フリー走行中の禁止行為によりピットスタートが課せられた。
決勝18位完走(26台中20完走/-4Laps)。
2008年成績 : チームポイント1pt(28位)
2009年  ドライバー菊地 靖(Rd.1~7) / 番場 (Rd.6③・8・9) / 田ヶ原 章蔵
Rd. 日付 サーキット/大会名称 予選 決勝 備考
1 3/2122 岡山国際サーキット
OKAYAMA GT 300km
15 予選不通過。決勝日フリー走行の結果出走が認められた。
決勝15位完走21台中18台完走/-7Laps)。
2 4/18~19 鈴鹿サーキット
KEIHIN 2&4
土曜日練習走行中のエンジントラブルにより出走できず。
3 5/3~4 富士スピードウェイ
FUJI GT 400km
21 17 決勝17完走21台中19台完走/-6Laps)。
4 6/2021 パンサーキット
INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA
エンジンの換装及びマシン修の為、欠場。
5 7/25~26 スポーツランドSUGO
SUGO GT 300km
17 予選不通過。決勝日フリー走行の結果出走が認められた。
決勝17完走21台全完走/-6Laps)。
6 8/2223 鈴鹿サーキット
Pokka GT SUMMER SPECIAL
12 第3ドライバー:番場。KD予選S1:11位進出→S2:13位脱落。
予選1位タイムが剥奪され、予選12位に繰り上げ。
決勝60周、アクセルワイヤー破断のためリタイヤ。
7 9/12~13 富士スピードウェイ
FUJI GT 300km
16 決勝0周、エンジントラブルのためリタイア。
8 10/17~18 オートポリス
SUPER GT IN KYUSHU 300km
11 10 決勝10位完走(19台全完走/-2Laps)
ドライバーポイント:1獲得
9 11/7~8 ツインリンクもてぎ
MOTEGI GT 250km
19 KD予選S1:19位脱落。
決勝フリー走行中の規定違反で5グリッド降格。
決勝3周、駆動系トラブルのためリタイア。
2009年成績 : ドライバーポイント=田ヶ原章蔵 1pt(26位) 番場 1pt(27位)
            チームポイント=5pts20位)

エピソード

リン・レン痛車

2008年第9戦・富士スピードウェイGT300クラスに参戦したMOLA(車両名:MOLAレオパレスZ、種:日産・フェアレディZ#46)が鏡音リン・レン仕様カラーリングで参戦した(参考リンク)。

MOLA星野/安田裕信組はこのマシンGT300クラスの年間チャンピオンを獲得した。
  ⇒詳しくはMOLAの記事を参照。

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

関連動画

タグ検索初音ミク_Studie_GLAD_BMW_Z4

体制発表

レース動画

2008年シーズン


2009年シーズン



  その他


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%88%9D%E9%9F%B3%E3%83%9F%E3%82%AF%20studie%20glad%20bmw%20z4
ページ番号: 779918 リビジョン番号: 2082302
読み:ハツネミクスタディグラッドビーエムダブリューゼットフォー
初版作成日: 08/12/18 12:16 ◆ 最終更新日: 14/09/07 13:43
編集内容についての説明/コメント: 最新の状況に更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

初音ミク Studie GLAD BMW Z4について語るスレ

18 : ななしのよっしん :2009/10/08(木) 01:32:08 ID: PKweyGjo2H
うわあって感じですよね^^
19 : ななしのよっしん :2009/10/18(日) 17:12:09 ID: Ek19LRJIXa
入賞おめでとおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!



20 : ななしのよっしん :2009/10/19(月) 19:42:04 ID: d0KXzQMsbG
か第8戦の結果を追加してくれる人はおらぬか?

予選11位スタートで一時は3位を走って11位完走
10位ののペナルティの繰り上げで10位フィニッシュ、初ポイントゲットみたいな感じで…。
21 : あんにゅん :2009/10/19(月) 22:57:32 ID: Ek19LRJIXa
>>20
年毎の戦評みたいのは書こうと思っています。
今年の分としてまとめるのは最終戦のもてぎが終わるまでは…。
22 : ななしのよっしん :2009/10/25(日) 22:02:46 ID: NEA+aYICwD
観戦動画はこれからも増えていくと思いますが、
載せていったらキリがくなってしまうような。

タグでも検索できますし、関連動画は直前レースの一戦分のみにして、
あとは参戦発表とかだけにしてもいいかもしれません。
23 : ななしのよっしん :2009/11/09(月) 01:17:27 ID: Ek19LRJIXa
2008年シーズン戦評の稿

エンジニアリングAsada Racingを立て、ドライバー菊地靖・田ヶ原章蔵を起用してスタート
第6戦・鈴鹿1000kmレースデビュー途としてマシン開発にかかり、標通りにマシンを送り込んだものの、
レギレーション解釈の相違とマシントラブルがあったために出走を見送る。
続くツインリンクもてぎでは練習走行中にエンジンブローを引き起こしコース上にオイルを飛散させるというアクシデントを起こし、
マシンの修復もわず予選走行すら行えずサーキットを後にした。
この時の状況を振り返り鈴木監督は「(チームが)バラバラになった」と評している。
オートポリス戦をスキップし、GTアソシエイションの配慮によって行われたSUGOでのテスト走行を経て
臨んだ最終戦富士スピードウェイでは、予選通過こそならなかったものの、決勝日フリー走行の結果出走が認められ、
決勝では悪で6台がリタイアする中18位で初完走を果たした。
体制が不全な状況であり、発足し
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
24 : ななしのよっしん :2009/11/09(月) 01:19:51 ID: Ek19LRJIXa
2009年の戦評

2009年は前年の反を踏まえ、体制を刷新し、チーフエンジニアにこれまで多くのチームで戦ってきた片山己を迎え入れる。
第4戦を欠場して大幅なマシン良を加える事を計画し、スタートした。
第3戦・富士スピードウェイでは、初の予選突破を果たす(決勝:17位)が、
シャシの大幅良、シーケンシャルミッショントランスアクスルなど、大幅に手を加えて臨んだ
第5戦・スポーツランドSUGOでは、スピードアップこそ出来たものの新たな問題点が浮き彫りとなり、予選突破がわなかった(決勝:17位)。
第6戦の鈴鹿700kmレースは、問題点が解消され、第3ドライバーに起用した番場の活躍もあり、
KD予選・第2セッションまで進出し予選12位通過と過去最高の成績で決勝進出(決勝:60リタイア)。
第7戦・富士では、マシン特性・他チームの状況などから上位進出を賭ける大事なレースとなったが、
決勝でエンジントラブルに見舞われ0周リタイアという結果に終わる。
ここまでの間、マシン修後、順調に事が運んでいるように見えたが、実際は思惑通りに進まず噛み合わない点があったと名代表は評している。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
25 : あんにゅん :2010/03/03(水) 02:48:31 ID: Ek19LRJIXa
わざわざブログの一文を引用するのは余計な記述だと思う。
26 : ななしのよっしん :2010/04/04(日) 15:30:20 ID: dEqXLjNBJW
>>sm6420339

テーマソングの大元動画ってこれだよね?
記事にテーマソングの項いように見えるけども
27 : ななしのよっしん :2016/08/22(月) 20:14:02 ID: LDfpFPzFY/
出来合いのGT3マシンで走るより、いちからコツコツ開発していって
少しずつ強く速くなっていく過程を見ていくこの頃のほうが楽しかったな・・・
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス