別当薫単語

ベットウカオル

別当薫(べっとう かおる)とは、「球界の紳士」の異名を持つ元プロ野球選手監督である。

概要

1920年8月23日生まれ。兵庫県西宮市出身。は材木商を営む商人だった。

甲陽中学校(現 甲陽学院高校)に進学し、エースとして3度甲子園に出場した。

また、在学中に大阪タイガース合同練習を行った際に景浦將のバッティングを見てひいてはタイガースへ憧れを抱くきっかけになった。

その後、慶応義塾大学へ進学。1942年に東京六大学リーグ首位打者を獲得し、終戦後の1946年には将として戦後初優勝をもたらした。

大学卒業後は一旦は実家の稼業を継ぎノンプロの全大阪を経て、1947年にかねてから憧れがあった大阪タイガースへ入団し、ダイナマイト打線の一を担った。

だが、1949年オフの二リーグ分裂の混乱の中で監督若林忠志らと共にパリーグ毎日オリオンズへ移籍。

1950年は43本塁打105打点を挙げ、本塁打王打点王のタイトルを獲得し、
また日本初のトリプルスリー(3割・30本・30盗塁)を達成し、毎日の初優勝・日本一に貢献した。

しかし、1952年7月平和台事件の責任を執り、湯浅監督若林監督が辞任したことを受け、31歳の若さ監督代行に就任し、シーズンオフまで務めた。

1954年には正式に監督就任。山内一弘榎本喜八などの若手育成に尽するも、戦後初の優勝チームとなった南海ホークス(当時は近畿グレートリング)や、新球団ながら急成長を遂げた西鉄ライオンズが高いとなって立ちふさがり、優勝を果たせぬまま1959年に大毎を去ることになった(皮にも、別当がチームを去った翌年に大毎はパ・リーグ優勝を果たした)。

1962年近鉄バファローズ監督に就任。解雇直前だった土井正博の才を見抜いて、成績不振でも4番に起用し続け、1964年には土井リーグ最多安打を記録するまでに成長させることができたが、成績的にはBクラスから抜け出すことができず、1964年オフ監督辞任。

1967年三原脩率いる大洋ホエールズコーチとなるも、シーズン途中に三原監督が成績不振を理由に休養したため、監督代行としてチーム揮。

シーズンオフに正式の監督として就任。1969年から1971年まで3年連続Aクラス入りを果たすも、読売ジャイアンツV9時代を崩すことはできず、1972年の成績不振を理由に辞任。

大洋辞任直後、広島東洋カープから招聘され監督就任。シーズン序盤は大洋との首位争いを演じるも、場に両チームとも失速。首位と6.0ゲーム差ながらも最下位に沈んでしまい、1年でチームを去ることに。

1977年に再び大洋ホエールズ監督に就任。1年は最下位に沈むも、横浜に本拠地を移した1978年は4位ながらも7年ぶりのシーズン勝ち越しを果たし、1979年には2位に躍進するも、当シーズンを以て監督を勇退。
監督在任中には二軍でくすぶっていた田代富雄を後のチームへと育て上げた。
1980年からは大洋球団の代表となった。

1988年には野球殿堂入りを果たし、1998年横浜ベイスターズ日本一を見届け、1999年4月16日心不全のため78歳で死去。

別当は打撃に定評のある選手を多く育て上げたが、監督としての通算勝利数が1000えている人物の中で優勝を経験することができなかった一の人物でもある。

通算成績

打撃成績

通算:10年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 891 3235 3191 607 965 155 549 186 8 4 318 4 254 69 .302 .366

投手成績

通算:3年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 3 1 0 0 1 --- --- .000 12.0 0 5 4 2 1.50 1.33

監督成績

通算:20 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
NPB 2497 1237 1156 104 .517 Aクラス10回、Bクラス8回

関連動画

↑4:20からオール・セントラルの監督として登場している

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%88%A5%E5%BD%93%E8%96%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

別当薫

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 別当薫についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!