前田利家単語

マエダトシイエ

前田利家とは、日本戦国時代の武将(大名)である。
ガチムチロリコンという強者。

概要

1539年(1537年説もあり)生まれ。幼名千代。通称又左衛門。

男性身長157cm程度の時代に、6尺(約182cm)を誇る類稀なる恵まれた体格の持ち
現代日本に直せば170cmに対して197cmくらいの感覚であろうか。現代に産まれていたら新日暮里パレスを築いていたかもしれない。
また、後述するとおり、かなりのイケメンでもあったようだ。

傾奇者として知られる前田慶次は義理の甥(ただし、慶次と同年代もしくは慶次の方が若干年上らしい)。

幼い頃より、小姓として織田信長に仕える。というか一種の悪友であった。若い頃の利は慶次に負けず劣らぬDQNもとい傾奇者であり、信長るんで大いに傾奇まくった。
のみならず、容姿が整っていたため、その頃信長アッー!されたらしい。加賀(利祖である)の書物に記載されているので信憑性は高い。

やがて戦場に出るようになると、圧倒的な体格に加えて優れた槍術で活躍し、傾奇まくりの振る舞いもあって、「の又左」の異名を持つ暴れん坊として恐れられた(戦場に出る前からを携えて信長などと一緒に暴れていたため、既にこう呼ばれていたとも)。

1558年、20歳頃(生年に諸説あるため)にまつ(後の芳院)と結婚
まつは1547年生まれなので数えでも12歳現在使われている満年齢だと11歳でしかない。
政略結婚などにより、幼くして結婚する事例は他にも多数見られ(伊達政宗×愛姫豊臣秀頼×千など)、当時でもごく当たり前だったが、それだけでは終わらせないのが利
なんと翌年にもくも、まつは長女・幸を出産
ちなみにこの年、利数え(21)※数え年、1539年説よりまつ数え13歳(現代で言うと小6)。 
これではロリコンだと言わざるをえない。
なお、まつは3年後には嫡男の前田利長出産、その後も2男9女(異説あり)と計11人の子供を産んで育て上げている。
日本史の人物中、最年少出産らびに最多出産であることには間違いないだろう。

しかしその翌年、その暴れん坊振りが行き過ぎてしまい、信長の異にして彼のお気に入りの坊主り捨てて出奔すると言う、明らかに傾奇すぎ、もといDQN極まる行為に及ぶ。これがとうとう信長を怒らせてしまい、柴田勝家らの必死の嘆願によって何とか出仕停止処分に留まるという有様になってしまった(本来であればもちろん打ち首)
このことで出世街道が閉ざされたかに思えたが、呼ばれてもいない合戦に勝手に馳せ参じては、名のある武将の首を取り、それを携えて談判すると言う必死アピールによって何とか許され、出奔の2年後に戻ってきた。

信長死後は重臣の柴田勝家羽柴秀吉とが対立、当初勝側についていたが賤ヶ岳合戦後秀吉に仕える。
秀吉天下統一助けて加賀百万石の基礎を築いたりする。

秀吉政権下の五大老の一として重きをなすが、秀吉没の翌年(1599年)後を追うように病死。

子女

戦国大戦

下一よ!」

戦国大戦でも2.5コストで武9統率3、気合持ちの足軽とかなりは優秀。のまつ共々SRとしてVer1.0から登場している。
計略「叉左無双」は、武が上がり更にカードタッチすると自分の周りにを振りまわし追加ダメージを与える。当初は非常に頼りになる計略だったが度重なる下方修正によりVer1.20D現在は士気6の駄になりかねないレベルまで弱体化している。更にVer1.2で追加された加藤清正と同コストであっちが長くて強い計略を持ってるので使用率低下は更に加速した。なお顔が三国志大戦甘寧そっくりというのはまあ触れるな。


なおクニミツの政の作者の利戦国数奇で登場している。こちらは2コスになったが武は8、統率は2だが魅と制圧持ちと総合的なは悪くない。
計略のあばれ祭は武が上がり兵が徐々に回復する。中々にしぶとくなるので窮地には頼れるだろう。

無敵、よおく味わえ!」

Ver2.0で豊臣SRとして登場した前田利家、年代に合わして壮年期の姿で描かれている。
織田の時にべ同兵種同コストながら武が1下がり統率が3上がり魅が追加されている、武力一辺倒の脳筋からバランスの良い武将へと変化している。
計略「放磊落」は、豊臣特有の日輪計略の一つで武ダメージの長さが上がる。
日輪ゲージ3消費する大爛時には、さらに移動速度が上がりカードタッチすると北斗百裂拳みたいな撃を前方に繰り出す事も出来るようになる。
Ver2.01Aにおいてを最大限に引き出せる人が使えば手が付けられない強さな為、何人かのランカーに使用されとして活躍している。

戦国無双シリーズ

戦国無双2猛将伝からPCとして参加。
身長190cm 声優小西克幸 武器は、のこぎりみたいなと2本の
アクションタイプは通常攻撃。通常攻撃はで、チャージなどの強い攻撃はを用いて行う。

暑苦しいぐらいの熱血で、柴田勝家を慕っている。セリフのなかの「ん」が「ン」とカタカナで表示されるのが特徴的。いい意味で義理堅く、悪い意味で愚直という性格。
2猛将伝では、主人公格として登場したが、3で無双演武がなくなるという悲しい出来事があった。
見たは2猛将伝ではベジータのような髪型をしていた少し地味だったが、3以降は傾奇者のような手な見たになる。
値は大変優秀で、特に無双義はかなり強い。初心者でも安心して使えるキャラクターである。
どの作品でも、慕っている柴田勝家・義理の甥の前田慶次・古くからの友である豊臣秀吉秀吉の子飼い(加藤清正石田三成福島正則など)と絡みながらストーリーが展開されていく。

余談だが、妻である前田まつは2016年現在無双に参戦していない。
無双ファンから「そろそろ出せよ…」というがなんとなく聞こえてくる。

関連動画

関連商品

  

関連コミュニティ

特になし。さびしいわwww

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%89%8D%E7%94%B0%E5%88%A9%E5%AE%B6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

前田利家

188 ななしのよっしん
2018/03/16(金) 15:22:11 ID: gc3qmCpDJA
そろそろ信長の野望値が中の上ポジションを脱却させてほしい
スキルとか適正に至ってはザコレベルだし
なんで秀吉に友と呼ばれ、家康の抑えになった武将なのにあんな評価なんだ・・・
189 ななしのよっしん
2018/07/06(金) 22:25:32 ID: p7eoh5wWaq
人望とか交友関係なんて数値化できないからだろ
それに武政治99の前田利家なんて見たいか?
190 ななしのよっしん
2018/07/09(月) 07:10:20 ID: bPzzS1H8ja
>>188
と言っても信長時代では軍団長にもなれずせいぜい20人くらいいる部長クラスの一人でしかなかったし
いち大名としてほぼ単独で戦ったのは佐々との闘いぐらいだけど利が自慢した末森城の戦いって8割がたを死守した奥村の采配のおかげだし
半分程度の石高の佐々に防戦一方だったことから特に軍事や采配に傑出していたわけでもくこれと言った謀略を用いた事も聞かないので知も高評価するにはいかないわけで
が生きていた時も家康は他大名との婚姻を進めていたのでぶっちゃけ家康全に抑え込んでいたとはとても言えない、最後には家康に「息子を頼む」と実質屈しているし
正直80台なら十分過分に評価されていると思うよ
それでも上げるなら政治だろうな、貯めるのが趣味で常にそろばんを懐に持っていたというし
191 ななしのよっしん
2018/07/16(月) 18:47:29 ID: 34SPAN/4I2
>>190
佐々成政前田利家の半分程度の石高って全に間違ってるし
よくそんな浅い知識を恥ずかしげもなく披露できるな
まあ最後の逸話レベルエピソードを持ち出してる時点でお察しだけど
192 ななしのよっしん
2018/07/16(月) 18:51:41 ID: 34SPAN/4I2
いかにも戦国武将のまとめサイト見ただけで書き込んでますって感じだよね
ろくに調べたこともないから間違いにも気づかない
193 ななしのよっしん
2018/07/29(日) 10:08:24 ID: bPzzS1H8ja
具体的な持論で反論もせずに否定と挑発だけでお手軽に済まして勝った気になっている相手には相手をする気にはならんな
っ当に討論しようとしてもこういう人間は何を言っても駄だし無敵君になるのはに見えているからな
194 ななしのよっしん
2018/12/08(土) 12:31:42 ID: zFlLN1dul5
一兵卒から大大名まで、どの階級でも活躍できる便利な男
195 ななしのよっしん
2019/01/15(火) 20:26:16 ID: VMUirEIwyJ
能登21万石、加賀35万石、府中36万らしい
前田利家能登加賀を持っていたから、府中佐々成政との差は大体二倍弱くらいっすね…
196 ななしのよっしん
2019/01/28(月) 02:06:04 ID: 34SPAN/4I2
何で半年前こんなイライラしてたんだろうごめんよ
加賀ってところが勘違いの原因でその時期は加賀の北部二なのよ
有能戦国大名五郎左を忘れないで
197 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 17:31:28 ID: FMGGNsXUuv
信長お気に入りの坊主を切り捨てて出奔した原因は、
まつからもらった笄を盗まれたり馬鹿にされてからだけど、
11歳の幼妻ませたことを吹聴されてブチキレたからなんじゃないかな・・・と思ったりする