前田武彦単語

マエダタケヒコ
1.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

前田武彦とは、テレビ明期から活躍した放送作家会者、タレントである。「マエタケ」の称でしまれた。

概要

1929年、東京府東京市芝(現;東京都港区)生まれ。

太平洋戦争中に海軍飛行予科練習生として1年半在隊した後、鎌倉アカデミア立教大学を経て、様々な職業を経験。1953年テレビ放送の開局間もないNHKの放送作家として台本を書くようになる。

その後、青島幸男大橋巨泉といった同じ放送作家出身のタレントとともに会者として活躍。
フリートークの名手であり、毒舌を効かせた会術で人気タレントとなる。最盛期には「夜のヒットスタジオ」(フジテレビ)、「巨・前武のゲバゲバ90分!!」(日本テレビ)、「ゴールデン洋画劇場」(フジテレビ)などに出演した。

そんな彼の活動に大異変が起こる。
1973年共産党補者の選挙応援演説で「もし当選したら『夜のヒットスタジオ』の中でバンザイします」とアドリブで発言。実際に当選したため、生放送であった「夜ヒット」の中で実際に共産党を讃えて万歳を行った。
この行為が当時のフジテレビ社長であった鹿内信反共主義者)の逆鱗に触れ、彼は「夜ヒット」や「ゴールデン洋画劇場」の会者・解説者を強制的に降させられるハメになる。
この一件のあと他局も前田を起用しなかったため、テレビ業界から一時姿を消すこととなった。

1981年に彼がテレビに復帰するきっかけとなる「朝のホットライン」(TBSテレビ)が放送開始。元々ボート趣味であったために天気に詳しく、それを買われて「お天気マン」という天気キャスターとして登場し、好評を得た。

以降はタレント俳優などの活動を行い、「釣りバカ日誌」などに出演。「TVブックメーカー」(フジテレビ)のディーラー役として出演するなど、テレビ番組にも出演した。

2011年8月5日に82歳で逝去。

補足

  • 初代会者として人気番組に仕立てあげた「夜のヒットスタジオ」を当時個人的に録画していた。しかし、「共産党バンザイ事件」による降騒動を期に同録テープを処分してしまう。当時は庭用・業務用共に録画機材が非常に高価な時代であり、フジテレビ側もマスターテープを重ね録りして使いまわしていたため、この時期の映像はほとんど現存していない。この損失は日本テレビ番組史的にも非常に惜しまれる。

関連動画

放送作家時代に作詞した「エイトマン」のテーマ曲が有名。この曲の一節を後にNTTテレビCMSMAPが歌った。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%89%8D%E7%94%B0%E6%AD%A6%E5%BD%A6
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

前田武彦

1 ななしのよっしん
2016/06/13(月) 20:19:26 ID: dPEN0s8tUJ
笑点」の会者でもあったというのは割と知られてないような気がする。
2 ななしのよっしん
2022/06/03(金) 09:23:25 ID: F8L5fIVxmV
>>1
笑点の記事から飛んできて落語家かなって思ってたけど、全然別の人生を歩んでて面食らった

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

ノルマ未達成回 アマナァ 昭和天皇の御学友 ひとくちワッカ