劉禅単語

リュウゼン
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

劉禅とは、三国志に登場する君である。
東アジア大陸の3世紀頃、三時代と呼ばれる時期に存在したの第2代皇帝であり、三国志の英傑である初代皇帝劉備息子

概要

劉禅、字は嗣、幼名は阿斗。諡は思。先である劉備の後を継いでの第2代皇帝になった。

暗愚の代名詞と言われるほど無能な君とされている・・・が、それは『三国志演義』での過剰なネガキャンであり、『正史』ではそれほど無能な存在とは言われていない。
劉備が没した後、弱小国であった40年(諸葛亮の死後約30年間)も存続させ、その間に大きな乱も起きなかったというのは評価すべきであろう。
現に隣では政治の乱れによる謀反や反乱が度々起こっている。三時代の“乱世”においてを治めた君は数あれど、40年もの長きに渡り治世を続けられた君は劉禅ただ1人である。

特に諸葛亮を始め「の四相」と称された琬、費褘、董允吏として正しく用いており、こうした文官の支えがあって30年持ったと言ってよい。
他にも即位した直後で自身が王位諸葛亮に簒奪される危険性もある中、諸葛亮を信頼して在位中は内政の全権を預けていた。自身を上回る部下の有能さを認め、それを信じて政務を任せられることは、君の条件の一つでもある。
しかし諸葛亮死後、軍部の実権を握った姜維の北伐を諌められなかった(または姜維ら武官と黄皓ら文官の対立を諌められなかった)ため、次第には衰退していく。

その後、北伐を了したが大軍をもって南下すると、黄皓が前線への援軍を握りつぶしたことや、鄧艾険道回して首都へ直接進軍してきたこともあり、対応が後手に回ったことで最終的に降伏。この降伏も「明らか差がある状況で民を危険にさない判断をした」という見方もあり、そもそも姜維らの度重なる北伐により土は疲弊していた。

かくして矛を収め、は滅亡。劉禅は前君ということで安楽県を任じられ、それなりの食い扶持をあてられた。
その後も安楽県を治めながら7年生き、65歳で亡くなった。思、または孝懐皇帝と諡号された。

弱小であった後期40年間も事に存続させたことや、有能な部下を信じて仕事を任せていたことも事実ではあるが、弱体化させた原因となる部下をも放任させてしまい、結果的に自を滅ぼしたこともまた事実である。
その業績をして、正史三国志の筆者・陳寿は劉禅を糸は染められるままに何色にも変ずる」と評している。つまり、周りの染め方で名君にも暗君にもなっていた(部下が優秀なら名君に、部下が無能なら暗君に)という意味である。また他の識者も概ね「治世の臣、乱世の暗愚」と、旧劉璋に近い評価を下している。

正史』の劉禅について詳しく知りたい方は、以下の動画も参考にしてみよう。

演義での劉禅

しかし劉備を褒めそやすこと夥しい三国志演義においては、時には曹操以上の憎しみを込めて劉禅が描かれている。
特に姜維の悪手を劉禅の責にしたり、宦官であった黄皓を重用した点から黄皓の罪も負わされたりと色々酷い。上記の行動も「何も手を打たなかった」と悪い方向に解釈され、尾救いどころのない暗君として描かれている。

また、時代の書「」によれば、降伏の際に司馬昭が宴席を設けて将をもてなしたが、の楽曲を流すと将がする中劉禅のみが笑っていたといい、さらに司馬昭が「こうしての歓待を受けるとを思い起こすであろうな」と尋ねたところ 「ここでの暮らしは安楽なので、思い出すことはもはやない」と答えたという。
こうした劉禅の反応から司馬昭将を哀れんだというが、そもそもの宴席で、それも簒奪の下地を作った腹黒謀臣・司馬昭の前で元がうかつな発言をできるはずがなく、わざと太楽を装ったのだという意見もある。

現在中国ではこの演義でのが強いために劉禅は劉備息子でありながらものすごく嫌われ、将の墓所では劉禅の像のみが再建されるたびに何度も打ち壊されているという。またには、滅亡に際し「先に詫びる」と劉備の墓の前で妻子とともに自害した劉禅の五男、劉諶の像が有る。だが、その像の説明には「劉禅の子」ではなく「劉備の孫」と書かれており、親子のイメージの差がありありと見てとれる。

その後、演義好きであった毛沢東が「お前ら阿斗になるんじゃねーぞ」と全人民に呼びかけたため悪名は決定的となり、現代中国でも幼名の『阿斗』をして暗愚・無能の代名詞として扱われている。

漫画・ゲーム等の劉禅 関連動画

日本での三国志ブームの先駆けとなった、演義ベース小説作品『吉川三国志』が基にされやすいため、以下の作品でも(一部を除き)おしなべて演義に準じたダメ君として描写されている。

漫画『横山光輝三国志』

演義に拠ったことにより無能として描かれている。孔明在命中ではびたりの生活を送っており、孔明死後も同じような感じ。晩年は若い頃より少し太っている。

赤ん坊のころにけっこうな扱いを親の劉備にされている。

コーエー『三国志』シリーズ

記録より記憶に残る君すそうです。

初期作品こそ先の威もあって魅だけは高く、政治もまあちょっとはあったのだが、年を追うごとに取り柄であった魅は衰退、『三国志X』以降では単なる語呂合わせスタッフから遊ばれる始末。公式でも全にネタキャラとなった。ニコニコ戦略歴史ゲー動画でも「これは三国志大戦ではありません」と注釈コメをつける者もいるほど。

三国志11』では特技・強運(部隊が壊滅しても本人は捕縛されず、負傷や戦死もしない)を所持しているので兵1戦術として使うプレイも存在する(もっとも縛りプレイでもない限り、彼を採用することもないが)。

また同作品では彼の開く評定がカオスなことで知られる。

セガ『三国志大戦』シリーズ

その三国志大戦でも、暗愚ゆえどのカードも基本スペックが低く、計略もイマイチ(もっともこゲームでは「三にあらざれば端役扱い」という君が多いのだが…劉璋献帝劉協)とか)。

三国志大戦3』ではEX(ドタバタ戦法)に加え、96カードとして追加された。ただしその計略は「兵を」大きく強化するもの。自身のスペックは非常に低いが、計略の使いようによっては化ける可性もある。

中国版『三征戦』ではまさかのイケメンカードに変貌。

コーエー『真・三国無双』シリーズ

「最初に言っておこう。私は役に立たぬぞ」

昔はアイテム扱いされたりしたものの、真・三国無双4ではモブキャラながら総大将として登場。そして最新作の真・三国無双6ではついにプレイアブルキャラ、つまりモブキャラではない、専用の顔がある扱いに昇格した。

を扱い、フェンシングのような突き体の素い攻撃を行う。最高性武器趙雲長坂侯恩から奪ったと言われる無双ゲーなので当然前線に出てくる上に、性も結構高い。

終始のんびりとした喋り方や態度で、っとぼけているところがあるため周囲からは暗愚と評されており、劉禅も「自分は暗愚だから」などと謙遜するものの、彼は彼なりに考えを持って二代を務めているらしい。どんな状況でもゆるいテンションは変わらないが、気を抜いていると時折ぎょっとするような恐いセリフが飛び出すことも。
そのため「を出さなかったある」とも「暗愚になりそこねた君」とも「昼行灯を演じる王者」とも評される、掴みどころのない性格をしている。人によっては「パトレイバー後藤隊長(後藤喜一警部補)」と言ったほうがいいかもしれない。

こういったキャラの上に、無双乱舞では「少し待ってくれ」などと言いながら手にぶったったり、「手加減は難しい」と言いつつ麗にライダーキックを決めたりするため、プレイヤーからは「暗愚詐欺」「お前のような暗愚がいるか」「腹黒」「阿斗様無双「三一のゆるふわ 「え○りかずきなどと評されることも。

シナリオキャラについては人によって賛否が分かれるところだが、少なくとも他のゲーム作品のようにネタキャラ一辺倒の扱いではなく、司馬昭らに秘めたるモノを見抜かれるなど、弱小ながら一つのを"継いでしまった"君としての生き様を魅せてくれるキャラクターである。
プレイアブル昇格に際して最も議論を呼んだキャラクターであるらしいが、ある意味で最も演義らしくないキャラクター付けがなされているともいえよう。

無双OROCHI2では同じく現代であまり評価されていない今川義元に誘われ蹴じ、共にその過程で何かを得ようとする。一方で長宗我部元親からは「才を隠しているだけだ」と評されている。
またが恐れた猛将の張郃とあっさり仲良くなり、彼の性格と武を利用して姜維を救っていたりもする。

「私が三国無双・・・・・・か。
 ふふふ・・・・・・暗愚には似つかわしくないなぁ」

「こんにちは。
 ん・・・・・・ああ、死にたがりの人か」

スクウェア『ロマンシングサガ2』

三国志とは関係ないが、彼を元にしたキャラクターのアトが登場する。ヤウダの王。やはりここでも無能で、七英雄ワグナスに騙されてしまう。

ニコニコ動画『ニコニコ歴史戦略ゲー』での扱い

明らかネタキャラとして、駄に人気がある。三国志系列の架空戦記以外にはまず登場しないが、出たら出たでアレな扱い。どウザイと言われ、作品にもよるが非常識な口調から『絶対理』『引っ込んでろ』『何  故  い  る』と言われる始末。

ただ、何故か登場するとみんな覚えてたりする駄に孤高のキャラクターである(マイナス方向な意味で)

補足

コーエー三国志シリーズの彼の値。旧作では魅の高さゆえ、徴兵要員になることもしばしば。
X以降では数値が3594(サンゴクシ=三国志)と、曹豹以上のネタ要員にされている。
また作品によっては玉璽(魅100で固定になる)を持っている場合もある。
そんな彼も13にて劉禅も3594(三国志)13、30(周年)というアナグラムネタ(みんなも劉禅の値を並び替えてみよう!)とある種の再評価も兼ねたか、久々3594数値の脱却を果たした。ただ彼の特有のネタ成分すらも薄れた気もしなくもない。未だネタ要員であることは変わりないもののいつもの3594を捨てた結果、単なる凡将に成り下がった気もしなくもない君阿斗様。彼の明日はどっちだ。

力一 統率 政治 身体 運勢
三國志 24 34 93 71 81
三國志II 23 33 74
三國志III 22 20 31 64 18 4
三國志IV 20 13 17 36 70
三國志V 7 30 32 78
三國志VI 24 17 21 23 92
三國志VII 33 24 27 62
三國志VIII 11 - 28 30 64
三國志IX 3 2 4 7
三國志X 3 5 9 4 64
三國志11 3 5 9 4 56
三國志12 3 5 9 4
三國志13 34 19 30 35

関連商品

関連タグ

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8A%89%E7%A6%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

劉禅

1351 ななしのよっしん
2020/06/18(木) 06:31:52 ID: hoi5rupXh8
>>1350
史実の劉禅本質がドマイナスだけど状況によってはゼロ近くまでにいける人物だけど
無双劉禅本質プラスだけど状況によってゼロになったキャラというわけだ
1352 ななしのよっしん
2020/06/18(木) 10:14:29 ID: jiEIcEDym0
そういや劉禅有能論や少なくとも孔明に託す度量があったから暗愚ではない論の人達って宦官酷の存在とどう折り合いつけてるんだろう?

こいつの専横があったという事実劉禅動的に孔明ら臣下を信任してたという論調とがっつり矛盾するわけだけど

そもそも宦官がどういう立場の人間か理解してないだけか?
1353 ななしのよっしん
2020/06/18(木) 10:19:17 ID: oCas0u0qIU
孔明の生きてた時代にまで専横していた宦官黄皓さんすごいですね
1354 ななしのよっしん
2020/06/18(木) 22:18:19 ID: jiEIcEDym0
やっぱり宦官のこと理解してない…

宦官に権限を与える必要があったということは後漢末期皇帝と同様劉禅に臣下の人事について実質的な権限がなかったことを意味してるんだが
1355 ななしのよっしん
2020/07/08(水) 09:22:08 ID: CjCnJJM9ub
そら諸葛亮存命期の劉禅なんてクソガキやし政治なんてできないでしょ
ましてや諸葛亮自身が劉備から頼まれたほどの忠臣。
諸葛亮しようとすれば自分がされる恐れすらあった。

託す度量があったというより託さざるを得なかったんだろうな
そして黄皓見る限り「自分が政治を」という意思はあったのだろう。
あっただけで質としてはおおよそ最悪に近いが。

とりあえず三国志の中では暗君だったのは言うまでもないだろう。
上でも上がってるが曹芳あたりと同レベル後漢でいうと同じく
宦官を贔屓した霊帝とどっちが上か競えるレベル
1356 ななしのよっしん
2020/07/10(金) 01:39:09 ID: g7PuY2D7Jr
劉禅諸葛亮の讒言したやつを処刑したり遺言通り蒋琬費禕を後継者にしたりで純に信頼してたのは確かだろ
1357 ななしのよっしん
2020/07/12(日) 10:48:44 ID: jiEIcEDym0
霊帝はそれこそ宦官使って政治革しようとした形跡あることで再評価の向きがあるんだよなぁ

宦官使うことそのものが悪いのではなくてそれで何をしたのかが問題であってだな

劉禅再評価したいなら明らかに権限のない四相や孔明の手柄に理やり乗っかるんじゃなくて黄皓のいいところ探しすべきだと思うんだが
1358 ななしのよっしん
2020/07/12(日) 16:31:08 ID: wZ5pg/+Ikb
信頼してたのは事実だろうね

人事に関する権限があったわけではないから信任して任せたのは劉禅の功績とか言い出すのがおかしいだけで
1359 ななしのよっしん
2020/07/14(火) 12:01:40 ID: e7Hpq4m/4f
>>1357
宦官てだけで儒教史観じゃ必要以上に貶められるって問題があるしね。
ただ和・順べると、霊帝理に宦官を使う必要もなさそうだったし、黄皓劉禅の親政のためだったとして何かしたの?って疑問が。劉禅の贅沢や有能な将が成都から切り離されたりしたって記述が立つし。
1360 ななしのよっしん
2020/07/26(日) 16:26:29 ID: CjCnJJM9ub
黄皓のやったこと

姜維を追放して閻宇を中央に召喚しようと画策
姜維の殺劉禅に上奏(劉禅は拒否したが黄皓の上奏も拒否)
羅憲地方に遠ざける
三国志作者陳寿を免職にする
姜維の援軍要請を占いで握りつぶし、中を失陥。滅亡のトリガー

鄧艾に殺されそうになるが、鄧艾の側近に大量の賄賂を送って助かる
諸葛尚の死の間際にdisられる
薛珝奸臣代表扱いされる(ついでに皇帝劉禅は暗愚扱いされる)

・・・・・・ダメみたいですね

急上昇ワード

おすすめトレンド