劉表単語

リュウヒョウ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

劉表とは、後漢末期三国志期に大成した人物である。

概要

劉表の出自は不明だが、正史後漢書には「前漢の第4子である魯恭王・余の子孫」とある。
また清流の文官であり、『党錮の禁』の対者となったために隠棲し、後に何進に召し抱えられたという。

そのため、劉表ははじめ何進に仕えていた。荊州刺史・王が諍いにより孫堅に討取られると劉表はの詔勅を得、王の後任として荊州に入った。荊州一帯は古くから肥沃な大地でありそれを狙って族や南の諸民族、さらには江賊までもが割拠する混沌とした州であったが、劉表は荊北の大族であった蔡瑁とその謀臣蒯越・蒯良の助を得て、荊州一帯を下に置くことに成功する。

荊州は豊かな土地であり、また劉表自身も中原で有名な儒者であったため、後漢の腐敗と董卓の暴虐から逃れた北方の名士・学者の多くが荊州に移住した。そのため劉表は強臣団を形成することができ、また劉表自身も荊州の実権を握ると学問を奨励した。

後に反董卓連合軍が結成されるとこれに加わるが、董卓が死ぬとに袁術食客であった孫堅が荊州に侵入する。劉表は袁紹と盟を結んで袁術に対抗し、また黄祖に命じて荊州を護らせ、孫堅が横死(または黄祖部下のに射殺されたとも)するまで攻勢に耐えた。
かしこの時に袁紹と結んだ盟約が元で後の官渡の戦いでは立場を明確にせず、結果曹操に荊州を侵攻する口実を与えてしまう。

この頃放浪の身であった劉備を迎え入れ、対曹操の最前線であった新野に駐屯させている。
しかし劉備の人望により荊州の内外から多くの人が集まると、劉表はこれを謀反のためにを持つものではないかと疑い、その疑心は劉備諸葛亮を迎え入れたことから強まっていった。そのため劉備の言はあまり重用されなかったという。

袁紹が倒れ、袁の後継者争いを経て曹操袁紹を併すると、曹操は直ちに荊州侵攻に向けて動員を発した。
しかし劉表は曹操を見ることなく67歳で病死する。この際の蔡一族による琮・琦の後継者争いにより劉表軍は瓦解、なんとか後を継いだ琮は々に曹操に降伏した。

正史三国志の筆者・陳寿は高い望を持ちながら死後に後継者争いを起こした点をして劉表は袁紹と同類であると評している。また、劉表・袁紹共に庶子(つまり正妻以外の女との間にできた子)を後継者に立てたため、庶子を後継者にすると亡に繋がるとも評している。

有名臣として上述蔡瑁・蒯越・蒯良の他、荊州をよく防いだ黄忠黄祖文聘、文人として名高い忠・王粲がいる。
また仕えこそしなかったものの、司馬徽も劉表の教育政策を受けて育ったという。

三国志演義では

上述のように劉備を迎え入れていたことから、演義においてもそれなりのエピソードが挿入されている。

劉備は劉表に仕えている間に荊州に隠棲していた諸葛亮を(三顧の礼でもって)迎え入れたという。

また、劉表の死に際し、諸葛亮劉備に「荊州を曹操に取られるくらいなら琦を盛り立てて荊州を奪っておしまいなさい」と進言したが、董卓弁を劉協(献帝)を盛り立てた故事を思い出したのか、これを拒否している。

ゲーム等では

上述のように荊州一帯を有し、また仕えていた武将も少なくないため、初期状態でそれなりの勢を有していることが多いが、規模の割に要な武官が黄忠黄祖文聘王威蔡瑁允くらいしかおらず、しかも荊州は孫呉に隣接しているため、々に滅ぼされていることもある。

三国志大戦ではかつて知を下げる計略「鹿の計」で名に恥じぬ猛威をふるっていたが、現在では単なる兵回復計略に甘んじ、レアリティもコモンと一の雄とはみなされておらず、使用率も低位である。

関連動画

残念なことに劉表勢単独の動画は上げられていない。関連タグを参照のこと。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8A%89%E8%A1%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

劉表

39 ななしのよっしん
2017/10/17(火) 10:08:20 ID: VIIYthpFoo
劉表面白いところは常に献帝を擁立する勢に背き続けるところだ
山東諸侯が反董卓の兵を挙げるとこれに名を連ねるし、袁術李傕と結ぶとそれまで友好関係にあった袁術から離反して荊州から追い出すし、曹操献帝を擁立するとこれと敵対するようになる
単に地政学的な理由かも知れんが、劉表に明確な献帝への敵意があったと仮定すると野心としての劉表像が見えてきて面白い
40 ななしのよっしん
2017/10/17(火) 10:21:52 ID: 3SFsI7kPYc
あくまで彼の標は独立の維持にあったんだろう
41 ななしのよっしん
2017/10/24(火) 11:13:47 ID: VIIYthpFoo
>>40
その辺は劉焉劉璋親子と一緒だな
の王族たちが地方に出ると野心を持って独立したがるのは昔からお染みのことだが(とは言え劉焉劉表劉備光武帝に連ならないただの氏でしかないけど)
42 ななしのよっしん
2017/12/31(日) 10:26:56 ID: jwHuyJ4awR
後漢王室→長沙定王発の子孫
劉表劉焉→魯恭王余の子孫
劉備中山靖王勝の子孫
とこの4については全ての子孫。(劉備はかなり怪しいけど)
43 ななしのよっしん
2018/01/15(月) 10:53:27 ID: VIIYthpFoo
劉備以上に系譜がなのは劉表だろう
劉焉劉備と違って陳寿劉表の出自をスルーしてる
後世に後漢書がフォローしてなかったら皇族の血統だってことすら知られなかった可性もある(裴注には記載があったかも知れないけど)
44 ななしのよっしん
2019/12/09(月) 07:27:15 ID: NRrMC/cngl
事中官渡の戦いでは立場を明確にせず、とあるけどこの時劉表羨と戦ってて援軍を送れなかったんじゃなかったっけ?
45 ななしのよっしん
2019/12/20(金) 19:10:22 ID: VIIYthpFoo
羨の起は曹操への帰順を標榜したものだから官渡の延長線上にあるっちゃある
46 ななしのよっしん
2020/03/23(月) 21:47:11 ID: 31dwUZVIOG
>>43
劉焉親子は劉備親子の前に伝があったりするからその辺が関係あるんじゃない
47 ななしのよっしん
2020/04/28(火) 19:19:14 ID: vhoWC44u9g
英雄というほどの器ではないけど
文字通り血みどろの内戦になった袁紹死後にべて
琮後継はわりとすんなり決まって曹操降伏後も普通に厚遇されてるしよくやったほうだろう
陳寿の採点は辛すぎるんじゃないか

48 ななしのよっしん
2020/06/19(金) 12:31:05 ID: 5nacN8GOLZ
後継問題については、陳寿は「を失ったのは不幸ではない(=当然の帰結だ)」としか言ってない
袁紹劉表ひとまとめでボロクソ言ってるのは「疑心」の方が強い書きっぷり
袁紹田豊ケースしか言及してないが、劉表の場合は嵩の件をさしていると見て間違いないと思う

急上昇ワード改

おすすめトレンド