加古川飛流単語

ウラノオウ
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

加古川飛流とは、特撮ドラマ作品『仮面ライダージオウ』の登場人物である。

演:佐久間

お前は何にもわかっちゃいない… 選ばれなかった概要の悲劇を

スウォルツから譲渡されたアナザージオウウォッチを所有し、アナザーウォッチを集めて回っている謎の男。実は常磐ソウゴの両親の命を奪った2009年4月24日バス事故において、ソウゴを除きただ一人生還した人物であり、彼もその際に両親と死別している。
ある理由でソウゴの事を強く恨んでおり、そこにをつけたスウォルツによってアナザーライダーに選定された。本来はスウォルツ被害者の一人でもあるのだが、ソウゴへの念と復讐心に凝り固まるがあまりそれをらすためならば他人を巻き込むことを気にかけない自己中心的な側面がある。
名前の由来は「過去側」および「時の流れを飛ぶ」とされている。

アナザージオウ

身長200cm
体重:92kg
特色/アナザーライダーへの変化/未来を見る
契約者:加古川飛流
契約したタイムジャッカースウォルツ
登場回:EP25~28

オノレ ジオウ

「常盤ソウゴは、が倒すべき存在だ…」

スウォルツが所有していた「Zi-O」の文字が書かれた出自不明のアナザーウォッチ「アナザージオウウォッチ」によって飛流が変身するアナザーライダー
透明のフェイスガードの左元・胸部・背中左側・ジクウドライバーに「2019」、フェイスガード元・背中右側に「Zi-O」と書かれている。フェイスガードの下に覗く顔はその色付きもあってか筋肉が剥き出しになったかのようであり、宛ら人体模型や『バイオハザードシリーズタイラント、『進撃の巨人』の巨人等を彷彿とさせ、一説には仮面を剥がされたライダーという喩ではないか?とも言われている。クロックブレードAは途中で折れ曲がった形状であり、ミラーワールドジオウ同様に長針が右側、短針が左側になっている。スマートな体系かつ基調のカラーリングであるオリジナルとは対照的に基調のずんぐり体形で、い以外にオリジナルと外見上の差異がないジクウドライバースロットにはアナザージオウウォッチを装着している。他のアナザーライダーとは違い、オリジナル同様バックルにウォッチを装着して変身を行う。
アナザーライダー特有の眼球や剥き出しのから初見では気付きづらいが、複眼っぽく見える眼球周りやクラッシャーの形状、間にあるOシグナル状の装飾等がどことなく仮面ライダー1号と類似しているという意見も。最新の仮面ライダーの贋物という事で原初のライダーである1号に似せたという事なのだろうか?更にそのメインカラーグロテスクな顔つきからジェネラルシャドウに似ているというも聞かれる。
アナザーウォッチを用いて別のアナザーライダー変身するというを持つ。スウォルツく「全てのアナザーライダーを統べし裏のライダーの王」に位置づけられるアナザーライダーであり、全ライダーのを受け継ぐ時の王たるオリジナルとは対関係の存在と言える。ジオウゲイツのアーマータイムの様にアナザーライダーを模した外装をうのではなく全に同じ外見になる為、どちらかといえばディケイドカメンライドに近い(あちらはベルト形状はディケイドのままという違いはあるが)。該当するオリジナルに弱いという特徴も踏襲されるが、ウォッチさえあれば制約なしに他のアナザーライダー変身できる為既に何個ものアナザーウォッチを入手しているアナザージオウ相手には有効な対策であるとは言い難い。生成したアナザーウォッチタイムジャッカー製の物と同様他の人間アナザーライダー化する事も当然ながら可なうえ、TJ製と違いオリジナルでも破壊する事が出来ず、大本であるアナザージオウを倒す以外の対策がい。
外見上のモデルは通常のジオウだが、ジオウIIと同じ未来予知を有しており、武器である時計の長針と短針を模した2本のサイキョーカンギレードの様に一体化してとして扱うことも出来る。アナザーライダーにはオリジナルが有効という点に例外はいが、その逆も然りであり、アナザージオウの攻撃もオリジナルジオウに対して特効となる為両者の戦いは正にやるかやられるかとなる。
クイズの様な時間軸の事情が絡むわけでもないのにオリジナルであるソウゴがジオウのままである理由について東映公式サイトではまだ歴史になっていない現在進行形ライダーだからではないかと推測されている。記されている年号2019なのはこの影2019年初出であるジオウIIの要素を併せ持つ事を意味しているのかもしれない。ソウゴがジオウIIとなり強大なを得たことでスウォルツは機が熟したと判断し、ソウゴに恨みを抱く飛流を見出してアナザージオウを生み出したようだ。しかしEP28終了時点でもいつどうやってアナザージオウウォッチが作り出されたのかは不明のままである。

アナザージオウII

身長200cm
体重:92kg
特色/:時間変、アナザーライダーの召喚
契約者:加古川飛流
契約したタイムジャッカースウォルツ?
登場回:EP41,42

オノレ ジオウ

世界に王は2人もいらない。お前の代わりに、最低最悪の魔王になってやる」

かつてアナザージオウとしてソウゴ達と敵対した飛流が「アナザージオウIIウォッチ」で変身するアナザーライダー。他のアナザーライダーと違い身長・体重はオリジナルジオウIIではなくジオウと同じである(つまり以前と変わっていない)。
ジオウIIとアナザージオウを足して割ったような姿をしており、後述の世界において魔王となった事を意味しているのか、肩アーマーのディテール等にはオーマジオウの要素も見受けられる。また、背中に書かれていた「2019」「Zi-O」の配置が以前とは逆になっている。
アナザージオウがジオウIIに匹敵する存在であったように、こちらはグランドジオウに相当する…即ちアナザーライダーの召喚と時間操作のを有している。召喚されたアナザーライダー年号は全ての個体が2019で統一されており、ベースとなった人間が存在しないため倒されると跡形もなく爆散する。時間操作は飛流の念がを増幅しているのかグランドジオウよりも強なものになっており、単に時の流れをめたり巻き戻すだけにとどまらず、歴史そのものを変することまで可。しかし、飛流はそのを自分の家族を含むバス事故の犠牲者のためではなく、ソウゴへの復讐心を満たすために行使してしまった。
事情はどうあれ、歴史竄によって自身の恨みに世界中を巻き込んでしまったことは事実であり、その意味ではEP42で自身が宣言した「最低最悪の魔王」といっても差し支えない所業を行ったといえる。最低最悪を回避し最高最善をジオウアナザーライダーとしてはこの上なくわかりやすい対であろう。

俺には…劇中の動向を思うが儘に書き換える力がある

EP25「アナザージオウ2019」

は加古川飛流… 常磐ソウゴ! お前とは何度も交差する運命にある。またすぐ会うだろう」

アナザーライダー同士は互いを引き付け合うという性質を活かしてかつてタイムジャッカー契約した人物達を襲い、彼らに残るアナザーライダーの残滓からアナザーウォッチを生成して回っていた。既に少なくとも冒頭時点で檀黎斗からは残滓を回収済みであり、アナザーオーズの姿で元アナザービルドのバスケ選手を襲撃して回収した残滓からアナザービルドウォッチを生成した。さらに飯田を襲撃してアナザーエグゼイドの残滓も回収している。
ジオウとの初戦ではアナザービルドに変身して応戦。ジオウビルドアーマーのボルテックタイムブレークの直撃を食らうが、その直後にアナザーエグゼイド変身してジオウ驚愕させる。しかし黒ウォズの手引きによってこの戦闘ではジオウを取り逃してしまう。
後に佐久間一の元に現れるとアナザーフォーゼとアナザーファイズの残滓を奪い、駆け付けた明光院ゲイツに対しアナザーエグゼイド変身して応戦。クリティカルタイムバーストや途中参戦したウォズフューチャーリングカイフルメタブレイクをものともせず、アナザーファイズ変身して白ウォズを攻撃した後変身を解くと、ソウゴに対して「お前とは何度も交差する運命にある」と因縁をつけて撤退した。
次の標的として瀬を選び彼の元に現れるも、ソウゴの妨に会いアナザーウィザードの残滓の回収に失敗する。苛立ちながらも打倒ソウゴを宣言し、アナザー鎧武変身してジオウIIと対峙。乱入したウォズフューチャーリングクイズの不可思議マジックを受けるも今度はアナザーゴースト変身してゲイツ白ウォズを返り討ちにしてしまう(タイミングは不明だが、この時点で既にアスラとマキムラにも接触済みと思われる)。その後遂にアナザージオウへと変身し、お互いの未来予知による読み合いの戦いが幕を開けた。

EP26「ゲイツリバイブ!2019」

「教えてやる。家族の命が奪われた原因となったのが…お前なんだ」

ジオウIIとの戦の最中、お互いの攻撃によって生じた爆発に紛れて撤退。その後、かつての勤務先だったマジックハウス跡を訪れていた瀬を襲撃し、ソウゴが駆け付けた時にはすでにアナザーウィザードの残滓を奪い取った後だった。瀬を守れなかったことを悔やむソウゴに対し、10年前のバス事故についてりだした。
事故当日、飛流は2009年へと来訪したツクヨミバスの中でソウゴの名を叫びながらファイズフォンXの引き金をひく姿を鮮明に覚えていた。この一件からソウゴがバスに同乗さえしていなければ両親と死別したあの悲劇が起こらなかったという考えに至り、ソウゴを家族として今の今まで恨み続けていたのである。更にソウゴにとっての順一郎と違い自分には迎えに来てくれる人がいなかったことへの嫉妬の念を拗らせており、その恨みは深く捻じ曲がってしまっていた。
恨みをらすべくアナザージオウに変身して襲い掛かり猛攻を仕掛けてジオウIIを追い詰めるも、その猛攻を受け止めたゲイツ変身したゲイツバイブに圧倒され、劣勢を悟ったスウォルツによって撤退させられた。

EP27「すべてのはじまり2009」

は……常磐ソウゴを倒したいだけだ」

飛流はバス事故を引き起こしたのは幼少時のソウゴを狙ったツクヨミによるものと考えていたが、その相は彼の認識とは大きく異なっていた。ツクヨミ口は2000年まれの子供達から将来の王を見出そうとバスに乗り込んできたスウォルツからソウゴを守るための物だったのだ。
更に飛流が生存できたのは秘められたによってソウゴが実体化させた音によって瓦礫の下敷きを逃れたためであった事が判明。飛流が復讐の対と見做しているソウゴは家族どころか命の恩人だったのである。しかしスウォルツが跳ね返したツクヨミ弾に運悪くり、救助されるまで気絶してしまったせいでそういった経緯を知ることはなかった。結果、家族スウォルツであることを知らぬまま10年間もの間ソウゴを恨み続け、あまつさえそれをいいように利用されていた事になる。
得物を横取りさせまいとジオウ打倒を誓うゲイツに立ちはだかるも、ゲイツバイブ疾風にはが立たず惨敗を喫してしまう。どうすればジオウゲイツに勝てるのかと憤っていたところに現れたウールから仮面ライダー白ウォズから奪う作戦の助を持ち掛けられ、ブランクウォッチを差し出される。
見ず知らずの一般人アナザーウォッチ融合させてアナザー鎧武・アナザーゴーストを生み出し、それらを嗾けて隙を見計らいブランクウォッチ仮面ライダーウォズを封じ込めた。奪い取られたウォズミライドウォッチノートを利用して取り返そうとした白ウォズだったが、そこに割って入った黒ウォズウォッチを手にした事により作戦は成功。憤慨する白ウォズをよそにその場から姿を消した。

EP28「オレたちのゴール2019」

「常盤ソウゴは……が消す」

先の作戦を達成した見返りによってウールの助の下で8体のアナザーライダーを創り出し、ゲイツとの決戦に臨もうとするソウゴの前に立ちふさがり数に物を言わせて襲い掛かる。
この軍勢を何とか振り切り満身創痍の中「約束の場所」で再開したソウゴとゲイツの前に追いつき今度こそ息の根を止めんとするが、ソウゴの事を友と認めたゲイツによりその攻撃を防がれる。合流したアナザーライダーと共に二人を倒そうとするもアーマータイムを駆使するジオウ達によりアナザーライダー軍団は次々と倒され、アナザージオウ自身もジオウIIゲイツバイブの連携により撃破された。
 敗れてもなお呪詛の言葉を履くも、ソウゴからてのゲイツの様に「過去は乗り越えていくしかない。過去のためではなく今のために生きよう」と投げかけられその場に崩れ落ちた。だがバス事故相をツクヨミソウゴにも飛流にも伝えていなかった為に、飛流は親のというソウゴへの誤解が解けぬまま一方的に諭されただけの格好になり、和解するどころか更なる嗟のへと突き進んでいく事になる。そのことを予見するかのようにアナザージオウウォッチ砕けた直後に時が巻き戻るかのように再生した。

EP41「2019:セカイ、リセット」

「『どうして』…? お前に味あわされた屈辱を返すために決まってるだろ!!」

EP28でソウゴに「今のために生きよう」と諭されていたが、その言葉はく「選ばれざる者」である飛流にとっては侮辱以外の何物にも聞こえないものであり、出番のない第3章の間、その念は逆恨みや八つ当たりなどという生易しいものでは済まない域にまで醸成されてしまった。そんな飛流とグランドジオウへの対抗策として強硬手段に出ることにしたスウォルツの利は一致し、アナザージオウIIウォッチを得るやいなや、選ばれし者=ソウゴの言葉が口だけであることを明するために彼から全てを奪い取るべく歴史竄を行った。それが道化の王のを突き進む事だとも知らずに…。
このんだ時間軸にいて飛流は魔王として君臨しており、そのとして彼の居の前には「常盤ソウゴ初変身の像」ならぬ「加古川飛流変身の像」が鎮座していた。その周りにはアナザーライダー達の像が配置されており、人間大にまで縮小されたアナザークウガの像の両隣には今まで確認できたどのアナザーライダーにも合致しない後姿が確認されている。クジゴジ堂はゲイツツクヨミが所属するレジスタンスの救護施設となっており、戦場カメラマンに扮した門矢士以外からはソウゴにわる記憶が失われていた。更にウォズ歴史竄の影魔降臨歴からソウゴがオーマジオウになる未来も失われたとして、飛流の軍門に下ってしまう(実際はスウォルツの動向を探るための演技だった)。
アナザージオウIIウォッチを取り出して変身すると、「アナザーアギト」、アナザー電王、アナザー鎧武を召喚。グランドジオウと召喚された電王ソードフォームと鎧武オレンジアームズによってアナザーライダーを撃破されるも、時間を行使して時に復活させる。しかしこいたちごっこの最中、どこからともなく現れた士の撃によって怯んだ隙にグランドジオウを逃してしまうのだった。

EP42「2019:ミッシング・ワールド」

「もっとを苦しめないと… この時間を書き換えるを使ってな…」

ウォズからソウゴのその後の姿としてオーマジオウの存在を提示されると、更なる苦痛をソウゴに与えその未来を奪い取ると宣言。その直後、居に潜入した海東大樹仮面ライダーディエンドを始末するべくアナザーエグゼイドとアナザーゴーストを嗾けるも、ディエンド仮面ライダーブレイブクエストゲーマーレベル2と仮面ライダースペクターを召喚して対抗。挙句彼らの交戦中にディエンドからアナザーウォッチを盗まれるという失態を犯してしまうが、待ち構えていたスウォルツの手によってウォッチを取り戻すと、オーラと共に出した。
ソウゴ達の元に姿を現すと自ら「最低最悪の魔王」になる事を宣言し、アナザージオウIIに変身してジオウIIと交戦。協を条件にスウォルツ時間停止を与えられた東によってグランドジオウウォッチを盗まれ切り札を失ったジオウIIを追い詰めるが、彼を助けようとしたゲイツバイブ疾風の横が入り、またしてもとどめを刺し損ねた。
その後スウォルツの提案を受けてツクヨミソウゴを誘き寄せる囮として拉致しようとアナザービルドとアナザーカブト彼女の元に差し向ける。彼女を助けるべく士が立ちはだかると、ツクヨミ拉致はアナザービルド達に任せて自分は士が変身したディケイドに応戦。ジオウを苦戦させたディケイド相手にもそのスペックで優位に立ってみせるが、駆け付けたゲイツバイブを交えた1対2となってからは元々の戦闘経験の差からか次第に押され始めていく。

EP43「2019:ツクヨミ・コンフィデンシャル」

「常盤ソウゴ… 次に会う時がお前の最期だ」

ゲイツバイブディケイドに加えジオウIIが加わり1対3となった戦況を必殺の一撃により切り返そうとするも、ディケイドオーロラカーテンによって撤退を許し、次に会う時がお前の最期と消えたソウゴに対し捨て台詞を吐く。
そして彼らにウォズを加えた4人のライダーを居にてアナザーライダーの軍勢と共に迎え撃つが、精の落ち着きを取り戻したグランドジオウには未来予知が通用せず、アナザーライダー軍団を次々と倒されていく。敵わないのは過去しか見ていないからだとグランドジオウ摘され、憤慨する中オールトゥエンティタイムブレークによって撃破され、歴史は元通りに修復された。アナザーウォッチは破壊されていなかったものの東に奪われ、スウォルツに「王の資格はない」と切り捨てられる結末を迎えるのだった。

関連商品は俺のものだ… 返せ!

何故だ…… 何故俺は関連項目に敵わない!!

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8A%A0%E5%8F%A4%E5%B7%9D%E9%A3%9B%E6%B5%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

加古川飛流

217 ななしのよっしん
2019/10/29(火) 12:58:54 ID: SlP/g8lP8e
いかんせんゲイツが打倒魔王の為に来ながら「この時代のお前に恨みはないが」「未来の為に」みたいな言い回しのキャラだったのが尚更飛流のを下げてそう
原因にソウゴが絡んでいても何もしてない頃のソウゴ当人は分けて考えられたゲイツと、少なくとも直接手を掛けた訳でもなければ自身も両親を失ってるソウゴをも恨む飛流と

まあバス事故相を知らないから知って何かが変わる可性はある分見てる側はもやる物がある
役者さんも言及されてたし中の人とかトークとか含め色々評判いいの聞くから飛流役にしろそうでないにしろ挽回の機会があればとは思うな
218 ななしのよっしん
2019/10/29(火) 17:39:53 ID: Opvm9Hvmhh
大勢の人々に危を加えておきながら逆恨みのクソ外道という点ではスター☆トゥインクルプリキュアアイワーン同じ穴の狢なのに、アイワーンは何か許されてる感じなのに飛流はどこまでも許されない…

飛流とアイワーン、どこで差が付いたのか…
219 ななしのよっしん
2019/10/30(水) 11:32:09 ID: vLY8DNn+rm
佐々木望さんにが似てて驚いた
220 ななしのよっしん
2019/11/01(金) 21:34:25 ID: mYnEEU5jzw
>>218
アイワーンというかノットレイダーの面々は過去に散々なに遭って思想に影が出た事がられたりフラグも立ってたりするからまだいい方だろう
加古は差し伸べられた手を全で振り切ってるから、もはやネタキャラの領域に入っている
221 ななしのよっしん
2019/11/05(火) 18:53:29 ID: Opvm9Hvmhh
>>220
悲惨な過去持ちという意味でも飛流とアイワーンは同じなだが…どうしてこうも扱いが違う?
飛流もジオウ世界観じゃなくプリキュア世界観だったら許されてたのかなあ…?
222 ななしのよっしん
2019/11/06(水) 22:26:36 ID: P0nBmIIz08
許されない。何故なら彼は自分に与えられた救いと許しを自分のアイデンティティを壊す存在として全て振り払うから。
223 ななしのよっしん
2019/11/07(木) 10:59:51 ID: 7n93/GeW1i
>>222
脚本にそうさせられてるんじゃ
224 ななしのよっしん
2019/11/08(金) 12:59:27 ID: TRYR6EZdsy
アイワーンの場合逆恨みの対でもあるユニにも問題があった、とかかな。
故郷を滅ぼした本人とはいえバケニャーンと偽って取り入れ肯定する言葉を掛け続けたり親身になって接してあげたり…
そんなバケニャーンが居る場所に居心地を感じてたアイワーンからすれば自分が大切にしていた思い出が全てだったという事実は傷付いたし、ユニもアイワーンに対して酷い事をしたのは事実
先にアイワーンがしたんだから酷いにあって当然という意見もあるけど、それは自分達は被害者なんだから酷い事をする権利はあるスタンスのノットレイダーを肯定する事にもなるし、劇中では双方に問題があるという事で辛辣な扱いはされない。

ソウゴが加古に対して具体的に酷い事したならアイワーンとユニみたいな関係に落ち着いただろうけど、まず加古当人が犯を勘違いしてるし慰めの言葉も解釈違いしちゃってるしなので…
225 ななしのよっしん
2019/11/08(金) 13:18:44 ID: AjLwtgZb4R
仮面ライダーフィフティーンアナザージオウの先駆けだよね
あちらは最終的に心してるけど
226 ななしのよっしん
2019/11/08(金) 23:39:42 ID: egtZbIBYs9
逆恨みといえば半ば八つ当たりを向けてたナダもいい感じに救われたのに
アイワーンとナダとここまで差がつけられたら、「これはが生まれた仮面ライダーというコンテンツが悪い!」って逆恨みを始めそう

そしてその憎悪はなぜかソウゴに飛ぶ