加藤博一単語

カトウヒロカズ

加藤博一1951年10月9日2008年1月21日)とは、西鉄ライオンズ阪神タイガース横浜大洋ホエールズに所属していた元プロ野球選手である。

概要

OB
加藤博一
基本情報
出身地 佐賀県
生年 1951年10月9日
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 外野手
プロ入り 1969年
引退 1990年
経歴
選手歴
プロ野球選手テンプレート

1970年テスト生として西鉄ライオンズに入団、入団後はコーチの勧めでスイッチヒッターに転向、2軍では74年に打率.359を記録して首位打者を獲得するなどの活躍を見せるが、西鉄での1軍出場は入団から6年間の内、72年に記録した3試合のみと機会には恵まれなかった。

76年にはトレードで阪神タイガースへ移籍、76年・77年は両年共2軍31盗塁を記録して盗塁王を獲得するが1軍出場はほとんどく、78年は2軍サイクルヒットを記録したが、1軍での出場試合数はわずか31試合に終わった。

しかし79年、この年ようやく1軍に定着した加藤江川卓から初本塁打を放つなどの活躍を見せ、翌80年は112試合に出場して打率.314を記録した他、盗塁王は38盗塁を記録した高橋慶彦に譲ったが、加藤34個の盗塁を記録した。

だが81年・82年は再び打撃が低迷して出場機会が減り、83年に野村収とのトレードで大洋ホエールズに移籍。
移籍1年バットで全く結果が残せず代走要員に留まったが、84年は出場試合が80年以来の100試合をえ、打率も.276と復調し、85年は同僚の高木豊屋鋪要と「スーパーカートリオ」を結成、監督であった近藤貞雄の示の元走りまくり、自己最多となる48盗塁を記録した。

86年にはそれまでのスイッチヒッターから左打ちに専念するようになり、この年一となるオールスター出場を果たすが、後半戦に怪で離脱したこともあって盗塁は前年の半数以下となる22盗塁に終わった。

87年に古葉竹識監督に就任すると以降は出場機会が減り、90年に現役を引退した。

引退後は解説者として「プロ野球ニュース」「すぽると!」「CSプロ野球ニュース」などに出演していたが、2006年頃に肺がんに侵されていることが発覚、2007年には左肺を摘出したが、2008年1月21日、肺がんのため56歳の若さで亡くなった。
その死は野球ファンスーパーカートリオを組んだ高木豊屋鋪要だけでなく、90年まで大洋に所属していたカルロス・ポンセなども悲しんでいた。

人物・エピソード

以上のような経歴を見る限り、加藤は失礼ながら現役期間が長かったこと位しか特筆することのない選手だったのだが、他の選手にはない天然・面エピソードを数多く持っていたことから(オフの)テレビで注され、結果的にお茶の間の人気者となった。

 通算成績

通算:16年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 1062 2619 2321 342 628 23 176 169 95 7 179 17 361 36 .271 .326

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%8D%9A%E4%B8%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

加藤博一

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 加藤博一についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード