加藤武治単語

カトウタケハル

加藤武治(かとう だぎゃーるたけはる、1978年3月24日-)とは、山形県出身の元プロ野球選手投手)である。現在北海道日本ハムファイターズ二軍投手コーチを務める。

概要

身体を大きく沈み込ませる独特のフォームから、キレのある速球を投げ込むサイドスロープロ野球選手ではしい、国立教育大学である東京学芸大学の出身。当然ながら教員免許を持っている(東京学芸大学は教員免許の取得とは関係ない専攻も多くあるので注意)。

三菱ふそう川崎を経て、2002年ドラフト4巡横浜ベイスターズ名され入団。

横浜時代

2003年(1年)からリリーフとして活躍、44試合で防御率2.77の好成績を残す。


2004年途中に先発に転向したが、2005年炎上して中継ぎに戻った。


2006年木塚敦志川村丈夫、マーク・クルーンと「クアトロK」を結成してセットアッパーとして活躍。リーグ最多の65試合の登板で8勝7敗1セーブ27ホールド、防御率2.44の成績を挙げ、最優秀中継ぎ投手タイトルを獲得した。


2007年大矢明彦監督先発再転向をもくろんだが失敗。椎野茂毒舌実況を繰り広げたオリックス戦ではチームを差した高宮和也の後を受けて三番手として登板椎野から「加藤ダギャール」の異名を与えられる。ちなみにこの試合で加藤は5回までの2イニングを投げて勝ち投手になっている。この年もリリーフでは好成績を残した。


2008年を痛めてからは本来のフォームで投げられなくなり登板機会が減。


2009年オフ関口雄大とともに、稲田直人坂元弥太郎松山傑との3対3のトレードで北海道日本ハムファイターズに移籍。ちなみに東京大学関口滋賀大学の出身で3人そろって国立大出身である。

日本ハム時代

2010年場に中継ぎとしてそこそこ投げていたが、21試合の登板に留まり一軍定着ならず。


2011年は一軍登板しに終わり、シーズン終了後に戦力外通告を受け、現役を引退

引退後

2012年から、日本ハム二軍投手コーチとなるが、2014年に退団。国士舘大学で3年間コーチを務めた後、2018年日本ハム二軍投手コーチとして復帰する。

成績

通算投手成績

通算:8年 登板 先発 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB 294 23 0 0 30 28 9 58 .517 454.1 113 443 194 182 3.61

関連動画

関連商品

募集中

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%AD%A6%E6%B2%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

加藤武治

1 ななしのよっしん
2011/10/20(木) 14:06:17 ID: a7+EC2vx55
戦力外通告・・・小野涼子涙目
2 ななしのよっしん
2012/01/03(火) 23:17:35 ID: huD4ro3GrD
(コーチ就任してたとは)知らなかった
3 ななしのよっしん
2013/01/20(日) 00:48:45 ID: iTYbdPcxVy
ダギャールと呼ばれてしまうようになったのも、
こいつが悪い高宮でございます
4 ななしのよっしん
2017/12/04(月) 15:55:24 ID: fuMVT6wJTq
ハム二軍投手コーチに復帰した模様