加賀市単語

カガシ

加賀市(かがし)とは、石川県加賀地方にある都市である。

概要

福井県との県にあるで古来、旧大聖として栄えたである。また、日本有数の名湯、加賀温泉郷(片山温泉、山代温泉山中温泉)を抱えるでもあり、江戸時代にはの細松尾芭蕉とその子たちが訪れており、子の河合曾良腹痛のため、を断念して別れる一節は古典の教科書に載るほど有名である。

2006年平成の大合併の時には、当時江沼だった山中町を吸収合併し、新生「加賀市」としてスタートしている。

近年では加賀市立病院山中医療センターの統合問題が出ており、両病院を統合して加賀温泉駅周辺に新しく建てて移転させる計画が進められているが、一部住民が反対している。

産業

自動車オートバイ関連部品を製造する地元企業の大同工業がある。また、現在大阪に本社を置いているが、新工業の創業地でもある。(現在は支社工場の山中工場がある。)伝統工芸としては旧山中町地区に山中塗が伝わっている。

交通

鉄道

現在北陸新幹線が建設中であり、加賀温泉駅新幹線が併設される予定である。地に近い中心大聖であるが、優等列車は全て加賀温泉駅に停する。(ごく一部、大聖にも停する。)なぜそうなったかは下記関連動画にある迷列車北陸編を見るとよく分かる。
かつては北陸鉄道の加南線(山中線、山代線、片山線)が走っていたが、全て廃線になっている。

道路

観光

日本有数の名湯の一つ。山中温泉においては平安時代鎌倉武士長谷川部連が発見したと言われており、傷を負ったが傷を癒しているところ見てそこを掘ってみると偶然温泉が湧き出たという逸話がある。この話から現在北陸本線特急になっているしらさぎ(特急)ルーツにもなっている。また、前述にもあるようにの細松尾芭蕉が訪れている。山代温泉においては奈良時代の僧、行基が発見したと言われており、明治時代には北大路魯山人、与謝野晶子など多くの文化人が訪れた。
山中温泉に隣接する渓谷紅葉の名所。
その名の通り、が多く生息する池でラムサール条約の登録湿地になっている。江戸時代から残る坂網猟と呼ばれるアメフトラケットのような形をした網を使って投げる猟がある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8A%A0%E8%B3%80%E5%B8%82

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

加賀市

1 ななしのよっしん
2016/01/27(水) 14:54:10 ID: HWhYOSVocW
なんで旧国名にしたのかな。大聖の方が絶対かっこ良かったのに。
2 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 00:36:06 ID: IRxLBRiDi0
かっこよくない