勧善懲悪単語

カンゼンチョウアク

勧善懲悪とは、漢文読みすればわかるとおり、善を勧め悪を懲らしむ ということ。

概要

ようするに悪いをやっつける、場合によってはぶっ殺す、弱きを助けたり、善を助け勧めるということ。古今東西、基本的には人々に好まれ、マンガドラマ等の創作も基本的にはこれが根底にあるものが多い。それこそ古くは曽我物語とかから。(まぁそりゃ普通は悪者にはなりたくないし、悪が勝って悪がはびこりました、ではね。悪代官とかいうギャグゲームみたいなのはさておき。)もちろん、中には単純な勧善懲悪ではなく、相手も別の「正義」を信じているとか、実は主人公正義と信じた信念は悪でした、のような単純な勧善懲悪ではわりきれないものもある。

関連動画

多すぎるので割愛

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8B%A7%E5%96%84%E6%87%B2%E6%82%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

勧善懲悪

115 ななしのよっしん
2018/07/28(土) 22:59:07 ID: QamChrzaAn
それ結局殺す側線の話だし、インディアン側から見たら悪で、開拓側も「正義とか笑えるw悪なの知ってるけど得だからやってんだよw」と自覚してやってる連中も多かっただろうよ。

そもそも大仰に正義を掲げるは、インディアンの方が圧倒的多数で、利益を得るのが圧倒的少数でも「これが正義だ、善だ」とか言うだろうよ。
116 ななしのよっしん
2018/08/27(月) 12:50:01 ID: 1J4YhecgTj
時代の価値観も大きいだろうね
現在の善悪の価値観も正義も普遍的なもんじゃないし、価値観も文化によって通用しないもの多い
細かな倫理観でも5年10年前は普通だったのに…ってのもざらだし

環境によって流動するから、ざっくり言ってしまえば正義とは人間という生物が群れで行動する際、団結ルールの共有を生み出す時便利な生存戦略具でそれ以上でもそれ以下でもないのじゃないかとも思ったりするな
だからこそ一生懸命意味を考えていかないといけない言葉とも思うが
117 ななしのよっしん
2018/08/27(月) 13:50:39 ID: 1J4YhecgTj
あと生き抜く為の知恵とか生活に密着する言葉でもあるから「正義」という言葉を使う人に関して
視聴者自身の現実の立場、遇、道徳観念、ポリシーとか色んな事含め作中人物の言う正義と照らし合わせながら意識に厳しく見てしまう本が働くとかそういうのもあるのかね

正義って権者とかリーダー気質の人がよく使う言葉のイメージもあるからそれにふさわしいかどうかフィクションであれ意識に考えてる人がいるのかもしれんし、それが批判とか、場合によっては度の過ぎたヘイトにつながるのかもな
118 ななしのよっしん
2018/09/02(日) 22:00:42 ID: Mql110dd/b
海外ドラマいくつか見てるけど清々しいくらいの勧善懲悪でとにかく多少行き過ぎた行為があっても正義万歳、悪は皆死ねって感じなんだけど、エンターテイメントとしてはグダグダと各々の正義がどうこうられるよりはこっちの方が爽快感あって面いなとは思う
119 ななしのよっしん
2018/09/11(火) 01:18:55 ID: 1J4YhecgTj
そういうのもいいなぁ、下手すると一本調子になっちゃったりもするがそのお約束こそが心地よかったりもするな
マーケティングとか考えると越えても大衆に広く通用する善悪を模索する地制作者の努とかもるんだろうね

ただそういう分かりやすいエンターテイメントも娯楽として割り切って楽しむ人と、分かりやすい物でも提示された善と悪に関してウンウン考え込む人とかで割れたりするんだろうが、そこは個人の好みや楽しみ方の領域なんだろうな
論どっちにせよ過荒らしになるとかは駄だが

あとドラマはあんまり分からんが映画とか見てると柄も大いに出るように感じたな
イギリスあたりは露な説明はないが善側に遠回しな皮が敷かれてたり、アメリカらへんは広範囲をターゲットにした商売が進んでるから「とにかく老若男女に分かりやすく!」っていうのにが入れられてる作品が多いような勝手なイメージである
120 ななしのよっしん
2018/10/10(水) 03:12:35 ID: TqRUSK941t
勧善懲悪な作品にしろ各々の正義がどうこうる作品にしろもっと言えばどんな作も数が増えれば飽きてきて別の刺めたくなる
だからブームってループしてるんだし(熱い作品が流行った後に暗い作品が流行ってその後にまた熱い作品が注を浴びるみたいな
121 3543
2018/12/21(金) 02:06:18 ID: QamChrzaAn
勧善懲悪やるなら、ちゃんと善が善に、悪が悪として描かれてるのも重要だなぁ。

視聴者から見て善に見えないのに、作中で善とされてて、悪に見えないが、扱き下ろされて悪と見做されてる作品は大概、非難される。

勧善懲悪の方が一般受けするって考えのまま、安易に史実物や戦争物にそれを持ち込んで駄にするとかもあるし(もちろん、上手くやればできない訳ではない)。
122 ななしのよっしん
2018/12/28(金) 05:08:19 ID: +uMMAnR7MO
勧善懲悪論はこの考察興味深かった
https://syosetu.org/novel/177967/2.htmlexit
123 ななしのよっしん
2019/02/14(木) 17:44:11 ID: 2EAWMPB0zl
>>120
ブームループしてたというより、気の波と連動してたって感じだな
気が良ければ明るい作品が、気が悪ければ暗い作品がそれぞれ流行る

気の悪さが長続きすれば、ただ他人を悪と認定して罰したいという懲罰欲求復讐願望の作品が流行る
それすら通り越せば、終末ものや転生ものといったリセット願望や死後の救いをめるものが流行る

長いで見れば歴史亡と連動して、時代ごとに似たような作品が繰り返し生まれたようなもの
124 3543
2019/02/16(土) 18:07:54 ID: QamChrzaAn
気が良いから刺がある悪い話が流行る、気が悪いと日常系みたいな明るい話がめられるなんて逆の意見もしょっちゅうみるし、そこまで関係ないと思うが。

勧善懲悪に絞っても、世の中明るいからスッキリ明るく終わるのが見たいんだ・世の中が悪いから悪を罰させるのがみたいんだと、幾らでもこじつけられるし。

成長期やバブル期にだって人気が出た暗い話や復讐物はあったし、終末者が流行ったのも単に世紀末前後だったからテーマとして最適だったからってのがあるし。