北方謙三単語

キタカタケンゾウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

北方謙三(きたかた けんぞう)とは、ハードボイルド小説歴史小説で有名な日本小説家である。

概要

1947年佐賀県唐津市に生まれる。1970年に「明るいへ」が「新潮」に掲載されて学生デビューを果たしたが、その後約10年近く持ち込み原稿をボツられ続ける不遇の時代を送る。

1981年、長年の志望だった純文学を諦めて書き上げたハードボイルド小説弔鐘はるかなり」で二度デビューを果たし、やがて人気小説家として知られていくようになる。

1989年からは日本南北朝時代を題材とした歴史小説(いわゆる「南北朝もの」)を執筆するようになり、歴史小説の分野でも知られるようになった。1996年からは中国史に進出、2000年から2016年にかけて全51巻にわたる〝大水滸伝シリーズを発表した。

ニコニコでは、中国古典文学北方氏なりに解釈・アレンジした長編小説三国志」「水滸伝」が題材として取り上げられている。

人物

男の死に様、すなわち如何に生きる」をテーマとしており、作品内でのカッコイイ死に様には定評がある

大学時代には全共闘運動に積極的に参加しており、この時の経験は氏の作品に大きな影を与えている(そもそもデビュー作の明るいへ」も全共闘運動を題材とした作品であった)。集団(軍)の行動や最前列で突撃する人達の心理の描写は、この時の機動隊とのぶつかり合いの経験を活かしているとのこと。

エッセイも多数書き上げており、他にも個性的なエピソードが多い。

  • 学生デビューしてから弔鐘はるかなり」を発表するまでの10年間、書き上げた純文学の原稿は優に自分の背丈をすという。ちなみに純文学を諦めて大衆小説に転向したきっかけの一つは、が生まれたため。
  • 書き下ろし長編である(実質締め切りはない)「三国志」全13巻を、二ヶに一冊という脅威のペースで書き上げている。この時の経験は「連載が何本か重なっても大丈夫という自身に繋がった」とのこと。
  • はマセラティで、作中に登場することもある。また、個人でクルーザーも所有している。
  • 曾祖は新高製菓の創業者であり、かなり波万丈な人生を送った人物であるらしい。この曾祖・曾祖母エピソードを基にして書き上げた作品が「望郷の」である。
  • ホットドッグ・プレスにて人生相談を受けていた際に、「ソープへ行け!」というインパクトのある回答をしたことから、「北方謙三といえばソープ」的なネタがある。

主な作品

非常に多作で、現代もののハードボイルドだけで約100冊、日本歴史時代小説が約20作、中国ものは〝大水滸伝〟全51巻・「三国志」全13巻・「史記」全7巻・「将」全2巻で合計73巻あり、上下巻の作品やエッセイ集もあるため、著作は全部合わせると200冊を軽くえる

何から読めば?という人は、ハードボイルドなら初期の単発作品「弔鐘はるかなり」「逃がれの」か、高刑事シリーズの最初の2冊「眠りなき」「檻」、ブラディ・ドールの1巻「さらば、荒野」あたりから入るといいだろう。歴史ものは興味のある題材のものからどうぞ。

ハードボイルド

歴史小説(日本)

歴史小説(中国)

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8C%97%E6%96%B9%E8%AC%99%E4%B8%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北方謙三

24 ななしのよっしん
2016/12/18(日) 00:36:57 ID: NIDqodpY7R
>>21
もっと詳しく言うと三国志劉備軍対曹操軍(大将曹仁)で八門鎖のを敷かれる直前のシーンだな
この時点での徐庶は軍師じゃなくて伊籍に連れられて半分視察、半分見物に来てる感じだな

本来は劉備軍の異常な精強さと(八門鎖の策で突っ込みそうになるという)軍略の不足を強調するシーン
25 ななしのよっしん
2018/12/21(金) 23:28:36 ID: o6yiyZteIB
菊池武光もかっこいいぞ
26 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 07:08:49 ID: sHCf+IYkK2
童貞コンプおじさん
27 ななしのよっしん
2020/07/17(金) 15:35:16 ID: PYVelDHgXS
本人く想像の産物というけど、料理の描写がすごく生き生きして好き
三国志張飛が作ったのが初出で水滸伝にも登場した野戦料理や、
秘伝のタレで食べる鹿刺し、入れの饅頭とか食いたくなる
28 ななしのよっしん
2020/08/29(土) 00:27:33 ID: NIDqodpY7R
単行本だがチンギス記に大ハマり中
風呂敷を拡げ過ぎずに登場人物の生き様を軸に描けばやっぱり凄いんだなと再確認だわ
29 ななしのよっしん
2020/08/29(土) 00:38:18 ID: FPQGSclpYT
ソープで有名だけど本人は発言した時は行ったことがなかったってのを最近知った
行った後の感想が情がないと面くないとかギャグやん

30 ななしのよっしん
2020/12/12(土) 02:22:39 ID: glf5qF1RKt
水滸伝読んで伝数巻読んでフェードアウトしたんだが、いまやってるチンギス紀というのもおなじ世界観を共有してるらしいね
ボリュームすごすぎるわ
でも水滸伝サクサク読めたし、まとまった時間作れたら読破したいと思っている
刑事のやつも面かった

世界観を広げるというか、クロスオーバー的なの昔から得意だよな
ワイルドな本人のキャラと反して、ものすごく緻密な作業を得意としてる作家イメージがある
水滸伝だけでも108プラス100人ぐらいはいるわけで、更にその続編、続々偏、続々々偏と物語作っていくって凡人なら頭おかしくなるわ
31 ななしのよっしん
2020/12/31(木) 10:54:22 ID: 0w41al7X1x
キタカタ先生、この人はタダ者じゃない
そしてこの人の書く物語は一読の価値が確実にある。確実にだ。
32 ななしのよっしん
2020/12/31(木) 11:10:28 ID: mGy/+NHqVP
ハードボイルドものの男の描き方が好きだし、女性主人公の描き方も好き。
33 ななしのよっしん
2021/01/04(月) 08:55:14 ID: GCCgycOMj6
武将がる「あれほどの男が〜」とか「あの男なら〜」っていう文がすごく好き。男たちの世界って感じ