北方謙三単語

キタカタケンゾウ

北方謙三とは、ハードボイルド小説歴史小説で有名な日本小説家である。

概要

1947年、佐賀県唐津市に生まれる。1970年に「明るいへ」が「新潮」に掲載されて学生デビューを果たしたが、その後約10年近く持ち込み原稿をボツられ続ける不遇の時代を送る。

1981年、長年の志望だった純文学を諦めて書き上げた大衆小説弔鐘はるかなり」で二度デビューを果たし、やがて人気小説家として知られていくようになる。

1983年からは日本南北朝時代を題材とした歴史小説(いわゆる「南北朝もの」)を執筆するようになり、歴史小説の分野でも知られるようになった。

ニコニコでは、中国古典文学北方氏なりに解釈・アレンジした長編小説三国志」「水滸伝」が題材として取り上げられている。

人物

男の死に様、すなわち如何に生きるか」をテーマとしており、作品内でのカッコイイ死に様には定評がある

大学時代には全共闘運動に積極的に参加しており、この時の経験は氏の作品に大きな影を与えている(そもそもデビュー作の明るいへ」も全共闘運動を題材とした作品であった)。集団(軍)の行動や最前列で突撃する人達の心理の描写は、この時の機動隊とのぶつかり合いの経験を活かしているとのこと。

エッセイも多数書き上げており、他にも個性的なエピソードが多い。

  • 学生デビューしてから弔鐘はるかなり」を発表するまでの10年間、書き上げた純文学の原稿は優に自分の背丈をすという。ちなみに純文学を諦めて大衆小説に転向したきっかけの一つは、が生まれたため。
  • 書き下ろし長編である(実質締め切りはない)「三国志」全13巻を、二ヶに一冊という脅威のペースで書き上げている。この時の経験は「連載が何本か重なっても大丈夫という自身に繋がった」とのこと。
  • はマセラティで、作中に登場することもある。また、個人でクルーザーも所有している。
  • 曾祖は新高製菓の創業者であり、かなり波万丈な人生を送った人物であるらしい。この曾祖・曾祖エピソードを基にして書き上げた作品が「望郷の」である。
  • ホットドッグ・プレスにて人生相談を受けていた際に、「ソープへ行け!」というインパクトのある回答をしたことから、「北方謙三といえばソープ」的なネタがある。

代表作品

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8C%97%E6%96%B9%E8%AC%99%E4%B8%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北方謙三

17 ななしのよっしん
2016/02/23(火) 19:17:17 ID: wLKZ4rDAer
北方謙三を初めて知ったきっかけが「ソープに行け!」だったから、
この人を小説家だと知らず、コラムニストみたいな人なのかとごく最近まで本気で思ってたよ……
18 ななしのよっしん
2016/03/17(木) 03:17:16 ID: NIDqodpY7R
歴史ものだと軍記系が有名な人だけど日向一郎シリーズも好きだ
どうしようもない救われなさなのになぜか読み返しちゃう

伝以降に関してはオリジナル々よりも合流後に作が変ったのが原因な気がするんだよな
たちの生き様死に様よりも勢同士の関係の描写が重視されてきたというか
19 ななしのよっしん
2016/05/25(水) 23:26:32 ID: quyQPX+Mzg
そんなに読書する方ではなかったんだが、『二人だけの勲章』読んで面いと思ったわ。これを機に色んな文学に触れたいと思うんだが、同じ著者、同じ様な話で他にもオススメとかあれば、教えていただきたい。
20 ななしのよっしん
2016/10/27(木) 18:55:20 ID: ZVWrdcyvLd
主人公「私の軍は六千にすぎないが五万と想定している。」
主人公「兵を四つに分けているようにみえるだろうが、五万の兵なら実は繋がるのです。堅を敷いたつもりなのだがな」
軍師(遊んでいるのか?六千を五万と想定して、何の意味があるのか)
軍師「そろそろ、戦が始まりますね」

軍師「敵が三万の兵でこちらに向かってくる。敵のはこの本に集中してきます。わずか三千の歩兵で、踏んることができるのですか?」
主人公「三千ではない 三万と思っている」
軍師「しかし、三千は三千でしょう」
主人公「そうだな。しかし、むこうも三千と思っている。そこが、つけでもある。二度とは使えない方法だが」

稚拙なネット小説叩きの流れで投下されるこのコピペ好き。
明らか元ネタ知っててネタ入れながらいてる人と普通ネット小説だと思っていてる人に分かれるのが面い。
21 ななしのよっしん
2016/10/27(木) 19:22:48 ID: FwudbIRLG5
>>20
水滸伝だっけ?
リアルで読んで「?」ってなったけどまあいいかと流してた
22 ななしのよっしん
2016/11/28(月) 00:11:21 ID: E+DsX6cbTd
多分、三国志じゃなかったかな?
主人公劉備で、軍師が徐庶だったような
23 ななしのよっしん
2016/12/04(日) 13:52:07 ID: xhvVgUNXRv
三国志だね。
形の動かし方とかは学生運動中の体験が影してるとかなんかで読んだな。寡兵で釣り上げた警官をゲバ棒持った伏兵が襲ってたとかいう。
24 ななしのよっしん
2016/12/18(日) 00:36:57 ID: NIDqodpY7R
>>21
もっと詳しく言うと三国志劉備軍対曹操軍(大将曹仁)で八門鎖のを敷かれる直前のシーンだな
この時点での徐庶は軍師じゃなくて伊籍に連れられて半分視察、半分見物に来てる感じだな

本来は劉備軍の異常な精強さと(八門鎖の策で突っ込みそうになるという)軍略の不足を強調するシーン
25 ななしのよっしん
2018/12/21(金) 23:28:36 ID: o6yiyZteIB
菊池武光もかっこいいぞ
26 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 07:08:49 ID: sHCf+IYkK2
童貞コンプおじさん

急上昇ワード