北条政子単語

ホウジョウマサコ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

北条政子1157~1225)とは、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した女性である。

概要

北条時政は不詳。さらに言えば政子という名前も、朝廷から従三位に叙された際に・時政の名から一字取って命名されたものであり、元の名は不詳。源頼朝の妻となり、源頼家源実朝女子二人のとなった。

北条時政源頼朝の監視役となった関係から、頼と出会う。『盛衰記』によると当初を恐れる北条時政源頼朝との結婚を反対されるものの、政子がその意を押し切って、深夜の中を伊豆走湯山の頼のもとに走った、という経緯があったようだが、この話が事実かどうかは不明である。
実際『曾我物語』にみられる、この時北条時政によって決められたぎ先である伊豆代・山木兼は、史実では頼挙兵直前まで伊豆にはいなかったようだ。

とにもかくにも1178年ごろには長女・大が誕生している。源頼朝の挙兵後は一時的に走湯山に身を隠し、頼南関東をほぼ制圧した段階で鎌倉入りし、正式に御台所になった。1182年に源頼家、1185年頃に三1192年に源実朝を産んでいる。

やがて源頼朝が上した際は、これに付き従い、故後白河院の寵・丹後局(高階栄子)と会談し、大入内問題について意見を交換している。しかし、頼がそれまで協関係にあった九条兼実らを切り捨てて、土御門通親ら村上源氏と協したこの入内計画は、結局大が亡くなったことになって泡に帰した。

1199年に源頼朝が亡くなると出し尼になる。しかし自分の息子である源頼家率いる企党と、頼の近くから排除されつつあった北条氏の対立では北条時政や、北条義時と歩みを同じくし、頼と対立。比企能員の乱で息子源頼家も含めた企党の排除に協した。

しかし、1205年の畠山重忠の乱後の牧氏の変では北条義時北条時房らと同様北条時政から離反。源実朝を自分のもとに引き取り、時政らを閉した。

1218年に後鳥羽院を筆頭にした京都政界との和解工作のために熊野参詣を口実に上。北条政子は後鳥羽院らと接するため従二位まで登り、卿二位藤原兼子と会談し、後鳥羽院の皇子を子供のいない源実朝の後継者としてつけることを確約することに成功する。しかし、1219年の源頼家息子による源実朝暗殺をきっかけにし、親王将軍の下向は反故にされてしまい、源頼朝・坊門血縁にあたる九条の三(後の4代将軍・九条頼経)を後継者として引き取り、政子は幼い彼に変わり「尼将軍」として政務を後見した。

そして起きたのが、1221年の鎌倉幕府から北条義時を排除することをした後鳥羽院承久の乱である。北条政子はかの有名な演説で東人を団結させ、・義時に全面協を行い乱の終戦処理にあたっていった。

その後、北条義時の没後に起こった義時の後継者をめぐる賀氏の変で、これを抑えて北条泰時を継がせることに成功。さらに泰時の補佐役としてなおも影を残していたが、1225年についに没することとなった。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8C%97%E6%9D%A1%E6%94%BF%E5%AD%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北条政子

1 ななしのよっしん
2018/10/03(水) 00:07:17 ID: +DhR9gi4K5
当時の読み方は…
「政所」
これをどう読んだかで察してほしい
2 ななしのよっしん
2018/11/16(金) 15:18:40 ID: F3zNTcEnes
朝敵になったら負けかというと、
そうでもないことを明してしまった英傑
3 ななしのよっしん
2018/11/24(土) 09:08:30 ID: foM/cnGQKs
勝てば官軍よなあ
4 ななしのよっしん
2018/11/25(日) 11:20:01 ID: m6gixVO4EZ
>>1
やめいw
5 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 04:11:11 ID: 8m4jFd838O
悪女と呼ばれるが男だったら普通英雄扱いされてるよな
承久の乱演説で奮い立たない武士じゃない