北条泰時単語

ホウジョウヤストキ

北条泰時(11831242)とは、鎌倉時代に活躍した武将である。

概要

北条義時と御所女房波局の間に生まれた。長男ではあるが、の身分からもともとは庶長子だった可性が高い。

すでに治承・寿永の乱が終わってから活動を始めた世代であり、1194年に源頼朝から頼の字を与えられ、北条頼時として元する。しかし1201年ごろには北条泰時と名乗るようになっていた。武芸にも優れていたが、源頼家に諫言し、居させられ、民の救済活動を行ったなど、本格的に政局に関わる前から美談に事欠かない人物である(鎌倉幕府の「公式」記録である『吾妻』に載せられたエピソードであるため、差し引く必要はあるが)。

1211年には修理に任じられ、1213年には源実朝の学問所番の一番筆頭に任じられる。また和歌もたしなみ、歌会によく参加をしていたようだ。

1213年の和田義盛の乱では、北条朝時足利義氏らと防衛を行うが、朝比奈義秀の突破を許してしまう。その後北条時房とともに若宮大路を守り、幕府軍の勝利を導いた。1219年には源実朝の推挙で駿河守に、実の暗殺後は武蔵守に転任した。

そして1221年の承久の乱である。泰時は北条義時の命で息子の北条時氏、叔父北条時房とともに東海道大将軍を率いる。結果幕府軍を勝利に導き六波羅で戦後処理を行う。これが六波羅探題の成立となる。

1224年に北条義時が亡くなると、義時の後室・賀氏が自身との子・北条政村執権にし、三浦義村と連携して一条将軍にしようとする賀氏の変が起きる。北条泰時は北条政子と協して三浦義村を自営に引き込み、鎌倉に戻り自身を執権北条時房連署として事義時の衣鉢を継ぐこととなった(伊賀光宗の記事にあるように、これも企氏の変同様虚構である可性もあるが)。1225年に大江広元北条政子が他界したことを受け、泰時は評定衆を設置し、以後の幕府運営は合議制で行われていくこととなった。

しかし将軍である九条頼経も事元し、順満帆に見えたかのようだったが、息子のうち北条時実は殺され、六波羅探題を任せていた北条時氏は病死してしまう。この結果、泰時は時氏の息子である、北条経時、北条時頼兄弟に将来を託さざるを得なくなってしまった。

一方、このころが不順であり、寛喜の大飢饉が起こる。これへの対策もあって制定されたのが、1232年の御成敗式である。51ヶ条からなる初めての武法は、以後の武政権の基本法となっていった。そして1242年の四条天皇世と、以後の皇位継承問題を解決し、後嵯峨天皇の即位を見届けた矢先、病で亡くなることとなった。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8C%97%E6%9D%A1%E6%B3%B0%E6%99%82

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北条泰時

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 北条泰時についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード