北条義時単語

ホウジョウヨシトキ
1.5千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

北条義時1163~1224)とは、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した武将である。

概要

北条時政の次男。伊藤か。通称江間四郎。

源頼朝平家に対して挙兵すると、頼朝に従った。大庭景親との石橋山の戦いで敗れると、北条宗時と死別する一方、北条時政甲斐方面に敗走。そのため頼朝より一足く安房に渡り、同地で合流した。すでにこのころより三浦義澄和田義茂、梶原季、千葉胤正、葛西清重、下河辺結城朝光頼朝の信頼する若い御家人の一人だったようだ。

1184年には平家追討のため、源範頼軍に参加。の戦いで原田種直子を破る。1189年には藤原泰衡を討つ軍勢に参加しているが、戦いには名前が見えず、源頼朝のそば近くにいたようだ。

戦後には御所女房阿波局(義時の姉妹である阿野全成の妻とは別人)との息子北条泰時が元した一方、宗の前を妻に迎える。

1199年に源頼家代替わりすると、側近を登用し政治を刷新しようとする頼への反発のために設けられた、合議制を行う十三人の宿老に選ばれる。義時は頼から信頼されていたが、企氏の乱では北条泰時らとともに企氏、頼息子・一らを滅ぼす役を担った。その結果比企能員が守護を務めた信濃企党の島津忠久が守護を務めた大隅を与えられる。さらに1204年には相模守にもなる。

1205年の畠山重忠の乱では北条時房とともに北条時政から離反。畠山重忠を討ったものの讒訴であることを報告する。その結果牧氏事件で、北条時政が失脚し、代わって執権に就任した。その結果駿河、伊豆などの守護職も得ることとなる。以後の幕政は義時、北条時房大江広元、三善善信、らによって運営された。

以後、義時は有御家人を抑圧し、自身を他の御家人と一線を画す存在に高めようとしたが、北条政子らの反発で失敗する。しかし1213年に衡の陰謀が発覚すると、それに和田義盛の一族が関与していたことから義盛を挑発。和田合戦の勝利で義盛を滅ぼし、所別当の地位も手に入れた。こうして以降北条氏は、政所別当と所別当を合わせた執権として栄えていくこととなる。そして1217年には陸奥守となり、北条時政の官位をえることとなった。

1219年には源頼家子供公暁源実朝が殺される。このとき、義時は急に病気になり、本来実のそばで供奉する予定だったのが、辞退されていることから、様々な陰謀説が唱えられていたが、相は闇の中である。なにはともあれ、このために源頼朝以来の右大将が断絶し、野時元、ら血筋が近しいものが次々に殺されていく。その結果義時や北条政子北条時房は皇族将軍として冷泉宮頼仁王を迎えようとするが、後鳥羽上皇の同意を得られず、摂出身で後の九条頼経を新将軍として迎えることとなった。

こうして鎌倉の間に緊関係が次第に増していくと、義時は季を京都守護として向かわせるが、1221年に承久の乱が起きて季は殺され、後鳥羽上皇から義時への追討の宣旨が発せられた。ところが、三浦義村以下多くの東御家人が、北条政子演説もあって幕府側へ着き、北条泰時北条朝時北条時房らが率いる幕府軍は勝利。義時は仲恭天皇位させ、傍流の後天皇を即位させ、戦後処理を行うが、1224年に病が重くなり、そのまま亡くなった。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8C%97%E6%9D%A1%E7%BE%A9%E6%99%82
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北条義時

35 ななしのよっしん
2022/07/31(日) 15:43:54 ID: sQWVdH8dcM
な理想義者でも、欲深く意地の悪い悪党でもない。
根っ子のところでは強く純だが、必要なら汚いこともやる。清濁併せむ人物だったんだろうな。
和田合戦は、謀反人の赦免など認められるはずもない。二心あるなら、一族滅んでもらうまで。という解釈もできる。
度重なる侮辱や挑発も、先に兵をあげたのはあっちだ、という大義名分を立てるうまい手とも言えるし。いや、見るに耐えないのは変わりないけど…。
後鳥羽院が名しで賊扱いした。それも、疎んじる以上にその手腕と度量を恐れたからだろうな。
36 ななしのよっしん
2022/07/31(日) 16:42:10 ID: TsBcOaWmIi
子孫やその来達の美化、擁護のやり方にかなり理矢理感があるねこの人は、頼朝もこの人にしてやられるとは思わなかったんだろう、可性がある人は皆始末したつもりだったんだろうね
37   
2022/08/01(月) 15:02:12 ID: xHGCzO3OiC
父親北条時政が他の長老のように野心で、源頼家源実朝を追いやろうとした人間だったせいか、子供向け漫画だとに描かれる可哀想な人なのは確かっぽいな。
暗殺も義時が裏で働いてたのかは説でしかなく、それを否定する説もある訳で、多分鎌倉殿の13人では否定する方向に行きそう。
38 ななしのよっしん
2022/08/01(月) 15:52:41 ID: TsBcOaWmIi
この人は頼の嫡男の一を殺した時点でじゃないと説明つかなくないかなぁ?、大内義隆の嫡男、義尊を除名するとゆうで誘きだして殺した陶隆房と結果以外は同じだよ
39 ななしのよっしん
2022/08/01(月) 17:57:56 ID: sQWVdH8dcM
ま、学習マンガ教科書はしょうがないでしょ。
子供歴史事実を覚えてもらう。しかし、現代の価値観では測れない問題だらけ。なにがどんな経緯で起きたかワケワカメ
それを解決するためには、っ暗に仕立て上げるのが一番簡単なわけで。
中学高校日本史学んだとき、鎌倉期に産まれなくてよかったと思った。が、史実はそう単純ではなかろうよ。
40 ななしのよっしん
2022/08/01(月) 19:57:47 ID: pkFvknxYxm
泰時に高い評価付くのって一番最後の方だけだからな…。義時と泰時が逆だったら覚醒する前のダメ泰時の段階で鎌倉が滅亡してる。
41 ななしのよっしん
2022/08/02(火) 08:34:49 ID: TsBcOaWmIi
そう言えばこの人、次男の時は一度義絶したりはしてるけど、最終的には泰時に次ぐ地位を与えてるんだっけ?、の政範が亡くなった後、時政が跡取りを時の方にさせようとしたって話が本当ならお父さんには最後まで迷惑した事になるな、得宗と名越流はずっときな臭いままだし
42 ななしのよっしん
2022/08/02(火) 09:51:35 ID: sQWVdH8dcM
>>40

なら秀忠ポジションだから仕方ないさ。
働きより政治発揮するタイプだったんでしょ。
ヤクザ同然の守護地頭たちを押さえ込む規範を作った。収賄、横領、脱税だめ。守れない人は裁判で処罰する。当時はそれだけで画期的だった。

>>41

跡継ぎが庶長子か嫡流かは難しい。前者の方が実あるとなれば余計に。北条は最後は逆転してるが。
足利に対する新田の関係を期待してた可性はある。庶流による補佐が成功した例もあまたあるし。結果から見るのもどうか。
43 ななしのよっしん
2022/08/02(火) 12:44:49 ID: TsBcOaWmIi
泰時は庶長子だし、この人自身も江間氏を建てたと言っていい状況だったんだよね、政範が亡くなってって難しい立場になったのかな?、政範がいたら時政からしたらこの人の嫡男が泰時でも時でも大差なかっただろうし
44 ななしのよっしん
2022/08/04(木) 20:27:36 ID: sQWVdH8dcM
政範の母親があの人なのを、よーく頭に入れておく必要がある。
義時を嫡して、息子に北条の跡継がせようとしたのは想像がつく。病死したら、義時が暗殺したの呪ったのと時政パパに当たり散らしたのもに浮かぶ。
あちらはめげずに、平賀朝雅将軍に立てて権をつかもうとする。
義時周辺はとばっちりで、身内同士ギスギスし始め。跡争い、明日は我が身だと。そんなところじゃないかな。