北竜町単語

ホクリュウチョウ

北竜町(ほくりゅうちょう)は、北海道空知総合振興局管内北部、にある町である。

概要

北竜町(2013年3月31日時点)
面積 約159km2
人口 2,113
町の ひまわり
町の木 イチ
隣接
市町村
空知総合振興局
町、町、秩父別町、沼田
留萌振興局
留萌
増毛増毛町

明治32年(1899年)に町から行政分離した際に、町の北にあることから「北竜町」と名づけられた。大正4年(1915年)に2級町村制施行、さらに昭和36年(1961年)に町制が施行され現在に至る。

町の要産業は農業であり、特にヒマワリの作付面積日本一であることで知られる。それに関連し、ヒマワリ観光として積極的に利用しており、その中心的存在として「ひまわりの里」が平成元年(1989年)に造成された。ひまわりの里は北竜町役場のやや北、町立北中学校のすぐそばにある。ヒマワリの見頃は7月中旬~8月中旬で、8月上旬頃に旬を迎える。

町立北中学校から国道275号を北上すると北温泉を併設する道の駅「サンフラワー北」が、更に北上すると地区がある。

ひまわりの里へのアクセス

基本的に札幌旭川外などからの観光客向けの解説のため、特に空知総合振興局管内からの訪問には当てはまらない部分もあるかと思われるが、その点はご容赦いただきたい。

公共交通機関利用の場合

中央バスを利用し、ひまわりの里最寄の「中学校」で下すると良い。
札幌留萌とを繋ぐ都市高速バス「高速るもい号」は、ひまわりまつり開催中の7月中旬~8月下旬の間に限り北中学校前に停する。札幌留萌滝川などから利用することが可(予約不要)で、札幌からの所要時間は約2時間程度。なお、高速るもい号は経由のものと深経由のものがあるが、深経由のバスは北中学校前に停まらないので注意しよう。
高速バスを利用しないのであれば、深の近くの「深病院前」停留所から出ている空知中央バス「和線・北温泉行き」を利用する、滝川ターミナルから出ている「滝川線・行き」を利用するなどの方法もある。前者の場合は深病院前からの所要時間約30分、後者の場合は滝川ターミナルからの所要時間約40分程度となる。

なお、かつて町内に国鉄札沼線現在JR学園都市線)が通っていたが、昭和47年(1972年)に新十津川以北が止されたため現在鉄道が通っていない。

公共交通機関を利用しない場合

ひまわりの里は国道275号沿いにあるため、国道275号に入ることができればあとは基本的になりに進むだけである(札幌方面から向かう場合、当別町や新十津川町で交差点を曲がる必要がある)。高速道路も併用するのであれば、道央自動車道滝川IC深川留萌自動車道秩父IC沼田ICなどで下りればいいだろう。なお、深川留萌自動車道に北ひまわりICというインターチェンジがあるが、留萌方面からの訪問でなければ秩父IC沼田ICのほうが距離は近い。

主な地区

碧水

(へきすい)とは北竜町にある地名の一つである。北竜町の中心部のやや北に位置しており、札幌市沼田町・美深町頓別町を結ぶ国道275号と、旭川市・深留萌を結ぶ国道233号の交点であり交通の要所である。そのため、標識では「まで○○km」と書かれた物も多く、較的にする機会のある地名である。

ちなみに前述の国鉄札沼線止された部分にはも設置されていた。

和(やわら)は北竜町南東部に位置する、国道275号と、深増毛町を結ぶ道道94号との交点を中心とする地区の地名である。北竜町役場をはじめ、和郵便局や町立真竜小学校など町の重要施設の多くが所在する。

この地区にも、かつて国鉄札沼線の和所在していた。

関連動画・静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8C%97%E7%AB%9C%E7%94%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北竜町

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 北竜町についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!