北米仕様単語

ホクベイシヨウ

北米仕様とは、文字通り北向けに仕立て直された自動車などの製品を差す。特にアニメなどを差す場合は「北米版」と書かれる事が多いので、こちらも合わせてご参照いただきたい。なお、本文中に登場する較対は断りのない限りは日本のものとする。

概要

とある製品を輸出する場合、当地の基準・文化等に照らし合わせて不適当な部分の修正や基準への適合など必要な措置を取る事は必須であるが、出来うる限りでオリジナリティを確保する事もまた重要である。その為、多くの製品においては輸出先でも極端に姿形が変わる事はない。

ところがアメリカにおいては人種のるつぼと言われるほどに多種多様な人種がいる事、宗教の存在も々の感覚とは大きくかけ離れたものとなっている事、マイルガロンに代表される独自の単位が存在している事、消費者の意見が日本以上に強い意見を持つなど日本価値観や意識とは大きく異なる状況になっている。その為、販売に際しては大きく修正した上で当地の基準やアメリカの思想や信条に出来うる限りうような措置が取り行われる

その結果、いざ製品として出荷されると一見して全く別物になっているケースが少なくない。その為、ネタとして敢えて北米仕様を仕入れるツワモノが少なくない。

自動車の場合

一般的に北米仕様と聞いて連想されるのは自動車であろう。

例えば日本世界各地に輸出されているが、北の場合は独自の規格が多く、仕様の姿とは大きくかけ離れた姿となるケースが少なくない。以下に一例をあげる。

5マイルバンパー

アメリカでは70年代より取り付けが義務付けられたこのバンパーは5マイル(時速8km/h)での衝突で体側にダメージを与えない為のものであり、登場当初は車両側でも5マイルバンパーの装着を想定をしていなかった為、体から大きく出っるなどデザインの上でもバンパー存在感が際立っており、その様子から「(いかりや)長介バンパー」と言われる事がある。

SAE規格ヘッドランプ

ヘッドランプ現在でこそ異形がほとんどであるが、かつては北では基準にそぐわないと言う事であえてヘッドランプを規格や丸を採用するケースが多かった。これはアメリカに存在する「アメリカ自動車技術協会(SAE)」が選定した規格であり、これに合わなければ北が売れなかった為である。

規格にする事で言うまでもなく顔つきが変わってしまうので、北米仕様へ変える際のとっつきとしてヘッドランプSAE規格にする事が多い。但し、ケルビン数や軸などの面で検に通らない場合もある。

この手で有名な例の一つにメルセデス・ベンツがある。既に日本ヨーロッパでは異形が浸透しつつあった1980年代にあっても北では基準にそぐわないと言う事で丸のものが採用されており、また異形のヘッドランプに敢えて四い規格を収められるようなつくりにするなどの対策を施している。

マイル・ガロン・華氏表示

アメリカ自動車速度表示はマイル表示となっているが、速度計の内側はキロ表示となっている。また、ガロン法が浸透している為、燃費計算の付いているリットルではなくガロンを基準としたものとなっている。そしてオートエアコンや温計の表示は摂氏ではなく、氏となっている。ちなみに速度計はマイル表示が内側に来ている場合は北米仕様ではなくカナダ仕様基準となっている。

サイドマーカー

北米仕様を印付ける最大の装備がサイドマーカーである。フロントオレンジリアレッドと言うのが王道である。北米仕様が設定されているの場合、サイドマーカーの付いている部分が透明となっている事が多い。また、スモールランプと共にサイドマーカーが点する種もある。

車名

多くの種で日本と同じ名前のケースがあるが、中には現地から見て卑や低俗な言葉の隠語であったり、商品的に不足な物であったり、商標上問題があったりした場合、名前が変更される場合がある。まれに日本である事を押し出す為に和風になる事もある。

  1. パジェロ→モンテロ(スペイン語パジェロ自慰を意味するスラング(パヘロ)と似ている為。アメリカではスペイン語とする人の割合が少なくない)
  2. セリカXXセリカスープラ(XXが北においては成人映画ランクを意味する為)
  3. スプリンターカリブターセルゴン(スプリンターが北では販売されておらず、またベースターセルである為)
  4. 三菱・GTO3000GT(ポンティアック社に同じ名前のがあった為と思われる)
  5. ジムニーサムライ(バイクにもカタナという名前があるように、和風にしたと思われるケース)

国内仕様≠北米仕様

アメリカ人の体は一般的には日本人よりも大柄である為、日本の5ナンバベースの場合は日本ではちょうどいいぐらいか、少し大きいのサイズでも、アメリカ人には小さめとなる。元々、日本は5ナンバの基準で作られている事が多く、コストパフォーマンスからどのにも同じようなサイズで作られていたが、安全基準の点や居住間の面からも化の要視できないものとなっていた。

その為、いくつかの種で日本仕様とは名は一緒でも全く別の設計のが登場している。例えば、トヨタ・カローラは現行ではコンポーネンツがまったく違うものとなっている。日本仕様は5ナンバサイズを堅持する為にヴィッツのものを利用しているのに対して、北米仕様はワンランク上の車両のコンポーネンツを使用している。かつてはトヨタ・カムリ日本仕様と北米仕様とでは別物であった事があり、後者トヨタ・セプターとして売られていた時期もあった。

近年は日本仕様と北米仕様を概ね同一の物にする傾向が強くなっているが、それは日本での使用が憚られる大きさのものであり、中には生産自体をやめた、もしくは北専売(ホンダシビックなど)としたケースもある。

クルーズコントロール

キロ単位にもなる直線道路アクセル踏みっぱともなるとそれだけでも疲労が蓄積するので、疲労の軽減の為に速度を定速に保つ機クルーズコントロールである。北米仕様の場合はカローラクラスの大衆でもクルーズコントロールが標準である事が多い。土が小さく、ストップ&ゴーの多い日本では装備がオミットされている事が多いが、実は配線自体は準備されている事が多いらしい。

カリフォルニア仕様

北米仕様でもカリフォルニア州向けの車両エンジン関係で大きな違いがある。古くより連邦政府の定める排ガス規制騒音規制よりも厳しい規制があり、一説には世界一の厳しさとも言われている。その為、カリフォルニア州の基準に適合させた特別のエンジンを用意する必要があった。

ローエミッション(低公害)を眼に置いている為、他の地域とべてもパワーダウンがされており、また公害対策の機器類が多く取り付けられている為、配線類が古い時代のでも非常に多くなっている。その為、全く別物のエンジンともいえる。乗り味についてはお察し下さい。

日本未発売モデル

日本では販売されていないモデルアメリカで発売されている事が多い。トヨタヴィッツ日本では5ドアのみであるが、北では加えて3ドアが販売されている。また、タコ2の一つであるトヨタ・ターセル日本では3ドアハッチバック/4ドアセダンのみであったが、アメリカではそれに加えて2ドアクーペが存在した。これらは北自動車ジャンルの一つであるセクレタリーカー向けにラインナップされていた為である。

逆に北にしか存在しないと言う事でそれを生かして日本に輸入したモデルも存在する。ホンダ・アコードは北ラインナップされていたクーペやステーションゴンラインナップに加え、特にステーションゴン大人気となった。

訴訟対策

アメリカは訴訟大である。日本では馬鹿馬鹿しいと一蹴されるような判決が大に判例として採用される為、変なケチがつかないようにコーションプレート(注意書き)が多く存在する。一般的に有名なのはサイドミラーに刻まれている「OBJECT IN MIRROR ARCLOSER THAN THEY APPEAR(実際にはもっと近いよ!)」である。この他にも「UNLEAD FUEL ONLY(ガソリンのみ)」の文字である。日本では1986年止になった有ガソリンも、アメリカでは1995年までは現役であった。その為、誤給油を防ぐ意味合いがあったと思われる。

バイクの場合

自動車と概ね同じような事情となっているが、バイクの場合はそれ以上に大きな意味を持つ。

日本バイクは近年まで大バイクにおける排気量・規制が存在し、750cc771000cc100自主規制が存在していた。これにより、海外で発売されていたバイク内向けに仕立て直された場合、本来の性を削がれていた。

その為、そうした規制い、もしくはゆるい地域の仕様を敢えて逆輸入の形で購入する者が多かった。代表的な物としてヤマハV-MAXがある。登場当時の1990年代における驚異的な性(151)を実現するこのバイクも、内では自主規制の影で一番の玉であるVブーストシステムをオミットされた上で98に低下してしまった。

自主規制自体は2007年に撤されたが、騒音規制公害対策等で海外仕様べても性が削がれている状況である。その為、現状でもまだまだその存在は大きな意味を持っている。

但し、乗用車の所でも説明したが同じ北米仕様でもカリフォルニア仕様はローエミッション(低公害)を念頭に置いているのでパワーなどがダウンしている。

ゲームの場合

ゲームにおいてはセリフ英語になっているのは基本であるが、その他にもいくつか変更となっているものがある

ドラゴンクエスト

アメリカでは商標上の問題から、近年までは「Dragon Quest」の名称が使えず、「Dragon Warrior」という名称となっていた。

特徴的なのは僧侶教会十字架宗教的に問題がある為、になっていたり、十字架に手が加えられてサボテンのようなデザインに書き換えられている事がある。また、ザラキストことクリフトもその職業官ではなく、大臣相当の職業に変化している。近年は海外を当初から念頭に置いているのか、日本のものでもサボテンデザインとなっている。

この他、棺桶デザイン十字架がある為に宗教的な配慮より幽霊デザインとなっていたり、キャラデザインも露出の多い物に修正が加えられている。

また、NES移植にあたって、ソフト側に余裕が出てきたので追加になったエピソードやOP(ドラクエ2)が存在する。

スーパーマリオ

で売り出されたスーパーマリオブラザーズ2日本で売り出されたスーパーマリオブラザーズ2とは全くの別物である事は知られている。元々、日本スーパーマリオ2は難易度が高かったのに加えて、内容もスーパーマリオブラザーズマイナーチェンジのようなもので商品としてはやや不足していた為か、「夢工場ドキドキパニック」をベースとして北で売り出された。

そしてで販売されていたスーパーマリオブラザーズ2日本にいわば逆輸入したものが「スーパーマリオUSA」である。

ポケットモンスター

スーパーマリオと並ぶ任天堂の稼ぎ頭であるポケットモンスターも手を加えられている。当地ではポケットモンスターという名称ではなく、略称である「ポケモン」が正式名称になっている。これは商標上の問題の他、「ポケット」がアレを意味するスラングとなり「ポケットモンスター」としようものなら、※お察し下さい※である。

この他、日本的なイメージを排したものになったり、ハーケンクロイツを連想させるという理由で修正されていたりなどされている。

アニメの場合

こちらは「北米版」を合わせてご参照いただきたい。

ポルノ差別と取られかねない部分や暴力表現がある場合はカットや修正、もしくは視聴制限を設けている場合が多い。また、英語に照らし合わせて日本語では問題のない言葉でも翻訳して有と判断される言葉に関しては別の言葉に置き換えられる。その為、オリジナルとは意味合いが大きく異なる事がある。

描写も文化的に偏りや差別的と受け取れる場合は大幅に修正を加えられる。その為、になってしまい番組の雰囲気が大幅に変わってしまう。名前もアメリカ人から見て発音しづらいものは発音しやすいものに変えられる。

ドラゴンボールの例

有名なのはミスター・ポポの描写である。い肌と厚い唇が、人をイメージさせ、差別になると解釈され、肌の色がくなっている。漫画版は唇を薄くする修正が加えられている。この他、フリチンな場面にはブリーフ装備されてたり、おっぱいは隠されたり、格闘シーンの大幅な削除翻訳の変化など別の作品になってるのではと思われるほどの修正を加えられている。

ドラえもんの例

これまでアジア圏を中心に多くの人気を博してきたおなじみドラえもんアメリカではその作が受け入れられず、長らく不毛とも言える状態であったが、ディズニーケーブルテレビを通じて放映する事となった。

例によって前述したポケモンのように日本的な場面はされ、表現に問題のある部分に修正を加えられた。例えば、どら焼きをほおばる場面は時間を短くされたり、おやつフルーツになったりした。名前ものび太は「ノビー」、ジャイアンは「ビッグG」、スネ夫は「スニーチ」と変更されている。ビッグGって、それなんてラッパー?

しかし、お前のものはのもの、の物ものもの」はほぼ原に沿った翻訳になっている

参照URLhttp://news.nicovideo.jp/watch/nw1062833

特撮の場合

特撮は「パワーレンジャーシリーズ」のブレイク以前は北ではそれほど知名度が高い物とは必ずしも言えなかった。パワーレンジャーブレイクして以降、パワーレンジャーシリーズフォーマットベースとした作品が生まれた。

パワーレンジャーの例

基本的に日本で放映されたスーパー戦隊シリーズの作品をベースとしており、映像も流用する場面が見受けられるが、北独自の事情も多く存在する。

まず、人種や性別に偏りのないような配役がなされてる。次に死の描写が厳禁である。例え敵であっても直接的な描写が控えられている。言うまでもなく暴力描写は御法度であり、描写があるにしてもソフトなものとなっている。

そもそも「パワーレンジャー」というタイトルも第一作は「恐竜戦隊ジュウレンジャー」をそのまま英語にしたものを予定していたが、「ジュウ」という部分がユダヤ人を差す侮蔑と同じであった為、変更となった。

VR trooperの例

大まかな事情はパワーレンジャーと概ね一緒であるが、この作品は「超人機メタルダー」と「時空戦士スピルバン」、「宇宙刑事シャイダー」という独立した作品を組み合わせて作られた為、登場人物がメタルダーに相当するキャラスピルバンダイアナレディに相当するキャラが共演する場面が少ない。後にアメリカ製のスーツが新調されたが、イメージがやや異なっている。

他にも官ポーも登場したが、「シャイダー」では「仮面ライダーブラックRX」でビルゲニア役でおなじみの吉田が演じていた。吉田男性であったが、VRtrooperでは女性が演じている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

北米仕様に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8C%97%E7%B1%B3%E4%BB%95%E6%A7%98

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北米仕様

1 ななしのよっしん
2012/11/23(金) 23:33:18 ID: d2A4khKao2
これもここでいいのかな。
ビルボ式北米風ミクモデル配布あり)
>>sm15349859exit_nicovideo

急上昇ワード

2019/08/17(土)21時更新