北面単語

ホクメン

北面とは、北に面していること、北に向かって立つことである。また、そこから生して以下の意味を持つ。

  1. 北面 - 中国歴史上において皇帝に仕える事。議で臣下は皇帝のいる北を向いて配置されたことから。
  2. 1から転じて、人に臣下・部下として仕えることをす。
  3. 北面 - 日本の院政期からみられるようになった役職
  4. 北面の武士 - 上記3の北面に詰めていた武士の事。

この記事では3,4について記述する。


概要

院御所の北面に詰め、そこで何らかの仕事に従事した人々を総称して北面と呼ぶ。白河院末期には部屋によって上北面と下北面に分かれ、上北面はに文官が務め、摂関の分で最終的には卿になるものもいた庶大夫層が集まる一方、下北面は武官が多く、そのうち僧兵の強訴に対する警備などに従事した軍事貴族身分の人々を総称して北面の武士と呼ぶ。

知名度のわりに研究がほとんどされている気配がないが、簡単にまとめてみよう。

その成立は、藤原師通、藤原師実の相次いでの死去によって院の権勢が増した康和4年~5年(1102~1103年)ごろと思われ、全に整備が了したのは嘉承元年(1106年)ごろらしい。白河院崩御の時点で北面は80人ほどに及んで上下に分かれていたが、下北面は武者所が体となり過半が武者に占められている。

白河院期の層は

  1. 、荘官、中央官人の子
  2. 軍事貴族
  3. 軍事貴族の中でも嫡流の

の3つに分かれ、最初は1,2だけだったのが、次第に3も加わっていったとされる。なお、北面の武士は検非違使追補尉へ昇進するステップアップのひとつでもあったようだ。

そして鳥羽院政期を経て後白河院政期に入ると、平治の乱で院との緊密な紐帯がズタズタにされてしまい、以下のような構成になる。

  1. 白河院政化で北面組織中の過程で登用されたものがある意味世襲化したもので、忠度はそこまで高くない
    文徳源氏、満政流清和源氏の傍流、頼美濃源氏伊勢平氏庶流
  2. 後白河院政期に急速に登用されたもの、特に天皇在世中に滝口として仕えたもの…ぶっちゃけ今様仲間
    藤原扶行、信業、大江遠業、藤原為保、藤原盛、康頼、知康ら

彼ら下北面の武士たちは衛府尉から検非違使、そして守になっていったのだ。

後鳥羽院政期には蔵人系であった院近臣によって上北面が充実した一方、下北面に関しては武官中心なのは依然変わらない。

が、彼らが立った存在だったのはここまでで、承久の乱でほぼ壊滅、以降は警備隊、さらには名誉職程度の存在に次第に変わっていったのであった。

一覧

白河院政期

参考までに武者所のメンバーも紹介する

白河院武者所

発展期

まだ北面が何をすのかあいまいな時代のため、ここで北面と呼称されている人々が厳密な北面というわけではない。

末期下北面

鳥羽院政期

研究が全くなく、久安3年(1147年)に忠盛、平清盛に対する延暦寺宗徒乱入への防衛網として組織された、以下の人物がそうではないかといわれている(厳密には為義も動員されているが彼は違うらしい)。なお事件が事件のため含まれていないが忠盛、平清盛ももちろんそうで、またこのほかにも西行として有名な佐藤義清息子である義康らもここに含まれる。

後白河院政期

後鳥羽院政期

上北面

下北面

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8C%97%E9%9D%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北面

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 北面についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!