千里眼単語

センリガン
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

千里眼とは、

  1. か遠くまですべてを見通す、またはそののある人間や妖(あやかし)の別称である。出典は中国で、中国の史書『書』にも記述がある。
  2. 松岡小説であり同氏の事務所の登録商標。小説は、通称「千里眼シリーズ」と呼称され、臨床心理士の女性、岬美由紀の数々の闘いを描く。→松岡圭祐オフィシャルウェブサイト(外部リンク)exit
  3. MTGソーサリーの一種。ライブラリー操作と反復の効果を持つ。
  4. 遊戯王OCGカードの一種。1ターンに1度、極少量のライフコストを払う事でデッキトップを確認する永続魔法

本項では1について記述する。

概要

千里眼でいう千里とは具体的な距離日本における千里=約3900㎞)をすのでなく、単に「長大な距離」や「四方全て」を表現している。千里眼は普通人間不可能なほど遠くの物事を、精細に見ることが出来、またその眼物理的な障物を視して視認する、一種の透視でもある、とされる。

すべてを見通すということから、そのは心理面や時間軸にまでおよび、相手の心を読むことや、未来視や過去視についても千里眼のカテゴリーに含まれることもある。常人にはあり得べからざるとして、一種の超能力〈瞳術)として、一部の人間妖怪がこれを有するという描写がなされる。しかしながら、千里眼はもともとは単にのいい人の事をす単だったとする説もある。(中国での一里は日本よりも短く、さらに短里と呼ばれる、現在よりも距離の短い単位古代中国に存在したことから)

千里眼の持ち主

四天王の一をしめる。元になった名である名の「ヴィルパークシャ」は、異なったを持つ、や醜いをもつ、といった意味だがそこから転じて、千里眼で広く世を見通し敵や悪事を見逃さない格を与えられた。
千里眼
媽祖という女〈女仙)の手先となって働くそのまんまの名前を持ち、順(こちらはどんな遠くの小さい音やでも聞き届ける地獄耳)と対になって媽祖に使役される。
犬走椛
千里先まで見通す程度の能力STG東方風神録4面の中ボス天狗。もともと天狗は仙人と並んで千里眼の持ちとして日本では扱われており、その設定を踏襲していると言える。
御船千鶴
実在女性。千里眼と称し鉱脈を探し当るといった「透視」を次々と成功させるが、新聞など報道の過熱化や千里眼の実実験などの結果にたいする世間の攻撃など、本人を取り巻く環境は決して良くなく、1911年、24歳で自殺、死去した。→参考 Wikipedia-千里眼事件exit
岬美由紀
小説『千里眼シリーズ』の主人公。臨床心理士であり、前の「職場」で培った動体視力と持ち前の観察眼によって、相手の感情をことごとく読み取ることから、作中で千里眼の女と揶揄されている。
千里眼(クレアヴォイアンス)No.33
小説ウィザーズ・ブレイン』の登場人物。ヒトの眼球が受け取る事のできる可視線に加え、電磁場の類や分子配列までもを『視る』事のできるを持つ。こののために彼女の本来の視覚は退化してしまっている。

関連動画

関連商品

関関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8D%83%E9%87%8C%E7%9C%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

千里眼

1 ななしのよっしん
2013/05/01(水) 21:38:13 ID: SHQi7nPxb7
千里眼
モンスターハンターシリーズに登場する消費アイテム
アイコンオレンジ色の回復(ビンに入った液体)。
使用するとを飲みガッツポーズをしたモーションの後、
フィールド内に存在する全ての中以上のモンスター
一時的にマップペイントしたように表示され、場所が確認できる。
飲食アイテムなのでババコンガなどを浴びていると使用不可。
普通の調合でこのアイテムを作成することはできないが、
錬金術スキルが付いていればサボテンで作成できる。
また、千里眼スキルがついていればこのアイテムを使用したときと
同じ効果がクエスト開始時に一定確率で発動する。

稚拙な文章ですみませんが一応書いてみました
2 ななしのよっしん
2014/02/03(月) 23:12:56 ID: 5uhRwS7CRo
滅相もないです
3 ななしのよっしん
2014/03/14(金) 18:21:35 ID: n6Q6nDeY8l
木津千里
4 ななしのよっしん
2017/11/06(月) 00:30:50 ID: GqP3KqY01W
検索エンジンのことじゃないのか
5 ななしのよっしん
2018/09/12(水) 12:07:15 ID: hKwX6pmzHy
ラム(リゼロ)

急上昇ワード