半妖単語

ハンヨウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

半妖とは、日本フィクション作品などで用いられる「半分妖怪であるもの」つまり「全な妖怪ではないが妖怪の要素を含んでいるもの」をす言葉。

妖怪以外の「半分」には「人間」をおいて、「妖怪人間の中間にある者」「妖怪人間の間に生まれた者」をして用いる作品が多いようだが、例外もある。

概要

1996年から2008年にかけて『週刊少年サンデー』に連載された高橋留美子による漫画作品『犬夜叉』の作品内で、妖怪人間の間に生まれた主人公犬夜叉」をして初めて用いられた言葉ではないかと言われる。

妖怪人間の間に生まれた者」というアイディア自体は古くから存在するものである。『犬夜叉』以前にも「半人半妖」または「半妖半人」という言葉の用例はあり、妖怪漫画である水木しげるゲゲゲの鬼太郎』でも「半妖怪」という言葉が登場していた。しかし「半妖」と言う言葉を用いた前例が『犬夜叉』以前で確認されていないようだ。より遡る例を知っている/見つけた方はこの記事に追記されたい。ただし、仮にあまり知られていない前例があったとしても「半妖」という言葉を広めたのは『犬夜叉』であることはほぼ間違いないかと思われる。

高橋留美子ヒット作を複数著した人気漫画家であり、『犬夜叉』もまたアニメ化されるなど人気作品であった。そのからか、同作以後に「半分妖怪であるもの」を「半妖」と表現する作品が複数産まれている。

Wikipediaでは日本語版の他にイタリア語版、ウクライナ語版、スペイン語版、中国語版、ドイツ語版、ロシア語版で「半妖」の記事が執筆されている(2021年12月4日時点。フィンランド語版にも「Han’yō」の記事があるが、「Yōkai」へのリダイレクト記事)。『犬夜叉』のアニメ版は日本のみならず外でも吹き替え版や字幕版が人気を獲得しており、また上記のような「半妖」という言葉を使用する作品にも海外展開しているものが複数あり、それらのと思われる。

「半妖」と言う言葉が用いられる作品の例

※厳密に「半妖」に限定し、「半人半妖」や「半妖怪」などは除外する。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8D%8A%E5%A6%96
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

半妖

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 半妖についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改