南北戦争単語

ナンボクセンソウ
3.3千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

南北戦争(Civil War/American Civil Warとは、1861~1865年アメリカ南部と北部の州の間に起きた戦争である。

なお、朝鮮戦争ベトナム戦争など、南部と北部の戦争は意味的には「南北戦争」と呼ぶことができるものの、日本では「南北戦争」はほぼアメリカ南部と北部の戦争す。WikipediaPixiv百科事典ほか様々な辞書・百科事典でも曖昧さ回避とはなっていないため、この記事でもアメリカの南北戦争を取り扱う。

曖昧さ回避(戦争以外)

概要

Civil War、つまり内乱だが、南軍の視点で見れば、連邦政府の横暴にたえかねて起こした独立戦争、ということになる。アメリカ合衆国憲法では州の離脱を禁じているので南部独立を認めるわけにはいかず、決定的な戦争になった。もしこの戦争に負けていたら、いまのアメリカはなかったわけで、この50万人もの人間が戦死するという未曾有の大戦争を勝ち抜いたリンカーンワシントンに次ぐ名誉を与えられ、ワシントンDCリンカーン記念堂が作られた。アメリカ合衆国権はこれで万全なものとなり、これ以降南部独立に類似する試みはい。[1]

背景

戦争が起きたな原因として、奴隷制や貿易に対する南部と北部の考え方の違いが挙げられる。

南北戦争の際の南部の州は「奴隷州」、北部の州は「自由州」と呼ばれている。南部には綿プランテーション農園が広がっており、その栽培に奴隷が多く使われていたため、奴隷制は南部の産業にとって重要だった。一方、北部は工業化を成し遂げていたため、北部の雇いにとっては衣食住の世話が必要な奴隷よりも、一般的な工場労働者の方が好まれていた。そのため、北部では奴隷制を不要とする世論が多かった。この奴隷制に対する考えの相違が戦争の一因となった。

また、貿易の面では、南部は綿イギリスに対して多く輸出したいため自由貿易を望んでいた。しかし、北部にとってはイギリス製の工業製品がアメリカに流入してしまい内工業と競争してしまうため、輸入品に関税をかける保護貿易を望んでいた。このような貿易に対する考え方の違いも戦争が起きた原因である。

経過

1860年に奴隷制に反対していたリンカーン大統領当選すると、南部諸州が相次いでアメリカ合衆国から脱退し、「アメリカ連合国」の建を宣言した。同年4月リンカーン大統領に就任した後、北部にあったサムター要塞が南部軍に攻撃されたことで、南北戦争が始まった。

戦線はアパラチア山脈の東と西に分かれており、それぞれ東部戦線西部戦線と呼ぶ。しばらく東部戦線は一進一退の状況が続いていたが、1863年にリンカーン奴隷解放宣言を出したことで、既に奴隷制を止していたイギリスフランスが北部を支援するようになり、徐々に戦局も北部が優位になっていった。同年のゲティバーグの戦いの後、リンカーンはゲティバーグで「人民の、人民による、人民のための政治」のフレーズで知られる演説を行った。

1865年には連合首都とされていたリッチモンドが陥落し、南軍は西へ退却したが、アポマトックス・コートハウスの戦いで南軍の名将であるリー将軍がついに降した。その知らせを聞いた南軍の他の指揮官兵士たちも次々と武器を降ろしていった。

戦後

その後アメリカは再び合衆としてまとまり、奴隷制は止された。

……が、黒人はしばらくの間小作人として働き、貧困の状態が続いた。また、解放されたはずの北部においても、黒人投票に行こうとすると白人らによって追い出されるなどしており、実際にはとても等などと呼べない状態が維持されていたようである。

また、南部の州と北部の州の確執が全に失われたわけではなく、現在に至るまで引きずっているところもあり、問題の終結は終りが見える様子がないままとなっている。[2] [3]

々は第二の南北戦争に向かっているのだろうか?

ロサンゼルスタイムズ電子版
2017年8月20日

その他

関連動画

ゲーム

おまけ(麻雀)

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *アメリカ行動原理」橋爪三郎 PHP 2005 pp.68-69
  2. *米国に浸透する白人至上主義の実像 (Business Journal 2018.03.19)exit
  3. *南北戦争の再燃? 揺れるアメリカの選択【木村太郎のNon Fake News#3】 (ホウドウキョク Aug 28, 2017)exit
  4. *アメリカ政府経済政策担当の財務次官補、元ウォール・ストリートジャーナル共同編集者、元コラムニスト
  5. *In America Propaganda Has Vanquished Truth (Paul Craig Roberts Institute for Political Economy)exit
  6. *アメリカではプロパガンダが真実を征服した (記事の和訳版) ※個人サイトexit
  7. *最も利用されたとされる1810~1850年の間での推測。公式国勢調査ではその数は6,000人程度とされている。
  8. *Seven arrested in toppling of Confederate statue in North Carolina (CNN 2017.08.16)exit
  9. *世界的に知られている私立探偵社・警備会社。リンカーン大統領の暗殺計画を未然に阻止したアラン・ピンカートンによって設立された。南北戦争ではリンカーン率いる北軍の側についたとされる。ちなみに1999年スウェーデンの警備会社に買収されたため現在はそのアメリカ法人になっているとか。

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8D%97%E5%8C%97%E6%88%A6%E4%BA%89
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

南北戦争

41 ななしのよっしん
2021/03/06(土) 19:12:08 ID: shbYNJVwIK
逆張りも何も、唯物史観が強く判官贔屓潮がある日本ではデファクトスタンダードなんですけど
「失われた大義」論がQアノンネトウヨでカタがつくと思ってる方が知性に欠いてるんじゃないの?
42 ななしのよっしん
2021/03/12(金) 18:02:23 ID: AGSNjoI51f
旧南軍残党はレイシストステイツって言われてそう
43 ななしのよっしん
2021/06/26(土) 16:39:41 ID: d1wDOGRk5T
大義名分や政治的正しさなんか関係なく南部と北部の差見たら負けて当然というか南部が予想以上に善戦しまくった感じ
から鉄道まで自前で用意できて人口も工業も圧倒的な北部に大して作れるのは綿と農産物だけで人口も少ない南部じゃ話にもならんわ
も外から買い付けるから規格もバラバラ、代は綿とかの物納の場合もあって北部に上封鎖されたら武器の輸入も作物の換もできませんとかよくこんなんで戦えたもんだ
44 ななしのよっしん
2021/07/13(火) 16:56:28 ID: wrF1QpHERq
ウィキペディアだと南北戦争終結~全への入植了までが西部開拓時代とされているみたいなんだが、1983年に刊行された要の『西部開拓史』だとルイジアナ購入から西部開拓時代とされていて、ここ40年くらいで西部開拓時代のイメージが「南北戦争後の時代」になったんだなあとしみじみしてる
45 ななしのよっしん
2021/07/31(土) 11:25:40 ID: wrF1QpHERq
小川寛大の『南北戦争読み返してるんだけど、南軍の封鎖突破って成功率6割もあったんだな
北軍と言えどミシシッピから南部海岸線全てを包み込んでしまえるだけの艦隊を3、4年で建造するのは理だったみたい
しかし軍需物資や食糧、生活雑貨なんかは大量に運ばないとにならないから、船長らは高級婦人等の奢侈品を運びたがって物資欠乏はどんどん進んでいったとか
やっぱ戦争中にまで自由経済を維持しようとするのって悪手なんだろうか
46 ななしのよっしん
2021/09/22(水) 16:44:49 ID: xbN95V+HHy
>>43
その代わり、南部はなんであれ休戦にさえこぎつけてしまえば事実上の大勝利だし、北部(連邦)は南部全に併合しなければ全な敗北を意味するという、勝利条件の著しい非対称があったんだよ
47 ななしのよっしん
2021/11/06(土) 12:15:13 ID: CcDnrgsT9U
でも、北は中央集権、南は地方分権をイデオロギーにしていた手前
南軍は州ごとで意思統一が出来ずにバラバラに北軍と戦わなきゃいけなかった
48 ななしのよっしん
2021/11/19(金) 18:02:44 ID: A6/7xA8Ji7
>>45
旧日本軍末期ほどではないにせよ、六割ってむしろ補給面では厳しい気がする。
49 ななしのよっしん
2021/11/19(金) 18:45:51 ID: CcDnrgsT9U
南軍はイデオロギー的に黒人を徴兵出来ない、役を与えられたとしても後方支援だけ
一方、北軍はジャンジャン黒人を最前線に投入できる

っていう差もあるんじゃないかと
50 ななしのよっしん
2021/11/22(月) 14:06:54 ID: wrF1QpHERq
>>48
確かに五回に二回は捕まると考えたら多いし、そんなリスク背負ってまで出すなら利益が出るもの運びたいよね
敗北の一因だとしても当時の船長たちのことは責められない

>>49
南軍も奴隷を買い上げて40万人の黒人兵士を用意するつもりだったそうなんだけど、最初の黒人部隊が編成されたのが終戦一週間前だそうで何もかも遅かったみたい
仮にく用意できていても奴隷のためにに戦うわけないかも