南海ホークス単語

ナンカイホークス
4.1千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

南海ホークスとは、福岡ソフトバンクホークスの前々身球団である。

概要

関西大手私鉄である南海電気鉄道下で活動していたプロ野球チーム
本拠地は大阪球場チームカラー
『Hawks』というの筆記体で書かれたユニフォームは伝統の一つで、1988年まで一度もこのネームデザインを変えなかった。また、南海伝統の緑色ビジターユニフォームファンの間でされ続けていた。

1938年に『南海軍』として発足した。

阪神電気鉄道大阪タイガース(現:阪神タイガース)、阪神急行阪急軍(現:オリックス・バファローズ)に続く、関西私鉄としては3つの球団であった。

1944年に、南海鉄道関西急行鉄道と合併して近畿日本鉄道となったため、球団名も会社に倣い『近畿日本』と称された。1946年には『近畿グレートリング』(近鉄体となった大阪電気=大軌より)と名乗るが、翌1947年南海鉄道近鉄から離脱し、球団の経営権もこちらに戻ったため、球団名は『南海ホークス』と称された。
この名称が、球団がダイエーに売却される1988年シーズンまで使用されることになった。

パ・リーグの結成された1950年から1966年まで、17年連続2位以上優勝9回鶴岡一人監督の元で黄金時代を築いた。

南海ホークスは払いが良く、高給取りの多いチームであったが、鶴岡のよき理解者であった小原英一オーナー1959年に急逝すると、フロント一気にブチンに転化する。3年連続で二冠王にいた野村克也減俸提示を受けたのもこの時期である。鶴岡フロントの関係もこじれにこじれていた。

前年に阪神タイガースを下して日本一となり、2連覇で臨んだ1965年日本シリーズであったが、読売ジャイアンツに1勝4敗で敗れてしまう(この年より巨人V9)。敗戦後鶴岡は辞意を表明し、ヘッドコーチであった蔭山和夫の監督昇格が決まった。しかし、就任して4日後に蔭山は急逝してしまい、責任を感じた鶴岡監督に復帰することになった。

1966年パ・リーグ3連覇を果たすものの、翌1967年は4位に低迷する。1968年は捲土重来を期すものの、阪急ブレーブスに1ゲーム差で及ばず、鶴岡は今度こそユニフォームを脱いだ。結果的に、1964年が南海ホークス最後の日本一となった。

1969年ヘッドコーチ飯田徳治監督に昇格する。しかし、前年352.1イニングの酷使に耐えたエース皆川睦雄野村克也が故障し、チームは最下位に転落する。オフ飯田監督を辞した。

1968年よりオーナーとなった川勝(電本社が前年と併せて南海3大事故」と呼ばれる大事故を起こしており、経営が引責辞任していた)は野村克也を寵愛しており、野村の兼任監督就任を強く推した。野村は球団からの全面的なバックアップを条件に監督就任を受諾した。年俸は1億円と言われている(現在の価値で5億円以上か)。

兼任監督初年度の1970年は、ルーキー佐藤道郎フル回転でチーム2位に引き上げた。佐藤はほぼリリーフ専任ながら最優秀防御率を獲得し、新人王にも選出された。しかし、翌1971年は頼みの佐藤が不調で、4位に転落してしまった。その一方、2年門田博光打点王くという明るい話題もあった。オフ東映フライヤーズとの間でトレードが成立し、江本孟紀を獲得した。

1972年は江本が前年の未勝利からいきなりの16勝と大飛躍を遂げ、佐藤も復調して投手が向上した。しかし打線に元気がなく、2位ゲーム差なしの3位に終わった。オフ読売ジャイアンツとの間でトレードが成立し、看選手の一人であった富田勝を放出して山内新一松原明夫を獲得した。この時点ですでに野村と選手の対立は始まっており、長年チームを支えた三浦太平洋クラブライオンズ放出された。

1973年シーズンより、パ・リーグに前期後期制が導入された。追いすがるロッテオリオンズを振り切って前期優勝を果たすも、後期は阪急ブレーブスに0勝12敗1分の体たらくで3位に沈んだ(シーズン勝率でも3位)。しかし、プレーオフでは後期優勝阪急を3勝2敗で下し、見事リーグ優勝を果たした(「死んだふり優勝」とも呼ばれた)。読売ジャイアンツとの対戦となった日本シリーズでは、初戦こそ獲ったもののそこから4連敗を喫して敗れ去った。結果的に、この年が南海ホークス最後のパ・リーグ優勝となってしまった。

1974年野村が故障で欠場続きとなり、前期は4位に低迷した。後期は持ち直したものの2位に終わり、プレーオフ出場はならなかった。佐藤が2回最優秀防御率くなど、投手は安定していた(チーム防御率1位)。翌1975年も2年連続でチーム防御率1位なるほど投手は安定していたが、貧打に苦しみ、ついに5位にまで転落した(前期5位、後期3位)。

この時期、野村愛人である伊東芳枝(後の野村沙知代)の現場介入により野村と選手との溝が深まっていた。オフに江本と西岡三四郎野村抗議したが、結局江本は阪神タイガース西岡中日ドラゴンズ放出された。そして、江本との交換で南海ホークスにやってきたのが江夏豊である。

迎えた1976年江夏は期待を裏切ったものの、新井宏昌柏原純一レギュラー名乗りを上げて打線が強化され、3年連続でチーム防御率1位なるほど安定した投手もあって2位に復調した(前期2位、後期2位)。1977年江夏は相変わらずであったが、プロ野球革命を起こそう」と口説き落とし、6月にようやくストッパー転向を了承させた。4年連続でチーム防御率1位なるほど投手は安定していたが、2位に終わる(前期2位、後期3位)。いや、穏には終われなかった。

シーズン終了直前の9月28日ワンマンオーナー川勝がついに野村い切れなくなり、「私混同」を理由に解任を通告するに至った。この年限りで現役引退した広瀬叔功が後任監督に決まるも、野村の解任に異議を唱えた江夏柏原が退団する騒ぎも起きてしまった。

自ら野村の首をることになってしまって以降の川勝はすっかりシブチンになってしまい、チームは年々弱体化していった。年俸が高くなると簡単に放出してしまうことから、阪急ブレーブス上田利治監督に「あれは補強やない、補弱や」と揶揄される始末であった。ドラフト会議でも、契約の高い即戦ではなく高校生ばかりを名したため低迷は長引いた。

1988年4月23日オーナー川勝訃報が届いた。川勝以外の経営は皆ホークスを維持し続けることに否定的であり、身売りが確定的とされた。8月ダイエーが買収の意向を示していることが明らかとなり、9月13日についにダイエーへの球団譲渡が正式に発表された(なお連続Bクラスはその後も実に1997年まで続いた。この20年連続Bクラス入りは日本記録である)。

  1. ホークスニックネームを残す
  2. 杉浦忠監督の留任
  3. 選手たちの待遇を善する

の3つを条件としたが(これに球団譲渡60億円を要したが、半額に値切られたとされる)、杉浦は「自分の留任を条件にするな」と拒絶した。9月23日中内功社長との直接会談で杉浦監督留任を快諾したが、用地の買収や県やへの働きかけ、地元企業への支援めるためには、ダイエー側としても杉浦というビッグネームは絶対に必要だったのだという。

現在ダイエーからソフトバンクに球団経営権が移っているが、今なお「ホークス」の名は冠され続けている。
福岡ダイエーホークス」「福岡ソフトバンクホークス」となって以降も、南海時代の球団歌『南海ホークスの歌』を歌い続ける『全グループ』という私設応援団がある。

2008年には、福岡ソフトバンクホークス南海電鉄の協ユニフォーム復刻した。これ以降ホークスは「レジェンドシリーズ」と称してユニフォームを着用する試合を不定期で開催している。

2010年オフ大道典嘉引退したことで、南海ホークスに所属した経験のある現役選手がついに姿を消した。

大阪球場

正式名称は大阪スタヂアム。
南海電鉄ターミナル駅である南海難波駅の南口に隣接していた。

狭いスペースに何とか建てた為、スタンドがやたらと急で、まるですり鉢のようであったことで有名。当然グラウンドも狭く、中西太バットを折りながらも打球をスタンドまで運んだと言われている。「日本一狭い」と言われた球場であったが、1972年に拡工事を行い、当時としては「日本一広い」球場となった。

関西随一の繁である難波の玄関口という立地は、阪神甲子園球場阪急西宮スタジアム、大阪ドームなどとべてもさらに頭ひとつ抜けて優れたものであり、アクセスのよさは随一であった。

が、南海ホークスが活躍していた頃は、巨人戦や阪神戦ばかりがテレビ中継で大きな人気を獲得し、パ・リーグ影が薄い時代であったため、ここまでの好立地にも関わらず、客の入りは残念なものであった。

1998年全に解体され、跡地は商業団地『なんばパークス』として再開発された。

このなんばパークス内に、南海ホークスメモリアルギャラリーという施設が作られている。南海の名選手の写真手形ユニフォーム優勝ナントが展示されており、南海時代を知る野球ファン人気のスポットとなっている。ちなみに、選手兼任監督として活躍した野村克也だが、彼に関するものは長らく一切展示されていなかった。これは退団時に野村と球団がもめたためと言われる。野村の死後2020年10月になって江本孟紀が発起人となり、彼の遺品が展示されることとなった。

大百科に記事のある南海戦士

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8D%97%E6%B5%B7%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

南海ホークス

13 ななしのよっしん
2014/02/12(水) 18:20:29 ID: /ijQG0vPXx
あぶさんも終わった・・・ていうか記事に一言もふれてなくて泣いた
14 ゼロウィン
2014/11/08(土) 16:51:42 ID: kLuLLWE0rp
南海』とは言うものの、言うほど南ではないことを知ってガッカリした記憶が。
福岡ダイエーイメージしかなかったので、南九州四国に通じる地域のチームなんだろうと勝手に思っていたりした(´・ω・`)
15 ななしのよっしん
2015/04/13(月) 15:52:17 ID: /+D1tdr/5+
南海電鉄南海は「南海」で、実際に紀州と四国ネットワークを広げることを画策したゆえの命名だからなあ……

国鉄直通の「きのくに」や南海フェリーでの四国国鉄線連絡が昭和末期まであった。
16 ななしのよっしん
2015/12/03(木) 15:31:29 ID: V3SPrG4KyJ
今年の西武戦いったら南海からのファンなのか南海ホークスの歌歌って南海の旗振ってるおっちゃんがおったなぁ
別に西日本でもないのになぁ南海をよく知らん世代やがジーンときたわ
17 ななしのよっしん
2015/12/07(月) 01:20:26 ID: CcRoK0boBq
南海貧乏ネタみてると
暗黒時代に連続最下位になったのが1回だけってのはある意味奇跡だよな・・・

チームに担架が用意されてない
・選手寮がボロボロ
石鹸は自前で用意
・選手の食堂のおかずが、キャベツ炒め
・新人の契約利息なしローン払い

当時FAいからどん底に落ちる事はかっただろうけど
門田で買い取る」って他球団から持ちかけられたら
どうするつもりだったんだろ
18 ななしのよっしん
2016/03/15(火) 12:02:37 ID: byCTVZAOJ4
>>17
ノムさんが二冠王とったのに「前年より成績が下がった」という理由で減俸されたことも追加で。

タイトル取ったのに減俸とか、もうね…。この時に退団してても違和感ないレベルだぞこれ…。
19 ななしのよっしん
2016/07/12(火) 04:17:14 ID: V3SPrG4KyJ
南海ホークスの歌を聴いてると当時の南海が見えてくるような気がする
がこもってるなあの歌
20 ななしのよっしん
2019/09/24(火) 08:28:56 ID: bW23sCs3rG
リアルタイムでは見たことないけどパワプロ8〜12あたりでOB選手が着てたダークグリーンユニフォームがめちゃくちゃカッコよく見えたわ
今も復刻されるたびにかっこいいって言われてる印あるけど南海ユニフォームとか帽子って南海があった頃も人気だったのかな
21 ななしのよっしん
2020/05/19(火) 11:03:19 ID: sEML9fsTCo
水谷
22 ななしのよっしん
2021/11/20(土) 17:53:26 ID: N0Z1A32yMr
>>18
もう見てないだろうけど。
野村克也タイトルを獲っても減俸されたのは
フロントが狂ってたから。
そのフロントが本社の事故で退に追い込まれて
野村は年俸1億円を手にした。