原田直政単語

ハラダナオマサ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

原田直政(はらだ・なおまさ ? ~ 1576)とは、戦国時代の武将である。織田信長を務めた。初め塙直政(ばん・なおまさ)を名乗る。

概要

信長の畿内制圧に伴い各地を転戦した勇士。畿内の政務を任され、奢待の切り取りにも監督役として参加している。備中守の官位と共に九州の名原田」の姓を与えられる。が、石山本願寺攻めの中で戦死した。

彼の死後、原田一族は悉く追放などの処分を受け、二度と復することはかった。

生涯

幼少時代についてはほとんど不明。若いころから信長衣衆を務め、現場叩き上げの勇士として名を上げる。また信長の側室になっていたのも評価を上げた理由であろう。妻は柴田勝家

奢待切り取りの際は、柴田勝家丹羽長秀と共に監督役を務めている。

1575年、原田の姓を与えられ以降原田備中守と名乗る。同時期に丹羽長秀は惟住、明智光秀は惟任の姓を与えられている。

職務はに畿内の差配であり、南山大和河内にまで影を及ぼした。奢待の件や原田姓の件などを見ても織田中ではそこそこの重鎮であった様子が伺える。

長篠の戦いでは奉行を担当している。

1576年、石山本願寺を攻める中、南の天王寺砦に詰めた。そこから上補給を断つべく三寺を攻撃するが、乱戦の中で討死した。息子・喜三郎叔父・小七郎も共に討死。この後原田一族は敗戦の責任を取らされて追放されるなど不可解なほどに重い処分を受け、没落することとなる。

なお生き残った息子安友がおり、佐々成政豊臣秀次田中吉政に仕えたのち小児科医になったという。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける塙直政(原田直政)の力一覧。

戦闘がやや高めだが途中から政治が最も高くなっているのが特徴的。奢待切り取りなどが評価されたのか。作品によっては適性が高く、以上に活躍できる。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 152(A) 智才 84(B) 政才 90(C) 61 野望 64
将星 戦闘 75 智謀 52 政治 46
烈風 采配 50 戦闘 61 智謀 44 政治 45
世記 采配 43 智謀 28 政治 32 野望 39
蒼天 統率 41 知略 27 政治 68
下創世 統率 54 知略 27 政治 63 教養 45
革新 統率 60 武勇 68 知略 35 政治 70
統率 60 武勇 68 知略 35 政治 70
創造 統率 57 武勇 65 知略 41 政治 68
大志 統率 56 武勇 64 知略 44 内政 67 外政 54

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E7%9B%B4%E6%94%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

原田直政

1 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 01:31:19 ID: D6dx7pda+O
作成おつです。高い適正持ちで織田使う人は覚えることも多い人。討死してなけりゃ…

急上昇ワード改

過去のオススメ記事