原発音頭単語

ゲンパツオンド

原発音頭とは、の覆面バンドタイマーズによる原発推進を歌った音頭である。

概要

原発音頭とは、ロックミュージシャン忌野清志郎タイマーズとして発表した音頭調の歌である。冒頭の歌詞から「原発賛成音頭」と呼ばれる事もある。単調なギターと太鼓に合わせて、々しい原発賛美を続け、また、観客とともに原発賛成の気勢を上げる事によって、十分な説明も安全対策も行わないまま盲目的に原発を推進すると電会社の原子力政策を皮ったものである。冒頭の1フレーズを除いて底した原発賛美が貫かれているため、事情を知らない視聴者からは洗脳ソングとしてみられる事すらあるようである。

1986年チェルノブイリ原発事故を契機として反原発ソング制作するようになった忌野清志郎は、1988年、RC サクセションとして全曲洋楽ヒットアルバムカバーズ」を発表したが、そのアルバムに含まれているLove Me Tenderの日本語歌詞が「Love Me Tender」を「何言ってんだー」と置き換えた反核曲(反原発ではない)で、また、「サマータイムブルース」の方は明確な反原発ソングに仕立てられていたため、親会社が原発メーカーでもある東芝EMIから発売を拒否され、シングルLove Me Tender]ともども、忌野清志郎による「らしすぎて発売できません」とのメッセージとともに発売中止に追い込まれるという事件が起こった。(「カバーズ」は後日発売会社を切り替えて発売されている。)

これを受けて忌野清志郎制作した曲がこの原発音頭である。ダイレクト原発批判がダメなら、逆に盲目的な原発賛美を行う事によって原発を皮ってやろうという姿勢で制作されており、これらの経緯は曲冒頭で一本音を込めた「これなら問題ないだろう?」の1フレーズに集約されている。とはいえ、作曲者の本音が反原発であるこの歌が商用CDに収録されるような事はなく、デモテープやライブという形でしか聴く事ができないようになっている。

※ 執筆者は最近になって忌野清志郎の活動を知った”にわか”であるため過去の経緯について調不足や勘違い等が含まれている可性があります。当時の詳しい事情をご存知の方でこの記事の間違い等に気がついた方がいれば、掲示板の方にてご摘くださるようお願いします。

検索と関連曲

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E9%9F%B3%E9%A0%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

原発音頭

1 ななしのよっしん
2012/11/11(日) 19:54:49 ID: z3pJsJ3aqd
忌野信者の攻撃性・頭の悪さは、狂信的な反原発のそれと全に同調しているよね。

原発音頭は皮のきいた素晴らしい曲だなぁ。(笑)
2 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 00:54:38 ID: 5djU/XDH8Y
>>1

、、、原発事故の一年後にこんなレスができる人が、本当にいたんですね
3 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 20:38:15 ID: 9WvLw6nbVN
>>2
7年前のレスに一体何をめてるんですかね…
そんな古い時代の人間と意思疎通を試みたって駄、hsっきりわかんだね
4 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 20:40:23 ID: 6hlzfw4+Wo
こんなのいたんだぁという感想なだけで意思疎通がどうのって話じゃないでしょ
もっとよく読んでホラ