双葉山単語

フタバヤマ

双葉山定次(ふたばやま さだじ)とは、大相撲横綱である。大分県宇佐市出身。

概要

明治452月9日大分県に生まれる。本名・吉定次(あきよし さだじ)
少年時代、友人が吹いた矢が当り、右はほぼ失明状態だったと言われる。それにも関わらず、大相撲史上稀に見るほどの圧倒的強さを誇った事から「史上最強横綱」「相撲神様」「昭和」と讃えられている。

昭和11年から14年にかけて前人未到の69連勝を達成し、日中戦争の時代背景も手伝って日本中が彼の連勝に沸いた。彼の連勝記録は今もって最高記録であり、後の大横綱達をもってしても未だ破られていない。
双葉関の生まれ変わり」を自称する白鵬でさえ63ストップされている。69連勝後に突如引退を表明し世間を騒がせたが、周囲の必死の説得に思いとどまり現役続行を表明する。連勝中はまだ身体が出来上がっておらずうっちゃりに頼る相撲も多かったが、昭和17年から19年にかけて4連覇、36連勝を記録している。右四つ、上手投げの完成もこの頃であり、好の間では双葉山全盛期はむしろこの頃だという見方が強い。その実績から特例として現役中から子の育成が認められたため、昭和16年に立浪部屋から独立し「双葉山相撲場」を設立。引退後に年寄・時津風を襲名し場名を「時津風部屋」とめる。
現在でも時津風部屋の入り口には部屋名とともに「双葉山相撲場」の看が掲げられている。

取り口としては、相手より遅れて立ちながら相手の立ち方を見て捕まえる「後の先(ごのせん)を取る」立ち合いで、特に右四つになった時の強さは常識えていたと言われる。なんとか勝とうと1回の仕切りで立った相手さえも難なくつかまえて勝利している。稽古場でも大関以下の他力士を圧倒しており、入門して間もない栃錦が稽古をつけてもらった際、その当日ちゃんこ番だった栃錦は「お前くさいな」と言われ片手で放り投げられたと言う。

現役中の偉大な実績から双葉山のしこ名は現在止め名(後の力士が名乗ることができない)となっている。

名言

稽古は本場所の如く、本場所は稽古の如く
勝負師は寡黙であれ
相撲ほど怪をしない競技は
、未だ木たりえず」(連勝ストップ後に言った言葉)
相撲は身体で覚えて心で
一日に十分間だけ精を集中させることはにでも出来るはずだ

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

双葉山に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8F%8C%E8%91%89%E5%B1%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

双葉山

1 ななしのよっしん
2011/10/08(土) 11:46:58 ID: eXQVS7MIUP
1げt
リアルタイムで見てないがこの人の凄さは分かる
2 ななしのよっしん
2012/06/12(火) 22:23:47 ID: N8UIn7yUGH
双葉山
3 ななしのよっしん
2014/10/07(火) 00:53:26 ID: tDPtRDrdOB
双葉山連勝ストップ時の和田信賢の名実況も有名

――双葉散る!双葉散る!昇天まさに69連勝!
0連勝をして躍進する双葉山、出羽一門の新鋭安の左外 掛けに散る!
時に、昭和14年1月15日双葉山70連勝ならず!
まさに七十、古来やはり稀なり!
4 ななしのよっしん
2015/09/05(土) 01:29:03 ID: uyKx37dQrO
69、6358、56、534544、43…
5 ななしのよっしん
2015/11/22(日) 19:13:52 ID: Pzwc388rbc
どんな競技にも言えることだけど、
こういう怪物レベルの存在っていうのは話を聞くだけでワクワクするね

急上昇ワード