叛乱者単語

ハンランシャ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ
帝国482年8月惑星カプチェランカ戦闘で武勲を立てた
ラインハルトキルヒアイスは、念願の宇宙艦隊勤務に移ることができた。
赴任先は駆逐艦ハーメルン>。新たな任務で待ち受けるものは。

次回、「銀河英雄伝説外伝 叛乱者」、第1話。
心のくびき解き放ち、強き、いまにはばたく。

「叛乱者(Der Aufruhr)」とは、OVA銀河英雄伝説外伝オリジナル作品の一つである。全四話。

概要

白銀」において新米少尉として前線で武勲を上げ、昇進したラインハルト・フォン・ミューゼルの中尉時代を描くOVAオリジナル作品。ラインハルトキルヒアイスは配属された旧式駆逐艦ハーメルン>で下士官や兵士たちと触れ合い、兵士の心という得難い「経験」を手に入れることになる。

原作では触れられていない、「白銀」でのラインハルト少尉時代から「」での少佐時代を経て「の夢、の歌」の大佐時代までの空白を繋ぐ、ブリッジストーリー三部作の第一部であり、若き日のラインハルト人間としての成長の過程が垣間見えるだけでなく、銀英伝メカニックファンにとっては本編では登場の少ない「帝国駆逐艦」がどのように動かされているかニヤニヤしながら眺める事もできるという、一挙両得の作品でもある。

駆逐艦<ハーメルンⅡ>

銀河帝国イゼルローン要塞駐留艦隊第237駆逐隊に所属する旧式駆逐艦艦首部舷側に「ハーメルンの笛吹き男」をイメージしたと思われる紋章がある。

前半部は通常の帝国駆逐艦と同じだが、艦中央部から後部のエンジンにかけての辺りが通常より非常に大きくなっており、長さも100m以上長い。旧式故にワルキューレも搭載できず(通常は2機搭載可)、内装も相当にれている老朽艦である。

「叛乱者」では、所属する237駆の駆逐艦5隻でのイゼルローン回廊付近の任務の最中、アルトミュール域において戦闘に巻き込まれることになる。

アルトミュール星域

イゼルローン要塞から回廊を同盟側に6光年の位置にある恒星系。
そのは不安定な赤色の様相を呈しており、何重もの小惑星帯に取り巻かれている難所である。

「叛乱者」では、このアルトミュール域で<ハーメルン>が遭遇した苦難が描かれる。

登場人物

ストーリー

Kap.1

貴族だろうが民だろうが、同じ人間に変わりはねぇだろ」

ハーメルン>に配属され、副長ベルトラムの案内のもとで艦長以下要士官を紹介されるラインハルトキルヒアイス。しかし、ブリッジ士官や兵士はあまりに若すぎる貴族出の航長に不安を抱いていた。そこでアラヌスロルフの船外作業を手助けしてくれるよう、ラインハルトに頼み込むことになる。

それが新任の航長を試すテストであることを時に見抜いたラインハルトは要請を快諾、スラスターの交換作業を行うことになる。しかし船外に出た途端、ロルフは焦りから自身のスラスターで命綱を焼き切ってしまう。艦から離れるロルフを見たラインハルトは彼を追い、手が届かないと見るや咄嗟に自身の命綱をも切り離してロルフを救う。

艦に戻ろうとする二人だったが、その時艦が彼らを突き放すかのようにスラスターをふかす。しかし彼らはキルヒアイスとアラヌスの助けで間一、艦に戻ることが出来た。そしてアラヌスにロルフを救けた理由を聞かれたラインハルトは、「民も貴族も同じ人間だ」と答える。この言葉によってラインハルトを認める兵士たちだったが、彼はむしろ<ハーメルン>の先の機動に不信感を抱いていた……。

Kap.2

おれた兵士はね、一人ひとりが生きてる人間なんだい!」

食堂でザイデル兄弟の身の上話を聞くラインハルトキルヒアイスが入ったアラヌスの、「兵士だって駄死したくない、だからせめて士官にはまともな判断をして欲しい」という涙ながらの訴えに心を動かされたラインハルトは、「兵士にも一人ひとりに人生がある」と感じ、より多くの話を聞かせてくれるよう願った。

一方第237駆逐隊は、警任務のための航行中、アルトミュール域に到達した。そこで同盟軍の部隊の奇襲攻撃を受け<ハーメルン>は被弾、アデナウアー艦長も重傷を負う。揮権を委譲されたラインハルトは僚艦の向かう方向をと断定、それと逆の方向にを切るよう命じた。しかし駆けつけたベルトラム副長は揮権の行使を宣言して僚艦への追随を示。これに反対したラインハルトとの間の対立は、一触即発の危機に陥った。

正しかったのはラインハルトだった。僚艦はそのまま敵のに落ちて全滅。一方<ハーメルン>はエンジンを損傷しながらも小惑星帯に逃げ込んで難を逃れた。当面の危機は去ったと判断したベルトラムはめて揮権を要ラインハルトはそれに応じたが、ベルトラムの最初の命ラインハルトの解任と、抗命罪での拘束だった。

Kap.3

「これが叛乱だと言うのなら、わたしはその汚名を敢えて被ろう」

修理を急ぐ<ハーメルン>だったが、逃げ切れないと判断したベルトラムはシャミッソー砲術長とデューリング長を集め、「不名誉な降伏より名誉ある死を選ぶ」と、自爆の決断を告げる。この情報を得たキルヒアイスは、ザイデル兄弟たち兵士の協を得てラインハルトを救出、艦と兵士たちを守るために叛乱のを選んだ。

ベルトラムから揮権を奪い取ったラインハルトは、先日シュミット一等兵がベルトラムに提案して一蹴された「恒星の表面爆発による恒星によって加速・包囲を突破する」という脱出案を採用、全での機関修理を命じる。
しかしその影で、ベルトラムは揮権の奪回を狙っていた。

ベルトラムとその一はロルフを人質に取り、艦に押し入った。彼は脱出作戦意味と断じて中止と自沈を要したが、ラインハルトは「兵士たちを一人として駄に死なせる訳にはいかない」とこれを拒否。昂したベルトラムは更にアラヌス兵士を「負け犬」と怒鳴りつけ、それをスピーカーで聞いていた兵士たちの支持を失う。ベルトラムは逆上してラインハルトの命を狙うが、火線に斃れたのは人質となっていたロルフだった……。

Kap.4

「まだまだ、学ぶべきことは多いな」

脱出作戦のため、恒星アルトミュールへの自由落下を開始する<ハーメルン>。恒星に近づき徐々に気温が上がっていく中で、怯えたデューリング長が脱出を図るというトラブルもあったが、意識を取り戻した艦長の命によりめて艦長代理に任命されたラインハルトの判断により、すんでのところで事態は解決された。

エンジン修理が終わり、機関長はシミュレーションで復旧を確認する。しかし、脱出に必要なスラスターが一つだけ作動しない。灼熱の船外修理を買って出たベルトラムに、アラヌスは信用出来ないと言い捨て自身が行くと申し出たが、作業には太陽ネルで熱を遮断するもう一人が必要だった。結局、二人共同で作業することになる。

修理を終え帰路につく二人。だが、その最中に表面爆発が起きたために<ハーメルン>が姿勢を調整、船外の二人は艦から離されてしまう。離れゆくアラヌスを見たベルトラムは彼を掴み、艦へと押しやった。自らの熱で炎上しつつも事回収されるアラヌス。しかし、反動で艦の影を外れたベルトラムは、劫火に包まれ消えていった……。

ハーメルン>は増援を得てイゼルローンに還った。アデナウアー艦長はラインハルトに昇進を言い渡し、「せめて軍隊の中で様々な経験を積むべきだ」と諭す。転属することになったラインハルトキルヒアイスは、アラヌス兵士ブリッジ士官たちの見送りと敬礼を受けて<ハーメルン>を去った。

その他作品詳細

オープニングテーマ : 【Story of Time
歌 : AKEMI
作詞作曲David Himeno
編曲戸慎介
エンディングテーマ : 【約束された未来
作詞作曲・歌 : 小椋佳
編曲戸慎介

見どころ

関連動画

関連商品

DVDの表メックリンガーなのに、彼の登場シーンはない。なんでだ。

関連項目

軍務の内勤を命ぜられ、々とした日を過ごしていたラインハルトは、
アンネローゼの友人であるシャフハウゼン子爵夫妻が
決闘を挑まれているという苦を聞き、その代理人となることを引き受けてしまう。

次回、「銀河英雄伝説外伝 決闘者」、第1話。
護るべきものは誇りか、夢か、それともか。

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8F%9B%E4%B9%B1%E8%80%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

叛乱者

6 ななしのよっしん
2016/08/09(火) 12:32:15 ID: V8YgHBxuDq
>>3
サリヴァン兄弟の話が有名ですな。5人兄弟全員が戦死という悲劇で、以後兄弟姉妹を同じ艦艇に乗り組ませるのは禁忌とされるようになった
7    
2016/08/21(日) 14:15:53 ID: seeY8G4wiq
ベルトラムは大尉じゃなかったっけ
8 ななしのよっしん
2016/11/07(月) 21:08:08 ID: 8jq50ezdKX
デューリングの撃墜を「可かっ?!」と冷に言い放つラインハルトはなかなかの見せ場
的には分身と言われるキルヒアイスには決してできないラインハルトならではの凄みだと思う
9 ななしのよっしん
2016/11/10(木) 22:27:10 ID: w94dDOXqnV
このエピソードを見てると、数万隻単位の大規模会戦だけじゃない宇宙艦隊の任務が垣間見えるのが良いです。
本伝の時期だと忘れちゃうけど、ああいう小規模部隊同士のとかの地味な任務の方が、艦隊の任務としては多かったんだろうなあ。
10    
2016/11/23(水) 04:51:20 ID: cY98uo/XNj
話はとても面いのに作画のせいで
後半の盛り上がりが茶番に見えた…
11 ななしのよっしん
2017/09/29(金) 22:39:39 ID: w94dDOXqnV
CSでまた叛乱者見たけど、このエピソードの登場人物のその後を想像しちゃった。

アデナウアーさんはどうかな。男爵くらいだと門閥貴族連合入りを強要されはしないだろうなら内戦は生き延びるだろうけど貴族特権もなくなるから、退役してたとしても食うに困ってまた軍務に復帰かな。
イメージ的には最新鋭の駆逐艦で前線勤務より、本残留部隊にいそう。ハーメルンIIは流石に退役・艦だろうけど。

ベルトラ大尉は、もし本伝の時期まで生きていたらラインハルト軍団入りして活躍できたか、それともそこまでは出世できなかったかな。
12 ななしのよっしん
2017/10/27(金) 18:05:08 ID: FlMYAahfS3
艦内の反乱は艦長がもみ消したはずだけどロルフが射殺されたことに関しては上にどう報告したんだろうか
まあ二等兵の死因なんかわざわざ調するはずないだろうから被弾時の爆発死亡したことにしたと考えるのが自然
13 ななしのよっしん
2018/01/22(月) 12:33:19 ID: sCUGxxN/u7
>>12
アーベントロート少将「艦長が「戦死」と報告したのだから、いちいち異論を挟まぬ方が良いだろう。「いち軍人と運命を共にして有耶耶になった方が良い重大事」等が、あろうがなかろうがな」。
14 ななしのよっしん
2018/11/10(土) 03:53:22 ID: dUU0vAX0kt
アデナウアー艦長はラインハルトが生涯で最初に出会った「学ぶべき所がある大人(上官)」かも知れんな
ラインハルトがどれほど評価してたかはともかく
15 名無しさん
2019/02/05(火) 21:52:13 ID: TtPUamD1Hn
 150年近くも戦争してるから人事も雑になってるんだろうな。
 原作でも帝国では大学生も徴兵免除がなくなったと外伝られてるし、同盟も本編の頃は社会システムが崩壊し始めてる。