古高ドイツ語単語

ココウドイツゴ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

古高ドイツ語とは、最古のドイツ語である。

概要

8世紀ごろから11世紀半ばころの現在ドイツ中部南部で使われていた言である。古の中では較的文献に恵まれており、アレマン方言バイエルン方言フランケン方言テューリンゲン方言などの大きなグループを総称したものとなっている。

なおそのうち西フランケン方言ガロロマンスに影を与えた末に同化吸収されフランス語に影を与えた。

音韻体系

ドイツ語の特徴である第二次子音推移はすでに起こっており

  • p,t,k > pf / (ff), z / (zz), ch / (hh)
  • b,d,g, > p,t,k

の変化が生じている。

文法

名詞

名詞に関しては音弱化が起こっておらず、まだ屈折語尾を用いる変化である

音幹それぞれa-幹、ō-幹、i-幹の三通りある。

a- ō- i- i-
単数・対格 tag geba gast kraft
単数属格 tages,-as geba,-u gastes krefti
単数与格 tage,-a gebu,-o gaste krefti
単数呼格 tagu,-o gastiu,gestiu
複数・対格 taga,-ā gebā gesti krefti
複数属格 tago gebōno gestio,-eo kreftio,-eo
複数与格 tagum,-om gebōm,-ōn gestim kreftim,-in

子音幹はnt-幹、r-幹、-iz/-az幹、n-幹の4通りある。
このうちn-幹が現在の弱変化名詞になった。

またが存在する。

この時点ですでにder / diu / dazの冠詞が存在している。

動詞

  • 第1類:-en
  • 第2類:-ōn
  • 第3類:-ēn

の三通りある。

第1類 第2類 第3類
単数1 suochu salbōm,-ōn lebēm,-ēn
単数2 suochis(t) salbōs,-ōst lebēs,-ēst
単数3 suochit salbōt lebēt
複数1 suochemē salbōmēs,-ōn lebēmēs,lebēn
複数2 suochet salbōt lebēt
複数3 suochent salbōnt lebēnt

了形はもうこの時点ですでに、haben / sein過去分詞、
受動態ももうこの時点ですでに、werden / sein +過去分詞、
の分析的な表現になっている。

ラテン語の影からもう従属節などの複文が用いられることも多い。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8F%A4%E9%AB%98%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E8%AA%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

古高ドイツ語

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 古高ドイツ語についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!